2011年10月27日

承認されたいお年頃

今まで何度かご紹介してきましたように
1分1秒を争うウィークデーの朝は
メルさんのサークルタイムはありませんバッド(下向き矢印)

メルさんをお迎えしたときから
このライフサイクルだったので
メルさんも既に了解済みGood
朝はごはんを召し上がった後は
ケージの中で のび〜 ウサギ

セコムセットする前の
『じゃあ行ってくるね。お留守番お願いね。』
の声掛けのときにはもう
眠い(睡眠)眠い(睡眠)  に入っちゃってるときすらあります。


そんなメルさんが、朝バタバタと落ち着かないむかっ(怒り)

らすズ もバタバタしながらメルさんに

「朝はケージの中でしょ。出られないって解ってるでしょ。」

と半ば強めのたたみかけ言葉を投げます。


それでもメルさん、落ち着かない。

111014_behaupten_1.jpg



立っちしたままこちらを凝視したり

ケージの中をうろうろしたり。

暫く放っておいても


111014_behaupten_2.jpg



こちら側にまわって らすズ に視線を投げたまま。


ん?

メルさん、どした?


そういえば、「ケージの外(サークル)に出たい」 サインの

ケージガジガジ が無い。

ただただケージの中で らすズ が自分の視線に気づくのを
ひたすら待っているような感じ。

メルさん、ケージから出たくて落ち着かないんじゃないのかー

・・・とすると・・・ひらめき


「メル、もしかして・・・」

ケージの中のトイレを覗くと、
もわもわと膨張中のウッドリター発見。
明らかに「今出ました」的なおしっこが
ウッドリターと融合している姿を確認。


メルさん、これを教えたかったのねーふらふら


サークルタイムにおしっこをするメルさんの雄姿は
夜 らすズ もかなりの頻度で目にするけれど

ケージ内トイレのおしっこは
殆どが日中の らすズ 留守時 のものなので
滅多にその「嬉しい現場」を
この目で押さえることができません。


メルさん、それを解っていて、

「今日は らす と らす´ が居るときに

ちゃんとケージの中のトイレで

おしっこできたよ。見てた?見てくれてた?」


とアピールしていたのです。


ごめーん、メルさん顔(え〜ん)

現場を見ていなかっただけでなく、
メルさんの主張キャッチが
こんなに遅くなってしまって
ホントにごめんなさい。


この後、電車を2本遅らせて、
その分メルさんを褒めちぎりながら
ナデナデしました。

メルさん、目を細めて嬉しそうわーい(嬉しい顔)

短いナデナデが終わったら
ケージの外へ出たがる素振りも見せず
メルさんの方からうさぽかマットの上に
のび〜っとなりましたウサギ

これがメルさんの「いってらっしゃい」


健気という単語はメルさんのために
あるんじゃなかろうか・・・

ぎゅうぎゅうの山手線の中で目がハートになりつつ
そうマジメに考えてしまうワタクシでありました。


マズローのいうところの
「人間の五段階欲求」に当てはめれば
4番目の「承認欲求」。


5_stufen.jpg



人間だけじゃなくてウサギにも
通用するのではないでしょうか、マズローさん。



にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 10:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする