2011年04月11日

メルさんのおしっこ事情〜その3〜

悲しいことにまだまだつづくよ おしっこ話。

「その後 おちりの具合はどーお?」

と心配してくださる方々へのご報告も兼ねての記録であります。


まずは 現在のお尻周辺をば。

110411_urin_1.jpg

これでも大きな方の左側タラコちん。
(右側は殆ど見えることが無い...)


タラコちん周辺〜後ろ足内側にかけて
ついこの前までは真っ赤な地肌がのぞいていましたが


110411_urin_2.jpg


地肌が隠れているのが判るでしょうか?

しかしこれで手放しには喜べませぬ。
なぜなら「100%乾燥している」状態ではなく
たまに(未だに)濡れていることがあるからです。

加えて、「メルさんの乾燥処(休憩処)」だった場所でも
粗相が増えていることが判りましたバッド(下向き矢印)

(ちゃんとトイレでも沢山できているのにねえー・・・ふらふら


そこで ラボスタッフズ は考えました。

皆さんからいただいたお知恵を試してみようと。

この週末、トライしてみたのは がじゅうさん が教えてくださった

『ペットシーツを入れた洗濯ネット』


がじゅうさんのお宅のまる君のために
獣医さんがくださったアイデアだそうです。

これを「メルさんの休憩処」に設置。


110411_urin_3.jpg

ホリホリしたりかじったりすることなく
ぴょこんと洗濯ネットにのり
速攻寛ぐメルさんのお姿。

久しぶりに
木製ハウス(のぼったり降りたりするのがメルさんお好きなんです)
ケージに入れて一晩様子見。


明けて次の日。

洗濯ネットの中のペットシーツが「もう限界!」
と声をあげるくらいの吸水力を発揮して
メルさんのおしっこをたんまりと含んでおりました。

そして洗濯ネットは・・・

やはりそこまで大量のおしっこを含んだペットシーツと
密着しているわけですから、
さすがにカラカラのサラサラとはいきません。
触るとちょっと湿っぽいです。

しかしexclamation

直接、おしっこがびちゃびちゃに付いたままの
プラすのこ(プラ床)の上に居るよりは
ずっと「体毛への浸透量」は抑えられているように感じられます。

「その場でウンチをしちゃったら、下に落ちないから
不衛生じゃないの?」


などという懸念も別視点から色々出てはきますが

とにかく今は色々試行錯誤してみること。

メルさんには(環境をコロコロ変えて)申し訳ないけど
メルさんの懐の深さと高い順応性に甘えて
ここはひとつ(いや、ふたつ・・・みっつ・・・)試させてもらいますひらめき

トイレが1つだとウッドリターがもわもわを超えて
液状化してしまうほどになることが判ったので
木製ハウスは一晩でまた撤去、三角トイレ復活たらーっ(汗)

110411_urin_4.jpg


110411_urin_5.jpg


メルさん、ごめん顔(え〜ん)


メルさん。

噛む・ひっかく・足ダン・スプレー・マウンティング・・・

そういう「一般的なうさぎ性」を
いまだかつて一切見せないメルさんには
ほんと脱帽だよ。

頭が痛いなーと暗い顔をしていれば
すぐにかけつけて痛いところをペロペロなめてくれる
そのアンテナの敏感さと的確な処方には
ほんと感謝しているよ。

トイレでちゃーんとおしっこを何度もしている姿、
しっかり見ているよ。
偉いね。すごいね。

でもね、
メルさんは 意識しないおしっこ の回数が多いみたい。
ほかのうさぎさんよりも少しおしっこが多いみたい。

だから「メルさんの不快感を少しでも減らせそう」と
思えたこと、試させてね。


・・・とかなんとか らすズ が感傷に浸っているうちにも
メルさんは「洗濯ネット」に馴染んで
しきりに気になる部分(足の内側)をペロペロしてました。

110411_urin_6.jpg

がじゅうさん、アドバイスありがとうーハートたち(複数ハート)

もしかしたら(昼間に管理・監視できないこともあって)
やめてしまうかもしれないけど、
今のところは「有効っ!」と判断しています。

メルさんを具に観察しながら、これからも
いろんな道を探っていきたいです。


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 12:02| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする