2016年05月28日

ダニ疑惑カビ疑惑



※ 一応「病気(かもしれぬ) 」ジャンルとしての取り扱い ※



ちょっと時間を遡りますが

一昨日(26日)朝のこと。

ごはん前のメルさんの健康チェックの際

両耳(外側)に白いフケのようなものが付着していました。


DSC_0312.JPG


こういうものがこういった散布度で両耳に万遍なくあるのです。

ちょっと指で払おうとすると更に湧き出てきて。

スリッカーブラシでそっと耳を逆撫でしてみると

次から次へと剥がれてきて。


どうしたの、これ・・・。

まず思いついたのが以前(斜頸発症時の2012年5月)もあった

ウサギツメダニ」。

でも、当時と違って今日はメルさん、

全然気にせず痒がらず頭も振らず。

かといって放置なんてしたら大変。

様子見という言葉はうさぎ界にはありません。

もしも耳ダニだったとしたら

今はきれいな内側までこんな状態になって

外耳炎を発症、内耳にも侵襲し

斜頚誘発要因になってしまう。


原因究明のためには何をおいてもまず通院。

9:00 just に かかりつけの みわエキゾチック動物病院

TELすると、18:00なら予約が取れるとのこと。

わたしは夕方までびっしり仕事が入っていたため

らす´ が早退して

メルさんを連れて行ってくれることになりました。

*****

仕事中だけど気が気でないわたしのもとに

LINEで送られてきた結果は・・・


「顕微検査結果、ダニはいない とのこと」


ひとまず ほっ。

でもでも。それじゃああの膨大な量のフケは何??


「カビかどうか(フケを)培養検査するとのこと。

2週間後に結果が出るから、もしカビだったらカビの治療を開始」



なるほど。真菌(カビ)の場合は顕微鏡検査はできないのですね。

じゃあ今日はもうできることはないね?


「ダニの可能性はゼロになったけど、

『これからはダニが活躍する季節ですね』って戸丸先生が言うから、

心配だから予防的措置としてレボリューション一つ出してもらうね」



と、らす´。

まったくもう・・メルさんのこととなると

途端に心配性且つ慎重になるんだからーーー。

というわけで、帰宅後メルさんの背中にぽちっと


160526_2.JPG


レボリューションを塗布。

(ダニがいなくても害にはならないそうです。)


*****

明けて翌27日。


160526_4.JPG


なんかね・・。耳の状態がかなり落ち着いています。

(この写真にはフケが写っていません)


160526_5.JPG


木曜の朝は探そうとしなくても

視界にじゃんじゃん入ってきたフケが

昨日の朝は目を凝らして見て

「あ、ここに1個あった!」 「あ、こっちに2個あった!」というくらい。

うーむ・・・わかりません どんっ(衝撃)

そして今朝。

耳の状態は昨日とほぼ変わらず。

パッと見、わからないけれど

じーっと見てみると両耳に数個ずつ見つかる感じ。

一昨日よりは明らかに減っているけどゼロではない。

メルさんが気にする様子もなく痒がる仕草もないのは

最初から変わらず。


160526_6.JPG


とりあえずは2週間後のカビ検査結果を待ってみましょう。



¥ お会計 ¥

160526_3.JPG


体重測定結果は 1640g だったそうです。

メルさん、初めての 1.6kg 超え!

前回(3月12日)より 80g 太ってしまいました。

まだダイエットの必要はないけど

これからの体重推移にも気を配らないといけませんなー ダッシュ(走り出すさま)










      

ニックネーム らぼすたっふ at 09:15| Comment(0) | らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。