2017年06月11日

メルさん健診&来月ドイツから


2か月ぶりのみわエキゾです。

ひとりでは爪切りできなくなったことと、7歳という年齢を鑑みて

2ヶ月おきに通院することになったメルさん、


20170610_1.JPG


やはり診察台の上では動かざること剥製の如しあせあせ(飛び散る汗)

いや、本当はいいんですけどね、

でも

『メルくん、なんでこんなにおとなしいんですか。

他の子は台から飛び降りようとしたり手を噛んできたり

ちゃんと「いやだ!」という意思表示しますよー』


と、これまた恒例のDr.のお言葉。

メルさん、この剥製状態のままずーーーっと動かないんです。

多分、

「ボク今たましい半分抜きモードですので好きにしてください...」

って言ってると思います。

メルさんのスタンダードがこの状態だとわかってもらえないと

どこかに異常があると誤診されるので

他病院では要注意だなとあらためて思った次第であります。


あと・・またまたいつもの不思議な問題がふらふら


体重が少ない!痩せすぎ!


皆さんご存じのとおり、起きている時間は

際限なく食べ続けているメルさんです。

いつもお口をもぐもぐ、食欲旺盛です。

それなのに。ああそれなのに。


本日の体重、ここ7年の中で

最低記録(ある意味最高記録)出てしまいました。


1.34kg


なんでなんでなんでexclamation&question

ありえないありえない・・

痩せの大食いとはまさにこのこと。

「もう少しお肉つけてあげましょうね」とDr.

でもでも、おやつをいたずらにあげればいいってもんじゃないし

ペレットも体重の3%ちゃんとあげているし

嗜好性の高い牧草(ウーリーさんのイタライや麦シリーズ)もたっぷり、

主食の牧草ももりもりぽりぽり。

これ以上どうしろと・・。

これもまた他病院では

「何日もごはんを与えていない虐待飼い主め!」と

レッテルを貼られること間違いなしなので要注意でありますどんっ(衝撃)

上記のほかには異常も見られず

再診料と爪切り代で 1,836円也¥

2か月ぶりに爪切り受難に遭ったメルさんは

帰宅後暫くケージにおこもりでしたが

ものの10分とたたないうちに

サークルにとととっと降りてきて

えん麦を食べ始めました。

こういう素直でかわいいメルさんが大好きですハートたち(複数ハート)


*****

ところで。

まだまだ先、と思っていたら

来月になってしまいました。

何の話かというと、いつもドイツはライプツィヒに行くたびに

お世話になっていた(1996年&2000年&2003年&2004年日本ツアーでは

こちらがお世話していた)20年以上の付き合いになる

TくんとそのパートナーKくんが

日本に(観光で)やってくるのです。

湿気と暑さに弱い彼らがなにゆえ真夏の日本に・・。

という謎はおいといて。

TくんとKくんには2014年の大晦日に自宅にお呼ばれし

手作りのお料理までいただいてしまっているので

それなりのご恩返しをしたいところです。

地上や屋外に出ない方向で

何かオーガナイズしないといけません・・。


あとは、続く8月にドイツから友人が一時帰国予定。

なんとかして半日でもお昼だけでも会いたいところです。

入社したばかりで有休も発生していないのに

夏休なんぞいただけるのだろうか・・(怖くて上司に訊けない小心者)









ニックネーム らぼすたっふ at 09:32| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする