2016年10月23日

スティグ・リンドベリ展



今日の午後、いつも仲良くしてくれているうさ友さんの

愛兎ちゃんがお月さまに還った報せを受けました。

何度か会ってこの手でナデナデさせてもらったこともある

かわいいかわいい子。

つらい中、すぐに報せてくれたことに感謝です。

温かな想い出に浸りながら、お月さまでも彼女の愛らしさが

光ることを願い、そして

お友達に囲まれて元気に過ごしていることを

ママに時々は知らせに来るんだよ、と

お祈りさせてもらいました。


*****

この心の静けさを邪魔しない安らぎと穏やかさを求めて

わたしが向かったのはブクロの西武。

スウェーデンのデザイナー、スティグ・リンドベリ氏の

生誕100周年を記念して、その昔 西武の包装紙デザインを

手掛けたことのある氏の作品が西武ギャラリーに集いました。


ありがたいことに撮影自由。太っ腹西武。



161023_1.JPG



これが1959年にリンドベリ氏がデザインした包装紙。

今でも十分に通用しそうな北欧デザインですよね。

レトロ感なんて一切なく、寧ろモダン。


161023_2.JPG



161023_3.JPG



161023_4.JPG


スウェーデン各地の特徴を盛り込んだプレートたち


左上の


161023_5.JPG


スコーネ地方には12年前に行ったことがあるので

なんだか懐かしい気持ちになりました。

スコーネ地方のシンボル、ガチョウが描かれているのでしょうか。


161023_6.JPG


リンドベリ氏の代名詞と言ってもいい

「ベルソー」シリーズ。このグッズがショップでは

殆ど売り切れで、人気のほどが窺えました。


161023_7.JPG


LUMA社のテレビ。(1963年)

テレビ製造会社が陶磁器会社(グスタフスベリ)に

デザインを依頼するところが実に北欧らしい。

回転可能なブラウン管部分と

操作部分がそれぞれ独立した画期的なデザインだそうです。


161023_8.JPG


テキスタイルも優しい北欧テイスト。


161023_9.JPG


『空想の街』というタイトル。

絵葉書があったら欲しかったなあ...。


161023_10.JPG



161023_11.JPG



161023_12.JPG


しみじみと、しっとりほっこり北欧の世界。

長い冬を愉しむために、食器やテキスタイルに凝る

北欧の人たちの生活に思いを馳せます。


*****

そういえば、経過報告していませんでした。

メルさんの「給水器」の件。


161023_13.JPG


こうして実に飲みにくい体勢で、しかしながら

ガブ飲みも少しずつマスターしてしまうようになり

この位置はもはや無意味では?と思うこともしばしば。

でもあまりあれこれ変えるのもメルさんにはよろしくないと思い

今のところはこのままで。

アゴも濡れずにきれいな毛を保っています。

これ一番大事。

サイフォンドリンカーに戻したい・・けど

それは短くとも数ヶ月先のことになるかな。







     

ニックネーム らぼすたっふ at 18:22| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする