2017年04月09日

おしらせ



お久しぶりです。

あまりにも予想外且つ突然のことで、

いまだに現実を受け容れられない自分もいますが

メルさんよりも早く らす´ が弊ラボを旅立ってしまいました。

1月末のことでした。

本当に突然すぎて、眠れず食べられない日々を

友人たち、そしてメルさんがなんとか支えてくれ

ここまで綱渡りして来られました。

今やっと現実と向き合い、涙も涸れ果てたわたしにのしかかっているのは

いまだかつてないほどの体調不良です。

張りつめていたものがどどっと一気に身体にきてしまった感じです。

精神的なものだけでなく経済的な側面からの支えもなくしてしまったわけで

メルさんと自分はどうにかして食べていかねばならないので

這ってでも仕事に行って稼ぎ、そして

体を動かすガソリン(←うさ友Sちゃんの言葉)となるエネルギーを補充すべく

野菜やお肉もきちんと食べていますが

激しい頭痛や頭重や浮動感や平衡感覚がない感じが

起きてから寝るまでずっと続いていてとても厄介です。

(病院にも治療院にも通っていますが完全に精神的なものが理由ですから

こればかりは時間が解決してくれると覚悟を決めるしかないかもしれません。)




16年間に亘りわたしを支えてくれ、また、

うち7年近くは自分の食事よりもメルさんの体調を

一番に心配してくれた、自身の一部であった存在の

突然の欠落がもたらすものはとてもとても大きいですね。

わたしは命の半分を失いました。

でも、残った半分の命をまっとうしなくては。

メルさんへの責任もある。ここで折れてはいけない。


一番つらかったとき、寄り添ってくれた友人、そしてメルさんは

わたしの宝であり、恩人(恩兎)であり、文字通りの

パートナーです。

深夜2:00にもかかわらずLINEにつきあってくれたうさ友さんたち、

明日会いたいといえば都合をつけて会ってくれ

胸を貸してくれたうさ友さんたち、

24時間体制で駆けつけるから何でもいつでも言ってね、と

気遣ってくれ本当に24時間体制で

わたしの精神を支えてくれていた旧友夫妻。

時差や海を超えてパワーの源となる言葉をくれた友達たち。

事情を知っているのにわたしがコンタクトを取るまでは

じっと待つことを選択してくれていた友達たち。

わたしはひとりじゃない。

いつまでも哀しんでるわけにはいかない。

わたしには生をまっとうする義務と権利がある。

メルさんへの愛情と責任もある。

そして時間という一番のくすりもある。

今自分に起きていることはすべて必要なことなんだ。



ちょっと前の動画(2月)ですが

長野から日帰りで急いで高速バスに乗って会いに来てくれたYさんからの

お土産りんごを食べるメルさんです。





体調のことや仕事のこと、これからの生活のこと、

いろいろ抱えているので

更新頻度は思いっきり下がりますが

どうか今までメルさんに会いにきてくださっていた方々、

これからもよろしくお願いします。


そして、たいせつなこと。

今あなたのそばにある「当たり前の日常」は

奇跡なんです。きらきら輝いている素晴らしい時間なんです。

だから、たいせつな存在にいつも感謝して。

感謝の言葉を声に出して。

その存在に触れて温もりを感じてください。













        

ニックネーム らぼすたっふ at 07:39| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする