2015年01月08日

'14-'15ライプツィヒ年末年始旅Vol.3

《2014年12月31日(水)》

今日のためにはるばるモスクワを経てこの地に来ました。

換言すれば、今日のふたつのイベントが終わってしまったら

旅はほぼ終わり。

遠足も旅行も、なんでも準備期間が一番楽しいわたしに

早くも寂寥感がひたひたと迫ってきます...バッド(下向き矢印)

(損な性格ですほんとに。)

らすズ が泊まったバッハホテル(略称)は

朝食はオプション( ← 17ユーロとお高い)なので

今朝はMarktに面する行きつけのカフェで朝ごはん。

昨日に引き続き空は冴えない鉛色。

雪まじりの雨が降って寒いですが幸いにもMarktまで徒歩5分。

傘も持たずにカフェ「Stein」を訪れました。

いつもの平日朝食ブッフェを期待してきたのに

今日は休日扱いとなり(いつからよ?)アラカルトのみ、と言われ

ショックを受けるも、店員さんが「ふたりならこれがお得よ」

薦めてくれたW朝食セットが


DSC00381.JPG


アタリでしたexclamation×2

これに


DSC00380.JPG


パンもこんなにしっかり付いて、ブッフェよりお得なんです¥

重たくて酸っぱい黒パン大好きなわたしが

喜ぶ姿はまるでメルさん。

(そんなにかわいくないよ。と自己ツッコミ入れておきます)

たっぷり時間をかけて朝食を食べ終えると、あらら、

もう11:00. 今日はトマーナ(聖トーマス教会合唱団)の

Silvestermotette(大晦日モテット)を一緒に聴くため

12:00にSっち夫妻とトーマス教会で

待ち合わせをしているので、そろそろ

ホテルに戻らなくてはいけません。

・・と。その前に。

ドイツに住むうさ友のはなこさん情報が頭を過りました。

ドイツのいたるところにある「C&A」というデパートに

とてもかわいいうさぎ柄のパジャマがあるという

ステキ情報。

ここMarktからホテルに帰る道の途中に

あるよあるよ「C&A」exclamation×2

急げーーーダッシュ(走り出すさま)

ダッシュでパジャマ売り場に行くと

待ってました!


DSC00383.JPG


うさぎ柄パジャマ!ウサギ

し、しかし・・・たらーっ(汗)

どのタグを見ても「L」ばかり。

全部全部「L」ばかり。

店員さんをつかまえて

「他の小さいサイズはありませんか?」

と訊くも、

「それが在庫ラストよ」

とつれないお言葉顔(え〜ん)

今日最初で最後の落胆嘆息はC&Aに落としてきました。(えーん)

さて、気持ちを切り替えて

11:50。 トーマス教会、メンデルスゾーン像前。

首を長くして待っている男性が1名。

お初にお目にかかります。

というのも(以下長ったらしい説明)

我々4人のために保護者席を取っておいてくれると

早々に申し出てくれた友人Wさんが

外国に休暇旅行に出てしまったため

Wさんの同僚であるKさんにその役割が託され、

それゆえKさんとわたしはFBでつながり、

お互いの顔は判っていたものの

昨晩遅くにいきなりKさんから

「ごめんなさい。熱が出てベッドから起き出せない」

とのメッセージがどんっ(衝撃)

そんな大変な状態なのに責任感溢れるKさん、

「でも大丈夫。あなたたちの席はわたしの同僚のBが用意してくれるから

約束通りの時間に約束の場所に来てね」


とちゃんとBさんに申し送りをしていてくれたのです。

以上、背景説明でした。

そんなわけで厄介な頼まれごとを引き受けさせられたBさんに

まずはお礼・・と、そこでSっち夫妻登場グッド(上向き矢印)

8月に横浜のお家に伺って以来の再会です。

Bさんから「これ、Wから」と予想外のプレゼントをもらい

こちらからも和風カレンダーなど小さいプレゼントを

お渡しします。

本来の仕事があるBさんは我々4人を保護者席まで案内すると

姿を消してしまい、結局そのまま終演後も会えずじまい。

またちゃんとお会いしてお礼を言いたいです・・・。

そう、そして保護者席がまた凄かった。

オケと合唱団の目の前の最前列にどどーんと4席。


DSC00397.JPG

(Bさんが確保しておいてくれた席より)

ファン冥利に尽きます(涙) 本当にありがとう。

だってね、ちゃんと長時間並んで入っても


DSC00391.JPG


こんな大混雑なのですよ・・。

教会キャパ2000人を優に超える立ち見人数も物凄い。

おまけに椅子の殆どは祭壇に向かっている造りだから

オケと合唱を背中で聴くという構図になっちゃうのです。

ルーカスに現役団員の知り合い(直属の後輩)がいた頃は

ルーカスが席を取ってくれ、

彼が歳を重ねるにつれ知っている後輩がいなくなると

Wさんが「まかせて」と言ってくれる。

わたし(たち)はいつも本当にラッキーです。

トマーナ(聖トーマス教会合唱団)を愛する気持ちは

それこそ保護者並みですが、普通では体験できない機会を

与えてくれる友人たちの真心に感謝の念が尽きません。

モテットで演奏された曲は昨年とほぼ同じ 下


トッカータとフーガ (バッハ)

Air (ビラー ← バッハの「G線上のアリア」合唱用編曲)

Weihnacht (E.マウエルスベルガー)

「クリスマスオラトリオ」から3日目のカンタータ (バッハ)

「h-moll」から Dona nobis pacem (バッハ)



途中、Gemaindelied(会衆と合唱団とが一緒になって歌う曲)として

EG64「Der du die Zeit in Haenden hast」

が入りました。

説教は耳に新しい女性の牧師さまの声。

そうか・・。長年ここで勤め上げたWolf牧師は

今年の1月6日に退職されたんだった・・・。

随所にユーモアを散りばめるWolf節を懐かしく思い出しながら

1年ぶりのトマーナのモテットに身を委ねました。

ここの合唱団は不思議です。

決して強い光ではなく、うっすらと差し込む淡い光のような

音の集合体の中に、決して誰も主張をしないかわりに

全員の魂を結集させてひとつの大きなパワーとなった

響きを作り出している。

それが彼らの音楽。彼らの持ち味。

穏やかさと柔らかさが溶け合う中に内包される情熱と意志の強さは

適度な温もりとなって心地よく耳に心にしみこんできます。

いくら言葉で表現しようと思っても

彼らの音楽の前にはいかなる言語も無力。

トマーナの音楽はいつも偉大。しかし親しみ溢れる不思議な存在。

1時間余に渡るモテットが終わると

バッハ像の前で恒例の「大晦日ソング」の演奏。

毎年お決まりの2曲 下

(『Des jahres letzte stunde』(G.schreck)

『Neujahrslied』(Mendelssohn) )


1曲目は現役団員による指揮、

2曲目はビラーさんによる指揮です。

教会内とはまた違った響きが雨に混じって拡散します。

でも・・


DSC00415.JPG


毎回人だかりが凄くて見えませんあせあせ(飛び散る汗)

上 これは らす´ が撮ってくれたもの)

合唱が終わると花火が数発上がり、拍手をもって

これで本当に「今年の団の活動終了!」となります。

トマーナのみんな、一年お疲れ様でした。

指揮のビラーさんに挨拶をし、後ろ髪引かれつつ

ホテルへと戻る らすズ 。

ゲヴァントハウスの第九は17:00から。

着替えをして、ヒールを履いて雪道を歩くことを考えると

そうそうゆっくりはしていられません。


DSC00425.JPG


昨日スーパーで買っておいたパンをかじりながら

黒羽がところどころ抜けてるドレス(汗)を引っ張り出します。

本当はドレスを買おう!と意気込み溢れていたのに

例の歯の根管治療で20万が一気に飛んでしまったため

クローゼットに丸められたまんまのふっる〜いドレスに

お声がかかりましたあせあせ(飛び散る汗)

上 なんとこれ、10年前のSっち夫妻の結婚式で着たもの。

我ながら物もちがいいなあ・・というかケチだなあたらーっ(汗)


exclamation まずは大切なことexclamation

メルさんチェックをしなくてはウサギ


<大谷さんメール(12月31日 夜)>

19時よりシッティングを開始させて頂きました。

お伺いした時、メルちゃんがぴくりとも動かずに

座っていましたので驚きましたが、

ごはんの用意の気配を察知するとそわそわし始め、

扉を開けるときには中から頭突きをしていました。

【食事】

ペレットは完食し、チモシーは空っぽでした。

お水は40ccほどのお残しです。

オーツヘイを一心不乱に食べ、

お口直しなのかチモシーを食べ始めました。

食事中、うんちをコロンコロン音を立ててしています。

メルちゃんはうんちの時もおしっこの時も

お口が動いていますね!

おやつは乾燥りんごと青パパイヤでした。

【排泄】

状態は朝と変わらず、数粒のやや色の濃いうんちが混ざっています。

全体量はたっぷりで、問題ございません。

本日もおしっこはパーフェクトでした!

【その他】

本日は私がサークル内に居ても気にしている様子はなく、

食事に集中していました。

頭をなでなでしていますと、

ママとパパの時とは違うと思いますが

少しは喜んでくれているような気がします。

それよりおやつ!と言われているような気もします。

お留守番三日目になりますが、

メルちゃんは変わらず元気一杯です。

それでは良いお年をお迎えください。

明日も宜しくお願い致します。



1231nacht_1.jpg


1231nacht_2.jpg


1231nacht_3.jpg


(大谷さん撮影)


ず・・頭突き・・。ぷぷぷ顔(笑)

メルさん、おもしろすぎでしょ!(そして大谷さんもね)

そして「ナデナデ拒否疑惑」、早くも晴れてよかった!

やっぱり大谷さんの気にしすぎだったんだね。

そうは信じていたけれど、やはり真相を知れて安心です。

安心したところで、黒羽をまき散らしながら正装に着替え

いざゲヴァントハウスへ出発ですexclamation×2


雪道を這うようにして歩いていると、

なななんとヒールが取れかかってきましたあせあせ(飛び散る汗)

(ってか、フツーはタクシーでホールまで行くだろ!)

思えばこの靴も相当に古い...。

思い切ってライプツィヒでおさらばじゃー。

やっとの思いでホールに到着。


DSC00433.JPG


記念の一枚。

黒羽まき散らしドレスともそろそろお別れかしら・・あせあせ(飛び散る汗)

(中にはしっかりヒートテック着込んでます!)


DSC00434.JPG


らすズ席より。

ほんと、オケが近すぎ。嬉しすぎ。これなら

指揮者シャイーさんのお顔もオペラグラスなしで

拝めること請け合いでしょう!

「第九」は時間通りに始まり、シャイーさんの「倍速テンポ」の

健在ぶりにうきうきしながら曲に酔いしれます。

わたしは第二楽章が一番好きなので

(あのティンパニのかっこよさといったらもう!顔(メロメロ)ハートたち(複数ハート)

特に小節を跨ぐティンパニと弦の4連発コラボがたまらん顔(メロメロ)

第三楽章のアダージョに入る頃には

すっかり「できあがって」しまい

心臓バクバク、顔は紅潮しまくり、終始鳥肌という

アドレナリン全開な危ないニンゲンになっていました。

最も人口に膾炙している第四楽章では

ゲヴァントハウス合唱団が大活躍。


DSC00447.JPG


友人ルーカス(Lucas)も、ひとり置いたお隣ルーカス(Lukas)も

バスを力強く歌います。アンサンブルの他に、こういった大所帯合唱団でも

研鑽を積んでいる彼ら。本当に尊敬に値します。


シャイーさんの振る第九は、普通の指揮者よりも15-20分早く

終わります。なので今回もあっという間。


DSC00452.JPG


最後の音が鳴りやまぬうちから「ブラボー!」の声。

そしてオールスタンディングオベーション。

感動の嵐に包まれて唸り声をあげそうなゲヴァントハウス。

その空間に自分が居るということへの感謝。

ただただそれだけをかみしめ、震える体を支えるのみです。


DSC00457.JPG


オーラが凄すぎるマエストロ、シャイーさん。

今年も素敵な演奏をありがとう。

2011年、2013年、そして今年、と

三回聴いた中でも一番エネルギッシュで

指揮とオケの一体感が一番伝わってきた歴史的演奏でした。


さて。

第九の余韻を引きずったまま、らすズ はホテルへ。

今夜は19年来の友人Tくん(とそのお友達)が暮らす

アパートにお呼ばれしているのです。

Tくんと会うのはいつ以来だろう?と思って

このブログ内検索をしたら

2012年3月 に会ってました。

Tくん、いまだにヒッピーみたいな長髪なのかしら・・。

などと考えつつ、着替えを済ませ

市街地からちょっと離れた住宅地にトラムで向かいます。

停留所にはTくんが迎えに来てくれていて

(なんと髪はきれいに短く切りそろえられていた!)

アパートまで歩きながら彼の所属する合唱団

(Tくんもトマーナ卒業後、合唱を続けています)

の話などで盛り上がり、アパート到着家

同居人Kくんが朝から腕を振るって

ザクセン料理をたーくさん作って待ってくれていましたわーい(嬉しい顔)


DSC00459.JPG


メインはザクセン名物ローラーデ。

野菜の牛肉巻き煮込みってところかな。

そして付け合わせのクレーセ。

これもザクセン名物。じゃがいも団子の中に砕いたパンが入ってます。

そしてそして、わたしの大好きなRotkohl(赤キャベツ)煮込み。

実はこれら(ローラーデと赤キャベツ)、

昨晩ホテルのレストランで食べたメニューだったのですけど

ずーーーーっとこっちの方が美味しかったexclamation×2

Kくんとは初対面だったのだけど

とても人好きのする好青年で、トークにも花が咲きました。

ライプツィヒに越してくる前は

ずっとバイエルンに居たということが判り

バイエルンの合唱団ネタで盛り上がり、とても楽しかったるんるん

デザートのプラリーネ(チョコ)を食べていると

なんと・・


DSC00464.JPG


Tくんのご両親がわざわざ挨拶に訪れてくれましたかわいい

市内とはいえ、遠いところに住んでいるのに・・嬉しすぎる。

パパとは8年ぶり、ママとは2年ぶりの再会です。

めちゃくちゃ明るいキャラのママトーク炸裂で

小さな部屋は爆笑の渦・・わーい(嬉しい顔)

23:40に突然Tくんが

「部屋の電気を全部消して!早く!」

と指令を出します。

なんだなんだ?と思ったら

「部屋を映画館にするんだー」と。

そうでした。ここドイツでは

『Dinner for One』という

イギリスのショートフィルム(モノクロ)

を大晦日に観るのが何故か伝統となっているのでした。

YouTubeで検索すると簡単に出てきますよー

イギリス映画なのでセリフも英語。

でもこれを観るイギリス人はひとりもいない。

なんでドイツ中のドイツ人がこれを大晦日の夜に観るの?

なんで毎年毎年同じものを繰り返すの?(そして毎回笑えるの?!)

・・・という問いに答えられるドイツ人を

わたしは未だに知りません。

KくんのPC(YouTube)から流れてくる

バカ殿みたいな(失礼)殆ど全く笑えない(失礼)

映像と観客の爆笑を前に、

ドイツ人のアタマの構造に首をひねったわたしでありました。

でもドイツ人はこれあっての大晦日なんでしょうね。

静まり返った室内には時折笑いが起こり(わたしは覚めてましたが・・)

エンドロールが終わると、時刻はちょうど24:00.

「バルコニーに出るよ!」とコートを渡されたわたし。


え?えぇ〜〜〜?!


マジですか? 外気温零下だよ?

しかもみんなしてパパもママもバルコニーに出てくるし。

しかもそこにシャンパンが注がれたグラスが運ばれてくるしあせあせ(飛び散る汗)

戸惑っている間などなく、あちこちから花火が上がり始めました夜

ドイツ人一世帯平均1万円かける打ち上げ花火と爆竹。

プロも顔負けな本格的花火が絶え間なく

どっかんどっかん夜空を賑わします。

教会からは鐘の音がゴーンゴーンとこれまた絶え間なく響き渡り、

その喧噪の中、

「Ein gutes neues Jahr!」(新年おめでとう!)

と乾杯バー

・・どうでもいいけど、さ、さむいよ霧

バルコニーで歓談を続ける皆を置いて、らすズ は

そそくさと室内の暖房にひっついてしまいました・・。

情緒もくそも(失礼)ありません。

ごめんなさいKYな日本人でたらーっ(汗)

花火がようやく落ち着いた午前1時すぎ。

Kくんが(これまた朝から)作ってくれていたデザート

「バイエルンワイン入りサワークリームケーキ」(美味!!)

を皆でいただき、やっと手足の感覚が戻ってくると

パパとママが「トラムがなくなるからもう帰りましょ。

途中まで一緒よ」
と声をかけてくれました。

そして酔っ払いだらけのトラムに乗ること20分。

またの再会を固く約束してパパママとお別れ。

ホテルに戻り、冷え切った体を温めて一息つくと

もう3:00をまわってました・・。

あ!それじゃあ余裕でメルさんチェックできるねexclamation


<大谷さんメール(1月1日 朝)>


明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

8時10分よりシッティングを開始させて頂きました。

新年の挨拶をしようとメルちゃんのケージを覗いてみますと、

メルちゃんはすっかり目を覚ましていて、

扉のかじり木に掴まり元気一杯にご挨拶をしてくれました。

毎年、元旦をメルちゃんと過ごさせて頂き光栄です。

【食事】

今朝も食欲はとっても旺盛です。

ペレットを完食し、かれこれ30分以上

オーツヘイに夢中になっています。

ケージに戻りましたのでご馳走さまかと思いきや、

お水のがぶ飲み…

お顔を洗い始めましたが、終わるとやはりオーツヘイ…

昨晩のお水は45ccのお残しでした。

【排泄】

うんちは小振りなものも出ていますが、

ふんわり良いうんちが出ています。

おしっこはトイレで出来ています。

それではまた夜にお伺いさせて頂きます。



0101morgen_1.jpg


0101morgen_2.jpg


0101morgen_3.jpg


0101morgen_4.jpg


(大谷さん撮影)


メルさんの異常な食欲に、さすがの大谷さんもたじたじ・・ですな。

メルさん、大谷さんは繁忙期なんだから

帰っていただくタイミングくらい

見計らってあげてくださいよぉーウサギ

睡魔が頂点に達し、逆に覚醒してきてしまったわたしは

ここで大谷さんにレスポンス mail to

日本は今、元日のお昼前。

<大谷さんへのメール>

大谷さま

こちらも明けました。

あらためまして、今年もよろしくお願いします。

食欲旺盛レポが本当に毎回嬉しく、

夜中でも一度起きてリアルタイムで見てしまいます。

ナデナデ拒否疑惑を心配していたので、

その後良い方向に展開してくれたようでほっとしています。

では、引き続き宜しくお願いします。



そんなこんなでベッドにもぐったのは

朝4:00... 眠い(睡眠)晴れ

明日(というか既に今日)は

ルーカスとのランチ(Sっち夫妻も一緒!)があるんだから

ちょっとは体を休めておかないといけませぬ ダッシュ(走り出すさま)










      

ニックネーム らぼすたっふ at 21:18| Comment(0) | らすズの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。