2016年09月05日

生検結果待ち


先月末、大腸内視鏡検査と胃カメラ検査を受けてきました。

結果から申し上げますと、ガンでもポリープでもありませんでした。

絶対そのどちらかだと思っていたのでモニタに映る自分の腸を見ながら

「命が延びた...うそみたい」

と安堵の涙を流してしまったほど。

でも直腸まで来たとき、ドクターが訝しげな顔つきに。

直腸に夥しい謎の炎症があったのです。

目玉みたいなイボみたいなのがわんさか。

組織を顕微検査しないとわからないね・・ということで

2つの目玉をぷちっともぎり採り、生検に出すことになりました。

タチの悪いものじゃないといいなあ。


で。

血便とは直接関係は無いだろうけど、

胃の方が問題ありありでした。

胃の入り口というものをわたしは初めて見たのですが

胃酸が逆流した痕跡がくっきりと刻まれていて

ドクターが「胃酸分泌抑制薬を出しますね」と

ひきつりながらその場でおっしゃいました・・。

おまけに胃壁のあちらこちらに血がべったり付着していて

(ドクターはこれを「血糊」と呼んでいらした)

生きてる人間のものとは思えなかったんですが

ああこれは今生きてる自分の胃なんだよなあと

不思議な感覚で映像を追っていました。

こんなスプラッター状態でよくまあ

消化活動を頑張ってくれているよ、わたしの胃。

我が体ながら、かわいそうになりました。(涙)

胃酸逆流もあちこちの出血も

きっと小学生の頃から何十年も累積されてきたものでしょう。

自分の好きなことばかりして思い立ったら即行動起こして

自由奔放に生きているようでいて、

実はそれって気遣いや気疲れの反動でしかなくて、

凹んだ部分を埋めているだけなのかも・・と反省。

反省しつつも結局は性格なんて今更変えられないんだけれども。


話は戻って、生検結果が出るのは今月中旬。(遅!)

ただ結果を待って悶々としてしていても仕方ないし

夏が終わってしまうので、

今週の後半から北海道に行くことにしました。

久しぶりの札幌。7年ぶりかな?

フライトはマイルを使って特典航空券、

ホテルはHotels.comの無料宿泊分を充てるので

実質タダ旅です。

内視鏡検査前の唯一の懸念材料であった

「メルさんより先に逝く」ということはどうやら無さそうですから、

まだまだ節約倹約スピリットで頑張らねば。


メルさん、換毛も落ち着いて絶好調です。


160830_7.JPG


イタライまみれパラダイスで恍惚のメルさん。

頭にはどうやって載せたんだい?


160830_1.JPG


これは らす´ 撮影。

おててを伸ばした珍しいSHOT.

サークルの中にいても

らすズ の会話内容が自分に及ぶと


160830_2.JPG


優秀な集音器を片方だけこちらに向けて

文字通りの聞き耳立て。


160830_3.JPG


ほんとにね。侮れないよね。お利口さんだよね。

だからきっとわたしの気持ちの揺らぎ具合とか

敏感にキャッチしてただろうね。


メルさん、かわいいかわいい。なでなで。


160830_4.JPG


ほわ〜って気持ちよくなってくると足に顎のせしてくるメルさん。


160830_5.JPG


いつまでもなでなでなで。









      

ニックネーム らぼすたっふ at 16:54| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする