2016年12月24日

2016年クリスマス前メルさんお留守番記録



というわけで前エントリに続きまして

今回はメルさんお留守番編です。

ざーっと一挙ご紹介。


《渡部さんメール(12月15日 夜)》


19:05〜19:55までお世話に伺いました。

メルくん始めは、よそ行きモードで

お上品にペレットを食べていました。

オヤツを食べ終わる頃には

今までで一番ご機嫌な様子でカーペットを掘り掘りしたり、

走り回り楽しく遊んでいます。

ニンジンを食べ終わった頃には表情がうんと変わっていました。

好調なスタートで明日からが、ますます楽しみです。



161215_nacht_1.JPG



161215_nacht_2.JPG


161215_nacht_3.JPG


161215_nacht_4.JPG


161215_nacht_5.JPG


161215_nacht_6.JPG


(渡部さん撮影)



◆ 渡部さん報告書 ◆


おへやに入ってすぐメルくん、こんばんはーと声を掛けると、

カタンと音がしました。

カーテンを閉めてからケージの前に座ると、

メルくんは私の顔を覚えているようです。

両手を揃えてドアに立っちのポーズで丁寧な挨拶をしてくれました。

そっとドアを開けると急にフリーズします。

手をそっと伸ばして頭をなでると少しだけ体を低くしています。

スリッカーを手にすると、今は気分ではないです...と

奥へ引っ込んでしまいました。

じゃあゴハンにしようかな。食べる?と食器を見せて

トントンと食器を叩くと、ハイ!!とケージから出てきてくれました。


ペレットを入れてケージの中へ置こうとすると

サークルで食べたいとサインを出すので

そのままサークルで夜ごはんです。

1-2分で完食していますがメルくんにしてはゆっくりで、

いつもと違うのでおやつの前に掃除をして様子を見ました。

チモシーは底に少しだけ残っています。お水は空でした。

トイレはたっぷりのオシッコ。

右下のシートには立派で形や大きさの揃ったウンチです。

左下はこぼれたお水と少しのウンチ。

目ヤニもなく目立った不調はありません。

チモシーを入れると穂を探してパクパク。

うーん...どうやらちょっとよそ行きモードでの

夜ごはんだった?と思い、オーツヘイをひとつまみ。

すると大喜びでパクパク。

他のおやつはないの?のサインもなく、

あっという間に食べ終わりました。

明日葉の葉はいい香りです。写真を撮る間もなく完食し、

おかわりちょーだいダンスも見せてくれて、

すっかりいつものメルくんに戻っていました。

チモシーの恵2本は手から。

ニンジンも2切れは手から食べています。

食後はとても活発にサークルを走り

カーペットをほりほりして遊んでいました。

今までで一番ゴキゲンな様子で、

ケージに戻るとチモシーに頭を突っ込み、

ものすごい勢いで食べています。

初日からこんなにゴキゲンなので明日からがすごく楽しみです。




《渡部さんメール(12月16日 朝)》


8:40〜9:30までお世話に伺いました。

昨日のチモシーは完食しています。

お水は少し残っていました。

オシッコはトイレを使っていたのでシートの汚れはなく

訪問中は2回サークルのトイレを使っています。

大絶賛して朝からポリッツ1本食べました。

可愛すぎてデレデレになり、お仕事なのに私が心から楽しんでます。

同じようにメルくんも楽しんでると思います。




161216_morgen_1.JPG


161216_morgen_2.JPG


161216_morgen_3.JPG


161216_morgen_4.JPG


161216_morgen_5.JPG


161216_morgen_6.JPG


161216_morgen_7.JPG


161216_morgen_8.JPG


161216_morgen_9.JPG


161216_morgen_10.JPG


161216_morgen_11.JPG

(渡部さん撮影)



◆ 渡部さん報告書 ◆


昨日はレポートを書いているとサークル越しに横で見ていたメルくん。

今朝は静かにお部屋にいます。たっぷり入れたチモシーは完食で

スノコの上にもなくて、シートにクズがひとつかみ位落ちていました。

ウンチも手のひらにいっぱい位の量で大きさや形はいつもと変わりません。

オシッコは100%トイレを使っていたのでシートの汚れはありません。

メルくんお利口ですね。

ペレットはケージで食べます!とスタンバイしたので、

そのままケージで。お水を交換して戻る頃には食べ終わっています。

ボトルにはテープ2本分位のお水が残っていました。

食後はおやつください!とサークルを走って

おねだりするように私の周りを跳ねています。

オーツヘイをひとつかみ用意すると一番長いのから食べ始めました。

お水を少し飲むためケージに戻りましたが、完食まで10分弱です。

食後はサークルの広さいっぱいに走り、時々サークルを手でカリカリ。

オーツヘイを置いたマットをめくったりとやんちゃなメルくんです。

オーツヘイを食べている間にチモシーをぎゅっと詰めたのですが、

オーツヘイのおかわりほしいなあ...と

アピールするのでもうひとつかみ。

大喜びで食べるとお水を飲みに行きました。

なるべく邪魔にならないよう私は外で見ていたのですが、

メルくんが「こっちおいでー」と誘ってくれるのでサークルの中へ。

とにかく良い顔をしているので話しかけたり写真を撮ったりしながら

カワイイねーメルくんデヘヘと声を出して

笑いが止まらずにいると、メルくん初めはなんでこの人こんなに

デレデレしながら大しておかしくもないのに笑っているんだろう、

と変な人扱いのようでしたが、だんだん

洗脳(?)されていい気分になったようです。

目の前で念入りに顔を洗い、

サークルのトイレでオシッコしてくれました。

もうほめちぎりポリッツ1本大サービスです。

朝から本当に楽しませて頂きました。

ありがとうございます。とってもいい気分です。カーテン開けて帰ります。




《渡部さんメール(12月16日 夜)》


19:00〜19:45までお世話に伺いました。

メルくんオシッコはトイレを使っています。

訪問中はサークルのトイレを使ってくれました。

食欲は変わらず、うんちもほぼ変わりなく元気に遊びました。

ニンジン探しゲームとトイレに入って誉められるゲーム?

を大喜びで繰り返していました。




161216_nacht_2.JPG


161216_nacht_4.JPG


161216_nacht_5.JPG


161216_nacht_6.JPG


161216_nacht_7.JPG


161216_nacht_8.JPG


161216_nacht_9.JPG


161216_nacht_10.JPG


161216_nacht_11.JPG


161216_nacht_12.JPG


161216_nacht_13.JPG


(渡部さん撮影)


◆ 渡部さん報告書 ◆


メルくんは寝起きのようでした。

ドアを開けてもそのまま動かないので、手でたっぷりなでてから

軽くブラッシングしました。チモシーは完食しています。

お水は90cc残っていました。

(以前の計量カップがキッチンにあって計ったらピッタリ90ccでした。)

トイレは、持つとずっしりする位のオシッコをしていて

今朝も100%トイレでできており、トイレの失敗はありません。

右下のシートに1個だけいびつなウンチを見つけました。

他はほぼ大きさも形も揃ったコロコロウンチで量も変わりないです。

左側はうさぽかマットにウンチをしていて

シートはお水が少しだったので、こちらはタオルで拭いただけで

シートの交換はしていません。

たくさん褒めてペレットも食べたら

サークルを元気いっぱいに走りました。

普段こんなに活発だとしたら、

この1年はやはり私に遠慮していたのかなと思います。

イタリアンライグラスはみるみるうちに減っていき

早送りのようなスピードです。

ごはんを食べることが大好きなメルくんに

少しでも長く楽しい時間を作ろうと思い、

ニンジンは2つ手のひらから、あと2つは宝探しゲームのように

ケージの近くに置きました。

メルくん、考え付く場所を走って回ってひとつめを見つけました。

2つめを見つけるのは1つめより早かったです。

残りは器から食べています。

その他のおやつも食べるとこちらを気にしながら

サークルのトイレに行きました。

1回目は(オシッコせず)すぐに出て、2回目はちょっと長く、

3回目はたっぷりオシッコをしています。

トイレに入ること=ほめられるのは理解しているようで、

ウンチやオシッコが出るとか出ないより

「おりこうねー」と言われたいようで、

そのあとは何回もトイレに入ったり出たりを繰り返していました。

ケージに戻ってチモシーを食べ始めたのでドアを閉めています。




《渡部さんメール(12月17日 朝)》


8:50〜9:35までお世話に伺いました。

食欲もトイレの状態も変わりなくメルくん、

とても元気に過ごしています。

今のところトイレはパーフェクトです。

じゃれる仕草が子犬のようで

ペレットを使って今朝もサークルでトイレトレーニングしてみました。

いろんなところからオヤツをもらえるのは楽しそうです。



161217_morgen_1.JPG


161217_morgen_2.JPG


161217_morgen_3.JPG


161217_morgen_4.JPG


161217_morgen_5.JPG


161217_morgen_6.JPG


161217_morgen_7.JPG


161217_morgen_8.JPG


161217_morgen_9.JPG


161217_morgen_10.JPG


(渡部さん撮影)


◆ 渡部さん報告書 ◆


今朝はお部屋に入るとメルくんが動いた足音がしました。

ドアを開けたらすぐにピューンと出てきて楽しそうに走ります。

仕草がウサギさんよりワンちゃんに似ている感じがして、

絡むように私の周りで動いていると

ついついお座りしてねとか言いそうになります。

朝ごはん(ペレット)はカーペットの上で、

まずはスプーン1杯だけ食べました。

昨日ケージのトイレを上手に使ってくれたので、

残りの1杯をトイレトレーニングのごほうびに

してみようと思ってよせました。

食べ終わるとすぐオーツヘイのマットに行きスタンバイします。

見た目に何を基準にしているかわからなかったのですが、

特定の何かを探すようにして食べていました。

ケージ内はトイレの失敗がなくシートはチモシーくずと

コロコロウンチだけ。形、量、色なども変わりなく

チモシーは完食と安定しています。

掃除が終わり私がサークルの外へ出ると

メルくんが近くへ来てくれました。

今朝も明るい日差しにゴキゲンな様子です。

トイレの前に置いた板の周りをぴょんぴょんして

1-2秒トイレにのってまた私の前へ。

どうやらおやつのおねだりのようでした。

子犬のトイレトレーニングのように

メルくんにトイレに入るように促すと

1-2秒のっては「トイレにのりましたー!ごほうびください!」

とアピール。そのたびに(最初にとっておいた)ペレット1個をポリポリ。

せっかくだからとオシッコも出そうにないので

残りのペレットで板に「メル」と並べてみたのですが

あっという間に完食してしまいました。

色々なところからごはんが出てくるのは楽しいことのようで、

メルくんが「ねえねえ、他にはないの?」と

私に対して良く甘えるようになってくれました。

お水、朝は90ccより少し足りない位で残っています。

チモシーを新しい袋にしたのでいつもより喜んで食べ始めました。




《渡部さんメール(12月17日 夜)》


18:30〜19:25までお世話に伺いました。

メルくん立っちのポーズで待っていました。

チモシーとお水は空でした。

うんちは1つだけ小さなものがありました。

トイレはパーフェクトです。

今夜もオヤツを使ってゲームをして遊びました。

お顔がどんどん優しくなっていき私に対してのアピールが増えています。




161217_nacht_1.JPG


161217_nacht_2.JPG


161217_nacht_3.JPG


161217_nacht_4.JPG


161217_nacht_5.JPG


161217_nacht_6.JPG


161217_nacht_7.JPG


161217_nacht_8.JPG


(渡部さん撮影)


◆ 渡部さん報告書 ◆


メルくんに声をかけてカーテンを閉めると、

早くドアを開けてと立っちのポーズで待っています。

今度も元気いっぱいでサークルに出てきてくれました。

うさぽかマットに小さいウンチ1個といつものウンチ5-6個あります。

右のシートには大きさや形の揃ったウンチがたっぷり。

チモシーくずもたっぷり。

オシッコはトイレを使っているのでシートは汚れていませんでした。

○○様と私のメールをこっそり読んだのか、○○様がメルくんに話したのか、

とにかく嬉しい変化が続いています。

チモシーは完食でお水も全部飲んでいました。

ペレットを食べ終わりおやつを待っているメルくん。

ケージの掃除をしている私に「まだですか?」と

ヒザにのって甘えておねだりです。

ニンジンを2個手から食べてもらうようになってから

手が好きになってくれて全身たっぷりなでてから

「まだなの、もう少し待ってね」と言うとトイレへ直行です。

何も出なかったけれど5秒位サークルのトイレにのっていました。

ごほうびに手からニンジン2個をあげると大喜び。

残りはニンジン用食器で食べました。

当たり前のように目の前に来て顔を洗い、

マットを掘って遊び、思い出したようにオーツヘイを食べます。

初めの頃はひたすら食べていたメルくん。

今回はとても良く遊んでくれています。

チモシーの恵を木のハウスの穴に差してみました。

メルくん、たくさん考えて見つけると

上手に引き抜いて食べています。

「次はどこから何が出てくるの?」と

私にすごく注目してくれるようになりました。

明日葉はランチョンマットを2つ折りにして隠してみたら、

隙間から見つけ引っ張り出します。

表情がどんどんやわらかくなってきました。

お水を飲んでケージに戻ったところでドアを閉めると

そのままチモシーを食べ始めています。

毎回両目が分かるよう写真を撮っていますが

今回は目ヤニも涙もないようです。




《渡部さんメール(12月18日 朝)》


8:50〜9:30までお世話に伺いました。

メルくん寝起きのようで訪問中はずっとのんびり過ごしています。

食欲は変わりないのですがトイレが模様替えされていました。

多分そのせいで1回外しています。

すみません朝しっかり固定してきました。

サークルのトイレは入ると誉められるのが分かっていて

何度も出入りを繰り返していました。



161218_morgen_1.JPG


161218_morgen_2.JPG


161218_morgen_3.JPG


161218_morgen_4.JPG


161218_morgen_5.JPG


161218_morgen_6.JPG


161218_morgen_7.JPG


(渡部さん撮影)


◆ 渡部さん報告書 ◆


メルくんおはよう、とケージの前で声掛けしたらパッと動き始めます。

気持ちよく眠っていたようで、ややのんびりしたペースで

朝ごはんの催促をしています。

チモシーとお水はほぼ空でした。

トイレは私が昨日砂を交換した時にしっかり固定していなかったようで

ケージ前方まで移動していて、

多分そのせいでオシッコも外したと思われます...。

すみません。左側シートに1回分ほどの汚れがありました。

せっかくパーフェクトを狙っていたのに残念です。

ウンチはコロコロで大きさ、色、形などいつもと変わりません。

ペレットはどこで食べようかとぴょんぴょんしていましたが

結局私に足元にスタンバイしたので

カーペット(ラグマット)の上で食べています。

オーツヘイもひとつかみ完食すると

コロコロウンチ3つを残しケージに行ってお水を飲んでいました。

その後は「他にもないですか?」とおねだりするように

両手を私のヒザにのせたりトイレにのってアピールします。

メルくん、他のウサギさんより反応が早いので、

ワンちゃんやネコちゃんに近い理解力が

あるようで、褒められる事にはすごく良い反応をしています。

それでも今朝はわりとのんびりで元気に動き回っているけれど、

いつもよりはゆっくりで体温もちょっと

低そうです。耳の内側はぽかぽかですが、

食後の割に毛が生えているところはひんやりしていました。

寝起きでこれから体が温まるのかもしれませんね。

たくさん体をなでてパパとママがもう少しで帰る事を話すと

チモシーを食べにケージに戻りました。

多分穂先を探しているのでしょう。

上から下まで探して選んで引っ張り出してクンクンして...

なかなか食べずに向き合っています。

目立った不調はないのですが、おとなしめなので

夜またしっかりと様子を確認してみます。



《渡部さんメール(12月18日 夜)》


18:55〜19:55までお世話に伺いました。

メルくん食欲は変わりません。

オシッコも多分トイレを使っていたようです。

訪問中はサークルのトイレでオシッコをしてくれて、

たくさん誉めました。

夜ものんびりと過ごしています。

チモシーは、ぎゅうぎゅうに詰めてきました。

この度も大切な家族のメルくんをお任せ下さり

ありがとうございました。




161218_nacht_1.JPG


161218_nacht_2.JPG


161218_nacht_3.JPG


161218_nacht_4.JPG


161218_nacht_5.JPG


(渡部さん撮影)


◆ 渡部さん報告書 ◆


メルくん、ちょこんとドアの前に座り

直してドアが開くのを待っています。

「ごはんはケージで食べます」と、

一度サークルに出てから戻っていきました。

食べるペースはいつもと変わりません。

チモシーとお水は空でした。

トイレも失敗はないと思います。

朝よりトイレがオシッコで重くなっていました。

ペレットを食べ終わるとメルくん、まっすぐサークルのトイレに行き、

ジョーッ!と勢いよくオシッコをしています。

やはりトイレを使うと私に褒められるというのは覚えたようで

すぐおやつのおねだりをしています。

ニンジンを3つ手から食べると満足そうにしたので、

残りは器から食べてくれました。

ご家族以外でも褒められて嬉しいと

メルくんが思ってくれた事に私が嬉しくなりました。

ちょっとランクが上がったようですね。

他のおやつもおいしく食べています。

ウンチはマットに小さいのが2つ。

あとはだいたい大きさも形も揃っていました。

量も同じ位です。朝と同じように運動は少なめで

伏せのポーズで休んだりと寛いでいる事が多かったです。

トレイ、トイレの砂交換の後、

水洗いをして使ったタオルも水洗いして...と

作業が多く、その分ちょっとスキンシップが減ってしまいました。

サークルの中に入るとメルくんから

「なでてー」と甘えてきてくれたので、

もうすぐパパとママが帰るからと話して、全身をなでました。

ぎゅうぎゅうに詰めたチモシーを食べに

ケージに戻ったところでドアを閉めています。

メルくんと出会って一年ですね。

その間に何度もご利用いただいたおかげで

今回すごく仲良しになれた感じがしています。

またお伺いする機会があればオシッコ100%成功を

報告できるかと思います。

このたびも大切な家族のメルくんをお任せくださり

ありがとうございました。



◆シッティング料金◆

基本料金 2,055×7=14,385円

交通費 330×7=2,310円

ご紹介割り ▲390円

端数値引き ▲5円

合計 16,300円



*****

メルさん、今回もとてもお利口にお留守番を務めてくれました。

それもこれもすべて渡部さんのおかげです。

メルさんがウサギよりも子犬っぽいだなんて

初めて言われましたよ ひらめき

でもでも、らすズ 帰着の後は

またまたおしっこ失敗が再開されてしまったメルさんたらーっ(汗)

多分、メルさんなりの(もしかしたらメルさん自身も知らない

潜在意識レベルで)心身の緊張やバイオリズムコントロールが

あるのだと思います。

本当にメルさんと渡部さんには感謝でいっぱい。







       

ニックネーム らぼすたっふ at 20:11| Comment(0) | らすズの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

2016年ドイツクリスマスマーケットの旅

あっという間でしたが、非日常空間を満喫できた旅でした。

帰国後、公私ともに色々ありすぎて

19日以降毎日1-2時間ずつしか睡眠をとれていません。

今回はいつものように時系列であーだこーだと仔細を

振り返る時間が無いので、本エントリだけにまとめますあせあせ(飛び散る汗)

※ 「アニマルファースト」の渡部さんによるメルさんレポは次エントリに。


*****

今回も日本−ヨーロッパ(1都市目)往復はANA。

行きのブリュッセル線はそりゃもうガラガラで

ビジネスクラスにはひとっこひとりおらず

エコノミーも一人一列、つまり一人で3席分使いたい放題。

みんなアームレストを上げてフルフラットになって寝てました。


ブリュッセルからシュトゥットガルトに向かうこの方 ↓


1612_BW_1.JPG


が電気系統トラブルで2時間も遅れましてむかっ(怒り)


そうとは知らないわたしの友人 I はずっと空港で待っていてくれ

ゆえにパーキング料金がものすごいことになってしまいました・・。

ああごめんなさいたらーっ(汗)

(彼女に連絡する術がなかったのですふらふら


STR空港から友人の車で約1時間。

やっと目的地 Ulm (ウルム)到着。

2晩、彼女のおうちに泊まらせてもらいます。


1612_BW_2.JPG


多発性硬化症を発症してからは仕事を辞め

自宅で捨て猫保護活動(スペインに本部がある)をしている友人。

もちろん自室にも猫ちゃんたちがたくさん。

みんなスペインからやってきた子たちですが

何か月かは英国で預かられていた子もいて

なんか英国風な名前がかっこよかったです。

(メルニコフ負けてるぞ感)


翌朝早くに早速クリスマスマーケットへと繰り出します。



1612_BW_3.JPG


クリスマスマーケット発祥地のドイツ。

やっぱり素敵。


1612_BW_4.JPG


Krippe(馬小屋でのキリスト生誕を表した模型)の前には

ほんものの動物たちが・・。


1612_BW_5.JPG


人出が割と少なく、ゆっくりじっくり見て廻れました。

もちろんグリューヴァインも飲みましたよー。


1612_BW_20.jpg



翌朝には


1612_BW_6.JPG


友人宅のラマたちのお世話。

といってもラマ小屋掃除ですけど。

猫とラマと犬と鳥との暮らし。

東京では味わえない体験です。


本来ならこの日の夜、友人がまた

STR空港に送ってくれる予定だったのですが

体調崩して動物病院から退院直後の猫ちゃんを

動物病院に連れていかなくてはならないため

朝食後、我々をシュトゥットガルトの元同僚さんに託してくれました。

(ICEの切符も既に買ってくれていた・・ありがとう顔(汗)

シュトゥットガルト駅では元同僚さん(実は らすズ、5年前に

日本で会っているのです。巣鴨散策アテンドをした Mさん)が

手を振って待っていてくれ、再会を喜び合いました。

Mさん、我々のために「何時には●●教会でオルガンコンサート、

何時には△△広場でアメリカのブラスバンドのコンサート、

何時には市庁舎前で合唱団のコンサート・・」

と綿密にこの日の午後をオーガナイズしてくれていました。


1612_BW_7.JPG


わたしと Mさん。クリスマスマーケットに行く前に

スタンドでちょいとおやつ。


えーとですね・・。

シュトゥットガルトのクリスマスマーケットは


でかい!


びびびびびっくりしましたどんっ(衝撃)


実にウルムの10倍はあるでしょう。

しかもこの日はクリスマス前の最後の土曜。

デパートもクリスマスマーケットも

24時間オープンなんですよ。

ウルムとは好対照でどこに行っても人混みばかり。

うわー、都会来ちゃったーとおののく らすズ。


1612_BW_9.JPG


1612_BW_10.JPG


1612_BW_11.JPG


わたしの長年の友人Rが「酒好きの人にはグリューヴァインよりこっち」

と勧めてくれた「Feuerzangenbowle」。

あまりメジャーではないらしく、この一店だけでした。

もちろんいただきましたよーわーい(嬉しい顔)


1612_BW_12.JPG


見た目グリューヴァインと変わらないんですが

アルコールが強い(=美味い)!

ラム酒が多めに効いているんでしょうか。

甘ったるさがなくて、初めて飲んだというMさんも

気に入ってました。


ちなみにお値段はこんな感じ。


1612_BW_13.JPG


デポジットが良心的ですよね。

...日本だったら1000円とか取りますもんね。

今となっては Eierpunsch も飲んでおけばよかったなー顔(え〜ん)

(完全に酒呑みにクリスマスマーケット行ってるひと)


1612_BW_8.JPG


しっかりできたSLまで走ってましたよ。


1612_BW_14.JPG


雰囲気の良いこの広場では


1612_BW_15.JPG


アメリカから招待されたブラスバンドが

一時間かけてクリスマスソングを生演奏。

手も唇も凍っちゃうんじゃないの?という寒さの中、

こころをほっこりぬくぬくにしてくれました。

Mさん、自宅とは完全に反対方向の空港ホテルまで

我々を送り届けてくれたのです。

今回はひとにお世話になってばかり。感謝感謝・・。

あ!そうそう。空港ホテルに向かおうとして

通り抜けたパサージュで、偶然にも

わたしが大好きな絵本のキャラクターの


1612_BW_17.JPG


この子たちのカレンダーを らす´ が発見!

(しかもこの日だけ25%OFFだったのだー)

親子でもきょうだいでもないこの「大きいうさぎと小さいうさぎ」。

お互い大好きすきすきすきハートたち(複数ハート)

わたしもこういう設定すきすきすき。


こうしてウルムとシュトゥットガルトでクリスマスマーケットを

堪能した我々は、またびゅーんと東京へ帰ってくるわけです。



1612_BW_16.JPG


わたしがいつも頼むことにしている特別食

「ベジタリアンヒンズーミール」は今回もハズレなく

カレーやチーズケーキが美味しかったです。

でも、こんなにextraなナンが後から

ヒーティングされて出てきたのは初めて 目

(2本も食べきれないって)


かーなーり端折りましたが

19日の朝7:00には羽田に着き

バタバタとおしごとへ。

今まで自分たちがいたのはほんとにドイツだったんだろうか?

と問う間もなく、日常空間へと引きずり込まれた感じです。

でも、やっぱり行って良かった。

このリフレッシュがなかったら、今頃わたしは

完全に心身おかしくなっていたに違いない。


というわけで、ドイツはクリスマスマーケットの旅でございました クリスマス








     
ニックネーム らぼすたっふ at 17:18| Comment(2) | らすズの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

札幌旅2016年9月Vol.4



160913_15.JPG


マンホールも粋な札幌です。

同じ時を刻む国内だからでしょうか、

いつもよりもメルさんが気になります。


《渡部さんメール(9月10日 朝)》


9:05〜9:50までお世話に伺いました。

メルくんチモシーをたくさん食べていて

朝に足しているときも割り込むように食べに来ています。

ケージのトイレも三角トイレも上手に使っていて、

お利口にしています。すっかり慣れて撫で放題になり

膝にも当たり前のように乗ってきます。

食欲やトイレの状態は変わらず心も体も安定しているようです。



160910_morgen_1.jpg



160910_morgen_2.jpg


160910_morgen_3.jpg


160910_morgen_4.jpg


160910_morgen_5.jpg


160910_morgen_6.jpg


(渡部さん撮影)



◆ 渡部さん報告書 ◆



メルくん、昨夜たっぷり入れたチモシーはほぼ完食です。

開けたばかりで風味が良いのですね。

朝ごはんのペレットを食べてサークルで遊び、

オーツヘイはいつでも食べられるようにしていたのに、

フィーダーにチモシーを入れたら走ってきて

割り込むように首を伸ばして穂を選び食べています。

チモシーくずがマットにたくさんこぼれたので掃除機を使い、

OFFにすると合図のようにダッシュして

ジョーッと勢いのあるおしっこをしました。

たくさん褒めて手のひらからペレットを少々食べると、

食べてからクルクルと喜んで回っていました。

サークルの中に一緒に居ると、

おいしいおやつがもらえると期待するようです。

ちょっと知らんぷりをしてサークルの外側を見ていたら、

お尻を向けてモリモリオーツヘイを食べ、走り、

手足を伸ばして寛ぎました。

寛いでいるとき、ちょっとでも私が動くと、

『何かくれるの?』とすぐに近くに来るので、

証拠写真(?)が撮れないのですが、

耳をピンと上に立て手はめいっぱい伸ばしています。

もっとリラックスしたらメルくんは後ろ足もくずすのでしょうか。

普段の様子がわからないので、リラックスレベルも微妙ですが

立ち耳のウサギさんにしては(平均的に)打ち解けているポーズを

見せてくれています。

やや呼吸は速く、涼んでいるようでした。

夜に比べるとおとなしいのですが、これまでの訪問に比べると

今朝も運動量は多めです。お水は1/4位残っていました。

ケージのトイレにはたっぷりのおしっこをしていて、下トレイにも

おしっことコロコロウンチがたっぷりですが、他に失敗はなくて

気分も良さそうです。今またオーツヘイを食べ始めています。

膝には当たり前のようにちょこんとのってくれるようになりました。





札幌は久しぶりですが過去に4度訪問しているので

主たる観光地は廻ってしまったわたし。

モエレ沼公園も藻岩山ロープウェイも

円山動物園も大通り公園も大倉山シャンツェも

サッポロさとらんども時計台もノルベサも

北海道庁旧本庁舎も既に経験済み。

(おまけに旭山動物園にも2度行ってます)


今回はちょっと真面目に学習シーンも入れよう、ということになり

「北海道開拓の村」を訪れました。


道内のあちこちから移設・移築された貴重な歴史的建造物群から成る

壮大な野外博物館です。

新聞社、病院、食品店、理容店といった建物や

蒸気機関車(木材を運ぶために昭和40年代まで活躍していた)からは

当時の開拓民の苦労や汗が感じられます。

一旗揚げようと思って入植しても

生活の辛さゆえに挫折してしまった人たちも多かったと聞きます。

今の北海道の繁栄は、想像を超える辛さを克服した先人たちの

努力なしにはありえないのですね。

(彼らが入植したことにより迫害されたアイヌ民族の

存在も忘れてはならないのですが。)



160913_14.JPG


初めて見た ニシン御殿。

ここはNHKドラマ「マッサン」でロケ地になったそうです。

しかし、親方家族と漁師の生活の差はものすごいですね。

外側からだと単なる一軒家なのですが、中はきちんと

玄関からトイレに至るまで(というか、漁師たちのトイレは無い)

二分されていて、漁師たちは一人一畳の暮らし。

対する親方家族はオルガンまで嗜む優雅な暮らし。

誰も見上げないトイレの天井に描かれた色鮮やかな装飾が

大層立派でございました。


*****


160913_16.JPG



北大の植物園(中には北方民族資料室や日本最古の博物館もあります)に初めて行きました。


160913_19.JPG


昭和初期に牧場を襲ったヒグマ。

屯田兵が撃ったそうです。

この奥には「南極物語」でおなじみ、タロの剥製もいました。

タロは晩年をこの植物園で過ごしたそう。

これは知りませんでした。

晩年のタロのなんとも穏やかな顔つきの写真が

目に焼き付いて離れません。

穏やかだけど全てを悟っている深みを帯びた眼をしています。

ちなみに兄弟ジロ(発見されてから暫くして亡くなってしまった)の剥製は

上野の国立博物館に居るそう。


メインの植物園は半日かけても廻りきれないくらい広くて

本格的なトレッキングでした。歩いた歩いた


途中、


160913_17.JPG


エゾリスさんにも遭遇。

嘘でしょー ここ札幌のど真ん中なんですけど...あせあせ(飛び散る汗)


ヘルシンキみたいな街だなあと思いながら

園内をどんどん進む我々。

温室ありのバラ園ありの植物三昧の中、

北方民族(アイヌだけではなく、ニヴフ、ウィルタといった

民族がいて、彼らの言語系統は同じ北方民族といっても全然違ったのだそうだ)

が、生活の知恵から薬草として用いていた植物群エリアが一番興味深く

それぞれの薬効の説明を食い入るように見てしまいました。


160913_18.JPG


これとか、最初「???」って思ったんですけど

アイヌの方々のおうちでは熊を飼っていたんですね。

北方民族資料室で知ったのですが、

彼らの大切な儀式「イオマンテ(熊送り)」のために

小熊をおうちで大切に養育し、1-2年経って大きくなったところで

神のもとに「送る」という・・。

その「送る」儀式の全てを収録した貴重なビデオも観ました。

(監修はあの樺太犬研究第一人者である犬飼哲夫氏)

途中、観るに堪えないシーンもありました。

熊の頭にのってアイヌの人々の生活ぶりを視察(?)しに来た神は

その熊の毛皮や肉を人間たちにプレゼントしてくれ、

人間たちは感謝のこころを以って

その貴い「熊の魂」を神のところに「送る」というロジック。

これがねえ・・。

ニホンジン(和人)として育ったわたしの思考には

どうしてもストンと落ちなかったです。

何度資料を読んでもビデオを見ても

論理的にはわかるのですが、ココロの部分で

文字通り腑に落ちないところがありまして。

2年も大切にずっと養育していた動物に対して

わたしだったらそこに動物固有の一個のアイデンティティを

読み取ってしまうよ、と思っちゃうのです。

大切に飼われていた側の熊の心情--(「どうして優しかった家族が

突然ボクを羽交い絞めにして殺すの?」)--を考えてしまうのです。

でもでも、わたしが生まれついてのアイヌ民族だったら??

疑うことなしに、熊のことを

神様が頭部にのっていらっしゃった

毛皮やお肉といった物質的土産だと思うことでしょう。

神からの贈り物である熊の気持ちを慮ることこそ

神への冒涜だと思うことでしょう。

こういう「民族の信仰」から生まれる軋轢が

現在もなお世界のあちこちで起きている争いを

生むんだよなあとしみじみ・・です。


*****

頭も気持ちもかなりぐったり疲れたので

今回の旅の最大目的といっても過言ではない

カフェ「森彦」にてゆるりゆるりと寛ぎました。


160913_20.JPG


誰もが道に迷う「森彦」は住宅地の路地で

落ち着いた雰囲気を漂わせています。

我々はラッキーなことに1組しか待たなかったけれど (それでも30分待ち)

普通は最低1時間待ちだそう。古民家カフェ、人気だもんな。


160913_21.JPG


静寂と温もりしかない店内。

階段から扉から何から何まで、ものすごく古いのですが

それだけになんともいえぬ味を出しています。


160913_22.JPG


シフォンケーキもコーヒーも美味でありました。

でもここの一番の売りは「空間と時間」ですね、やはり。


160913_23.JPG


記念に季節のコーヒーを挽いてもらってきました。


*****


復路も往路と同じく深夜だったので

渡部さんには到着日の夜もお世話になりました。



《渡部さんメール(9月10日 朝)》


17:55〜18:50までお世話に伺いました。

メルくんお水とチモシーを少し多めに残していました。

お昼ゆっくり過ごしたようで

訪問中に用意したペレットやおやつは勢い良く食べています。

三角トイレも誉められるのを意識して使っていました。

この度も大切な家族のメルくんをお任せ下さり

ありがとうございました。




160910_nacht_1.jpg


160910_nacht_2.jpg


160910_nacht_3.jpg


160910_nacht_4.jpg


160910_nacht_5.jpg




◆ 渡部さん報告書 ◆



メルくん、夜も立っちのポーズでドアの前にいます。

フィーダーのチモシーは空で、スノコの上にふんわり1つかみ位

食べ残しがありました。いつもより多く残しています。

お水もたくさん残していて、1/4弱でした。

防水マットやテラコッタの上にはコロコロウンチが多めにあり、

小さいものが少し混ざっています。

ゆっくり休んでいる時間が長かったのか、

ケージのドアを開けると勢いよく出てきて走りました。

ペレットの器には頭突きしています。

パクパク食べるとチモシーも食べていて、

どうしても下の方が良かったらしく

手でかき出そうとする仕草も見せています。

ニンジンもあっという間に食べ終わり、

三角トイレでたっぷりのおしっこをしてくれました。

砂交換したばかりなので、そのままにしています。

ケージ内のトイレも上手に使います。

シートは2枚交換していますが、

三角トイレを使うとおやつをもらえることは良く知っていて、

意識してトイレに入っているように見えました。

オーツヘイはあまり食べないのでイタリアンライグラスにしたら

以前のようにモリモリと食べていました。

香りか歯触りか、、、

みるみるうちに減っていき(一つまみ)完食しています。

チモシーの恵は上半身を膝にのせて食べていて、

明日葉の茎は食べるときに喜びすぎて

右へ左へと走り、私の膝はもはや踏み台のようになっていました。

訪問中に一番喜んで食べたのは「明日葉の茎」です。

おやつがもらえないとわかるとケージに戻ってお水を飲んで

ケージの中からサークルを見て考えているようです。

それからサークル越しに私にアピールして

セルフグルーミングを始めました。

18:45頃ケージに戻ったのでドアを閉めています。

この度も大切な家族のメルくんをお任せ下さり

ありがとうございました。



メルさん、ほんとに良かったね。

我々もいつも恵まれているなと思います。

渡部さん、ありがとうございました。


《シッティング料金》

基本料金 2,055×6=12,330円

交通費 330×6=1,980円

合計 14,310円



*****

札幌グルメおまけ。


お約束の定番ばかりですが。


160913_24.JPG


スープカレー。人気店の「エス」さんにて。

内地(東京だけ?)のスープカレーよりも

とろっとしておらず、まさにスープスープしていて

本格的な味わいでした。



160913_25.JPG


らす´ が昔ずっと通っていたというお寿司屋さんでは

わたしの1週間分の食費に相当する

超特上ちらしずしを堪能。

贅沢極まりないです。ボタンエビってこんなにおいしいものでしたのね...涙


美味しく楽しく可愛く、そして思考を深めさせられた札幌。

とても有意義な旅でした。

晩夏というよりは初秋だったので、

次はもっと「夏!」な感じのときに来たいな。










     
ニックネーム らぼすたっふ at 10:24| Comment(4) | らすズの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする