2017年08月13日

健診&爪切り


2か月おきの健診&爪切りに行ってきました。


170813_1.JPG


待合室にて。

いつものことながら、緊張いっぱいで目がどよよーんと暗いメルさんです。


先月一か月は謎のアゴの濡れ(よだれ?)があり

うさ友さんたちにも沢山の心配をかけてしまったのですが

それもすっかり良くなり、万全の体調で臨んだ本日の健康診断。


しかし。

体重が 1.12kg でした・・。

4月16日 1.51 kg

下

6月10日 1.34 kg

下

7月16日 1.18 kg

下

8月13日 1.12 kg




この4ヶ月間だけを見てもずいぶんと軽くなっています。

食欲は昔のまんまのメルさん(起きている間はずっと食べている)だし

運動量も運動スピードも低下していないし

排泄物も良い状態でまったく変わりない。

いたって健康優良児なのですが、やはり上記の体重推移を見ると

もう「児」ではないんだな・・と哀しくなります。

先生曰く

「加齢により、筋肉の量そのものが落ちてきているんでしょうね。

これは7歳という年齢を考えると、自然なことともいえます。

あと、心拍スピードが少し遅めになってきました。

これも加齢によるものですね。」


・・・もうね、わたしの性格上、こういう先生のセリフを聴くだけで

『その日』を想像しちゃって暗くなってしまうのですが、

「こういううさぎさんの場合、

若さを保つための(心臓の)薬を投与する方もいます」

という先生の言葉にはなんだかとても違和感を覚えてしまい

「今、目の前で呼吸が荒かったり苦しそうだったりしたら

もちろん検査や投薬を考えます。

でも、アンチエイジングを目的としたもの、

お別れする日を延ばすためだけの措置だとしたら

そこまでは考えていません。

この子だって生き物ですから、それなりに自然に歳はとるものだと

覚悟しています。」

と答えている自分がいました。

価値観は個々人さまざまだと思いますが

自然に(ある意味「健康に」)歳をとっているだけなのに

それを遅めるために医療の力を借りるというのは

飼い主のエゴにしか思えないのです。

今の時代の考えについていけていないのかな、自分・・。


もちろん『その日』が来るのは怖いですよ。恐ろしいですよ。

だってメルさんしか今のわたしを支える存在っていないわけですから。

メルさんがいなくなっちゃったら

自分がどうなっちゃうかもわからないくらい

怯えているんですから。

だけど、そんな自分の都合のために

メルさんの自然な老いを邪魔したくはないのです。

倫理観なんてたいそうなものではないですが、

生きとし生けるもの、誰もが向かっていく先は同じで、

それまで与えられた時間を

どのように有意義に有効に彩ることができたか、で

『その日』の迎え方が違ってくるんだと思っています。

メルさんだけでなくわたしも同じ。

だから毎日メルさんを撫でながら

「大好きだよ」を繰り返します。

最近はよく

「頭撫でて〜」と自分からわたしの手の下に

頭をもぐらせてくるようになりました。

メルさん、ほんとに大好きです。











        

ニックネーム らぼすたっふ at 13:34| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

すいか食べた


今年はスイカは買わないでおこうかな、

いつも一個まるごと買ってた(or 実家からもらってた)けど

今年はひとりじゃ食べきれないもんな。

って思っていたけど

わたしと同じくらいスイカ好きがいるので

近所の八百屋さんで298で売られていたのを買ってきてしまいました。


170804_1.JPG


このくらいの叩き売りだったら甘くなくても諦めがつくよね、って。

そしたら!


最高に甘かった!!


賭けに勝ったようなテンションで、メルさんと一緒に

もりもり食べました。

好きなものを食べるって大事ですね。

ひとりと一匹とで食べる時間も

初めの頃は寂しくて耐え切れないと思っていたけど

時間薬がなんとかしてくれます。

来年もまたスイカ食べよう。ね?メルさん。











         
ニックネーム らぼすたっふ at 21:28| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする