2017年10月22日

ネーベル展とメルさん健診


「オットー・ネーベル展」

が観たい観たいと願っていたら

これまたオークションで破格のチケット発見。

(ちょうど東急株主優待の時期なんですね)

ありがたや〜〜〜。

というわけで

最近もっぱらひとりおでかけが上手になったわたし、

渋谷はBunkamuraまで行ってきました。


171022_1.JPG


恥ずかしながら、この画家さんを知らなかったわたし、

「タッチがパウル・クレーにそっくり!」

と広告に衝撃を受けて初めて知った次第。

でも、それもそのはず、このふたり(ネーベルさんとクレーさん)

はめちゃくちゃ仲良しだったのですって。

(背景は明暗いろいろ・・同じ芸術家として

ウマが合ったということも大きかっただろうけれど

同じナチからの迫害を逃れてベルンに移住したということも

結びつきを強めたんだろうな・・。)


はい、一見クレーさんにそっくりなタッチです。

でも実際作品を観てみると

全然違いました、というか、対極でした。

クレーさんは線の人、

対してこちらのネーベルさんは点の人。

とにかくね、細かい。

こんな人と付き合ったら毎日神経すり減らすだろうなとか

考えちゃうくらい細かい。(大きなお世話)

なんたって、自分の作品の点の数を一の位まで把握している人なんだもん。

でも

ちょっと離れてみると

色遣いや構成がクレーさんそっくり。

いやー、実際に会ってみないとわからないものですね。(意味深)

わたしのクレー好きは過去エントリにも書いたことがあるのですが

今回、ネーベル氏の友情出演的に展示されていた彼の作品は

暗いテーマが多かった・・です。

『移住していく』や『恥辱』など

迫害をダイレクトにテーマにしたものとか、

あと、観てどきっとしたのが

『いにしえの庭に生い茂る』という作品。

これ、なんかまさに

今の自分のこころを描いたら

こんなんだろうなーという感じがして

薄気味悪くなってしまいました。

廃墟(廃屋)に無秩序に生い茂るうにょうにょとした

方向性を失った植物・・ああ怖い怖い。

しかし、美術はいいですね。音楽もね。

それにやっぱりなんたって生がいい。

最近はバーチャルでなんでもかんでも疑似体験できちゃうけど

人のこころを本当に動かすことができるのは

いつの時代も変わらないんじゃないかな、と思います。

いや、こんな時代だからこそアナログのホンモノを観ないと。

というわけで、吝嗇家でありながらも

好きなことには貪欲に、をモットーにこれからも生きてきます。


さて、メルさん。

隔月の爪切り&健康診断に行ってきました。雨


171022_2.JPG


恒例の

待合室でのどよよ〜ん顔。

うさぎさんの目ってすべてを語りますね・・。

気になっていた体重は


1.28kg!


前回よりちょっと増えました。

よかったね、メルさん!

(なんで食べても食べても太らないんだろう・・)


171022_3.JPG


よだれも再発していないし、絶好調ですね、とDr.


「でもしいて言えば・・心拍が遅い(弱い)ところですね。

これは個体差があって、たぶんメルちゃんは

小さい頃からずっとこうだったと思うんですが。」


とのことでした。

心臓がもともと小さめな子に

よくあるものだそうで、今更気にすることではなさそう。

(もし気にし始めたら、心拍を増進する薬を

死ぬまで続けないといけない。そんなアホなことできるかー

これがメルさんのスタンダードなのに。)



そうそう、ちょっと前の動画ですが

おもらし常習犯のメルさんが

トイレで上手におしっこできたときのもの。

9月にGONちゃんからいただいたおやつ

を献上したらこんな爆食っぷり。





メルさん、まだまだ元気元気ー!ウサギ











     

ニックネーム らぼすたっふ at 13:45| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

映画『僕のワンダフル・ライフ』



映画『僕のワンダフル・ライフ』が観たい観たい

でも高いなーと思っていたら

劇場限定で1000円引きで

オークションに上げてくれた神がいらっしゃいました。

強く強く願っていれば

運は自分で引き寄せることができるのかもしれません。


で、観てきました、映画。

犬好きならずとも動物と共に暮らしている人は

号泣必至でしょう。わたしなんてメイクが全部落ちて

おばけみたいな顔になりました。(ひとりで行ってよかった)

でも

ハルストレム監督らしく爽やかなタッチで描かれ

ファンタジー要素も満載。ところどころ笑いました(泣きながら)。





※ 以下ネタバレバレバレ ※

この映画の本題は「A Dog's Purpose」です。

なるほどーと思いました。

この作品が秘めたメッセージって、温かいようで実はちょっとクール。

過去世の飼い主に会うために生まれ変わる犬の物語・・ではなくて

孤独を纏った人間の元にやってきて

目的を果たす犬の物語なんだと思いました。

その「目的」こそ大事で、

自分(犬)が人間の癒しや支えになるのではなく、

自分(犬)が愛する人間の孤独を取り去るツールとなること。

つまりは(これはあくまでわたしの見方です)

やっぱりニンゲンはニンゲン同士でしか癒し合えない、

ニンゲンはニンゲン同士でしか支え合えない、

ペットにその役割を押し付けるのは危険だよってことを

言いたいんじゃないかなーと思ったのでした。

ペットはペットであって(大切な「家族」ではあっても、です)

ニンゲンの孤独を100%埋める直接的な存在ではないということです。

深読みしすぎかもしれませんが

あのラスト。

イーサンが老いてもまだ孤独だったからこそ

ベイリーが生まれ変わって彼に再会できた

(再会しなくちゃいけないという目的を持った)のではないでしょうか。


そしてもう一つの大切な事実もこの作品は語っています。

ニンゲンの一生において犬は3度も生まれ変わる。

その寿命の違いについてもしっかり考えなさい、と

わたしには痛く痛く突き刺さりました。


メルさんに毎日

「わたしと同じくらい生きてくれないと困るよ。

メルがいなくなったら生きていけなくなっちゃうんだから。

絶対に健康でずーーーーっと一緒にいてくれないとだめだよ」

と話しかけているわたしは

自身でかなり反省し、現実を見つめ直すとともに

自分はニンゲンとして生まれた「目的」を

ベイリーよろしく探していきたいと思った次第であります。


・・なーんて、ニンゲンとして生まれた目的なんて

誰にもわからないから

ベイリーの最後のセリフ

「過去をいつまでも悲しまず、

未来を憂いもしない、

ただ

今を一緒に生きるだけ」

があるんですよね。

裏を返せば(返しちゃいけないけど)

ニンゲンだけが有する性質

「過去を悲しみ、未来を憂う」

がニンゲンとして生まれた「目的」なのかも。

それに勝って脱出できたら・・

次の生は うさぎなのかもしれません。

なんでも受け容れ、今を楽しむメルさんを見ていると

そう思いますよほんとに。


171011_1.JPG










      
ニックネーム らぼすたっふ at 21:28| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

パパイヤのおやつとSIMロック解除


今まで使っていた愛用のSHV33がおかしくなり始めたのは

先月半ばのこと。

まずWifiが一切機能しなくなりました。

そして突然電源が落ちる。

端末が突然熱を持つ。

バッテリーの減りが異様に速い。

去年の3月に買ったばかりなのになあ・・と思うも

わたしはau端末使いながらau回線使ってないし

(格安mineo星人なのだ)

修理代でン万円取られるとのauショップからの回答。

だったらmineoのプロパー端末を買って機種変かな、と思い

渋谷のmineo旗艦店に行ったら

ものすごく親身なスタッフさんが

「今我々がAプランで出している端末の中で、

お客様がお使いのシャープさんのものに敵うものはありません。

シャープさんのIGZOは素晴らしいですし

バッテリーの減り具合も他のものより遅いはずです。」

とのこと。

じゃあどうしたら??

「中古の白ロムを買ってご自身でSIM挿してみてください」

えー・・あせあせ(飛び散る汗)

今使ってるのは、もともとau契約時代に使ってた端末を

mineoに新規契約(au端末そのまま使って回線だけ変える)

として持って行ったので、mineo店頭で

mineoのau VoLTE対応SIMに入れ替えてもらったもの。

モバイルネットワーク設定もmineoスタッフさんにやってもらったもの。

それを自分でやれと?!


・・でもそうするよりほかにありません。

だってビンボーだもの。

超貧民層だもの・・。

六本木ヒルズのオフィスに通いながら

毎日原価100円弁当こしらえてるケチケチOLだもの・・(涙)


というわけで、ヤフオクで

ネットワーク利用制限が「○」になっている白ロムを落として

しかも全額Tポイントでの支払い。我ながらケチ。

んでもって、SIMロック解除制限日まで待ちましたとも。

それが昨日。

SIMカードが挿さってないのにSIMロック解除なんて

ヘンな感じですね、とauショップでスタッフさんと喋っている間に

ものの1分でSIMロック解除終了。

あとは自宅で自分でなんとかする!

帰ってきてメルさんのごはんを終えたら

戦闘態勢。

まずはWifiに勝手に繋がっている新しい(といっても中古)

SHV38に感動。うわー、この子、Wifi認識してくれるよ(当たり前だけどね・・

でも1ヶ月近く先代はWifi使えなかったので新鮮さを否めなかったのだ)

では早速SIMカード挿入・・。

ついでにSDカードも。(大事な電話帳エクスポートしてるからね)

そしてWifiを頼りにSIMステータス更新。

(ここがネットでは難関とされていたところ)

わっ、「900」の数字とともに「利用可能」になった!

次はAPN(アクセスポイントネーム)の設定。

APN設定しなくても通話やSMSは使えるけど

やっぱWifi飛んでないところでネットすることが

殆どだもの。しかも繰り越し分やプレゼント分を合わせて

毎月5GBは使えるんだもの。

一度Wifiを切ってから(ここ重要らしい)

auのアクセスポイントしか設定されてない端末に

mineoのAPN情報を追加していきます。

「4G」の文字がアンテナの上に現れたー!

これで設定終了。

自分、おつかれさまでした。

だけど。

auの規程改悪により

12月1日からは、このような「中古端末のSIMロック解除」

ができなくなってしまいますたらーっ(汗)

購入者本人にしか与えられない権利になってしまうとのこと。

どうかどうか、今回わたしのところに来た中古白ロムくんが

長生きしてくれますように・・。と願わざるを得ません。


171007_6.JPG


ちなみにmineoは今

1年間 月額料金から900円引きという破格なキャンペーン

打ち出しています。

(わたしが契約した春にはこんなのなかったよ(涙))

もしもご興味ある方がいらしたら

紹介コード送るので

フォームメールからでも連絡ください。

紹介した側もされた側も

Amazonギフト券が2000円分もらえます



長生きを願う対象がもうひとり。

(こっちの方がずっと大事だ!)

わたしをいつも見守ってくれているメルさんウサギ

最近は、GONちゃんがこの前くれたパパイヤ酵素のおやつが

ご褒美の品の中では最上級ランクらしく

(そりゃそうだろ。あのボリュームだもんね)

袋を取った瞬間に

サークルの中を軽く10周しますね・・。

嬉しくて嬉しくてもうどうしようボク・・みたいな走り。


171007_1.JPG


これがそのキラキラ輝くおやつ王。


171007_2.JPG


焦らすわたし・・てへ。

おしっこおトイレでがんばったねー、できたねー。

かっこいいねー!!

とめちゃくちゃ褒めながら献上。


171007_3.JPG


こどもがスナック菓子を食べてる以外のなにものでもない光景


171007_4.JPG


ひとつたべたらもひとつたべたくなる



171007_5.JPG


でも一日一個。(いや、5日に一個だな・・)

メルさんのウンチが絶好調すぎてわたしは幸せ。

色、形、大きさ。すべて素晴らしい黄金ハンバーグ。

換毛も一年以上まったくないメルさん(飼い主に似てケチ?エコ?)

ニュータイプ次世代うさぎの嚆矢として

長ーく活躍してくれたまえ!










       
ニックネーム らぼすたっふ at 13:47| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする