2012年12月23日

上から目線

クリスマスという

俗世から離れる貴重で大きなイベントの季節に

こんなエントリUPごめんなさい。

ご気分を害されたくない方はこの先はお読みにならぬよう

お願いします。



今更なのですが(本当に今更・・・)

あらためてうさフェスやヘイフェスに係る皆様のブログエントリを

月遅れで拝読しています。

検索HIT先を見れば見るほどに感じたこと。

『セキュリティ意識が低い方が多い!』


皆様、概して顔写真には注意を払われているのですが

意外にも盲点なのが会場で交わされる「名刺」です。

名刺にご自身の本名(その他住所・電話番号・ケータイアドレス等々)

入れている方、多々いらっしゃいますよね?

それは 後で「年賀状出したいから住所教えてー」云々

二度手間を省くための、相手を思いやった手段なのかもしれません。


しかし!


その名刺をそのまま目隠しもモザイク加工もなく

ブログに掲載される方もまた多い、という事実を

今一度ご認識ください。


名刺写真を加工せずに載せる方も、

うっかり、だと思うのです。そう、「うっかり」。

または「画像が小さいから文字は判別できないだろう」

というご判断の下、そうされているのかもしれません。


でも、ブログのデフォルト設定等で

小さい画像でもその画像をクリックすれば

サイズが大きくなるブログもありますし

サイズ拡大を目的としたソフトもあります。


モニタいっぱいに映し出されたあなたの本名や住所が

全世界に発信されているというリスクに

今一度意識を向けてください。


掲載する側にも問題はあります。

けれど、名刺を他者に渡した瞬間から

当該リスクは名刺作成者が負うのです。

極論ですが

「このまま何も加工しないでブログにUPしていいですよ」

という許諾も添えて名刺を渡していることになるのです。


今のデジタル社会はものすごい。

それは皆様既にご承知のこと。

検索ウィンドウにあなたの住所が打ち込まれれば

瞬時にあなたの住むアパートなりマンションなりが

モニタに現れるのです。

あなたの携帯アドレスが、まわりまわって

迷惑メール業者の手に行き着く可能性もあるのです。


「そんなことは百も承知でわたしは自分のプロフィールを

全て名刺に印刷しているのよ」

という方、本当に上から目線の鬱陶しいお節介なエントリで

ごめんなさい。

最近諸々の理由から、人間を性善説ではなく性悪説から

見るようになっているので

余計に猜疑心が強くなっているのかもしれません。

・・・が、今のデジタル時代はこのくらいの意識で臨まないと

空き巣を企む輩に要らぬ判断材料を与えてしまいかねません。

詐欺をはたらく狼藉者においしい情報を流してしまいかねません。

ネットの波に載った瞬間から、日本人だけでなく

世界中の誰もの眼に晒されるのだということを

どうかどうかお忘れなく。


過ぎた老婆心かとも思いますが

何か引っ掛かることがあると看過できない厄介なタチなのです。

聖夜前の愚行、どうぞお赦しを。





ニックネーム らぼすたっふ at 00:30| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする