2016年04月18日

地上42階のマイナスイオン




このたびの熊本地震により被災に遭われた方々に

こころよりお見舞い申し上げます。

5年前、避難所となった母校(中学)の体育館からの

ニュース中継を 言葉もなくぼーっと眺めていた自分が蘇ります。

実際に被災された方々はもちろんですが

被災地方を郷里とする人たちも

あの独特の焦燥感や無力感に苛まれていることと思います。

大丈夫。自分を育ててくれた土壌だもの、

ゆっくり時間をかけてでも

自身を鼓舞する内なる声が結束して

復興を実現させます。

無責任なことを書いてごめんなさい。

今はただ、これ以上の被害が拡がらないことを祈るだけです。



*****


歯の治療や次なる旅のため、(海外に比べて入場料の高い)

博物館や美術館訪問をできるだけケチっている らすズ でありますが

これだけは絶対に行きかったんです。

『フランスの風景 〜樹をめぐる物語〜 』 @損保ジャパン日本興亜美術館


160416_1.JPG


個人蔵の作品が殆どを占めること、

「樹」を軸に、いろいろな画家の作品が集められたこと、

しかもそれがフランスという一国限定であること、

新緑の季節にちょうど良いテーマであること。

理由はたくさんありますが、チラシを見た瞬間

「行かなくては!」と思ったのでありました。

そして先週土曜、展示初日、しかも開館ピッタリに入りましたよ。


160416_2.JPG


42階まで連れてってくれる専用エレベータ


160416_3.JPG


美術館のあるフロアは展望室としてだけでも成立しそう。

コクーンタワーを目の前に拝み、遠く右手に東京タワー、

左手にはスカイツリーが見えます。


美術展は予想以上に素晴らしかったexclamation×2ぴかぴか(新しい)

当たり前のことですが、「樹」がモチーフなので

どの作品からも木々や水や草花の気持ち良い呼吸が

感じ取れるのです。それを全身で受ける心地よさと贅沢感。

2時間以上かけてたっぷりたっぷりエネルギーを蓄えさせてもらいました。


《備忘録がわりの感想メモより(特に良かった作品)》



(1)「エトルタ近くの風景」(カミーユ・コロー)

空の青(水色)がなんとも素敵。

農民の素朴な生活風景が織り込まれているのも◎。


(2)「森林の道」(ナルシス・ディアズ・ド・ラ・ペーニャ)

四角いフレームのような暗い(黒い)木々の中に

空の水色、木の幹の白、雲の灰色、葉の黄緑が明るさを演出。

それらがラストにタイトルの「道」を浮かび上がらせている。


(3)「森のはずれ」(アンリ・アルビニー)

木炭で描かれたということも大きいだろうが、日本画のよう。美しい。


(4)「ロワン川のヌムール橋」(アレクサンドル・ルネ・ヴェロン)

作品横の解説にあるように、まさにピクチャレスク。

日常の中に自然にある橋が素朴で明るい。


(5)「妖精の沼」(レオン・リシェ)

今回の展示作品の中で一番好き!

まず温度を感じる。全体的にほわほわっとした優しいタッチ。

枝のしなやかさと可憐さを上手く表現している。

にわか雨でも来そうな曇り空にところどころ差し込む水色は

その雨雲をも追いやりそうな光を生んでいる。

池に用いられるクリアな水色はまた空の水色とは違い、

ほんの一画だけに描かれた海の水色ともまた違う。

鬱蒼とした深みが覆う作品だが、不思議と重たくなく

思いっきり深呼吸したくなる。

上記(2)のペーニャに師事したリシェらしく

ペーニャの影響を多分に受けている描き方。


(6)「散歩、公演の母と娘」(フェリックス・ピサロ(別名 ジャン・ロック))

濃い緑、薄い緑の描き方が秀逸。自然の息吹の中に

溶け込んでいる人間の時間がいとおしくなる。

有名な巨匠ピサロの3男ゆえ、父親の影が常についてまわり

ジャン・ロックというペンネームを持ったことで

やっと自分が解放されたのだろう。

しかし23歳にして結核死。才能を活かすには短すぎる人生だ。


(7)「コショワーズ広場、ルーアン」(シャルル・フレション)

ルーアンと聞くと即座に遠藤周作さんが脳裏を過る。

彼の最初の留学地がルーアンだったから。

複数のエッセイや小説に描かれたルーアンは

「いつも灰色の空をしていた」と氏。

この作品もそのとおり。かろうじて雨はあがっているようだが

子どもを連れた母親が傘を持っている。


(8)「月下の彫像」(フェルディナン・ロワイヤン・デュ・ピュイゴドー)

キャンバスのど真ん中に配された月。

ど真ん中ながらも薄明りでぼんやりとし、これから

何が起きるのか胸をざわつかせる。

松の樹に巻きつくように絡まった蔦(?)が

木肌を月から守っているよう。


(9)「ブランヴィル=クルヴォンの谷」(ロベール・アントワーヌ・パンション)

パっと見た瞬間に楽しい気持ち。パステル調のパッチワークのよう。

P.クレーに通ずるあったかさと可愛さがある。




美術館を出たらちょうどランチタイム。

今日はフランス三昧でいこう!ということになり

四谷から西新宿に移転してきたばかりの「ビストロ サンク」へ。

ここが定評通りの大正解!


160416_4.JPG


わたしはお肉(ローストポーク)、

らす´ はお魚(サーモンとスズキのムニエル、岩海苔ソース)だったのですが

オーダーすると「Poisson et Viande! (お魚とお肉!)」

といったように響きの良いフランス語が厨房に届けられます。

これだけでもなんだか異空間。うきうき。

それにお味がもうーーー美味exclamation×2ハートたち(複数ハート)

わたしのお肉料理は

ドイツのカスラーとフランスのカスレを合わせたような

田舎臭い( ← いい意味で)家庭的な美味しさで、

思わず(田舎臭さつながりで?)ライプツィヒを思い出しちゃいました。


すっかりフランス気分になったら更なる おフランスへ るんるん


新宿伊勢丹で毎年開催されている「フランスウィーク」へと足を延ばします。


160416_6.JPG


6階は食べ物や飲み物、7階は雑貨やジュエリー。

両方とも 混みすぎ ダッシュ(走り出すさま)

自分のペースで前へ進むことができません。

毎年来ていると見られるマダムたちが

「今年は過去最高の混雑だわ!」と驚いていたので

きっと今までにない混雑ぶりだったのでしょう。

3年前、パリでクッキーやパンを買った「ポワラーヌ」も出店していて

(当時のエントリは こちら

「あら懐かしい」と思ったものの

イートインコーナーには行列ができていて

眺めるだけで終了ーあせあせ(飛び散る汗)

お目当てのワインコーナーも黒山の人だかり。

人をかきわけかきわけ、ブルゴーニュワインの試飲をいくつかクリアし

(試飲ゆえに白が多いですねーやっぱり)

人いきれで酸素が薄くなった会場を後に

カフェ ウォール」で一休み。


160416_7.JPG


ここはフランスがらみでもなんでもないけど

「音」にこだわったお洒落カフェということで

一度来てみたかったんです。


160416_8.JPG


あったかいスコーンと黒蜜抹茶ミルクで落ち着きました わーい(嬉しい顔)


丸一日歩いていたので足がすっかり棒に...たらーっ(汗)

メルさんのもとに帰ったのは夜。おなかすかせてごはん待ちのお顔です。

しかーし。

先週、いつにもまして多かったケージ内でのおもらし。

トイレでもしているのに、わざわざトイレ以外の複数箇所で

粗相をするメルさん。

この日も例にもれず。


はっどんっ(衝撃)あせあせ(飛び散る汗)


ここで初めて気づいたバカなわたし。

蓄熱保温効果ばっちりの「うさぽかマット」が

折りたたまれ、ケージ前方に投げ出されていたのですあせあせ(飛び散る汗)

メルさん・・ 暑かったんだね?

懸命におしっこでそれを伝えようとしてくれていたのに

メルさんの気持ちに気づかなかった自分をひたすら反省です 顔(え〜ん)

すぐに夏用のマットに替えると

マットをずらすこともたたむこともなく

その上に落ち着いたメルさんでした ウサギ


160416_9.JPG


ごめんねぇ...


160416_10.JPG


毎日室温も湿度もチェックしてるのにね...

まだちょっと朝夜は寒いかな?って思ってたんだよ


160416_11.JPG


もっと暑くなってきたらケージまわりの仕様も

夏用に取り換えようね。


そんなメルさんには反省の意を込めて

伊勢丹で売っていたフランス空輸の葉付きニンジン・・

ではなく、日本産のいつものニンジンを気持ち多めに差し上げました。

(だってー。ちっちゃな葉付きニンジン、1本230円でしたのよマダム!)









          

ニックネーム らぼすたっふ at 14:59| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

酒のために今日も働く


一時期、どんなに強い眠剤も効かない不眠症で悩んでいた自分が嘘のように

この数か月はよーく眠れます 眠い(睡眠)

1日1時間の睡眠しかできず、それでも仕事していた自分は

本当に精神力だけで生きていたなーと感心しますが

今は精神力の代わりに酒力で生きてますたらーっ(汗)

果たして良いのか悪いのか。

毎晩、ビール 右 ワイン 右 ウイスキー 右 焼酎(甲類の方ね)

のコースを堪能していたわたしが

「ワカコ酒」 を観るようになってから

なんと日本酒にもとうとう目覚めてしまいましたどんっ(衝撃)

そういうわけで上記コースに日本酒追加なり。

不眠症時、眠剤服んでたときこそ

アルコールを入れると必ず中途覚醒があったのですが

今は布団に入ったと思ったらもう朝...晴れという恐ろしさ。

ぐっすり眠れた快感を覚えつつ、

布団の中で「さて今晩のワインは何にしよー」と

あれこれ思案するわたしは

もはや特定の外来に行かなきゃいかんレベルでしょうかダッシュ(走り出すさま)

でもねー、ほんとにおいしいんですよねー。

最近はまってるのは


160407_1.JPG


火入れをしていない生酒。


もう旨すぎるんだこれが。

(でも甘くてカロリーすんごく高そうたらーっ(汗)

ワインも1日で1本空けてしまうし、

いくら食費削ってたってエンゲル係数ならぬアルコール係数が

右肩上がりで家計圧迫しまくりです顔(汗)

帰宅するなりワインを一杯ひっかけるわたしを見て


160407_2-1.JPG


メルさんちょっとお怒り。


160407_2.JPG


かなりお怒りむかっ(怒り)


でもメルさん。好きなものをおいしくいただく権利を

行使してもいいじゃありませんか。


160407_3.JPG


(↑ わたしにはこう聴こえるのだ)

うんうん。一日一日を愉しまなくちゃねー。

メルさんだって


160407_4.JPG


おいしいもののためだけに生きている。


160407_5.JPG


メルさんを真似てなにがいけない。

(真似てるか?!)


160407_6.JPG


とにかく、今日も旨い酒を味わうために働くのであーる。

仕事であった嫌なことを忘れるために飲む酒でなく

いっときの睡眠を誘導するために飲む酒でもなく

一口一口の味わいに生きる喜びを体感するために飲むお酒。

今夜も ぷしゅーー(長音記号1)揺れるハート


160407_7.JPG


ね、メルさん。

あ、そうそう、メルさんのペレットが「バニセレメンテナンス」から

「バニセレシニア」に移行したことは今年2月23日

エントリに書いたとおり。

その前の「バニセレグロース」から「バニセレメンテナンス」って

いつ移行したのかな?とふと思い

当ブログを遡っていったところ

約5年半前の2010年10月18日のエントリ

当該記述がありました。

メルさん幼いーーー顔(メロメロ)ウサギ

まだこの頃は主食牧草はアルファルファで

チモシーは食べていなかったんだねえ。

ブログ持ってて良かったなと思うのはこんなときかわいい

病気エントリを遡及するときとは全然違った感慨に浸れるときかわいい

メルさんもオトナになったものよのぅ。

そろそろ晩酌つきあってくだされ (結局そこ?)


*****

仕事で疲弊した体を引きずって渋谷駅構内を歩いていたら


160407_8.JPG


突如 尻が出現 どんっ(衝撃)exclamation×2あせあせ(飛び散る汗)


OLさんもサラリーマンくんもみんな撫でていらっしゃる...


160407_9.JPG


日本人が疲れているのか

日本人がキャラ好きなのか。

ま、両方の国民性がポムポムプリンを20歳にまで育てたわけだ。

わたしには毎日撫でる専属尻ウサギがあってよかったーわーい(嬉しい顔)

セクハラじゃないよ愛情だよ











        
ニックネーム らぼすたっふ at 16:34| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

お花見&うさぎに囲まれて寿司ランチ



週末から今日にかけての雨で桜も散ってしまいましたねバッド(下向き矢印)

花の命は短い。うん、それはわかってる。

けど、今年は短すぎないかい?

(満開までの時間が長かったからチャラかなー)


160403_1.JPG


必死にお手入れ中のメルさんには外の桜は無関係。


160403_2.JPG


明日葉の茎をかっこよく食べるのがマイブームなメルさん。

よっ、渋いよ!Good


ところでメルさんー、桜が散っちゃったよぉー顔(泣)


160403_3.JPG


満開になったと思ったらもう終わりなのよ顔(泣)


160403_4.JPG


そうだね、来年はメルさんも見る? 

(食べられないもんには興味ないか...)


さて。最近お気に入りの らすズ お散歩コース。

目白庭園自由学園明日館

2週続けて訪れた目白庭園では

それこそ主役たるお花のスイッチングにびっくり。

1週間でここまで変わっちゃうの?!


160403_5.JPG


3月末はお天気良かったのですよねー 晴れ


160403_6.JPG


3月末のヒロインはこの人ただひとり「アンズ」さん


160403_7.JPG


可憐なピンク色を誇らしげに魅せてくれていましたぴかぴか(新しい)


で、1週間後の4月2日。


160403_8.JPG


何やら立て看板が。


160403_9.JPG


おおお! 枝垂れ桜が満開とな!桜


160403_10.JPG


うわー、きれい。

この庭園はこじんまりとしていながらも風情と趣があって

(滝とか鯉とか鴨とか四季折々の植物とか...)

落ち着けるのです。何よりも空気を邪魔する「音」が無いのがよろしい。


160403_11.JPG


ソメイヨシノにはない魅力がありますねーハートたち(複数ハート)


160403_12.JPG


先週来たときにはまだ蕾ばかりだったのに、

いやはや、一週間というときの流れはすごいですね。

(アンズさんのピンクなんてもう見る影もなく...枝ばかりのお姿でした)


160403_13.JPG


ラッキーなことに、結婚式に遭遇 ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)

100%「和」なお式ですよーわーい(嬉しい顔)


先週は自由学園で「洋」な結婚式に遭遇した らすズ、

10年余のときの流れに想いを馳せます。


160403_14.JPG


鴨と鯉の縄張り争い(?)も面白かった(?)ですよー。

鯉が威嚇して(?)鴨の前でシンクロ選手の如く跳びはねるのですexclamation×2あせあせ(飛び散る汗)

動画に撮ろうと思う余裕すらないほどに

威厳がありありでございました... 魚


この日ラッキーなこと二つ目。

いつも行列がものすごくて断念していた目白駅前のお寿司屋さん

「う月」 の人気ワンコインランチに

ありつけたのですーーー揺れるハート

ネーミングだけでもテンション上がってしまうのに

ワンコインで回らないお寿司なんてすばらすぃ わーい(嬉しい顔)

どうしてうさぎと縁があるのかまだ解明できてはいませぬが


160403_17.JPG


お店入り口の看板うさちゃん



160403_18.JPG


階段横のうさちゃんズ


160403_19.JPG


同じくウィンドウで客を呼ぶうさちゃんズ


ありとあらゆるところにうさぎがいっぱい ぴかぴか(新しい)


なんだこの寿司屋、大好きだぞこの寿司屋exclamation×2ぴかぴか(新しい)


160403_20.JPG


お座敷席(掘りごたつ)のおざぶもうさぎ


160403_21.JPG


湯呑みにもうさぎ


160403_22.JPG


レジにもうさぎ


肝心のお寿司はというと


160403_15.JPG


う月にぎり。安定のお味。これに椀も付くんですぜ。


160403_16.JPG


らす´ オーダーの ボリューミィいわし丼。これまた芸術的。


開店と同時に行列ができるので

競争率ははんぱではないけど

ぜひぜひリピートして

またうさーずに会いに来たいです揺れるハート あ、もちろん本命はワンコイン寿司ですが...

それと...スタッフの皆さんの接客がホテル並みにすばらしいんですよ(拍手)


おまけ画像。


160403_23.JPG


弊ラボ近くの桜並木。

ソメイヨシノのアーケードです桜


160403_24.JPG



しかしここ、いろんなドラマで

殺人事件の現場として出てくるところ あせあせ(飛び散る汗)

顔色悪いドーラン塗った人たちがよくロケやってます...。

桜の木の下にはなんとか...

って話は夏に持ち越しですな (怖)












ニックネーム らぼすたっふ at 18:05| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

成績優秀者表彰式




160328_9-2.JPG



イースターのお休み直前にベルギーがあんなことに...

(上の写真は以前も載せたわたしの大好きなオランジェットをつくっている

ベルギーのチョコレートブランド「レオニダス」)


犠牲になられた方々のご冥福を祈るとともに

互いに争い合い傷つけ合いながらしか生きてゆけない人間の性を

思ってしまいます。

動物には悪意がないなあ…と メルさんを見ながらしみじみ。

でもそんな脆弱な人間界に生まれ落ちてしまったのだから

うさぎを見て「うさぎはいいなあ」とばかり言ってられません。

自分の生を走り抜けなければなりません。

義務感だけにかられて生きるのもつらいので

人生を思い切り彩りに満ち溢れたものにしたい。

わたしとフランス語が出会ったのも

そんな貪欲な思考のひとすじが辿り着いた結果だったのかもしれません。

ベルギーのテロ事件の翌日、見事に暖かく晴れ渡った東京では

小さな小さな、しかしとても意味のある式典が開かれました。

昨年合格した「仏検」の 成績優秀者表彰式です。

お昼ギリギリまで仕事をこなし

会社のトイレでちゃっちゃと着替え

リーズナブルなハチ公バスに乗って降りた


160328_1.JPG


この停留所のはす向かいが会場となる日仏会館です。


160328_2.JPG


まさかまさか自分がこんな場所に縁を持つとは。

一年前は考えもしなかったことだけに

人生ってこうだから面白いんだよね、と思ってしまいます。

昨年度の仏検(春季&秋季)で好成績を収めた各級の合格者 約100人が

全国からここ日仏会館に集いました。


160328_3.JPG


わたしは4級(と5級)での合格でしたから

招待状を受け取ったときには わー恥ずかしいな、と思ったものの

出席したら何か収穫あるかも!と

恥を捨てての参加決定と相成りましたわーい(嬉しい顔)


160328_4.JPG


プログラム表紙です。一生に一度の記念あせあせ(飛び散る汗)


160328_5.JPG


来賓の顔ぶれがこりゃまたすごい。

そして来賓のフラ語能力の高さもすごい!

各賞の授与が進められてゆく中、わたしは


160328_6.JPG


「フランス語圏広報奨励賞」 と 「ケベック州政府在日事務所賞」 を

いただきました。(右は その賞状)


後者については檀上での表彰となり


160328_10.JPG


このような名誉あるお写真に他の受賞者の方々と一緒に

収まるという奇跡に感涙ですぴかぴか(新しい)

(オリジナル写真はケベック州政府在日事務所提供)


表彰してくださった代表のクレール・ドゥロンズィエ女史が

どこの女優さんだよ?!というオーラを放つ

ほんっっっとうに美しすぎる方で、暫し間近で見とれてしまいました顔(メロメロ)


100名を超す参加者の年齢層がさまざまでこりゃまたびっくりです。

下は小学生から上は70代(?)と思しきロマンスグレーまで。

何かを始めるのに遅いということはない、とはよく言ったものですね。

思い立ったそのときが自分にとっての一番の好機なんですよ...ね。


表彰式終了後、隣接するフレンチレストランにて

華やかなレセプションが行われました。


160328_7.JPG


お腹が空きすぎてビュッフェ台まるごと食べちゃいたい。


160328_8.JPG


表彰式のスポンサーのひとつがワイン輸入会社たる強みで

美味しいフランスワインも沢山ありました(嬉!!)

もりもり食べながら、ぐびぐび飲みながらも

袖振り合う縁を大切にしなくては、と

皆さまとの会話も愉しみましたよわーい(嬉しい顔)

留学経験があったり帰国子女でいらしたり、と

リッチでオサレでクールな、普段わたしとは関わり合いの無い世界の

方々が多くていささか気後れしましたが(汗)

わたしなりにがんばりましたダッシュ(走り出すさま)

そうそう、こんなとこでドイツ語に感謝。なのです。

会話の輪が盛り上がったのが意外なことにドイツ語ネタでして。

フランス語を嗜む方々ってドイツ語は学ばれていないんです、多くが。

(そりゃそーだ、文法も発音も真逆なんだもん)

で、フランス語初心者マークをいいことに、

「ドイツ語では疑問詞って文頭じゃないといけないんですよ」

とか

「ドイツ語では動詞は絶対に二番目に持ってこないといけないんですよ」

とか、自由度の高いフランス語にはありえないルールを

お教えするたびに皆さまいちいちびっくり 目

色々話していて、ドイツ語の頑固さや堅牢さをあらためて

実感しちゃったりもして。(なんの言語の会だよあせあせ(飛び散る汗)


あとは、「うまいワイン、うまいワイン」とごそごそ

各テーブルを漁りながら探訪しているうちに

何故か1級合格者グループに迷い込んでしまい

超ーーー場違いな自分を認識しつつも

興味深いお話から離れられませんでした...。

1級合格者ともなると、既に通訳案内士(通訳ガイド)や通訳として

活躍されている方々も多いので

仕事の呼び寄せ方(!)のコツや

人脈の広げ方の鉄則などを拝聴いたしました。

わたしには一生涯到達しえない地点ではあるものの

語学学習者の末席に連なる人間として

非常に興味深いお話でした。

表彰式で司会を務められたAさん(通訳や通訳ガイドを生業とされる方)

ともお話しすることができたのですが

『自分で理解できる能力と、それを第三者に伝えられる能力は

まったく別物』


という彼女の言葉がストレートに突き刺さってきました。

これは1級合格者でなくとも主観的にわかります、はい。

この人ならではのこの言い回しの持つニュアンスを

どうにかして伝えたい!と歯噛みしたことが

今まで何度あったことか。(って、またドイツ語のはなし。)



いくら話していても時間が足りないのに

惜しまれつつレセプションはお開きの時間を迎え

零時を回ったシンデレラのごとく

わたしはハイソなおフランスの世界からまた日常へ戻ってまいりましたもうやだ〜(悲しい顔)

(それをダメ押しで天が示すかのようにフレンチレストランを出るときに

わたしのヒールの先っちょがポキッと折れましたバッド(下向き矢印)

いやー、でもやっぱり参加してよかったです!

収穫は想像以上でありましたかわいい

これからフランス語とどう関わっていくか、まだ自分でもわかりません。

1ヶ月(余)後に現地で使ったら

もうモチベーションが消失してしまうかもしれません。

(だってだって、なんだかんだ言ってドイツ語への意欲の方が大きいんですもん)

でもでも。

例えばテレビのニュース映像のワンカットで

レポーターの後ろに「本日閉校」ってフランス語の貼り紙があったら

「ああ、レポーターの後ろの建物は学校なんだな」って

自然に情報が入ってくるわけですよ。

そして後から「ああ、あれってフランス語を自分が理解できたから

情報を正しく認識できたんだな」って思うわけですよ。

一年前だったら「なんて書いてあるんだろ」としか思わなかった文字列が

今は自分の脳において意味を与える処理の対象になっている。

こんな小さな変化が小さな喜びを蓄積していってくれるのが

語学なんじゃないでしょうか。

適度な位置関係を保ちながら、これからもフランス語と

付き合っていけたらいいな、と思えたひとときでありました。

(しかし今一番仕事で必要なのは一にも二にも英語どんっ(衝撃)

大学時代に英検準1取って以来ほったらかしにしてたツケが

一気に回ってきています...苦苦苦たらーっ(汗)


メルさん、仕事きついよぉーむかっ(怒り)


160328_11.JPG


がじゅ姐が送ってくれた明日葉を堪能するメルさん


160328_12.JPG


メルさんにはこれが仕事  (速すぎてブレブレ)


160328_13.JPG


どこまで広がるそのお口 目

舌の根も乾かぬうちに「あー、うさぎはいいなあ」と

嘆息する自分が今日もここに顔(汗)

ではでは、あらためまして

皆々様、良いイースターを exclamationウサギ












        
ニックネーム らぼすたっふ at 16:34| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

ホラーメルさん


商慣習の差からくるストレスがやっと解消されていく模様です。

契約書って中身をぐっちゃぐちゃにしたり

覆したりするためにつくるものなの?

もうーーーほんとになんで同じアジア人なのに

日本人だけこうして几帳面で生真面目なんだろうか。

民族で括れない個人差はあろうかと思うけれど、

複数人と折衝していてそう思うこと いと多しふらふら

*****

そんな中。

がじゅ姐(@「まる君との生活」)から

『メルさんに明日葉送ったから食べさせてあげてねー』

との女神のようなお言葉ぴかぴか(新しい)

いやいや、先日の通院はほんっとに

わたしのウルトラスーパー心配過剰によるものだったんで...と

LINEで固辞(?)するも、

『食べきれないからさー わーい(嬉しい顔)

それに

ホラーなメルさんかわいいしわーい(嬉しい顔)


と、嬉しいお返事。

いつもいつもありがとうハートたち(複数ハート)

翌日、ちょうどマタイ(シャイーさん指揮)のCDを聴いていたときに


160317_1.JPG


届きましたよ プレゼント

牧草サンプルから何故か人間用パスタソースまでついてるかわいい


がじゅ姐のリクエストどおり「ホラーメルさん」動画が撮れたので

公開いたしまするーるんるん

(あぶぶ汁で口が真緑ホラーどんっ(衝撃)







ちょうど「ペテロの否認」→ 「憐れみたまえ(アルトアリア)」という

マタイの中でも重要なシーンがバックにかかっていて

バッハファン & マタイファンには非常に申し訳が立たないのですが(汗)

更にそこで「 んっふふ 」 と笑うわたしは

なんという罪人でしょうか。

言い訳させていただくと、このCDを振るシャイーさんは

超〜〜〜速いテンポで有名な方でしてね、

メルさんの食べ方がシャイーさんに匹敵するような、いえ、

凌駕するようなものだったんで、(しかも「Erbarme dich〜」の

テンポに合わせて茎を食べるところなんて

バイオリンのリズムをしっかり体で意識しているとしか思えない!)

鶏が三度鳴いた後に

わたしが三度笑ってしまったというわけですはい......たらーっ(汗)

*****

マタイ受難曲つながりで。

来週はいよいよイースターですね ウサギ

あちこちでうさぎグッズを見かけるヨーロッパに比べ

日本で盛り上がるのは、

6月まで(なんで?!)開催するTDLのイースターくらいでしょうか。

ハロウィン同様、日本にも定着してほしいような

してほしくないような複雑な心境です。

何はともあれ。

イースターが来ると春の訪れを感じますね。

復活祭の日曜日にはホラーメルなんておちゃらけたことしてないで

静謐な空間でしっとりとマタイ受難曲の世界に浸りたいと思います。

MDRがトーマス教会からのライヴストリーミングを

今年も企画してくれるといいな...(願!)









     
ニックネーム らぼすたっふ at 11:13| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

心配過剰通院&トマーナ



160315_16.jpg




先週の11日(金)の深夜、たった今聴いてきたばかりの

聖トーマス教会合唱団(通称「トマーナ」)のコンサ(@東京芸術劇場(後述))が

あまりにも良すぎたので、感動と興奮の渦の中

らす´ と 『明日の川崎公演もチケットとっちゃおうか?』

と、残席情報を案内するPCの前で熱く話していたとき

メルさんの水の飲み方がとても気になったのです。

なんというか・・・いつもの勢いがない。

ゴクゴクゴク!!という勢いが感じられないのです。

そういえば、この日の朝

出かける際に見遣った折も

なんとなーく、おそるおそるサイフォンドリンカーに

口を付けてはチビチビとメルさんらしくない上品な飲み方を

していたのが気になったのでした。

加えて、サイフォンドリンカーから口を離すと

口をくちゃくちゃさせて

歯や舌が理想的な状態ではないことを示すような仕草を見せます。

「気になる」

うさ飼いとして、この心のどよめきをスルーしてはいけません。

最後の最後まで不調を隠そうとする被捕食動物の保護者として

「様子を見る」という選択肢はないのです。

よって、ミューザ川崎は諦め

翌12日(土)はメルさんを病院に連れて行くことに。

考えてみれば、去年1月20日のプチうっ滞の後は

まったく病院には縁がなかったメルさん。

それはそれでとても嬉しいのですが

好調にかこつけて健診をも怠っていたことに今更ながら反省です。

通院の前、メルさんを膝の上で仰向けにし

前歯を見せてもらうと、下の歯2本に

牧草のカスが2片くっついて
いました。

割と大きかったので指でそれらをさっと除去。


160315_1.JPG


キャリー上部からのSHOT


久々に訪れた みわエキゾチック動物病院

水槽の位置だとかペレットのサンプルだとか

細かなところが以前とは変わっていて

それだけでも「あー、全然健診に来ていなかったんだな」

と反省要素満載でありましたたらーっ(汗)

本来のメルさんの主治医である綿森Dr.は

産休/育休 から復活されていたものの

この日は1年前にメルさんを診てくださった

戸丸Dr.が担当でした。

まず最初に体重測定。

1.56kg.

やっぱりメルさん、ヤセの大食いですね。

食べても食べても全然太らないですねーこの子は、と

言われながら、肝心の『歯』の状態を診てもらうことに。

前歯も奥歯もじっくりしっかり診てもらいましたが

結果は「異常なし」。

お腹の状態もすこぶる良し。

至って健康体、との太鼓判でした。


160315_2.JPG

キャリーの横穴からのSHOT


『お口をくちゃくちゃさせたり

お水の飲み方がおとなしかったりしたのは

歯に付着した牧草片が気になっていたからかもしれませんねー』
と戸丸Dr.

あぁぁ、そうだったの・・拍子抜けしながらも

安堵の息が深く漏れました。

なーんだ、それじゃあこれからは

目ヤニ同様、わたしが対処できるんだね!

ほんとにほんとに安心しましたよメルさんー!

この日のお会計は今までにない低廉なもので


160315_3.JPG


えー! 2万は覚悟だったのに超うれしい(涙)

ラボに帰ってきてからメルさんは珍しく

サークル内の端っこに走って行って意図的おもらし小雨

それほど自己の正当性を主張したかったんでしょう。

メルさん、病人扱いしてごめんごめんあせあせ(飛び散る汗)


160315_4.JPG


でもね、もうすぐ6歳なんだし健診に行ってなかったし

お口やお腹を診てもらういい機会になったでしょう。

今のコンディションやごはんの内容や

一日のサイクルがいいんだよ、って

太鼓判もらえたんだから、らすズ も安心だよ。

どうもありがとねハートたち(複数ハート)

・・とお話ししていたら

メルさん、サークルからさっとケージに昇り


160315_5.JPG


そりゃあもう凄い勢いでお水を飲み始めました。


160315_6.JPG


うんうん、わかったわかった!

メルさんとは言葉でのコミュニケーションができないけれど

こうしてお互いの意思疎通ができる場面が多くなったよね。

精一杯自分の意志を伝えようとしてくれたり

らすズ の会話に聴き耳を立てて懸命に理解しようと努めてくれたり

メルさんには感謝でいっぱいだよ。

今までもこれからも大切な家族だからね。

大切だからこうして心配しすぎちゃうこと、わかってね・・たらーっ(汗)

戸丸Dr.から、ありえない一言

「ちょっと 様子見て みましょう」 ← うさ飼いの辞書に無し

を頂戴してしまったわたしは

もう少しでーんと構えててもいいのかもしれません...たらーっ(汗)


*****

さて、トマーナです。

今年1月に現地ライプツィヒの聖トーマス教会で

金曜(15日)と土曜(16日)のモテットを聴いたばかりですが

人類史上最大の音楽遺産とも言われる「マタイ受難曲」は

2012年の横浜みなとみらいホール以来、4年ぶりです。

11日は夜のコンサの前に、いつも現地でお世話になっている

Wさん(1月30日エントリ後半参照)と

そのご子息(トマーナ団員)をもてなすべく

らす´ とともに有休を取り

昼間のオフには浅草案内をして差し上げました。


160315_7.JPG


2013年大晦日にWさん宅に招待された際

「我が家のコックは自分!」と言ってたWさん、さすがです。

ネットで調べ上げた包丁店で真剣に物色。


160315_8.JPG


お約束の雷門。

彼らの東京滞在中、ずっとお天気が悪かったのが残念。


160315_9.JPG


仲見世では らすズ の方が

「へー!こんなのあるんだ!」 「これ楽しそうー!」

とはしゃいでしまいました。

しかし外国人が増えましたねーほんとに。


160315_10.JPG


Wさんが 「前回(2012年3月)にはできてなかったんだよ」

と言っていたスカイツリー。

トマーナが帰国してから2か月後に完成したんですよ。

ああ、もっと時間があったら連れて行きたかったなあ。


160315_11.JPG


お昼はリクエストに応えて天ぷらと蕎麦。

このリサーチがなかなか難しかったんですよダッシュ(走り出すさま)

お座敷でなくてテーブル、

写真入りメニュー有り、

でっかい海老天2本どーん!じゃなくて野菜天も入ってる天丼、

これらの条件で検索すると、全てを網羅するお店の少ないことと言ったら!

2020年に向けてこういう需要、どんどん伸びてくると思うので

頑張りましょう浅草!否、東京!


160315_12.JPG


舟和本店でカラフルなあんこ玉に興味津々。

1個から買えるので、適当に見繕って

「日保ちしないから今日中に食べるんだよ!」

とお土産に持たせました。


*****

Wさん父子をホテルまで送った後は

我々も一度帰宅。

メルさんのごはんを済ませ、コンサに向けてドレスアップリボン

さあ、いざ出陣!4年ぶりのマタイですぞ!



160315_13.JPG



ホールに着いてまずびっくり 目



160315_14.JPG


えーーーーーっ......!!!

ペッツォルトさん好きの我々としては嬉しい反面、

若手のブルンスくんのテノールが聴けない寂しさも・・心中複雑。

ブルンスくんだけじゃないのです、体調不良。

トマーナは 香港 → 上海 → 日本 → 韓国 というアジアツアーを

こなすのですが、まず全体のスケジュールがめちゃくちゃタイト。

一日フリーの日なんてわずか1日だけ。

それに(これはエージェントの責任ではないけれど)

香港から上海へのフライトがまさかの8時間遅れ、

上海から成田へのフライトが1時間半遅れ。

香港では異様な暑さと湿度に悩まされ(ドイツ人は湿気を凄く嫌います)

上海では中国特有の空気の汚れに悩まされ

日本に到着してみれば真冬の気候。おまけに冷たい雨と風。

この寒暖差とフライト遅延によるストレスと睡眠不足が

蓄積する疲労は想像に難くなく、普通のオトナでも参っちゃいます。

上述ソリストのブルンスくんはインフルエンザだったそうですが

インフルでなくともオケメンバーや合唱団の中には

喉の激痛に苦しむ姿も見られ、専属医師から投薬を受けながらの

凄まじい、それこそ命がけの「受難曲」の演奏となりました。


でもでもでもでも。


こういうときこそプロ意識って出るんですね。

ゲヴァントハウスオケのメンバーも合唱団も

それはそれは素晴らしい、完成度の極めて高い音楽を

聴かせて、もとい、魅せてくれました。

急遽代役を務めたペッツォルトさんはこれまでずっと

福音史家を歌ってきた人なので

代役といえども捉えようによっては本来の役で

それはそれはもうお手のもの。

いつもよりも情感深く、表現力豊かな世界を

作り上げていました。

(ペッツォルトさんをテノールソロ( ← 今回は出番が少ないこちらとしての来日だった)として

今回連れてきてよかったねえ...。)


そして指揮。

去年1月に突然、当時カントルだったビラーさんが辞職してから

暫定的に指揮を務めるシュヴァルツさん。

(プログラムには「カントル」として紹介されていますが

正確にはシュヴァルツさんはカントルに就任していません。

ビラーさんと新カントルをつなぐ暫定指揮者です。)

このシュヴァルツさんの指揮がまた良いのです。素直で優しくて。

お人柄そのものを映し出す慈愛に満ちた指揮。

いつもはバスのソリストとして来日する方なので

その心中やいかに?と思いながら見ておりましたが

本当に本当に柔らかくて深い愛情に包まれた演奏を引き出す

素晴らしい指揮でした。

淡々と振る場面もあれば彼独自の解釈に則り

ノリノリで振るアルトアリアもあって

ここに辿り着くまでに色々な紆余曲折があったんだなあ、と

邪推しては涙が止まらないわたしなのでした。

シュヴァルツさん大好きです...(涙)


終演後、Wさん父子とお別れをし、

そしてシュヴァルツさんにも「おつかれさま、ありがとう」のご挨拶。

現地で日曜礼拝を主に振るハイデマンくんともやっと会えたので


160315_15-2.JPG


3人で記念写真。 (らす´ との 3 SHOTもちゃんと撮りましたよ!)

ハイデマンくんとシュヴァルツさん、わたしと らす´ 。

1月の土曜モテットをトーマス教会で聴いたユニットそのまんまです。

モテットの間に数回訪れる会衆讃美歌の場面では

シュヴァルツさんのバスとハイデマンくんのテノールに挟まれ

至福の生ステレオを聴けたあの時間。

らすズ にとって永遠の宝物です。

またこうやって長い時間をおかずに

すぐに再会できたらいいな。

そのためにはやっぱり我々がライプツィヒに行くしかないんだけど...。


わたしの「少年合唱」への入り口こそ

天下の「ウィーン少年合唱団」でしたが

今、わたしの魂はこの聖トーマス教会合唱団とともにある。

それを再確認できた大切なコンサでした。

素朴で柔らかな響きの中に通る、確固たる一本の強い芯。

9歳〜18歳までの団員たちの縦のつながりが織り成す

合唱の旋律における一糸乱れぬ縦のライン。

そんな合唱を紡ぎ出す彼らが大好きです。


今日は韓国(テグ)で一度目のコンサ。

その後ソウルでスケジュール終了。今週末には帰国です。

これ以上体調を崩すことのないよう、隣国から祈っていますよ。


4月にはカントル候補者(4人目)の実習が再開されます。

最終的にカントルが決定するまでの道のりは

コンクラーベよりも難しく長いだろうと思われますが

その間、シュヴァルツさんの温かな指揮の下

トマーナの実力が更に磨かれ、テクニックはもとより

心にしっかりと栄養をたくわえられますように。

彼らの合唱をまた聴ける日を楽しみに、

今日もわたしはマタイの旋律を頭に繰り返しつつ

今ある人生を大切に生きています。













       
ニックネーム らぼすたっふ at 13:46| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

ムーミンカフェ&ニンジンさがし



仕事に忙殺されていた(いる)日々が続いております。

交渉が難航している輸入案件が重なり

相手国との商習慣のギャップからイライライラ...どんっ(衝撃)

神経擦り減りすぎ。

I wish you would have told me !

というセリフが今月の my 流行語大賞。

メルさんがくれるα波によってどうにかこうにか

生き延びていますよはい。


イースター前だからってわけじゃないけれど

最近のメルさんとのお遊びブームは お宝さがし プレゼントぴかぴか(新しい)

メルさんが探すのは イースターエッグじゃなくて

ニンジンですけどねあせあせ(飛び散る汗)


160308_18.JPG


お耳よし、お目目ダメ、お鼻ダメ、のメルさん、

「灯台下暗し」芸がなかなかにお達者で たらーっ(汗)

すぐそこにあるのにぜーんぜん気づきません ウサギ


160308_19.JPG


まあ、運動になるしコミュニケーションツールともなるので

大変プラスに働いているのですが。


160308_20.JPG


途中、こうやって自己の正当性を

ものすごい自信をもって主張してきます。

このお顔が真剣でこれまたかわいいんだー(親ばか自認済)


160308_21.JPG


おっと! やっとロックオンの様子ですGood


160308_22.JPG


一切れ見つけるまで数分かかるので

毎日かなりの運動量となります。

(昼間と夜間はずーっとケージにいるので丁度いいかな、と。)


160308_23.JPG


こうして「ちゃんと見つけました」報告に来たときには

『メルさん、よかったねー! よく見つけたねー!!』

と親ばかぶりを更に炸裂させている弊ラボです...あせあせ(飛び散る汗)


*****

くさくさした気持ちが飽和状態に達する前に、と

先週日曜は らす´ と後楽園までサイクリング。

麗らかな春の日差しの中を

柔らかい風の歓迎を受けてチャリチャリしていると、

だんだんココロも晴れてきます。

15分ほどのらりくらりペースで走って到着。


160308_1.JPG


TOKYO DOME CITY と名乗るだけあって

いろーんな施設やアトラクションが盛りだくさんですね。


160308_3.JPG


かつては遊園地だけしかなかったのに・・いやーびっくり。


160308_2.JPG


今回のお目当てはラクーアに入っている

ムーミンカフェ



160308_5.JPG



160308_4.JPG


おおお、待ってましたよこの癒し空間。


160308_6.JPG


店先の看板トロールはもちろんムーミン


ちょうどランチタイムが始まったので、行列に並んで

(正確には らす´ を並ばせてわたしは魅惑の併設ショップでグッズ探索)

いざ初めての入店です。

去年の夏に本家本元の

ムーミンワールド(@ナーンタリ in フィンランド)に

行ってきた我々ですが、さすがはサービス天国おもてなし大国ニッポン。

非日常空間の演出という店では本家を大きく上回りますよ。


160308_8.JPG


一歩踏み入れるとそこはもう非日常。


160308_9.JPG


フィンランドの端っこにあるムーミン谷です。


160308_7.JPG


テーブルがまた凝っているのですハートたち(複数ハート)

店内をあちこちキョロキョロしていると

オーダーしたランチが運ばれてきました。

実は、

「キャラクターショップだからお料理のクオリティは二の次だよね」

なんて思っていた我々の想像は

見事に裏切られ、本当に手のこんだ素晴らしいお味ぴかぴか(新しい)

しかも「北欧を真似た」んじゃなくて、本場の味そのまんまを

出してくれるのです。感動しながらも「また行きたい病」が

否応なしに再発ですよ、これじゃ。

ランチセットにもれなくついてくる


160308_16.JPG


ボリューミーなスープと

サラダ(ムーミンファミリーのパスタがのっかっている!)

で既に空腹感の半分が満たされます。

(カトラリーも全てムーミンファミリーという徹底ぶり...脱帽)

で、それに続き


160308_15.JPG


わたしのオーダー「北欧プレート」。

なんといっても2種類のディップ

(ビーツとサーモンたっぷりのマッシュポテト)

が美味しいのなんの!


160308_10.JPG


お隣のムーミンベーカリーで焼かれた

食べ放題のパン(小さくカットされたものを

ニョロニョロのトングでお皿にセルフで取ってくるシステム)

によく合うのですー わーい(嬉しい顔)

らす´ がオーダーしたフィッシュプレートも

グリルされたサーモンにバジルソースがふんだんにかけられていて

美味しそうだったなあ。

(パン食べ放題な上に、こちらにはパスタも付いてくるんですよ!)


アフターのドリンクをいただきながら

店内のキャラクターたちとまったり。

わたしはスタッフさんに無理を言って


160308_17.JPG


大好きなママを隣に連れてきてもらいました。(いくつだよおい!)


160308_11.JPG


らす´ は パパのハットをスタッフさんに被せられ

ムーミンと並んでご満悦。


160308_12.JPG


途中、無表情スナフキンも遊びにきてくれましたよ。


160308_13.JPG


お隣のテーブルからご指名のあった

ミィの後ろ姿がなんともちっちゃくて可愛くて。

・・と、ミィに見とれていたら背後からでっかい鈴の音が。


160308_14.JPG


お誕生会のテーブルではスタッフさんがノリノリ るんるん

店内のお客も自然につられて空気が一体になり

ハッピーバースデーソングを歌っちゃいます。

*****

帰路はペダルを漕ぐ足取りも軽く

たまにはこういうのもいいなあと思いながら

久々に乗ったmyチャリくんにお礼を言いました。

そうそう、ラクーアの駐輪場は太っ腹なことに3時間まで無料なのですexclamation

普通はどこでも1時間までですよね。

ムーミンカフェでゆったりまったりできることを

考慮して作られているんだなあー(大いなる勘違い?)



160308_24.JPG


日曜なのにきちんとケージでお留守番していたメルさんを

サークルに出して差し上げたら速攻で眠り始めました 眠い(睡眠)


160308_25.JPG


白眼視ならぬ白眼寝メルさん。

被捕食動物のDNAってこんなところに残っているんですなあ。

メルさんの寝顔を拝みながらまたココロのとんがった部分が

じわじわ溶けてゆくのを実感。

エナジーチャージの日曜に感謝しながら

息抜き・ガス抜きって大事だなあと思った次第であります。

今週もあと半分、がんばるぞーーー










        
ニックネーム らぼすたっふ at 11:55| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

和なうまうま&メルさんシニアへ


前エントリ記載のとおり、何故か人生半ばにして

突然今まで苦手としていたものがマイブームになるという

自分でもびっくりな現象に驚いているわたしでありますあせあせ(飛び散る汗)

特に餡子を使った和菓子が今まではダメでダメでふらふら

それがここにきて 「旨い和菓子」 にドはまりな自分。

気味悪いことこの上なし。

さてさてさて。


東京には『三大豆大福』 なるものがあります。


ひとつは護国寺の 群林堂

ひとつは高輪の 松島屋

そしてもうひとつは神宮前の 瑞穂

いずれも無添加無着色無香料無保存料ゆえ

「お召し上がりは当日中に」のお店。

今まではこういった自然由来食品を好む実家の両親へ

お土産として購入していただけでしたが

わたしの中で「自分でうまうまを食いたい!」という欲求が

頭を擡げてきました。

群林堂はチャリで行ける距離なので

今まで何度か訪問しています。

開店前に並んでやっと「売れ残りのものたち」に出会えること数回。


160223_1.JPG

(過去写真より)



160223_2.JPG


(過去写真より。豆大福&豆餅&鹿の子)


群林堂ではこうして「売れ残りちゃん」たちに出会えただけでも

ラッキーだったのですが

松島屋はいつもいつもアウトつづきでしたたらーっ(汗)

開店前に並んでも自分の前で絶対に豆大福は売り切れてしまい

「仕方がないなあ」と諦めた昨年。


ところがexclamation×2


なんで早く気付かなかった自分exclamation×2どんっ(衝撃)


松島屋の豆大福を狙うひとたちは

ほぼ全員が「予約」していることが判ったのですダッシュ(走り出すさま)

そりゃそうだよねー。開店前に売り切れだもんねー。

多分、群林堂も瑞穂も予約者の方が多いのではないかしら?

(と、今になってやっと気づくアホです)

それじゃあ予約購入の初っ端は

せっかくだからチャリテリトリーではなくて

思いっきり都内南下の 松島屋 に勇んでいきますぜ!

と意気込んで、早朝遠足気分で 港区は泉岳寺へ。


160223_3.JPG


由緒ある高級住宅街にどうしてこんな小さくてふるくさい(失礼!)

和菓子屋があるのか甚だ不自然ですが

ここまで周りがお洒落になってもその佇まいと信念が

揺るがぬところに人気と歴史を感じてしまいます。


160223_4.JPG


開店から30分後の10:00に到着。

やはりすごい行列ですよあせあせ(飛び散る汗)

でも。

行列に並んだ人たちが魂抜けたようなお顔で

次々と列を抜けてゆきます。

なんと


160223_5.JPG


豆大福はもとより

草大福もきび大福も売り切れ続出。

あ、わたしの一人手前で期間限定の桜餅も売り切れました。

あらあらあら・・

あとはもう、買えるものといったら自分で焼く のし餅 くらい。


160223_6.JPG


群林堂よりも人気度が高いと見ました。松島屋恐るべし。

昭和天皇もお忍びで買いにこられたほどの魅力ですもんね・・。

待つこと15分。やっとわたしの番〜 わーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)

「予約してました」と名前を告げると

奥の方から手提げ袋に入れられた憧れの大福さんやお餅さんがぴかぴか(新しい)

(ため息つきながら のし餅 を買っていた方々、次回は予約必須ですぞー)


160223_7.JPG


お約束の豆大福、草大福、きび大福、

んでもって期間限定のうぐいす餅に桜餅。

あとは、これまた期間限定の


160223_11.JPG


芋羊羹をどどーんと一本exclamation×2

これだけ買って3000円ちょいですよ。

なんて良心的なんでしょう。

っていうか、食べ切れるのかこれ・・「本日中」にふらふら

(羊羹だけは冷蔵庫保管で2日ほど日保ちするそうです。)

いざ実食〜るんるん


んまexclamation×2ぴかぴか(新しい)


メルさんがフルーツ食べてるときの顔に

匹敵する 可愛さ 不気味さ をもって

そりゃあもうひとくちひとくち噛みしめながら

愉しませていただきました。

豆大福の香ばしさと素朴な甘さにノックアウトされながら

丁寧な裏ごしの愛情を受けて育った芋羊羹には

芋羊羹の概念を見事に覆されました。

(もうスイートポテトなんぞ食べられませぬ)


160223_8.JPG


惚れました...ステキすぎる「おいも100%!」な芋羊羹さん。

ほかの面々ももちろん全て美味しく、

今まで人生半分無駄にしていたような気持ちになるほどの

センセーショナルな体験でありました。

次は 瑞穂 の豆大福を征服しませう。

餡子がこしあんというからまた全然違った味わいなのでしょうなあ。

御三家を制覇してもまだまだ定評と歴史あるお菓子屋さんが多いので

らすズ のエンゲル係数は今後もうなぎ上りですダッシュ(走り出すさま)


160223_13.JPG



160223_14.JPG



はい! メルニコフ師匠!

これからもご指導ご鞭撻のほど、何卒お願いいたしまするー。

そうだ、メル師匠、今までのペレット

「バニセレメンテナンス」がそろそろ切れそうなので

新しいのを頼んだのですが、迷いに迷って

『5歳からの』 を標榜した

「バニセレシニア」にしてみました。

メルさんがシニアだなんて俄かには信じがたいですが

うさぎ年齢としてはそろそろ

そういうフェーズに突入なのでしょう。

「メンテナンス」にアガリクスが配合されたこの「シニア」、

免疫力を高めたり抗がん効果があったりするらしいです。



160223_9.JPG



変わらぬメルさんの健康維持のためによろしく頼みますよわーい(嬉しい顔)


郵便局でついつい


160223_10.JPG


使用頻度の低い切手購入。

だってわたしの想い出の「ゆきのひのうさこちゃん」が...

上昇するエンゲル係数の代わりにどこか締めないといけませんなダッシュ(走り出すさま)









        
ニックネーム らぼすたっふ at 10:47| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

ヒゲに願いを


先月、わたしの渡独と入れ違うかのように

日本に一時帰国した はなこさん(@「うさかいドイツ日記」)。

かなり前から会う約束をしていたのだけど

はなこさんのモテモテ度合いが過ぎて

タイトなスケジュールがたたり

待ちに待ったお約束の日は はなこさんがダウン バッド(下向き矢印)

今回は他の沢山のうさ友さんに

はなこさんとのランデヴーを

わたしの分まで大盤振舞いしてお譲りし

楽しみの利子つきで次回に泣く泣く繰り越すことに 顔(泣)

そんなはなこさんから、帰独間際に

贈り物が届きました プレゼント


160216_1.JPG


わたしのデイリーチョコの定番Ritterと

ビールのお供、サラミと

たくさんのクノールexclamation×2

ドイツ(というかヨーロッパ)のクノールには

大雑把な分類で2種類あって

沸騰したお湯に袋の中身を入れればOKなスープ類と

野菜やお肉等、自分で食材を揃えてソースやスパイスとして使う

「○○の素」的なものとがあります。

はなこさんが送ってくれたのは後者。

これで らすズ 大好物のドイツ料理がたくさんつくれるぞ!

・・と、弊ラボのシェフである らす´ が喜んでおります。

我々も先月ドイツでたくさん買い込んできたのですが

こういうのはいくらあっても困りませんからねー。

はなこさんありがとう。

次回は必ず会おうねわーい(嬉しい顔)


*****

先月、といえば。

サブイレウスから生還したわたしは

めきめきと食欲UPが続き、

細胞全てどころか、脳内の興味関心分野のウェイトまで

おかしくなってしまったようで、

最近は「おいしいもの」に開眼しております。

今まで「一食あたりの栄養価が詰まった錠剤が食事でも

一向に構わぬ。合理的じゃ」とぬかしていたこのわたしがですよあせあせ(飛び散る汗)


先週、らす´ が 目黒の「ひいらぎ」 で買ってきてくれた


160216_4.JPG


たいやきのおいしいことといったらもうexclamation×2ぴかぴか(新しい)

和菓子は(特に餡子が)得意ではないわたしが

うまいうまいと食らう餡には

一体どんな秘密が孕まれているのでしょう。


160216_5.JPG


30分以上かけて焼かれる皮(生地)もパリパリでおいしいのです。

そして最近ふたりでハマっているのが

ベーカリーカフェのパンハートたち(複数ハート)

渋谷や新宿でお世話になっている

ゴントランシェリエ

も大好きですが、もっと自宅近くに

新たなお気に入りを発見 目

トラッド目白の1Fに入っている

シェフズベーカリー」の塩パンが 今の らすズ ブームであります。

そしてちょいと路線逸脱して

たまにパンをたらふくいただけるお店にもふらり。

食べ放題にしてはクオリティが高いと評判の

新宿は中村屋ビルに入っている

ランブータン」にも行ってみました。


160216_6.JPG


常に30種類以上のパンが食べ放題。(沢山食べられるように小さくカットされているのだ!)

カゴが空になった瞬間、焼き立てのパンが

サーヴされる素晴らしいオペレーションにも拍手です Clap

店内もテーブルも広くてゆったりしていて内装も素敵。

惣菜系やお菓子系のパンに加えて、バゲットやカンパーニュも

豊富なディップ(明太子とかガーリックバターとかパンプキンとか...)で愉しめます。

次から次へと新しい種類のパンが来るので

ケチケチらすズはついつい食べ過ぎて

暫く動けませんでした...ビンボー性はつらいよ

*****

なんだか「常に食べてばかりいる」メルさんの気持ちに

ちょっと近づいた感じがしますよ。

あらあら、珍しくメルさんが満腹ポーズ ウサギ

メルさん、沢山食べた?


160216_2.JPG



160216_3.JPG


そですか...頭にまで牧草載せて...

一体どんなワイルドな食べ方したんだ?わーい(嬉しい顔)

これぞメルさん。食欲いちばん。健康いちばん。

*****

タイトルに大々的に持ってきておきながら

トピックがラストになりましたダッシュ(走り出すさま)

メルさんのヒゲ

2011年6月30日にはたったこれだけだった

メルさんのヒゲが

あれから4年半余のうちに


160216_13.JPG



103本 になりましたーーーexclamation×2ぴかぴか(新しい)


ケージ掃除のときに落ちてたら拾う、を繰り返していただけなのに

まさかの100本超えです。びっくり。

ネコのヒゲと同じくご利益ありますように・・ぴかぴか(新しい)


160216_10.JPG


おヒゲですよおヒゲ。


160216_11.JPG


メル大明神さまー。


160216_12.JPG


どうかご利益をばー。


・・だってね、前エントリにもちょこっと書きましたが

年末に「歯根破折のために抜歯した」箇所が

ほんとに大変なことになっておりましてねたらーっ(汗)

「抜歯したままだと隣の歯が移動してくるし

噛み合わせ相手のいない上の歯が伸びてくるし

取り返しがつかなくなってしまいますよ」


という歯科医の言葉を受けて

インプラント手術の決心をしたものの、

もろもろ検査をしてみたら

大昔の矯正黎明期に(絶対に歯科医は抜かないとされる)犬歯が

上2本とも抜かれたことから( ← 実話ですよ!!ひどすぎる!)

わたしの噛み合わせが深すぎるものになっていると判り

まずは「犬歯を人工的につくる」矯正からスタートすることと

なったのです。噛み合わせをしっかりしたものにしないと

インプラントを1本突然入れても

結局数年後にはダメになっている可能性が高いのだそうですバッド(下向き矢印)

おまけに、この噛み合わせのままだと、

今回の歯根破折に見舞われた歯と同じような犠牲を

他の歯にも生む可能性も高いのだそうですバッド(下向き矢印)

(そりゃそうだよね...根本的なところを変えないとね...)

上述の「大昔の矯正(永久歯が生えるか生えないかの頃)」に

既にばんばん歯が抜かれているわけで、

これ以上自分の歯がなくなったら大変っっっ顔(え〜ん)どんっ(衝撃)

矯正 プラス インプラント で、時間的なトータル2年

金銭的なトータル 200万円

おお神よ・・・なぜ我を見捨てたもうか・・顔(なに〜)

倹約精神に則り、今までコツコツと貯めてきたお金を

旅行に費やしてきたアホキリギリス がここに泣くたらーっ(汗)

とにかく。

仕事もバイトも頑張って頑張って

メルさんのヒゲに神頼みして

やっと目覚めた「おいしいもの」への欲求を満たすべく

前に進んでいくほかありません。

人生山あり谷ありマイナス金利あり。

って言っても、デンタルローンへの恩恵なんて雀の涙ですよね

乗り越えられない試練はありません。

パンもたいやきもいつまでもおいしくいただくために

努力あるのみなのだexclamation×2¥








     
ニックネーム らぼすたっふ at 13:03| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

恋をしています♡



Joyeuse Saint Valentin !

(ジョワイユ サン・ヴァロンタン! = ハッピーバレンタイン!)

Je n'arrête pas de penser à toi.

(あなたのことで頭がいっぱいなの。)


160213_1.JPG


レオニダスさま ハートたち(複数ハート)ぴかぴか(新しい)


わたし、マーマレードは大嫌いなくせに

オランジェットが大大大好きなんです揺れるハート

今まで数多くのオランジェットを食してきましたが

ついに・・

ここにきて・・

好みど真ん中のオランジェットに出逢ってしまいましたハートたち(複数ハート)

ベルギーチョコの中でも

ピエール・エルメやゴディバや

ノイハウスよりも格下で庶民的なレオニダス。

でも高級だとかお値段だとかそんなの関係ないexclamation

苦味のきつすぎないオレンジピールと

カカオバター100%のマイルドなチョコのマリアージュハートたち(複数ハート)

絶妙なバランスなんです、これが。

今までずーーーっとバカにしてきた

「自分へのご褒美チョコ」

なるものをこのわたしが買う日が来るとは・・たらーっ(汗)


J'ai eu le coup de foudre pour ces orangettes au chocolat.

(このオランジェットに一目惚れしてしまったのだ...)

※ coup de foudre = 雷の一撃。

フランス語の表現って何をとってもステキ...ハートたち(複数ハート)




160213_2.JPG


ボルドーワインと合わせると

オランジェットの魅力が二割増し!

(1本2000円もしないテーブルワインですけどね)

昨年末からオトナになったわたしは

フルーティな白ワインを卒業し、

今はすっかり赤ばっか バー

カベルネ・ソーヴィニヨンやメルローの安いのを漁っては

「認知症予防ハートたち(複数ハート)認知症予防ハートたち(複数ハート)

とニヤけながら

カマンベールと一緒に毎晩愉しんでおります。

(赤ワインとカマンベールの組み合わせが認知症予防に

効果的という研究発表を目にしてからずっとこのザマです...たらーっ(汗)

日々もの忘れが増えているわたしには

研究発表の成果は「?」な感じですが・・汗)

まあそれはともかく

今はこの組み合わせに

レオニダスのオランジェットわーい(嬉しい顔)

ああ幸せ・・。でも本場ベルギーのブリュッセルでは

ほんとに庶民的で、信じられないようなお値段で売っているそうなので

行きたい国の中に密かにベルギーがランクインしている事実・・。

はっ!ひらめきブリュッセルって公用語がフランス語じゃない?

(こらこら!まずは歯を治してからだろ!

↑ 矯正してからインプラント入れるのでトータル200万かかるそうです。

定期解約決定であります顔(なに〜)



*****

オトナになった、といえば。

前エントリのいちご動画への反応として

「メルさん、顔つきがオトナになったねー」

というお声を頂戴しました。

わたしもちょうど最近

写真や動画を撮りながら

「顔つきがお子ちゃまとは違ってきたなあ」

と思っていたので「やはり!」と膝を打った次第であります。


メルさんメルさん、オトナになったねえ。


160213_6.JPG


うんうん。弊ラボだけの所感じゃなかったよ。


160213_7.JPG


今年は6歳になるものね、そりゃオトナになるよね。


160213_8.JPG



160213_9.JPG



食べる顔つきはまだまだ可愛げと必死さが残るメルさんです。

換毛が終わったメルさんですが、もはや持病(?)と化した

「目ヤニ」は未だ続いていて

メルさん、毎朝毎晩「目ヤニ取り」の受難ふらふら

先ほど取ったのは


160213_10.JPG


両目とも結構大きいかな?

1月にシッティングしてくださった渡部さんのおっしゃるように

オーツヘイの小さな葉の欠片のときもあるかもしれないけれど

ここ数日見られるのは完全に「抜け毛」です。

目の上のタンコブならぬ目の上の抜け毛が

鬱陶しいこの季節。メルさん、共に頑張ろう!

いつでも目ヤニ取ってあげるからね。


160213_11.JPG


・・やはり食べる姿はお子ちゃまな表情のメルさんです ウサギ


*****

さて、これも恋ネタかもしれませぬ。

今週、思いがけない小包が らすズ の元に届きました。

ドイツはライプツィヒから。

差出人は「Ensemble Nobiles」。

え?どうしたのどうしたの?

何送ってくれたの??


開けてみると・・


160213_4.JPG


ぴかぴか(新しい)おぉぉ〜〜〜〜〜〜ぴかぴか(新しい)


まさかまさかのNobiles特製Tシャツexclamation×2

関係者にだけしかあげないんだって言ってたばかりじゃない!

CDやコンサでの共演者にしかあげないんだよって言ってたじゃない!

もう二人して暫し茫然、びっくりです。

そしてひたひたと迫りくる感激の波...ぴかぴか(新しい)



160213_5.JPG


バックプリントのロゴもめちゃくちゃかっこいいのです。


Tシャツだけでも嬉しかったのに


160213_3.JPG


全員のサイン入りのこころのこもったお手紙が

これまた礼儀正しくてしっかりしていて・・。

演奏を聴いたときとはまた違った感動をいただきました。

らすズ は彼らにすっかりハートを持っていかれちゃってますハートたち(複数ハート)

これからもずっとこんないい関係が築いていけますように。











       
ニックネーム らぼすたっふ at 23:26| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする