2016年07月23日

覚悟とか遺言(仮)とか



イスラム圏への出張命令が下ったのは

今年初めのことでした。

外務省が危険情報を出しているし

一部ISが介入している地域だし

無差別テロのニュースが日本でも報道されているし

まあ、この話は流れるだろうな・・と思っていました。

が。

上司にかけあっても命令は覆りませんでした。


24時間戦えますか、の日本人。

イエスマンの日本人。

わたしももれなくそんな社奴のひとりだったのです。


聞いて聞いて、こんな出張命令出たのー、

と真っ先に泣きついた先が友人E。

銀行の国際部門でバリバリ働く彼女なら

日本風土を離れた国際感覚での意見をくれるかと

甘く見ていたわたしがいました。

彼女が放ったひとこと。


「テロが怖くて仕事ができるか!」


見事に一蹴されて撃沈のわたしでした。みじめなことこの上ない。


・・はい、そうですね。お国のために、いえ、会社のために

命投げ出さないといけませんね。


メルさんに会えないのが一番つらいです。 あ、らす´ にも、ですが。

通信規制があるのでネット(特にSNS)接続は一切できません。


日常的に断水しているらしいので


DSC_0348_2.JPG


こんなものも気休めに買ってみましたが

これを使う余裕があるかどうか・・。



メルさんがどんな状況なのかを10日間も把握できずに

わたしは正常でいられるだろうか。

せめてメルさんを身近に感じたくて

「爪抜け事件時に作ったネックレス」(2011年6月23日エントリ)

身に着けて行こうかとも思いましたが

保安検査場で奪い取られるかもしれない可能性が高いので

それも諦めました。

写真撮影などしていたら銃を抱えた人たちに速攻囲まれちゃうような

そんな場所です。


ボーナスとは別に、支度金という名の危険手当が

目ん玉飛び出るほど支給されました。

この世の終わりとばかりに思い切り豪遊させてもらいました。

豪遊している間にも

駅前や市場での爆弾無差別殺傷事件のニュースが

次々入ってきて気持ちがずーんと重たくなりました。

「不要不急の渡航は中止するように」

との通達が外務省からも発せられました。


でも

行くからには、任された仕事をきちんとやり遂げたい。

そして

もしも予期しない(予期している?)事態があったとしても

日本人として恥ずかしくない行動や態度を取りたいと思います。

社会人としてここまで腹を括ったのは初めてです。



心構えメモ:

逃げる時は体を屈めて頭を低く。(爆風で頭だけ吹き飛ぶことが多いから)

逃げている時には口を開いていること。(鼓膜が破れるのを防ぐため)

大きな木は銃弾を遮ることに有効。



なにゆえ人間が人間にここまで怯えなくてはならないのでしょうね。

わたしに次の生があるのなら

絶対 人間にだけは生まれてきたくはないです。



もしも今後10日間の間に

日本人が巻き込まれたテロのニュースを見聞きされたら

どうかどうか、らす´ とメルさんの今後の幸せと健康を

祈ってください。

らす´ がひとりで何か問題を抱えていたら

どうかメルさんのために皆さまのお知恵をお与えください。



いってきます。


DSC06480_2.JPG


この天使の寝顔にまた会うために

必ず帰ってきます。帰ってきたい。









      

ニックネーム らぼすたっふ at 06:13| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする