2015年04月27日

根っこ友だち


わたしが昨年末、抜髄した歯の根管が再感染して

思いっきり凹み、思いっきりの奮発をして

自費診療に踏み切ったことを

皆様は覚えておいででしょうか。

あれから4ヶ月。

自費診療だけあって何もかにもが究められている

最先端の技術を集結させた治療のおかげで

ついに最終段階、クラウンの型取りまで

漕ぎつけましたexclamation×2

思わぬ出費である自費診療のおかげで

ケチケチ道を更に邁進しているわたしは

クラウンは保険適用(ホワイトだと自費、銀色だと保険内)

にしたので、これからは清水の舞台から

飛び降りることはなさそうです。ほっ。

この根管治療において

想定外のことがひとつだけありました。

それは

わたしといっしょに清水の舞台から飛び降りた人がいた

ということどんっ(衝撃)あせあせ(飛び散る汗)

Kさんから最初のコンタクトをいただいたのは先月のこと。

「もしよろしかったら、らすさんの通われている

根管治療歯科を教えていただけませんか?

らすさんと同じ症状があるのです」


根管の再感染の苦しみはよーく解っていますから

すぐにKさんに自分の治療過程も含めてお教えしましたよ。

で、たまたま「根管治療」で検索したらこのブログが

引っ掛かったんだなーって思っていたら

なんとKさんから

「メルさんブログをずっと楽しんでいました」

との予想外のお言葉。

そう、Kさんはうさ飼いさんだったのです ウサギ

しかもKさんにはとても信頼のおける

腕の良いホームドクターがいらして、そのドクターに

根管を診てもらおうかどうか迷っていたところに

わたしの

「根管治療は絶対専門医へ!」

の叫び。(2014年12月4日エントリ

そこで気持ちの振り子が自費診療の確実性に振れたということでした。

わたし自身の結果がまだ出ていないというのに

こんなに力んで紹介しちゃってよいものか、という

躊躇が無かったと言ったら嘘になりますが

治療途中にあっても「この先生はホンモノだ!」という

確信のもと、Kさんに自信を持ってお薦めして良かったです。

Kさんも順調に治療ステップを経て

感染源がすっかり除去されたとのこと。

根管治療のことをわたしがここでボヤかなかったら

知り合うことがなかっただろうこの縁に

不思議なものを感じています。

Kさんの愛兎 うーたん。ちゃん。


150427_5.JPG

(先月送っていただいた写真)


この4月で4歳になったミックスちゃんです。

メルさんの1年後輩ですねー。カラーが珍しくてかわいいわーい(嬉しい顔)


そのKさん、先ごろ沖縄へ行かれ

 「らすさんには色々お世話になったので・・・」 

ご丁寧にお土産を贈ってくださいました プレゼント



150427_13.JPG


パッションフルーツドリンクと

パッションフルーツジャムのセット、

そして沖縄限定黒みつミルキーに

これまた貴重なご当地琉球紅茶。

しーかーもー。

添付されていたお手紙には

Kさんの麗しきお写真(お宝につき秘蔵)

うーたん。ちゃんのお写真ハートたち(複数ハート)

150427_14.JPG

最初の画像とはアングルが違うせいか

なんだかちょっとメルさん寄りに感じられます。(親近感増幅っ)

そうそう、Kさんはメルさんにも

びわ葉を贈ってくださいました!

(何度変換しても「びわ歯」になるのは何故なの)

なんとお庭にびわの木があるそうで(すごい!)

新鮮な採りたてのものがメルさんのお口に ウサギ




(恒例の一気喰いが怖いので強制撤去&ハーフタイム入りですあせあせ(飛び散る汗)


ダメダメになった根管がもたらしてくれた思わぬ繋がりぴかぴか(新しい)

いやー、人生どんな縁があるかほんとわかりませんね。

Kさん、ありがとうございます。

これからもお互い根管情報交換していきましょう。

*****

メルさんは


150427_4.JPG


お尻部分だけだったプライムラインが背中全体にまで広がり

ちょっと恐ろしいくらいの絶好調っぷりです。


150427_1.JPG


らす´ は最近メルさんに遊んでもらってばかり。


150427_2.JPG


5歳の誕生日を来月に控え、顔つきがシャープになってきました。


150427_3.JPG


しかし無防備にべちゃっとなる姿はやはり天使...かわいい

*****

突然ですが、今クールのドラマは何を観ていますか?

アルジャーノンも沢尻ちゃんもなかなかに面白いけれど

わたしのイチオシ「Dr.倫太郎」。

ストーリーはどうでもよくて(よくないっ!)

倫太郎の犬「弥助」目当てに観ております犬(笑)

だってね、この子、

わたしの勤務先の隣にある動物タレント事務所の

一番人気くんなんですものーハートたち(複数ハート)

殆ど毎朝、お散歩する弥助くん(本名「サンディくん」)と

会うのですが、大きさもオーラもそりゃ物凄いったらあせあせ(飛び散る汗)

オールド・イングリッシュ・シープドッグという

とても珍しい犬種のモフモフなサンディくん、

たまにロケからご帰社のところに遭遇するのですが

まるでスター並みの扱いでございます。(っていうかスターですよね)

毎朝会うのに「写真撮らせてください」と言えないわたし。

今日こそは!と思うのに、今日も挑めず。

だってオフのタレントさんにそんなことしたら失礼...ですよねぇ。

堺雅人さんを生で見るよりもずっとずっと

胸の高鳴りを覚えるサンディくん、もとい、弥助くん。

いつか・・・いつかそのモフモフを一瞬触らせてもらうぞ!


150427_16.JPG

(事務所入り口のポスターより。

あら、アルジャーノンもここの事務所のタレントさんだったのねexclamation&question











     

ニックネーム らぼすたっふ at 08:57| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする