2012年01月08日

ドイツ弾丸トラベラー記 Nr.5

一番の目玉であるジルベスターコンサが終わり
あとは新年を迎えるばかり。

Lくんのおうち(日本では家族4人が暮らせるような
一人暮らし用マンション)で一緒にごはん食べよう、
ということになっていたので

ここは らす´ の唯一(?)の腕の見せ所、

年越し蕎麦

を作ることに。
材料は(ザルやお椀も)全て日本から持っていきましたとも。


蕎麦だけじゃ物足りないので
(かといって海老天を持っていくことはできず)
Lくんに事前に

DSCN5503.jpg

パプリカと


DSCN5504.jpg

牛肉を用意しておいてもらい
らす´ が炒め物を作りました。


DSCN5506.jpg


ラボで見慣れている姿なのだけど
キッチンがラボの2倍あるのでヘンな感覚。


DSCN5509.jpg

ね、広いでしょ。
(ウチが狭いだけってウワサも・・・)


お蕎麦もできあがって


DSCN5510.jpg


いっただっきま〜すわーい(嬉しい顔)


「デザートにこれ食べてくれたら嬉しいな」

と、Lくん手作りのアツアツ焼きりんごが出てきました。


DSCN5514.jpg

芯がきれいにくりぬかれて、マジパンが詰められています。

(そこに濁りのないりんごジュースをかけて
オーブンで焼くのだそう。

L:「超カンタンでしょ」 ら:「・・・」


*****

食事の間、Lくんがずっとバロック音楽CDを
流してくれていたのだけど、
そして窓も閉められていたのだけど、


バン!ババン!

ヒュー!

パン!パンパン!どんっ(衝撃)



外がうるさいうるさい爆弾


なぜって、こちらの人たちは花火&爆竹で
新年を迎えるから。

一年のうち、たった3日だけ(12/30,12/31,1/1)
花火をすることが許されているこちらの人たちは
花火に命かけてるから。


ちなみにスーパーではこんな感じに売られています。

DSCN5449.jpg


Lくんによると一人当たり50ユーロ
花火のために出費するそう。
すげーな、その意気込み・・・


DSCN5447.jpg

『大晦日花火-爆竹並みのびっくりお値段で-』


夜22:00を過ぎるとその騒音新年への
意気込みは狂ったようにすごいことになり、
あちこちでドンパン、間断なく上げられます。


我々もLくんの友達チームに交ぜてもらい
一緒に狂う祝うことになりました。


用意した花火はこれ。

DSCN5518.jpg

花火というか、爆竹とかんしゃく玉がメインですね。

「大きな音を出せば出すほど、
邪念が追い払われるんだよ」


とLくん。

いやー、ところ変われば・・・ですな。


Lくんの友達チームと近くの運河沿いで合流。

シャンパンと紙コップが用意され、
カウントダウンが始まります。

時計を見ながら 「3,2,1・・・ Prosit Neujahr!


DSCN5527.jpg

花火


DSCN5534.jpg

花火


DSCN5528.jpg

花火

DSCN5535.jpg

花火

DSCN5543.jpg

ロケット花火のセットに向かうLくん


なんていうんでしょうか、
美しさや長さを追求するというより

とにかくうるさくあれ!


という花火&爆竹群です。

かんしゃく玉の投げ合いなんかもしながら(コドモか!)
ドイツ式新年の幕開けを楽しみました。


ホテルに戻ると時刻は02:00.日本時間10:00.

よし!メルさんの報告メールがきてるぞパソコン


<大木さんの報告メールより>

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

今朝もメルちゃんは元気に
ごはんをモリモリ食べています。

昨晩のチモシーもフィーダーは空っぽでした。
ペレットを食べたあと、チモシーを食べています。
お水も全部飲んでいました。

おしっこ、うんちも問題なく体調は良好です。


2012-01-01 07.45.jpg
(※大木さん撮影)


よかった、メルさん年越し頑張ったね。
偉いね。ちゃんとできてるんだね。


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 10:00| らすズの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする