2016年12月15日

新宿の空・雲の上の空・ドイツの空


あれよあれよという間にお楽しみウィークエンドスタートとなりました。

それに触れる前に今月アタマに訪れた美術展の記録をば。

またまた行ってきました、ここ。


161214_1.JPG


東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館(あー長い!)

なんだか最近この美術館がとても好きでして。

わたし好みの風景画展企画が多いことも要因でしょうが

美術館に入る前のこの景色!


161214_2.JPG


御苑の紅葉がなんてきれいなんでしょう。

ここから望む景色ってまさに「東京!」って感じがするんですよね。

で。

目的の企画展は

『風景との対話〜コレクションが誘う場所〜』

フランスのエスプリの効いた作品から始まり

日本の画家さんたちの作品も沢山。

時節柄か(?)薄暗い港と灰色の空、みたいなトーンの作品が

揃えられたような気もしなくもないのですが

墨汁をぽとんと水に垂らしたようなリトグラフが奏でる寒々しい風景は

どこか透明でどこか温かみを持った不思議な感覚で

わたしを包んでくれました。

マカヴォイさんの作品(「無題」)には

「pour Seiji Togo」(東郷青児さんへ)と

フランス語による署名もあり

東郷青児さんとフランスとの繋がりを再認識。

東郷青児さんといえば、彼だけの風景画コーナーもあって

なんだかとても意外でしたが(だって東郷さんといえば

首の長いお人形みたいな女性像のイメージが強い)


わたしはお人形さんより風景画の方がずーっといい!と魅入っちゃいました。

あと、この企画展の見どころは

ラストのコーナー「グランマ・モーゼス」さん特集。

70歳にして絵画を始め、展示されている作品は

90歳-100歳のときのものばかり。

見ているだけで踊りだしたくなっちゃいそうな

楽しくかわいらしい作品たちですが

人生の辛酸を味わった人間ならではの純粋な眼...

のようなパラドックスを感じてしまいました。

あまり著名でない(失礼ーーー)画家さんたちの作品が多いためか

入館料も通常よりずっとお安いので

ぜひぜひ風景の語らいの中でほっと一息ついてみてください。

クリスマスのデートにもおすすめです。


さてと。

らすズ恒例の超弾丸でドイツに飛んで帰ってきます。

旧友の住む街のクリスマスマーケットは世界レベルでかなり有名で

ロケーションがまたとても良いのです!

世界一高い尖塔を持つ大聖堂の真ん前の広場に立ち並ぶ

お店の数々が彩るクリスマスマーケット。

今まで何度もドイツに飛んでいますが

クリスマスを狙って行くと

クリスマスマーケットが終了しているドイツ。

(大抵は22日か23日には終わってしまいます)

今までなかなか縁がなかったのですが

長年の友人を訪ねながら、念願のクリスマスマーケットを

堪能しようということになりました。

週末をドイツで過ごして週明けには羽田着、

そのまま仕事に向かうという余裕の無さなんですけど、

それでも(いや、それだけに尚更!)

存分に愉しんでこようと思っています。

ちなみにこーんなにお店があるんですよ

ああ、何を食べて何を呑もうかなー。わくわく。


161214_3.JPG



161214_4.JPG


渡部さんの言うことよく聞いて仲良くね ウサギ


メルさん、換毛もまだ始まらず只今絶好調也。


161215_01.JPG


161215_02.JPG


この美しすぎるプライムラインを拝めるのは

年に何度かの希少確率なので

メルさんからのクリスマスプレゼントなのだと

らすズふたりで嬉々としております。

メルさん、ありがとうハートたち(複数ハート)


ではでは、弾丸行ってきますダッシュ(走り出すさま)飛行機











     

ニックネーム らぼすたっふ at 07:13| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

オトナな世界



今月アタマのエントリ

「ふぐの株主優待券が年末まで。でもあと4枚あるーたらーっ(汗)

と嘆いていたのですが、よーくよくよく見てみたら

「11月末迄」 じゃないですかどんっ(衝撃)

いつもお世話になっている横浜のSっち夫妻を半強制的に招待し

あざみ野の関に繰り出しました。


161129_4.JPG


コースメインの てっちり。

4人分だとさすがに圧巻ですなー 目

わたしは昼から熱燗をいただきほろ酔い気分。

いやー、鍋は大勢に限ります。おいしかったー。


で。

9月にカードゲーム「テンポクロノ」で盛り上がった わたしたち。

ボードゲーム大好きな4人が揃ったら

もうゲーム大会をするしかないでしょうexclamation

ということで、正味6時間半、休憩なしで

いろんなボードゲームに興じましたよかわいい


161129_5.JPG


ネットでやたら好評価の「スコットランドヤード」。

刑事チームが犯人1人を追い詰めていくゲーム。

刑事が勘を働かせながらチームワークを発揮して逮捕できたら犯人の負け。

シンプルだけど面白い。うん、確かに面白いですこれ。


161129_6.JPG


自分の取り扱う絨毯を敷き詰めていく(アタック25的な)

「マラケシュ」。

これもまた面白かった。自分の絨毯が自分の敷地になるので

そこに他メンバーが停まったら手数料がもれなく入ってくるのぴかぴか(新しい)

実際には一番ビンボーなわたしが一番金持ちになるという

ちょっと哀愁の漂う結果に・・。

醤油さしみたいな味のある絨毯商のおじさん駒がかわいいでしょ。


他にもホラー色を纏う「モンスター」、

商才が問われる「宝石の煌き(Splendor)」など

本当にハマってしまうゲームばかり。

帰宅したのが深夜という(メルさんごめん!!)

理性を忘れさせる魔のゲームの虜になった らすズ は

きっとまた近いうちにあざみ野近辺に出没することでしょう・・ふふふのふー


そうそう、

拉致もどきの招待だったのに

Sっち夫妻からは豪勢なプレゼントをいただいちゃいました。


161129_7.JPG


グレーのミッフィーの箸置き。

この寝そべりフォルム、なかなかないんですよね。


161129_8.JPG


カレルチャペックのフルーツティー。

これもまたグレーの子。


161129_9.JPG


出ました!Maduのラビットプレートぴかぴか(新しい)


161129_10.JPG


ハンドメイド且つイタリー製ですよあせあせ(飛び散る汗)

こんなの、もったいなくて何を載せたらいいのやら。

次回はこんなお気遣いなしでお願いしますーふらふら


*****

お留守番をしっかり頑張ったメルさんは


161129_12.JPG


えっへん!というお顔で威張りおねだり。


161129_13.JPG


先月会ったがじゅ姐に「メルさん、だいぶオトナの顔つきになってきたねー」

と言われたけど、そうなのかな?こどもこどもしてないオトナ顔?


161129_14.JPG


日々一緒にいるとその成長をなかなか実感できないけれど

着実にオトナになっているんでしょうね、メルさん。

確かにオトナな顔つきだ。

(でもでっかーいお耳は0歳の頃から変わらず...顔(イヒヒ)


*****

先週、ちょっと遠出する機会があって

清澄白河のブルーボトルコーヒーにお邪魔してきました。


161129_2.JPG


なんかね、丸見えのバックヤードがおしゃれすぎるのです!


161129_1.JPG


オーダーしてから名前が呼ばれるまでの時間もかなり長め。

それだけ丁寧に淹れてくれているんですよね。プロの領域ですわ。


161129_3.JPG


ベラ・ドノヴァンというコーヒーをいただきました。

酸味と苦味が「くぅ〜っ!オトナ〜!」という感じ。

かなりストレートにパンチが来て舌を唸らせ鼻に抜ける感覚です。

でも後味は爽やか。

ごちそうさまでした。


*****

アドヴェントも始まって(今年は27日の日曜が第一アドヴェントでした)

いよいよクリスマスですね クリスマス

仕事は山ほどありますが

(今週は忘年会ウィーク、そして来週は出張ウィーク...死んでしまいそう

息切れしないように今年のお楽しみ(えへへ)に向けて

駆け抜けます。


161129_11.JPG


ディンプレックスくん前のぬくぬくメルさん。

この姿が最高の息抜き&癒しなのです。










       
ニックネーム らぼすたっふ at 11:52| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

Pas de plaisir sans peine


161121_10.JPG


昨日、青学にて仏検3級を受けてきました。

あれ から1年経つんですね。

タイトルの意味は『苦しみあっての楽しみ』。

そうですよね、たとえば

マイナス10からプラス10へ飛躍したとき、

そこには20の値の喜びがあるけれど

ゼロからプラス10だとしたらその半減ですもんね。

こうして人生を深く考えることができただけでも

フラ語を勉強して良かったなーと思えます。

(哲学的な表現(しかも語感も良い)がとても多いんですよ。)


で、本題の仏検ですが

最初の10問はマークシートではない記述式で、

わたしが過去問でつまずいてばかりだったところ。

本番ではブルブルと手が震えて汗かきまくりでした。

(こんなの人生で初めて)

今まで勉強してきたことを脳の一か所に総動員して

その10問全てを正しく書きました。奇跡っ!

でもそれで安心してしまったのか

その後のマークシート問題は凡ミスが続き

終わってから「あーもったいない!」と嘆息の嵐。

でも自己採点では80点台だったので

多分合格っていると思います。

(3級までは(原則)60点以上が合格)

満員電車の中だけでの勉強には限界があるし

知人友人との触れ合いのない観光の旅には

3級レベルあればなんとか対応できるし

とりあえずフラ語とはここでひとまずおさらばです。

(もうフランス行くことはないかもしれないし・・たらーっ(汗)

冒頭であれほど哲学的だの語感がいいだの褒めまくっていたけれど

わたしはやっぱりドイツ語をもっと深めたいです。

仏検終わった瞬間「これでやっとドイツ語に戻れる!」って気持ち、

隠せなかったですもんたらーっ(汗)

でも、せっかく学んだことを記憶から消去したくはないので

インスタ等で意図的にフラ語を使っていく・・つもり・・(小声)


お昼には試験が終わったので

らす´ と高田馬場で落ち合ってランチ レストラン

らす´ がとても気になっていたというイタリアン「HYGEIA」 へ。

・・ここが非常に美味しかった揺れるハート


161121_11.JPG


わたしは ブラックオリーブのプッタネスカ ↑ をいただいたのですが

しつこくないのにしっかりと味わいが感じられて

素材の味が活き活きとしていました。

らす´ オーダーの牡蠣のホワイトクリームソースも花丸かわいい

そして何よりもパスタ以上に

サラダがめちゃめちゃ美味しかったです。

契約農家直送というお野菜と、それに合う自家製ドレッシングが

おいしくておいしくて。

ついついスタッフさんを「サラダおいしいですね!!」

と呼び止めちゃいました。(はい、おばさんです)


*****

話が前後しますが、10日ほど前

がじゅ姐(@「まる君との生活」)から

八丈島から届いたばかりという明日葉が送られて(贈られて)きました。


161121_1.JPG


うわー、これぞまさに活き活き!

メルさん、ダンボールを開けてるそばから

もうソワソワしまくりですよ ウサギ


161121_2.JPG


食べる

161121_3.JPG


食べる


161121_12.JPG


太い茎も美味い!


161121_13.JPG


貴重な八丈島のお味だよ。わかってるかい?メルさん。


がじゅ姐、いつもどうもありがとう。

葉っぱのカスすら残さずにしっかりきれいに味わっておりますよ、

弊ラボのメルさん。


*****

なんだか今年は(あの地獄の出張のせいで)夏がないままに

冬を迎えている感じです。

(唯一の救いは札幌旅でしたが。)

夏を存分に愉しめなかった分、

冬を満喫すべく、只今色々画策中であります クリスマス











      
ニックネーム らぼすたっふ at 16:09| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする