2016年12月23日

2016年ドイツクリスマスマーケットの旅

あっという間でしたが、非日常空間を満喫できた旅でした。

帰国後、公私ともに色々ありすぎて

19日以降毎日1-2時間ずつしか睡眠をとれていません。

今回はいつものように時系列であーだこーだと仔細を

振り返る時間が無いので、本エントリだけにまとめますあせあせ(飛び散る汗)

※ 「アニマルファースト」の渡部さんによるメルさんレポは次エントリに。


*****

今回も日本−ヨーロッパ(1都市目)往復はANA。

行きのブリュッセル線はそりゃもうガラガラで

ビジネスクラスにはひとっこひとりおらず

エコノミーも一人一列、つまり一人で3席分使いたい放題。

みんなアームレストを上げてフルフラットになって寝てました。


ブリュッセルからシュトゥットガルトに向かうこの方 ↓


1612_BW_1.JPG


が電気系統トラブルで2時間も遅れましてむかっ(怒り)


そうとは知らないわたしの友人 I はずっと空港で待っていてくれ

ゆえにパーキング料金がものすごいことになってしまいました・・。

ああごめんなさいたらーっ(汗)

(彼女に連絡する術がなかったのですふらふら


STR空港から友人の車で約1時間。

やっと目的地 Ulm (ウルム)到着。

2晩、彼女のおうちに泊まらせてもらいます。


1612_BW_2.JPG


多発性硬化症を発症してからは仕事を辞め

自宅で捨て猫保護活動(スペインに本部がある)をしている友人。

もちろん自室にも猫ちゃんたちがたくさん。

みんなスペインからやってきた子たちですが

何か月かは英国で預かられていた子もいて

なんか英国風な名前がかっこよかったです。

(メルニコフ負けてるぞ感)


翌朝早くに早速クリスマスマーケットへと繰り出します。



1612_BW_3.JPG


クリスマスマーケット発祥地のドイツ。

やっぱり素敵。


1612_BW_4.JPG


Krippe(馬小屋でのキリスト生誕を表した模型)の前には

ほんものの動物たちが・・。


1612_BW_5.JPG


人出が割と少なく、ゆっくりじっくり見て廻れました。

もちろんグリューヴァインも飲みましたよー。


1612_BW_20.jpg



翌朝には


1612_BW_6.JPG


友人宅のラマたちのお世話。

といってもラマ小屋掃除ですけど。

猫とラマと犬と鳥との暮らし。

東京では味わえない体験です。


本来ならこの日の夜、友人がまた

STR空港に送ってくれる予定だったのですが

体調崩して動物病院から退院直後の猫ちゃんを

動物病院に連れていかなくてはならないため

朝食後、我々をシュトゥットガルトの元同僚さんに託してくれました。

(ICEの切符も既に買ってくれていた・・ありがとう顔(汗)

シュトゥットガルト駅では元同僚さん(実は らすズ、5年前に

日本で会っているのです。巣鴨散策アテンドをした Mさん)が

手を振って待っていてくれ、再会を喜び合いました。

Mさん、我々のために「何時には●●教会でオルガンコンサート、

何時には△△広場でアメリカのブラスバンドのコンサート、

何時には市庁舎前で合唱団のコンサート・・」

と綿密にこの日の午後をオーガナイズしてくれていました。


1612_BW_7.JPG


わたしと Mさん。クリスマスマーケットに行く前に

スタンドでちょいとおやつ。


えーとですね・・。

シュトゥットガルトのクリスマスマーケットは


でかい!


びびびびびっくりしましたどんっ(衝撃)


実にウルムの10倍はあるでしょう。

しかもこの日はクリスマス前の最後の土曜。

デパートもクリスマスマーケットも

24時間オープンなんですよ。

ウルムとは好対照でどこに行っても人混みばかり。

うわー、都会来ちゃったーとおののく らすズ。


1612_BW_9.JPG


1612_BW_10.JPG


1612_BW_11.JPG


わたしの長年の友人Rが「酒好きの人にはグリューヴァインよりこっち」

と勧めてくれた「Feuerzangenbowle」。

あまりメジャーではないらしく、この一店だけでした。

もちろんいただきましたよーわーい(嬉しい顔)


1612_BW_12.JPG


見た目グリューヴァインと変わらないんですが

アルコールが強い(=美味い)!

ラム酒が多めに効いているんでしょうか。

甘ったるさがなくて、初めて飲んだというMさんも

気に入ってました。


ちなみにお値段はこんな感じ。


1612_BW_13.JPG


デポジットが良心的ですよね。

...日本だったら1000円とか取りますもんね。

今となっては Eierpunsch も飲んでおけばよかったなー顔(え〜ん)

(完全に酒呑みにクリスマスマーケット行ってるひと)


1612_BW_8.JPG


しっかりできたSLまで走ってましたよ。


1612_BW_14.JPG


雰囲気の良いこの広場では


1612_BW_15.JPG


アメリカから招待されたブラスバンドが

一時間かけてクリスマスソングを生演奏。

手も唇も凍っちゃうんじゃないの?という寒さの中、

こころをほっこりぬくぬくにしてくれました。

Mさん、自宅とは完全に反対方向の空港ホテルまで

我々を送り届けてくれたのです。

今回はひとにお世話になってばかり。感謝感謝・・。

あ!そうそう。空港ホテルに向かおうとして

通り抜けたパサージュで、偶然にも

わたしが大好きな絵本のキャラクターの


1612_BW_17.JPG


この子たちのカレンダーを らす´ が発見!

(しかもこの日だけ25%OFFだったのだー)

親子でもきょうだいでもないこの「大きいうさぎと小さいうさぎ」。

お互い大好きすきすきすきハートたち(複数ハート)

わたしもこういう設定すきすきすき。


こうしてウルムとシュトゥットガルトでクリスマスマーケットを

堪能した我々は、またびゅーんと東京へ帰ってくるわけです。



1612_BW_16.JPG


わたしがいつも頼むことにしている特別食

「ベジタリアンヒンズーミール」は今回もハズレなく

カレーやチーズケーキが美味しかったです。

でも、こんなにextraなナンが後から

ヒーティングされて出てきたのは初めて 目

(2本も食べきれないって)


かーなーり端折りましたが

19日の朝7:00には羽田に着き

バタバタとおしごとへ。

今まで自分たちがいたのはほんとにドイツだったんだろうか?

と問う間もなく、日常空間へと引きずり込まれた感じです。

でも、やっぱり行って良かった。

このリフレッシュがなかったら、今頃わたしは

完全に心身おかしくなっていたに違いない。


というわけで、ドイツはクリスマスマーケットの旅でございました クリスマス








     

ニックネーム らぼすたっふ at 17:18| Comment(2) | らすズの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シュトゥットガルトのクリスマスマーケット
世界最大というだけあって、凄いですね^^
ハイデルベルクからも遠くはないですが
シュトゥットガルト方面はいつも渋滞等でひどい目に
あうので、行くにはちょっと二の足をふんでしまうのです

Feuerzangenbowle はなこさんと3人でいった
マンハイムのクリスマスマーケットでうさ太郎が
飲んで気に入ってました。ハイデルベルクでは
みなかったし、マンハイムでもこの1店舗だけでしたね。

このうさぎさんカレンダー、私も5人用のものが
売っているのを発見して買っていました。
わたしはテレビアニメでちょっとみただけで
父と子かと思っていたのですが、親子ではないの
ですね?! 絵本を手に入れて、勉強しなければ!
Posted by うさ奈 at 2017年01月07日 00:32
●お返事●

> うさ奈さん

コメントありがとうございます!
Stuttgartのクリスマスマーケットってそんなに有名なんですか?(今更)
確かにUlmがモヤってしまうくらいの豪奢なものでした。
Feuerzangenbowleってやっぱり珍しいんですね。(あんなに美味なのに・・)

そうそう、あの「大きなうさぎ」と「小さなうさぎ」の関係って謎なんですよ
(謎といいつつ邪推の程がひどいですが 汗)
KIKAでアニメ番組があったと思いますが、観たことありますか?
声がまたそれぞれにピッタリでかわいいんですよー。
カレンダーは5人家族用のものもあるんですね?
色々と種類細かく出してるんですね。
6人用・・どうしよう、と我に返る日本の正月であります(^_^;)
Posted by らす at 2017年01月07日 09:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。