2011年11月03日

3年ぶりの再会 mit お互いのダンナs

アルプスに住む Sちゃん は11年来の旧友。

4年前にオーストリーに生活基盤を移してしまい
その1年後に新宿でお茶してからは
メールだけの文字ベースコンタクトになっていました。

そりゃそーだ。滅多に帰国できないもんね。

そのSちゃん(2年前に結婚ハートたち(複数ハート))が
ダンナさまを連れて1ヶ月の長期一時帰国exclamation


ダンナさまは生粋のオーストリー人。
初めて会うワタクシ、もうドキドキ。

何がドキドキかって・・・


ドイツ語がすぐに出てくるかどうかたらーっ(汗)


ドイツ語メールは頻繁に書いているけど、
それって日本語文章をアタマで一度翻訳して
尚且つアタマの中の文法と照らし合わせて
組み立てていくもの。

会話となるとそうはいかない。
間を空けずに直感的に口からコトバを発さないと
せっかくの盛り上がりが台無しになるし
重たい空気を呼んでしまう。


っちゅうことで、人称変化や格変化、副文中の定型後置や
複数形変換等々への注意を一切抜きにして

再会の会のはじまりはじまり〜〜〜Clap


昨晩の待ち合わせは銀座のGUCCIカフェ。

今まで らす´ とは何度も来たけれど
真ん中の4人用ローテーブル席とは
ずっと無縁で(2人だもん、当たり前)
密かに憧れていたのでした。


そこに初めてっexclamation×2


111102_ginza_1.jpg


陣取ることができましたーわーい(嬉しい顔)

それにしてもなんちゅー構図の写真なの


そこで自己紹介やらお土産交換やら
テンションあげ〜グッド(上向き矢印)ないいカンジの雰囲気をゲットGood


心配してたドイツ語もどんどん喋り続けてれば
なんてことない、平気平気Good
オーストリー方言じゃなくて標準ドイツ語を
しっかり喋ってくれてありがとう、Sちゃんのダンナさまるんるん


さてさて、そろそろ本題(?)のうさぎネタ。

今年のイースターに『うさぎまみれセット』を贈ってくれたSちゃんのこと、
今回も新しいうさぎさんと一緒に
日本に来たのかな〜と卑しいことを考えていたら・・・


BINGO exclamation×2


111102_ginza_3.jpg


こーんなにうさぎグッズがーぴかぴか(新しい)


ワタクシが過去エントリ
取り上げていた

『Halt die Ohren steif!(元気出せよ!)』

の本も現地文房具屋さんで入手してくれたとのこと。


111102_ginza_4.jpg


まだまだありますよ。

メルさんを意識したというシルバーのネックレス。

語呂遊び的な『Heisser Hase(ホットうさぎ)』の絵はがき。
湯たんぽにのっかってるの〜ウサギ


それにワタクシの大好きなRitterチョコの
冬バージョンのものまで付けてくれましたプレゼント

嬉しい嬉しい嬉しいよぉ〜揺れるハート

全部ひとりじめ食いするぜ〜


GUCCIカフェを後に、我々が向かった先は

「ふぐ」屋魚


フツーは外国人相手にタブーと言われているフグ。
(ドラマなんかでもよく見ますよね、
もんのすごい勇気を振り絞ってふぐ刺しに
挑んでいるヨーロッパ人とか ← 毒魚というイメージ強)


でもねでもね。

せっかく日本に来たんだし、
Sちゃんのダンナさまは日本食(生モノ)でも
臆さずどんどん挑戦するし、
そもそも日本食の大ファンだというし、
なんたって 魚ふぐ 魚はシーズンだし。


そんなわけで勝手にプランニングした らすズ、
Sちゃん夫妻にふぐまみれコースを
振る舞わせていただきました。


ちなみにドイツ語で ふぐ は「Kugelfisch(球魚)」
生簀のふぐは丸くないじゃんー、とツッコまれましたが
「怒ると丸くなるんだよ」といういいかげんな回答をする らすズダッシュ(走り出すさま)



...え?

感触はどうだったかって?


気に入りすぎて、ふぐ鍋用ポン酢を
飲み干すぐらいの ハートたち(複数ハート)ふぐLOVEハートたち(複数ハート)のご様子を見せてくださいましたよ。

111102_ginza_2.jpg


らす´ の仕事とSちゃんのダンナさまのお仕事が
かな〜り深い関係にあるので(これまた偶然ですなぁ)
両者は8割方専門用語での技術的な弾丸トーク。

えぇ、もちろんワタクシとSちゃんには何がなんだか...

まず日本語自体がわからなくてもう
二人して苦笑しつつも最後には爆笑に顔(笑)


まるでお笑い会議室のような異質な空気の我々のテーブル、
「繁忙期なので2時間制でお願いします」
と言われていたのに、気づくと


4時間も経過してて終電間近じゃんっっっどんっ(衝撃)

ホントに充実しすぎてた時間でありました。
楽しい時間というのはなんとまあ速く過ぎ去るものでしょう。

また次の機会を早くも楽しみにしているよ。

...そうそう、そして早い夕食の後
ひとりぼっちで日付が変わるまでお留守番してくれてた
メルさん、おつかれさま&ありがとうウサギ



にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 11:19| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする