2014年10月21日

リンゴ(秋映え)たべるよ〜&実体のないものの恐怖


2日前の日曜日は歓喜で始まりました。

だって。


141021_1.JPG


大好きなヘリング(ニシン酢漬け)が半額ーーーっexclamation×2揺れるハート

買い占めてしまいましたよ。うきゃきゃわーい(嬉しい顔)


そして昨日、歓喜ウィークかと思いきや、見事期待は打ち砕かれました。

なぜって。

初めてスマホを買った2年前、清水の舞台からえいやっと飛び降りて

独和辞典アプリを購入したんです、わたし。

Android端末の場合、Google Playが販売窓口ですからそこでぽちっと。

6000円はいたいけど、これから機種変しても使えるし

Google Playで購入したアプリはアカウントに紐付けされているから

例えば今後タブレットを買ったとして、

そのタブレットにもインストールできるし。

そう考えたらお得だよね、と思ってのぽちっとでした。

そして今年3月、2代目スマホに機種変したので

Google Playのマイアプリからその独和辞典をDL&インストール。

うん、問題なし。こうやって代々スマホに引き継がれていくのね。

そしてそして。今月のこと。

PCの起動は日に日に遅くなるし、スマホだと操作が面倒なことも多く、

欲しいタブレットがあったので購入。もちろんOSはAndroid。

さ、ここにも早速独和辞典アプリ入れましょ。

そう思ってGoogle PlayのマイアプリからDL&インストール。

・・ん?・・・んんん??

辞書アプリを起動させてもうんともすんとも言わないじゃないの。

よくよく見てみると、外枠(辞書アプリのアイコンとか)だけ

落ちてきていて、肝心の辞書が入ってないどんっ(衝撃)

コンサイスとクラウンの2冊分入っているはずなのに!

何度やってみてもダメ。

こうなりゃGoogle PlayにTELするしかないよね。

・・担当者さんは丁寧なご対応でございました。

しかし衝撃の事実が告げられました。

『この辞書アプリの開発元(会社)が今年3月いっぱいで廃業しています』

なーにー?!どんっ(衝撃)

それでGoogle Playの現行のアプリリストには

表示されていなかったのか。どうりでヘンだと思ったよ。

こうなってしまったら、開発元に連絡が取れず、

廃業したから辞書機能がDLできないかどうかの真相は

闇に葬られるそうな。

えーーーーーっ!

タブレットで辞書使えなかったら意味ないじゃんふらふら

転んでもタダでは起きないこのわたし。

(機種変がギリギリのタイミングだった)2代目スマホくんの中には

辞書2冊分入っているはず。

PCにスマホをつないでdicファイルを探すと・・

あったあった!2つ辞書が出てきたー!

他にも設定ファイルとかいろいろ同じフォルダに入っていたので

フォルダごとPCにコピー。

そして今度はPCとタブレットをつないで

フォルダコピー。

んでもって緊張の中、タブレットの辞書アプリ起動。

・・辞書2つ出てきたexclamation


よかったーーー。命拾い。6000円拾い(?)。

スマホ機種変があと数日遅かったら

Google PlayからアプリがDLできなかったかもしれません。

いやはや・・実体のないものって怖いですな・・。

っていうか、販売窓口って、売り切り商売なんですな・・。

開発元がつぶれちゃったらもう責任は発生しないなんて

勉強になりました。

皆さんが使ってる有料アプリ、大丈夫ですか?

(と脅してみる 顔(チラッ)

アナログ時代は、CDとか本とか、手で触れる実体として存在したものが

今はデータですもん。何かの拍子で一気にゼロになる怖さを

毎日背負って生きているのですね、今の時代。

*****

アナログな手触りのあたたかさと大切さを

日々教えてくれるメルさんのありがたさよ・・。

そんなメルさん、安曇野土産のリンゴを爆食です。













      

ニックネーム らぼすたっふ at 17:36| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする