2015年10月17日

プレミアムしっぽカード&ドイツ三昧


時系列にブログにイベントを記録できてなくてすみませんあせあせ(飛び散る汗)

遡ること今月初め、ニッショーホールに

『ヒトラー暗殺、13分の誤算』の試写を観に行きました。


151017_1.JPG


タイトルから推察されるように、

ご存じ、『ヒトラー〜最期の12日間〜』を撮った

ヒルシュビーゲル監督の最新作です。

手掛けた監督をクローズアップするためと

内容のヒントを与えるために

配給会社がつけたセンスある邦題に

一瞬「ん?続編?関連のある作品?」と思ってしまったのですが

ヒトラー本人や側近に焦点を当てた「最期の12日間」とは

その内容も描き方もまったく違ったものでした。

昨日封切られたばかりなので細部には触れませんが

史実に基づいた「単独でヒトラー暗殺を図った人物」を軸に

彼と関わりを持った人間たちの人生の変遷を

戦慄の影が色濃くなってゆく時代の移ろいを丁寧に織り込みながら

静かに、しかし強く物語ってくれる映画でした。

オフィシャルサイトにもある

「あの時、目を開けていたのは、僕だけだった」

がすべてを表しています。

ものすごく納得のゆくキャッチコピー。すごい。

「es」(2002年日本公開)を撮ったヒルシュビーゲル監督ならではの

巧みな心理描写に唸り、

尊敬する字幕翻訳者である吉川美奈子さんの訳に

随所で感動を覚えました。

(わたしなら「僕にはいつだって仕事はあるさ」と訳すところを

「職には困らないさ」と訳すそのセンス・・・。

素人とプロの歴然たる差ですね。さすがです。)


******

ドイツとの縁が何故か続く今月。

おとといの木曜には飯田橋の


151017_2.JPG


東京ルーテルセンター教会まで


151017_3.JPG


ドレスデン フィルハーモニック児童合唱団

Philharmonischer Kinderchor Dresden

のコンサートを聴きに行ってきました。

直前までこの合唱団の存在を知らず、

しかもわたしの好きな「少年合唱」ではなく混声だったものですから

かなり迷ったのですが、友人ルーカスからの


「ぼくも今まで知らなかったけど、サイトで試聴してみたら

悪くないじゃない!それに指導者のBergerさんは

児童合唱に対してとても厳しくて熱意のある方として

有名なんだよ。行ってみたら?」


とのメールが後押ししてくれ、

そうよね、まずは自分の耳で聴いてみないとね、と

行ってみることに。

結果。


行って良かったexclamation×2exclamation×2exclamation×2exclamation×2exclamation×2


宗教曲から現代曲、ポッポスまで幅広いレパートリーを

すべて暗譜(日本の曲も!)で披露してくれた彼らのコンサートは

本当に本当に感動でいっぱいのすばらしいものでした。

実力もさることながら、一曲一曲に込められる「気持ち」が

直球で伝わってくるんですよね。

コトバに変換するというワンクッションを排して

温かでピュアでまっすぐな気持ちが

素朴で澄んだ音にのせられて

こころにストレートに届くんです。

この心地良さ。

ほかの生活シーンではきっと味わえない貴重なもの。

生きているってやっぱりいいことじゃないって

自然に思える説得力を持った彼らの素晴らしさを

わたし(と らす´ )は完全になめていました。ごめんなさい


アンコールで歌われた曲

「Der Mond ist aufgegangen」(月は昇りて)

で完全にわたしの涙腺が崩壊。

もともと大好きだった曲ということもあるけれど、

月に帰った子たちの姿が眼裏に浮かび、

あとからあとから涙があふれてきてしまいました。


コンサート後、この合唱団によるこの曲の録音がどうしても欲しくて

(他の合唱団が歌ったCDは山ほどあるのに!)

数種類並べられたCDを売るスタッフさんに

「この曲が入ったCDありますか?」

と収録曲を調べてもらい(ご迷惑おかけしました…)


151017_4.JPG


しっかりゲットハートたち(複数ハート)


ちょっと録音が古かったけれど

(そして指揮者さんが今とは違っていたけれど)

歌声は変わっておらず、只今ヘビロテしております。

まさに月が放つ優しい薄明かりのような曲。

大学時代にわたしが脚本書いて監督もやらせてもらった映画の

エンディングに流した想い出深い曲でもあります。

月並みな言葉ですが、音楽って理屈抜きでいいものですね。


151017_5.JPG


コンサートの後は らす´ と中華食べながら

ハイボールでほろ酔い。

試写のときも、このコンサのときも

メルさんのごはんのために

時間休を取ってくれた らす´ 。どうもありがとう。


*****

さて。

やっと。

エントリタイトルの「プレミアムしっぽカード」のお話ですたらーっ(汗)


いつもイタライやアークトゥルスといった

メルさんの「ご褒美おやつ牧草」でお世話になっている

うさぎのしっぽさんのメンバーズカードを

無料でプレミアムなものにしてくれる!

というお知らせをいただいたので

早速メルさんの画像を送らせていただきました ウサギ

すると・・・


151017_6.JPG


届くの早っ!!!


中を見てみましょうーわーい(嬉しい顔)


151017_7.JPG


わーぴかぴか(新しい)

メルさん、かわいいっ!アイドルみたいっ!(∞親ばか)


151017_8.JPG


右が今までのカード。

後ろ姿のロップちゃん、今までありがとね。

これからはおさいふの中に

いつもメルさんを忍ばせます。うふふのふーかわいいぴかぴか(新しい)


*****

今日のメルさん。


151017_9.JPG


リラックスしていたところを捕獲され、月イチの爪切り。

らす´ が保定して、わたしがパチンパチン。

このスタイルももう5年続いてるんだね。

メルさんには気の毒だけど、家族の幸せな絆を感じられる

大切な儀式(?)のひとつだよ。


151017_10.JPG


メルさん、おつかれさま。また来月ね。











     

ニックネーム らぼすたっふ at 20:58| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする