2014年11月23日

アゴ下の毛が濡れちゃうの&カメラ世代交代



昨日遭遇したへんなもの。


141123_1.jpg


@ブクロの白獅子ホテル(のトイレ)

とんちですか? あわてないあわてない


えーと。

まずはタイトルのお詫び。絶対いるから先に謝ってしまおう。

「濡れちゃう」とかで検索引っかかって

迷い込んでいらした方々、ごめんなさいあせあせ(飛び散る汗)

・・・で。本題なのだ。


141123_6.jpg


11月9日のエントリ
にも書いたけど、メルさんの

アゴ下の毛が濡れているのが気になってたまらない。

平日だと、ごはんタイムにはもう乾いているので

こちらもあまり気にならないのだけど、

サイフォンドリンカーに長らく口(&首)を突っ込んで

お水をたっぷり飲んでから暫くは消えない

この「びちゃびちゃ画」が視界に入る休日は

(本人全然気にしていないのに)

「なんとかしてあげないと...」って勝手に焦ってしまう。

でもどうしてもまだ給水ボトルに戻す勇気が

わたしの中に湧き起こってこない。

メルさんが首(アタマ)を上げて給水ボトルから

離れない時間は他の子よりずっと長く、

3分ぐらいずーっとアタマを右へ左へとたびたび揺らしながら

ボトルのボールを舌で転がしつつお水をゴクゴク。

その不自然な体勢が閾値を超えたとき、

斜頸を誘発してしまうのでは、とこれまた勝手な仮説を立てているわたし。

だってね。今年4月の斜頸再発時にはまさに

普通に上を向いていつものようにお水をガブ飲みしていたら

ふっとメルさんの意識が遠のくような状態になって

途端に元気がなくなって、ふらふらとケージ奥に

引っ込んでしまったように記憶しているんだもの。

あのときの映像がいまだに脳裏に甦るうちは

やっぱり給水ボトルは恐怖。ダメ。

アゴ下が濡れているのは病気じゃないから

仕方ないか...と自分に言い聞かせつつ、

気持ちが落ち着かないのであります。

ほんと自分勝手だなあ。完璧を求めすぎるのはやめよう。

*****

前エントリで紹介した

スシのアドヴェントカレンダー。

早くもドイツに届いたようで

今朝起きたらFBのメッセージが届いていました。


141123_7.jpg


「すごいアイデアだ」と絶賛わーい(嬉しい顔)

うん、わたしもそう思う。

空港でもお土産売り場に置くべきよかわいい

*****

昨日は地元ブクロを色々と散策。

ビックカメラを覗いたらコンデジの良さげなものがあったので

らす´ との意見一致により即買い。


141123_2.jpg


ニコンのCOOLPIX(下)からソニーのCyber-shot(上)へ。

とにかく軽くて反応が速くて今より明るく撮れるもの!

というこちらの要求を満たしてくれるものがこの子でした。

カラーはいつもの如くイロモノ。

旅先のレストランやカフェでいつも忘れそうになるから

目立つ色じゃないとダメなのだあせあせ(飛び散る汗)

そしてこのCyber-shotちゃん、なんと

141123_3.jpg

NFC通信機能とWi-Fi機能も標準装備していたexclamation×2

「N」マークにスマホをかざすだけで画像がコピーされるというもの。

おサイフケータイじゃない人はWi-Fi機能を使えばいいだけ。

ってことは。

ってことはですよ。

先月買ったばかりの「Flash Air」はもうお役御免ってこと?!あせあせ(飛び散る汗)

・・・と、ビックのおにーさんに訊いたら

「まあ、そうですねえ」

とのご回答バッド(下向き矢印)

おまけに、「Flash Airの場合は、電源入れている間はずっと

Wi-Fi電波飛ばしてるんで、その分電池の減りも速いんですよ」

と追い打ちかけられる始末でバッド(下向き矢印)

ありゃまー、そうなのですかふらふら

旅には持っていかないようにしよう...

気を取り直して。

新しいカメラで早速メルさんを激写ウサギ


141123_4.jpg


「プレミアムおまかせオート」にしたら結構明るい写真が撮れました。

今までは夜に撮った写真はかなり暗めになってしまって

画像ソフトでカラーバランス修正が必要だったのだけど


141123_5.jpg


これは何もいじっていなくてこの明るさ。

うん、いいんじゃない?

スマホをかざせばすぐにコピーできるし(この機能、超便利!)

コンデジばんざい〜なメカオンチです。















ニックネーム らぼすたっふ at 13:15| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする