2014年11月09日

インターナショナルウィークエンド&アゴ下濡れ


今週末もアクティヴでした。アメニモマケズ ズツウニモマケズ...雨

まずは昨日土曜。

2週連続で六本木はミッドタウンへ。

フィンエアー主催の「FINNAIR LOVES AURORA」 を愉しむためです!


141108_2.JPG


先週のドイツフェスティバルの失敗があるので

オープン(11:00)には現地に到着するように、と

早くにラボを出たはずなのに・・・


141108_4.JPG


オーロラ体験ブースはもう40分待ちの長蛇の列どんっ(衝撃)


これからどんどん人が増えてくるのですから

ここで並んでおかないと...!と

頑張って並びました。

上映時間は5分と短かったけれど

スクリーンが3層になっていたり

現地さながらのデッキチェアに寝そべって観られたり

数々の工夫によって、今まで冬シーズンにはあまり関心がなかったけれど

ホンモノのオーロラを観たい!

という気分を高めてくれました。


141108_3.JPG


上映されたオーロラフィルム。

フラッシュオフならいくらでも写真撮っていいですよー、との

ことだったので、皆さん最初から動画に収めてましたねあせあせ(飛び散る汗)


会場には他にも色々な体験コーナーがあって

自分の名前(漢字)をフィンランド語に変換してくれるものもあり

(これだけだったらここでもやってくれる)

それをバッヂに加工してくれるのです。無料サービス¥るんるん


141108_8.JPG


これは らす´ のなまえ。

ケロちゃんなんてかわいいじゃん。


141108_9.JPG


これはわたしのなまえ。

苗字が同じなのにどうして違ってるんですか?

とスタッフさんに訊いたところ

『文脈など全体から考えるので違いが生まれるんです』

との(やや苦し紛れな)ご回答。

どうもこのジェネレータ、同じ漢字を置き換えてるんじゃなくて

ただランダムに働いている模様...。

中には、どう読んでも『ウンチ クッタシ』としか読めない方もいて

納得いかないご様子で(そりゃそうだろ)

二周目に並んでいらっしゃいましたよダッシュ(走り出すさま)


あとは、

141108_5.JPG


自分のキメてる斜め45度の顔とオーロラを加工してくれる

すばらしいポラロイド隊のテントがあって

わたしも らす´ も幻想的な遺影ができたと

手を取り合って喜びました。(違)


そんでもって、一番のお楽しみ

「FINNAIR KITCHEN」。

141108_6.JPG

(リンゴベリーというのはリンゴンベリーの誤りね)

会場に行くまで、絶対有料だと決めつけていたわたしは

『全品無料提供』の文字に嬉し涙が止まりませんでした。


141108_7.JPG

バイキングラインの中で食べたカレリアパイ、

フィンエアー機内で食べたミートボール、

そしてファッツェルのチョコレートに東京で再会できるとは!

更にFBからDLしたクーポンを見せたら

「オーロラ」なるカクテルまでサービスしてくれました。

ホットワインとカクテル(甘いけどやられる系...)で

すっかり酔っ払いです。

フィンエアーさん、太っ腹!

また絶対乗りますから!キートス!!

さて、かなりの間寒いところにいたので

気づくと手の感覚がありません 霧

急遽ミッドタウンに入ってるベーカリー「浅野屋」にて


141108_10.JPG


スープセットをオーダー。

やっと体の芯が温まってきました。

(それでスイッチ切れちゃったのか、しばしわたしは

爆睡してしまうのでした...昼の六本木でなんとみっともないどんっ(衝撃) カクテルが効いたなーーーうぅぅ)


起きたらお腹が空いていたので(ぉぃ)

今度はガレリアの3Fまで上がり


141108_11.JPG


IDEE SHOP PARCのカフェでワッフルプレートをもぐもぐ。

この吹き抜けテラス席から、ちょうど

フィンエアーのイベント会場が見下ろせるんですよ。

(やっぱりオーロラブースは2時間待ちになってた...すごい人・人・人)

フィンエアーのCAさんというと、わたしたちはいつも

男性に当たるのだけど、この日のイベントお当番の方は

見目麗しい女性でした。(あたりまえか)

寒空の下、薄手のユニフォームで頑張っていらっしゃいました。

ほんとにほんとに素晴らしいイベントをありがとうございましたかわいい

*****
そして翌日、つまり今日。

昨日がフィンランドなら今日はドイツ。

めちゃくちゃ久しぶりに欧日協会ドイツ語ゼミナールさんに

行きました。


141108_12.JPG


わたしがちょこっと通っていたのは移転前だったので

このビルに来るのは初めてですが、

旧姓を告げたら「1994年春期にお名前がありました!」って。

す、すごいデータベース...あせあせ(飛び散る汗)本人すら忘れてたのに。

で、今日はなんのために行ったかというと。


141108_13.JPG


吉川美奈子先生の日曜セミナーに参加するため。

東ドイツの映画史を中心に、戦後ドイツの歴史を勉強しながら

現在のドイツ映画事情までたっぷりトークいただけちゃうというもの。

ドイツ史で意外に知らないことも多く(たとえば東西の国旗が

最初の10年間は全く同じだったとか)

非常に面白かったです。

吉川先生はドイツ映画の翻訳をされていて、

わたしが最近観た映画(2013年1月30日エントリに記録がありますね)

『東ベルリンから来た女』の翻訳も担当されています。

映画翻訳家ってどんな方かなあとちょっと萎縮していたのですが

本当に気さくで面白くて話題が豊富でお話上手で

コトバの選び方が速くて且つしなやかで(このへん、さすが!)

すっかり魅了されてしまいました。

ただ、参加者の方々(十名余)が、わたしを除いて

非常に映画やドイツに造詣が深くていらして

思わぬところで向学心に火が点いた感じです。

もっとアンテナ張って、貪欲に情報吸収していかなくては・・。

せっかく(?)ドイツの知人友人の殆どが

旧東なんですもんね。もっとドイツ語頑張って

彼らと深いコミュニケートをしていきたいです。

セミナーでは、ドイツのクッキーやシュトレンなどもいただけて

とても充実した時間でございました。

また機会があったら参加させていただきたいです。

久しぶりに大学生気分を思い出しましたよるんるん

*****

さて、主役のメルさんは・・。

この週末、アゴ下の濡れ方がひどいですどんっ(衝撃)

はじめは、あの原因不明症状の再来かと思って落ち込んでしまいましたが、

よくよく見てみると、「アゴの下」しか濡れていない。

口元は大丈夫なんです。

つまり。

サオフォンドリンカーから水を飲む際、

ドリンカーに顔を突っ込みすぎるんですねあせあせ(飛び散る汗)

おまけに、普通の子の何倍も一気に飲むものだから

アゴ下の毛がどんどん水に浸されてゆき、びちゃびちゃに顔(え〜ん)


141108_14.JPG


この角度からは目立ちませんけど、両側ともかなり濡れています。

メルさん、タオルやハンカチでアゴを拭かれるのが嫌いなので

仕方なく、わたしが正座して

膝の上にアゴを載せさせ、濡れた毛を広げて

わたしのパンツで水分を拭う という

ちょっと変態入った対処法に...(汗)


141108_15.JPG


少しは乾いてきたかなあ?


141108_16.JPG


うん、そうなんだけどね・・

乾いても、結局また濡れるのよね・・。

はぁ・・メルさんの水飲みにはいつも悩まされます。

量も方法も。

ここでまた給水ボトルに戻すのは怖いしなぁ...。

(斜頸誘発要因のひとつだとわたしは疑っているのです。)

ま、ヘンな症状でも病気でもないのだから

暫くはこのままでいきますか、ね。










        

ニックネーム らぼすたっふ at 15:52| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする