2011年03月12日

riesiges Erdbeben(大地震)

とりあえず今さっき
離れて暮らす両親(千葉・九十九里)と
弟(茨城)の無事が確認できたので
PCに向かえています。

しかし依然として両方とも断水・停電・大津波警報は
続いており、二次災害も含めてまだまだ心配です。
水や食料についても今後どうなるのかさっぱり。

情報がまったく無いので、こちら(TV・ネット)
で入手した情報を辛うじてつながる電話を通じて
回付しています。


ニュースで、わたしの生まれ育った故郷が
津波で水浸しになり商店街もめちゃめちゃになり
人が少なくとも5人亡くなっている、と
今ヘリが上空から報道しています・・・悲しい。


話を昨日に遡らせます。

地震発生当時、職場(渋谷)で仕事中だったわたし。
らす´ も東京ど真ん中で仕事中。

もちろんメルさんはいつものとおり一人お留守番。

このときほどwebカメラを設置していなかったことを
後悔したことはありません。

らす´ がすぐに職場にくれたTELでお互い

『メルはだいじょうぶだろうか』

そればっかり。

弊ラボは旧いとはいえバブル絶頂期の建物なので
構造や素材は頑丈。それなりに安心感はありました。

でもウサギさんは概してデリケートで、ほんのちょっとの
環境変化でもショックで亡くなってしまう。

そのことが頭から離れません。

メル、メル、メル。
ひとりでどうしてるの。
突然揺れてびっくりしていることでしょう。

メル、メル、メル


そうこころの中で叫びながら家路に着くも
東京の交通網は全て麻痺。

渋谷駅に行くと、いかに大変なことになっているかが
徐々に判ってきました。

東口ターミナルから出るバスを待つ行列が
歩道橋に続き、歩道橋からも人が溢れ
西口まで到達しています。

同様に、西口ターミナル発のバス待ち行列が
東口まで延びています。

すき家、吉野家、松屋系は米切れにつき閉店。

コンビニからは水や弁当類が消えていました。


こりゃ大変だ、本当に。

バスになんて乗っても全く動かないのだから意味がない。

ということでわたしは渋谷から、らす´ は東京ど真ん中から
ひたすら歩くことに決めました。

明治通りをずっと歩いていて目にしたものは
哀しい哉、人間の本能でした。

避難訓練なんてしていてもそんなの意味ないよ、って
感じられるくらいの無秩序。

お洒落な原宿のこじんまりとしたブティックは
ドアにもチェーンがかかっておらず
警備会社との契約もないようで、
簡単に中に入れる状態になっていました。

そこに大きなスポーツバッグを持った人たちが
続々と入り込み、中の靴やら服やらを・・・(以下略)

コンビニでもレジを自ら省略してしまう人多し。

唯一動いていた都電も
出口から人が無理矢理入ろうとするので
降りたい人が降りられない状態のようでした。

運転手さんに怒号が飛んでいたのですがあれは危ない。
運ちゃん一人じゃ捌き切れない。

運行するなら一駅一駅に職員を配置すべし。

そんな光景を見送りながらやっと自宅に到着。
亀みたいにチンタラ歩いて3時間。


メル!!


・・・は、フツーにマイペースでした。

一足早く到着した らす´ がごはんをあげてくれたのですが
さほど怯えた様子も動揺した様子もなく
ガツガツといつものように食べ飲みし、
サークルで遊んだそうです。


メルさん・・・

あなたの心臓の強さとウンチの大きさは
うさぎ界イチかもしれませんよ。

とにかくよかった。


弟のところのニャンコちゃんも
ひとりで留守番していたのですが、
こちらはどこぞのうさぎと違って
今この瞬間も怯えまくって引きこもり、
弟のところにすら来ないそうです。

・・・と、ここまでこちらの状況報告でした。

特に東北地方の方々、こころよりお見舞い申し上げます。
まだまだ余震の心配もあるし気が抜けませんが
どうかどうかこれ以上の被災がないことを
お祈りいたします。

ニックネーム らぼすたっふ at 10:50| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする