2014年10月28日

メルさんの快調がいちばん


2か月ほど前に少し連続して見られた「粘土質のウンチ」や

ポタ汁(あまり状態のよろしくない盲腸糞を食べる際に

出てしまう茶色い液体と推測)」が

この2か月間は全くありません!

ウンチの質も形も大きさも非常に良い状態で

毎日頬ずりして「いいウンチですね〜揺れるハート」と

池上さんばりにメルさんに語りかけているわたしです。


141028_2.JPG

メルさんも得意顔 ウサギ


ペレットとチモシーを平らげたかと思ったら

今度はサークルに出てきて


141028_1.JPG


際限なくオーツヘイを食べます。

メルさんが食べていない姿を見ないことの方が珍しいくらい。

あらら、メルさん。食す後ろ姿がおもしろくてよ顔(イヒヒ)


141028_3.JPG


背中に寝グセ?

なんか、そこから隠れファスナーでも出てきそうな

不自然な盛り上がり方ですねー(長音記号1)


141028_4.JPG


はいはい、ごめんなさいあせあせ(飛び散る汗)

*****

メルさんの絶好調に比して、わたしはここのところ

不眠と頭痛に見舞われる日々。

くたくたに疲れてるのに、交感神経と副交感神経のスイッチングが

全然上手くいかないのって一体なんででしょうね・・。

というわけで、眠剤と強めの頭痛薬のお世話になりっぱなしですが

まあ、途切れ途切れでも4hの睡眠時間を確保できていれば

仕事も趣味も頑張れるでしょ。それが長年の結論。

それに最近のわたしの自然な思考の軸として

『自分の苦痛がプラスになると、メルさんのそれがマイナスになる』

という勝手な法則が存在するので、自分が不調でも

「あ、メルさんの健康状態はUPしてるんだな」

と考えることができて、受容の姿勢になれるのです。

メルさん(うさぎさん)って不思議ですね。

ドクターですら為し得ない技を以って、こうして自然に

ヒトの心の中に太い精神の軸を打ち立てちゃうんですから。

*****
睡眠欲が物欲にシフトしているだけなんでしょうか。

先週末、ふらふらっと訪れた西武で

ダブスタの新作コートを買ってしまいましたどんっ(衝撃)

ああ、年甲斐もなく・・恥ずかしい。

でも一目惚れだったんですもの。

まだ出てもいない冬ボーナスを使い切った感じです(汗)

そして周回遅れ(1年遅れ)で

「え!もしかしてもう出てたの?!」

と慌てて買った


141028_5.JPG


天上の虹 22巻」。(と、隣に並んでたので思わず手が出た長屋王残照記)

最近は隔年刊行だったんでうっかりしてましたダッシュ(走り出すさま)

これ、中学時代から(mimi連載時代)ずっと読んでるマンガなんです。

当時はまさかそのマンガが30年経っても完結しないなんて

思ってもみませんでしたけど。

(「ガラスの仮面」も同じだよね。)

日本史大嫌いなこのわたしが、古代史だけは好きな理由はこのマンガ故のこと。

中学時代は「有間皇子さまー黒ハート」と夢中になり

高校時代は十市皇女と高市皇子の悲恋に涙し、

大人になってからは大友皇子の孤独な愛情に切なくなり、

そして今は、遣唐使の一人として選ばれた山上憶良くんの

初々しさにやられています。

とはいっても次巻(23巻)でついに完結なのですねexclamation×2

30年以上ほぼリアルタイムで読み続けたわたしとしては

あの小さかった讃良が崩御、というのは

まるで自分の人生を振り返るかのように

時間の流れとさまざまな出来事がこのマンガとシンクロしちゃいます。

上の画像にあった「長屋王残照記」は3巻だったので

安心して(?)買ったのですが

そのとき、「女帝の手記-孝謙・称徳天皇物語」というものも

刊行されていることが判りました。

書店に置いてなかったので

・・・ネット注文してしまいましたたらーっ(汗)

だって。だってだって。

4年前のドラマ「大仏開眼」

後の孝謙天皇となる阿倍内親王を演じた石原さとみちゃんが

ものすごくキュートだったんですもの...。

彼女のその後をマンガで見てみたいと思う気持ちは自然じゃないですか。

あぁ、届くのが楽しみです。

とりあえず、合唱関係のもの以外に

この「天上の虹」全巻は墓に入れてくれ、と言ってありますので

よろしくねわーい(嬉しい顔)( ← ?)


※「天上の虹」インデックス的サイト様 右 「やまと、真秀ろば」











       

ニックネーム らぼすたっふ at 11:48| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする