2017年09月16日

GONちゃんに会ってきたー


今週火曜のこと。

「らすっちょ(仮名)さん、申し訳ないけど

明後日の木曜に

小松菜年金事務所に行ってきてくれます?」

職場の上司からこのクソ忙しい中旬に鬼の指示。

駅から徒歩20分なんて酷暑の中やだよー。

どれどれ、どこにあるのよ、その年金事務所。

わたしが担当するクライアントさんを管轄するところだから

ねずみーらんど近くの東西線沿線かしら?

そう思ってグーグルせんせに訊いたら

表示されたMAPを見てびっくり。

うさ友GONちゃん(@「兎魂」)の職場の(ほぼ)はす向かいじゃないのっ!

さっそくGONちゃんにLINE。

「バスとか出てるのかな。

なんとかして上司にバス使用認めてもらうから」

(↑ 自分で調べろっどんっ(衝撃)


優しい優しいGONちゃん、2つの路線のバス時刻表を送ってくれました。

「うわー、ありがとう!

じゃあ、勤務中だろうからこっそりGONちゃんの職場を通りすがって

星明子するね(←これわかる人は相当昭和な人間)」


ということで

行ってきました小松菜区。

ちゃっちゃと年金事務所での届出を済ませて

いざGONちゃんを星明子しに。


そしたら

「いらっしゃいませー」の声とともに

背後からわたしの肩をがっしり掴むあったかい腕。

GONちゃーん!!

そこには笑顔いっぱいの、でもシゴトなうな感じの

凛々しいGONちゃんが確かに居た!

あー久しぶりだよぅもうやだ〜(悲しい顔)

夏にあったいろいろをLINEで聴いてもらって

そのたびに含蓄ある言葉を何度ももらっていたけれど

実物に会えるのってやっぱりそれらの何倍も嬉しいよ。

GONちゃんったら

メルさんのために


170916_1.JPG


その日の朝まで干してあった葛の葉を用意しておいてくれたのです。

あとは、タントくんも大好物だという


170916_2.JPG


パパイヤのおやつ。

もうね、これだけで涙涙なのに


170916_3.JPG


これとか


170916_4.JPG


これとか


170916_5.JPG


これとか(笑)

わたしのためにもこんなに

しかも各々メッセージ付きで

まごころのプレゼント。

ありがとうありがとう。

ほんとはお茶したかったね。

たくさんたくさん話したかったね。

お互い仕事中なのでそんな願いも叶わず

ものの5分ほどでバイバイだったけれど

わたしは出口のところでちょい不審者になり

てきぱきと働くGONちゃんをしばし星明子してから

退散いたしました。

GONちゃん、かっこよかったー。笑顔で素敵だったー。


その日の夜、メルさんに早速一部始終を喋りながら

葛の葉をさっそく献上。


170916_6.JPG


170916_7.JPG


170916_8.JPG


170916_9.JPG


170916_10.JPG


(ちょっとニヒル...?)


本当に本当に本当にありがとう。

感謝しかありません。

そして、友情ってあったかくてありがたいなっていう

実感しかありません。

ゆっくり会って語らえる日が来ることを祈りつつ

その前にまた小松菜区に出張あったら手を挙げようと

思っているわたしであります。


170916_11.JPG











       

ニックネーム らぼすたっふ at 15:11| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

ぉぇのお顔&ドイツからの友人


まず。

予告だけ書いておいて報告がすっかり遅れましたが

「7月にドイツから旧友が観光に来るーー」


の件。

7月に入ってからわたしの人生に第二の試練が降りかかったこともあり

オーガナイズもなにもないまま、ブクロの蕎麦屋でお昼を食べ

それから近場の護国寺に連れていきました。

東京で一番「真夏」だったときのこと。

Tくんは何度か日本に来ているし世界中を巡っていた人間なので

ある程度は酷暑と湿度に覚悟はあったものの

パートナーのKくんはヒコーキ初めて、こんなに暑い国初めて。

そんなときに冷房もクソもないお寺に連れて行かれて

まぁまぁほんとかわいそうに・・。(ごめんよKくん)


170909_3.JPG


魂半分抜けたKくんが撮ってくれたわたしとTくん


Tくん、腹出た〜〜〜(そこ?)


21年前の夏のライプツィヒでの写真↓ 合唱団制服に身を包んだTくんと。


170909_4.JPG


いやー若いねわたし。

(だからそこじゃないって)

お互い成長したもんです。

Tくんとはこれからも細く長くつながっていくでしょう。

そしていつかマイルが貯まったら

わたしはまたライプツィヒを訪れるでしょう。ええ、一人で。


そりゃあもちろん、これから一緒に歩んで行く方向が一緒の人がいたら

第二の人生、彩りがあるだろうなーと思いますよ。うん。

だけど、寂しさに負けて誰でもいいから傍に居て欲しいと思うのはやめて

(わたしは寂しがり屋あーんど惚れっぽいのでそこ注意)

ほんとにこの人と同じ風景を見て同じ音を聴いていきたいなーと

思える対象が現れるまでは、しばし寂寥感と対峙しながら

孤独と上手に付き合うことを決めました。

ここ(いちおうメルさん主体の健全ブログ)には書けないようなことも

この数ヶ月で色々経験しましたが、

現代に生きる現代人のための現代人によるオトナの付き合い、というのは

思いっきり昭和なアナログ人間であるわたしには

しっくりこないということが痛いほどわかりました。


それにわたしには大事な家族、もとい、彼氏(!)がここに居るし!


170909_1.JPG


ほら、イケメンでしょうー。

ニュータイプだから、きっと長生きしますよ。

それに最近とても体調が安定していて良いのです、メルさん。

黄金のハンバーグうんちも素晴らしく、

顎が濡れる謎現象もすっかり消滅、

おトイレ成功率もぐぐっと上がって

かーなーりーの優等生っぷり。

それにね、心配していた体重もちょっと増えてきた感じなんです。

次回の健康診断が楽しみ。


170909_2.JPG


ぉぇ

も健在ですよん。ほとんどハムスターだなこれ・・。









      
ニックネーム らぼすたっふ at 21:55| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

健診&爪切り


2か月おきの健診&爪切りに行ってきました。


170813_1.JPG


待合室にて。

いつものことながら、緊張いっぱいで目がどよよーんと暗いメルさんです。


先月一か月は謎のアゴの濡れ(よだれ?)があり

うさ友さんたちにも沢山の心配をかけてしまったのですが

それもすっかり良くなり、万全の体調で臨んだ本日の健康診断。


しかし。

体重が 1.12kg でした・・。

4月16日 1.51 kg

下

6月10日 1.34 kg

下

7月16日 1.18 kg

下

8月13日 1.12 kg




この4ヶ月間だけを見てもずいぶんと軽くなっています。

食欲は昔のまんまのメルさん(起きている間はずっと食べている)だし

運動量も運動スピードも低下していないし

排泄物も良い状態でまったく変わりない。

いたって健康優良児なのですが、やはり上記の体重推移を見ると

もう「児」ではないんだな・・と哀しくなります。

先生曰く

「加齢により、筋肉の量そのものが落ちてきているんでしょうね。

これは7歳という年齢を考えると、自然なことともいえます。

あと、心拍スピードが少し遅めになってきました。

これも加齢によるものですね。」


・・・もうね、わたしの性格上、こういう先生のセリフを聴くだけで

『その日』を想像しちゃって暗くなってしまうのですが、

「こういううさぎさんの場合、

若さを保つための(心臓の)薬を投与する方もいます」

という先生の言葉にはなんだかとても違和感を覚えてしまい

「今、目の前で呼吸が荒かったり苦しそうだったりしたら

もちろん検査や投薬を考えます。

でも、アンチエイジングを目的としたもの、

お別れする日を延ばすためだけの措置だとしたら

そこまでは考えていません。

この子だって生き物ですから、それなりに自然に歳はとるものだと

覚悟しています。」

と答えている自分がいました。

価値観は個々人さまざまだと思いますが

自然に(ある意味「健康に」)歳をとっているだけなのに

それを遅めるために医療の力を借りるというのは

飼い主のエゴにしか思えないのです。

今の時代の考えについていけていないのかな、自分・・。


もちろん『その日』が来るのは怖いですよ。恐ろしいですよ。

だってメルさんしか今のわたしを支える存在っていないわけですから。

メルさんがいなくなっちゃったら

自分がどうなっちゃうかもわからないくらい

怯えているんですから。

だけど、そんな自分の都合のために

メルさんの自然な老いを邪魔したくはないのです。

倫理観なんてたいそうなものではないですが、

生きとし生けるもの、誰もが向かっていく先は同じで、

それまで与えられた時間を

どのように有意義に有効に彩ることができたか、で

『その日』の迎え方が違ってくるんだと思っています。

メルさんだけでなくわたしも同じ。

だから毎日メルさんを撫でながら

「大好きだよ」を繰り返します。

最近はよく

「頭撫でて〜」と自分からわたしの手の下に

頭をもぐらせてくるようになりました。

メルさん、ほんとに大好きです。











        
ニックネーム らぼすたっふ at 13:34| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする