2016年10月04日

メルさんの食べっぷり&目白庭園


いつもシッティングでお世話になっている

「アニマルファースト」 のブログに

メルさんが紹介されましたー 顔(メロメロ)

渡部さん、素敵な文章と写真での紹介をありがとうございます!

ここにも記載があるように、今まで

「メルさんが好きです」「メルさんのファンです」

とおっしゃってくださる方々に

メルの何が具体的に魅力なのかをお訊ねすると(いや、訊くまでもなく)

皆さん、口を揃えて


『あの食べっぷりがいいんです!!!』



・・そ、そうですよねー。

あんな「今まで3日間飲まず食わずでした」みたいな

食べ方をするうさぎさんって他にいませんものねあせあせ(飛び散る汗)

わたしが25年来の大食い選手権好きだから

メルさんがこうなっちゃったのかしら・・汗



ということで(?)またまた爆食動画です。

自力では一生涯手にすることのできない

超〜高級マスカットをいただいてきましたのよ、メルさん!

ひとつぶ換算しても300円は下らないという

おそろしく麗しいマスカットですよハートたち(複数ハート)





メルさん、ありがたみをもって味わってくれたでしょうか・・。

*****

先の日曜日、ひさびさにお日様と再会したので

外に出ないともったいない気持ちになり(なんかドイツ人的)

目白庭園までお散歩 足


161004_1.JPG


こじんまりした独特の落ち着き感がなんともいえません。

彼岸花は終わってしまっていたけど


161004_2.JPG


ススキがきれいでした。

頭をそよ〜っとみんなで風に預けるその姿は

歌っているような踊っているような

秋の訪れを感じさせる歓迎の声を発しているようで

とてもかわいかったです。


161004_3.JPG


前回も挨拶した鯉の周りには

ちょろちょろ動き回る小さな子たちの姿があり

時間の経過をしみじみと覚えました。


いつもいつもこころもからだも

目まぐるしく動いている日常の中

たまにこうして自然の声を体で聴くというのは

根本的な栄養を心身に与えることができているように思えて

ゆっくりと深呼吸、ここちよい深呼吸。

こうした時間をこれからも大切にしていこう、うん。






    

ニックネーム らぼすたっふ at 10:47| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

マカロンとスイスチャードとにくきゅうの日



前エントリの続報です。

メルさんの「飲みにくい体勢での水飲み」は

今のところ効果が出ているようで

口の左側の毛が濡れることは殆どなくなりました。

(けれど、根本的理由である「口の左側から水がこぼれる」

は解消されておらず、いまだポタポタとプラすのこに垂直落下。

まあメルさんが濡れなきゃいいさ、というスタンスでいきます。)


150927_4.JPG


昨日の朝、メルさんの顎チェックをしていたら

喉(アゴ?)の中央部分からかさぶたがぽろっと取れました。

軽い湿性皮膚炎を起こしていたようです。

今はその部分には脱毛も発赤もなく

ほよほよと白い毛がまた生えてきています。ほっ。


*****

さてさてさてさて。

話は通院前のシルバーウィークに遡りますが

先々週の末、久しぶりに

横浜に住むシュミ友Sっち夫妻宅に遊びに行きました。

おみやに選ばれたるは


150927_1.JPG


マカロンに対するわたしの概念を見事に覆した

セバスチャン・ブイエのマカロン全種!

こういうときじゃないと大人買いできませんからねーたらーっ(汗)

ほんとに美味しいんです、このマカロン。

(「どれかひとつだけ試したい」とお思いの方がいらしたら

ぜひとも「PISTACHE(ピスタチオ)」をお手に取ってください!

わたしが涙したお味がこの PISTACHE であります。)


150927_2.JPG


セレブSっち宅のテーブルにお似合いなマカロンたち ぴかぴか(新しい)


5月にニームの円形闘技場の売店で買ったカードゲーム


150927_3.JPG


Tempo Chrono」(フランス史を学べるゲーム)

で初めて遊んでもらったのですが、

想像をはるかに超える熱戦となり、

何度も何度ものめりこんでいるうちに

20:00を過ぎてしまうという・・。

慌ててメルさんの元に帰ってきましたが

あの興奮の中ではもっともっと何戦でもいけた感じです。

買ったことを後悔していたわたしでしたが

この日一日で元が取れましたよ。

Sっち夫妻、付き合ってくれてありがとう。


*****

ここ最近のメルさん動画。

2年半ぶりにスイスチャードを購入したので

メルさんにも献上です。 (前回のスイスチャードエントリはここに)





ほんとに美味しそうに食べますねーメルさん。

:スイスチャードはホウレンソウや大根葉同様

シュウ酸を多く含むため、うさぎさんには

大量にあげてはいけない野菜とされています。)


*****

仕事と家庭以外のことで極端に精神的負担の大きい事案があり

情緒不安定でいるわたしでしたが、先週末

ヨギーである らす´ がホットヨガに誘ってくれ

体内の心的老廃物も汗と一緒に流せた気分になりました。

10年前、アシュタンガヨガ(超ハード系)のやりすぎで

アキレス腱周囲炎を患ってから

ずっと遠ざかっていたヨガですが、

ゆるーいソフトな感じのものだったら再開もありかも。

(でもほんとは一番自分に合っているのは

ルーシーダットンなんです。クラスがめっきり少ないけど...)

*****

らす´ といえば、明後日29日は15回目の結婚記念日です。


150927_5.JPG


今も大切にとってあるてづくり招待状

お互いの友達たちに囲まれた素晴らしい式でした。


150927_6.JPG


式に続く食事会にはディアンドルで参加 過去エントリ写真使い回し


このときからもう15年?!

子どもがいないせいか、

そんなに長い時間一緒にいるなんて実感未だ湧かず、です。

らす´ と結婚してからわたしは

料理と洗濯を一度もしたことがありません。

裁縫もミシンも毎日のアイロンがけもしたことがありません。

すべては らす´ が文句ひとつ言わず、寧ろ嬉々として

やってくれています。

毎日といえばこの15年間

毎日 らす´ の愛夫弁当のお世話になっています。

前日夜に手際の良い下ごしらえ、その姿はまるでプロ技。


わたしほど家事能力が著しく欠如した人間は

なかなかいないのではないでしょうか(自慢か)

裁縫と料理は怯えるほどに苦手で、

何が苦手かというとアホのつくくらい計算ができない。

例えば冷やし中華を作るとする。

キュウリ切ってたまご焼いて...えーと...で頭がパンクする。

食べちゃえば一緒になるじゃん!という結論に達し

茹でた麺の上にキュウリ一本とまあるい卵焼きをばさっと載せる。

おわり。

裁縫に関してはもっとアホアホで

雑巾縫いましょう、あれれ糸が途中で足りなくなっちゃった、

ぎゅーっと針を引っ張ってみたらあーら不思議、

雑巾にシワが寄ったけど糸が出てきた、これで続けて縫えるじゃん!

・・おわり。以上全て実話。


当該カテゴリにおける自身の欠陥を意識し始めたのが

小学校4年のときですから、もうとっくのとうに諦めていますが

せめて醤油がどこにあるのかくらい把握しておきたいもんです。


こんな人間だから神様が苦笑して

らす´ をわたしのもとに派遣してくれたのかなあ、

なんて考えながら、

今日も雑巾をちくちく縫ってくれている らす´ に感謝する

わたしなのであります。

あなたがいなくなったら物理的にも精神的にも

わたしは立ち行かなくなってしまう。

これからの15年も

どうぞよろしくおねがいします。










      
ニックネーム らぼすたっふ at 09:58| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

口の左側から水が零れる謎現象


9月9日の渡部さんの報告書に

「濡れてヒゲみたいでかわいいです」と書かれていた頃は

まだ微笑ましいレベルでした。

しかし、それ以降もメルさんの『水で濡れたアゴの毛』が

ずっと続くようになってしまったのですたらーっ(汗)

2年以上、サイフォンドリンカーを何の不自由もデメリットも感じず

使ってきたメルさん。

それなのに、毎回の水飲みの際にアゴの毛が

大量に濡れ、メルさんの多飲ペースにおいては

それが乾くことがなくなってしまったのです。

見ていると、水を飲むときに左側の口から水がこぼれている。

右からはこぼれない。



160924_1.JPG



うーん、下置きタイプのサイフォンドリンカーが

メルさんに合わなくなってきたのかなあ、と

ものすごく久しぶりに

給水ボトルを引っ張り出してくっつけてみました。



160924_2.JPG


これだとどうでしょう?メルさん?


160924_3.JPG



160924_4.JPG



そうなんです ふらふら

給水ボトルに替えてみても、やはり左側からポタポタと水が漏れます。

漏れて下に滴が落ちるだけならまだいいのですが、

しっかりメルさんのアゴを伝ってしまうため

左側のアゴ、そしていよいよアゴの中央部分まで

ただれてきてしまいました どんっ(衝撃)


そこが気になって気になって舐め続けるため、

余計に脱毛とただれがひどくなり

いつぞやの「謎のよだれ事件」を想起させます。


今回はよだれ事件とは違い、明らかに口から漏れているのは「水」。

片側からしか漏れないということが一番気になります。

脳裏を簡単に過るのは「不正咬合」の四文字。

6歳を越え、一般的に言われるところの

シニアの仲間入りとなったメルさんにとって、

いつ起きてもおかしくない症状だろう。

過長歯やエナメル質棘状縁が見つかったら

すぐに処置してもらおう。

そう思って本日朝イチの予約を取り、

みわエキゾチック動物病院の戸丸先生に診ていただきました。


<診察結果>

● 口の中には何の問題もない。

(歯並びはとてもきれいに整っているし前歯も奥歯も適切な長さ。

でも若干 歯が黄色い。)

● 歯肉にも問題はない。

● 疑うとしたら目で見えない部分(頭部レントゲン撮影)だが

その場合は牧草やペレットを食べるときにも

 違和感のある食べ方になるのが普通。

● 体重は1.46kg. 前回診察時(1.64kg)よりちょっと痩せたが

 問題視するほどではない。




・・とのことでした。

先生と相談して、レントゲンまで撮る必要はまだ無かろう、

ということになり


160924_5.JPG


これでご帰宅。

あーもうメルさん、いったいどうしちゃったんだよう 顔(え〜ん)


「濡れているとただれがひどくなるし

気になってその部分をずっと舐めてしまうので、

常に乾いた状態にするように、

水分を拭き取ってあげたりしてください・・。

と言っても、うさぎさんはアゴを触られるのを嫌がりますよねー」



とおっしゃる戸丸先生のお顔を見ながら、わたしはひとつ

とんでもないことを考えた ひらめき


「先生、この子は普通のうさぎさんよりずっとずっと

強い力で給水ボトルのボールを押しますし、勢いよく大量に水を飲みます。

なので、敢えて勢いづけないように対策を講じてはどうでしょう?」



戸丸先生は意外にもこのSな案にのってくれました。

メルさんへの愛は時としてこのように厳しい形に変貌するのです。



160924_7.JPG


通院疲れで気の毒なメルさんを尻目に

給水ボトルをこのような飲みにくい位置に下


160924_6.JPG


ごめんねごめんねごめんねメルさん。


でも、飲みにくい体勢になることによって

ボールを押す舌先の力も弱くなり、

結果としてアゴを濡らす水の量も激減しています。


このままアゴが濡れなくなるといいな。

そしてできればまたサイフォンドリンカーに戻したい。

(素人分析ながら、やはり給水ボトルとメルさんの斜頸発症との

因果関係がゼロではないような気がするのです。

一度目(2012年5月)の時はそう感じなかったものの

二度目(2014年4月)の時は強くそう思いました。

その時の所感はここに記載。)


給水ボトル云々より、メルさんの「飲みにくい体勢」からくる

ストレスの方がよほど斜頸誘発材料として濃厚か...。


イライラだとか怒りだとか、

そういった感情を一切出さないメルさんだけに

ストレスを読み取るのはとても難しいですが

(足ダンのひとつもしてほしいよメルさん...)

眼の輝き具合だとか、そのもっと奥にある感情部分を

具に観察していくことが更に重要となりました。


ということで、またまた「メルさんの原因不明不思議現象」

がひとつ増えたようです。


歯並びをえらく褒められたのは良かったけど、

なんで 歯が黄色い んですかメルさん?!

ヒトみたいじゃないですか。

あったかいものでも食べたんですか。

一緒にホワイトニング頑張る...?









        
ニックネーム らぼすたっふ at 14:29| Comment(0) | らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする