2015年03月17日

い ち ご !


メルさんがスイカの次に好きな(と思われる)いちご。

とちおとめの良さげなものが自称高級スーパーマーケットの

店頭に誇らしげに並んでいたので

清水の舞台からえいやっ!


150317_1.JPG


うふふ、いつもより200円ランクUPしただけありますぴかぴか(新しい)

早速メルさんに献上いたしましょう。


150317_2.JPG


用意しているうちからもうそわそわしっぱなしウサギ

これだけの香しさなのですから

さすがのメルさんの(鈍い)嗅覚アンテナにも

引っかかったのでしょう。

どうぞ召し上がれ〜。


150317_3.JPG


恍惚の表情


150317_4.JPG


やめられないとまらない


150317_5.JPG


なくなってからも名残惜しそうに器をぺろぺろ


〜その翌日〜

なななんとスカイベリー半額のシールを纏って不名誉な顔つきで

1パックだけぽつんと取り残されているのを

らすズ は見逃しませんでした目

スカイベリーなんて絶対普段は手が出ませんどんっ(衝撃)

一生に一度の邂逅也。


150317_6.JPG


おお、気高きそのお姿ぴかぴか(新しい)

メルさん、長生き(?)して良かったね。

前倒しでお誕生日祝いといっても過言ではありませんぞよ。

メルさんの『初スカイベリー』を動画で記念保存ウサギ





この後も、「もしかしたらまた覗けばいちごが入ってるかもしれない・・」

と、二度見・三度見・∞見(?)しているメルさんでした。

夢のようないちご三昧を謳歌したメルさんは

こうしてまた日常空間に戻っていくのでありました。

メルさんのおかげで らすズ も貴重な春の味を堪能できましたよ。

メルさんありがとうわーい(嬉しい顔)

*****

さて。

昨年10月28日エントリに書いた

「天上の虹」の最終巻が

ついについに、先週3月13日に刊行されましたもうやだ〜(悲しい顔)


150317_7.JPG


30年以上読み続けてきた作品が終わるのですから

なんともいえない感傷の渦に身も心も持って行かれます。

この作品を読んでいた当時の自分たちが

走馬灯のように脳裏に浮かんでは消えるのです。

これまで一緒に生きてきたひとつの作品が終わる。

そう思うとなかなか最初の1ページを繰れません。

3日経過してやっと、

やっとやっと。

覚悟を決めて読了いたしました。


ぴかぴか(新しい)感 動ぴかぴか(新しい)


日本人たる自分の心が引き締まる、いや、

引き締めなくてはならないとあらためて頷いてしまう最期でした。

30年経った今、1巻から読み返したら

また違った読み方や捉え方になるのかも?とも思ったので

ふたたびこっそりと青春をやり直そうと目論んでおります。

奈良にも行ってみたいですね。

奈良って、修学旅行で行くところじゃなくて

オトナが行く地なのではないでしょうか、ほんとは。

万葉文化館で今月24日から6月21日まで

「天上の虹 作品展」
が開催されるのですexclamation×2

そうだ、奈良にいこう。 (BGM:「My Favorite Things」)

(どうやって...?¥¥¥










      

ニックネーム らぼすたっふ at 15:06| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする