2017年01月22日

目覚め一発目の液状盲腸糞

前エントリから引きずっている

「うさぽかマット付着の下痢様便」。


わたしの号泣事件日と比べたらそのひどさは小さくなっているものの

いまだに毎日続いています。


170122_1.JPG


こんな感じ。


170122_2.JPG


こんな感じ。


170122_3.JPG


こんな感じ。


一度だけ、この下痢様便が出る「現場」を押さえたことがあります。

メルさんがちょっと

長い眠りに入っていて(=食べない状態が何時間か続いていて)

さあ目覚めて一発目に出てきた盲腸糞をいざ食せん!としたとき

この液体とともに盲腸糞が出てくるのです。

食糞行為自体はうまくいっており、盲腸糞をマットに落とすことは

ないのですが、『盲腸糞導入液体』とでも言いましょうか、

その液状のものがマットに付着してしまうのです。

これが出た後のウンチはそれはそれは素晴らしいもので

見惚れてしまうほど。


170122_4.JPG


安定の黄金ハンバーグがわんさか量産されます。

過去(2010年12月)、「液状盲腸糞過多」

を疑って通院したことがあったのですが、

そのときは原因不明(どんなに色々な検査をしても原因不明)の

「唾液過多」による「唾液が多い状態で盲腸糞を食べているゆえの現象」

との獣医師の診断でした。

なので今回はまた別の問題です。

寒いのかな、と思い

室温も上げました。通常は付けていない

ディンプレックス(ハイブリッドヒーター)のフロント面もONにしました。

でも状態は変わらず。

朝と帰宅時にうさぽかマットを洗うのが日課となってしまったので

もしかしたら他に大きな病気があるのかも、と

らす´ がメルさんを病院に連れて行ってくれました。

それが今月11日のお話。

結果は・・


まったく異常なし!


なにもかもが理想的な状態で、

しいて言えば


『体重がもうちょっとあってもいいんですけど・・』


とのこと。

メルさんの体重 1.49kg。

でもでもでも。

眠ってるとき以外は常に食べているメルさんに

これ以上どうしろと?!

嗜好性やカロリーの高いおやつもあげてますよ。

甘みの多い野菜も毎日あげてますよ。

それでも全然太らないんですもん、もう何もできませんて顔(え〜ん)

おなかや足裏に例の液体が付着していたので

ついでに取ってもらったのが「他処置」下


170122_5.JPG


通院から11日間経過しても、やはり状態変わらずのメルさんです。


170122_6.JPG


そうね。この「起きがけ一発目の盲腸糞とともに出る液体」

以外は何も問題なし。


170122_7.JPG


寒さが原因でもなかったね。

よく食べるしいいウンチばかり出すしよく運動するし

眼の輝きもきらんきらん。

ひとつだけ思い浮かぶことがあるとしたら・・

嗤われるかもしれませんが

「原因不明の症状ばかり今まで続いてきた

ニュータイプうさぎのメルさん特有の症状」


ってとこでしょうか。

獣医師にもわからない症状が多すぎるメルさん、

またまたニュータイプうさぎらしく

新しい症状を呈するようになってしまったとしか思えません。


170122_8.JPG


これ以上あれこれ気をもんでいると

またそれがメルさんのストレスになるような気がしてしまい

このあたりで線を引こうかなと考えている今日この頃。


そういえば、いつもであれば12月〜1月にかけて

程度の差はあれど換毛があるメルさん。

それが今年はまったくありませんどんっ(衝撃)

一日2回のブラッシング時にも、毛がブラシに全然付かないのです。

もしや換毛の代替症状としてへんな液体が出るようになっちゃった・・?

なんて色々論理的に収束させたがるのがわたしの悪いところなのですが

換毛がないというのもへんな話。

うーん、メルさん、節約病でしょうか。

(わたしが「今日もセールで予算オーバーのコート買っちゃったー顔(汗)

などとメルさんに告解しているのが原因でしょうか。)

メルさんのこの原因不明症状については

また進展があったらお知らせしようと思います。

願わくば、これがずっと毎日続きませんように・・。


*****

友人だったり同僚だったり、このブログを通してつながった方々から

「らすさんって文才ありますねー」

と身に余るお言葉を頂戴することがあります。

もしもそのお言葉を額面通りに受け取らせていただけるならば

その素地をつくってくれたのは

わたしが敬愛してやまない遠藤周作さんに他なりません。

10代の頃からずっと遠藤さんの作品を繰り返し読み続けてきて

手元にない作品はないほど、彼の書くお話が大好きです。

メルさんをお迎えしたとき、「周作」と名付けようとしたものの

あまりにおこがましくて「メルニコフ」となった経緯も実話です。


170122_9.JPG


何十回も読み続けてきて手垢まみれになった「沈黙」。

昨日からスコセッシ監督による映画が上映されています。







多忙を超えた多忙の身ですが、

この映画だけは観に行かないといけません。

原作と乖離した部分もあるでしょうが、

どのように映像表現されたのか、とても興味があります。

わたしはキチジローに自分を重ねることが多いので

主役(←勝手にそう思っている)キチジローに主眼を置いて

観てみたいと思っています。

遠藤作品の中でもわたしが「火葬のときに棺に入れてほしい」

と思えるくらい好きなのが

『わたしが・棄てた・女』

『女の一生(キクの場合)』

『灯のうるむ頃』

この3つ。

今あらためてこれらのタイトルを眺めていて、

わたしって自己犠牲に美徳を見出す日本人の典型なのかな、と

ふと思ってしまいました。

「フランダースの犬」のラストで泣くのは日本人だけですもんね。


ああ、そういえば遠藤周作さんというワードで思い出される若気の至りが。

1996年9月末、遠藤さんが苛酷な闘病の末にお亡くなりになりました。

その日、仕事帰りに通りかかった本屋さんの軒先で

店主が満面の笑みを浮かべながら

「よーし、遠藤周作ぜんぶ平置きにしとけ!

今日からしばらく特需だぜ!いえーい!」

と、店員に張り切って指示を出していたのです。

気づいたらわたし、その場で泣きながら怒鳴ってました。

あまりにも興奮していたので何をほざいたのか記憶にないのですが

人の死を商売に利用するなんて汚い、とか

あからさまにそんなこと大声で言うなんてひどすぎる、とか

色々暴れたように思います。

今となっては警察呼ばれなくてよかった・・という感じ。(反省)

資本主義の世の中の普通のまわり方にケチつけて

わたしは一体何を守りたかったのか。

あんなこともあったなあ、と20年前を振り返っていたら

2月から遠藤周作さん原作のドラマ「真昼の悪魔」

が始まるんですね。

もちろんこの本も手元にあり

(宗教的なお話ではないけれど人間の心理の奥底を突いた作品)

今から楽しみがひとつ増えました。


公私ともに抱える問題は何ひとつ片付いていないけれど

こういう小さな楽しみを糧になんとか乗り越えていければと

思っています。

そう、まずはメルさんの健康が一番。

メルさんが健康であればもうそれでいい。









     

ニックネーム らぼすたっふ at 18:24| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

朝のうさぽかマットの下痢様便


新年一発目のエントリとして相応しくないタイトルですみません。

メルさんはもうずっと前から、ケージの中で自分がお休みする眠い(睡眠)マットの上に

液状の染みをつくることが多く、

週に2-3回は「あらあら、またマットが汚れちゃったね」

と洗うことを繰り返してきました。

らすズ が旅行中のシッターさんのレポの中にも何度か

『マットが汚れていたので洗っておきます』という

くだりがあります。

そのくらい、「さほど不思議でも不自然でもなかった」メルさんの

『寝る場所での液体汚れ』でしたが

この数日はその頻度が増してしまってすごいのです。

特に朝、ケージを恐る恐る覗いてみると

オレンジ色のうさぽかマットの上には必ず下痢のような汚れの染み。

この状態がずっと続けば「下痢」と診断が下るのでしょうが、

メルさんの不思議なところは、朝ごはん(または夜ごはん)を食べた後は

極めて立派な優等生ウンチばかりを出すところ。

茶色くふんわり、まあるく大きく、これぞ黄金のハンバーグといった

ウンチばかりを量産しながら果てしない食欲を満たしつつ

サークル内をぴょんぴょん〜〜と快活に動き回るメルさん。

つまり ケージの中のマットの上で

やや長い眠りに入ったときにだけ

下痢様の便をしてしまう
のです。

今朝はそれが一段とひどくてもうやだ〜(悲しい顔)


170109_1.JPG


こんな汚れ具合でした。

(右側の毛はわたしがメルさんを仰向けにしてわたしの手で毟られた

肛門周りにくっついた軟便つきの毛です)

以前このことを獣医師に相談したときには

「一日中下痢便ではないしレントゲンでも超音波でも

問題ないのだから、(そして何より他シーンでは

すばらしいウンチを見せてくれているのだから)

心配ないのでは」

と言われたことがあるのですが

久しく健康診断に行っていないので、そのときにはまた

お話に出してみようと思っています。


ちなみに、上の「汚れたマット」を発見してから1時間も経たないうちに

今朝メルさんが見せて(魅せて)くれたウンチたちがこれです。


170109_2.JPG


文句のつけようがないほど満点ウンチ。

うーん、メルさん、不思議な子です。

あ、、、でもひとつだけ思い当たることが。


わたしが昨年末からひきずっている公私ともに重たい問題があるのですが

昨日は未明からお昼頃にかけて理性が崩壊してしまい

メルさんのいるリビングで狂ったように号泣してしまったんですよねバッド(下向き矢印)

ケージの覆いがあったのでその姿をメルさんには見られてはいないけれども

わたしのものすごい感情の渦だとか嗚咽だとか

感覚的・音声的なものはメルさんに伝わったはず。

そういえば昨日の朝のメルさんは朝ごはんが終わったあと

サークルに出たいとも言わずにケージ内でじっとおとなしくしていました。

体調が悪そうな感じではなく、悟ったような困惑したような顔をして。

メルさん、わたしのオトナになりきれない感情丸出しな泣き声が

メルさんにストレスを与えた結果がマットの汚れにつながっていたら

ほんとにごめんね。ごめんね。


7時間以上もずーっと激しく号泣していたので

わたしは今朝はわりとすっきり。

でも問題は解消されたわけではなく、

恐らくこれからは物理的に時間がなくなることもあり

ブログ更新頻度は低くなると思います。

(今までもかなり低かったけれど。)

ブログエントリを書く時間があったら

メルさんをナデナデしていたいですし。


*****

遅ればせながらお正月を振り返り。

元日は行列覚悟でいつもの「調神社(つきじんじゃ)」

に行ったのですが、読みが甘すぎてなんと2時間待ち。


170109_3.JPG


暑いくらいの晴天ということもあり参拝者でごった返していましたが

まあ、これもメルさんの健康のため。

ありがたき幸せと思いながら並んでいましたよ。


170109_4.JPG


170109_5.JPG


何年も通っているのに、池エリアに初めて足を運んだ我々。


170109_6.JPG


こーんなかわいい後ろ姿に、行列の疲労もすっかり取れてしまいました。


170109_7.JPG


うふふ、どのうさぎさんもかわいいですねぇ。

メルさんの健康を護ってくれた去年と同じお守りをいただいて

帰ってまいりました。

調神社から浦和駅へとつながる道に

全国的に有名な鶏そば(ラーメン)のお店「一瑳」があります。


170109_8.JPG


お正月だけのスペシャルメニューぴかぴか(新しい)

(他にはオーダーできず、このひとつだけ)

ここでも行列に耐えてありつけましたよ、


170109_9.JPG


福を呼ぶ鶏そばにかわいい

焼き餅なんていただいたのは何年ぶりだろう?

とてもとても美味しかったお正月の味でした。


翌2日は9月にチケットを取っていた

東フィルのニューイヤーコンサートへ。


170109_10.JPG


20曲の「福袋」が用意してあり、2つのサイコロの出目で

演奏曲を決めるという演出がまた愉しい。

指揮の尾高さんは らすズ 大好きマエストロハートたち(複数ハート)

テンポもいい、曲の入りもいい、トークもいい。

暫し非日常空間に酔いしれることができました。

音楽ってすばらしい。


そんでもって仕事始めの前日である5日(木)は

久しぶりのポナペティ。

がじゅ姐(1月7日エントリ参照)

しーちゃんと3人で新年会です。

会場は「お正月だからやっぱり 和 でしょ!」

とわたしが勝手に選んだ「光林坊」

一休.comのプランで4000円以上のランチコースが

2900円に ¥


170109_11.JPG


広すぎる温泉宿のような個室で


170109_12.JPG


牛すきだの


170109_13.JPG


お刺身だの握りだの揚げ物だの


170109_14.JPG


焼き物だの、色々沢山いただきました。

個人的には赤身のお刺身と茶碗蒸しが絶品でした。

とにかく部屋が広いので

どんなにコアな話をしても大丈夫。

ビールも途中でオーダーしちゃったりなんかして

かなーり深いトークを展開しましたが

新年早々、心の内をこうして聴いてくれて

とても救われた思いでした。


170109_15.JPG


二次会は「椿屋カフェ」にて・・。


椿屋なんて自分の人生には無縁だと思ってましたが

空間と静寂と雰囲気はお金で買うものですね。


170109_16.JPG


大正ロマンを感じさせるすりガラスには

うさぎさんがいらっしゃいました。

二人ともほんとにありがとう。

次回はまたしーちゃん宅でポナペティしましょう。


そんでもってそんでもって。

7日(土)はいつもお世話になっている横浜のSっち夫妻宅へ

またまたお邪魔。

前回ボードゲームにハマりすぎた らすズ 、

メルさんの元に帰宅したのが深夜になっちゃったので

Sっち夫妻が「サンドウィッチ伯爵作戦」を考えてくれ、

鷺沼の「ビゴの店」にて 「pain surprise」 を予約しておいてくれたのです。


170109_18.JPG


これです、これこれ、「驚きパン」(直訳)。

フタ部分を開けると・・


170109_19.JPG


層ごとに異なる具材が詰められたサンドイッチたち。

カマンベールやパストラミビーフ、スモークサーモンなどなど

まさにサンドイッチの宝石箱や〜ぴかぴか(新しい)な感じ。


170109_20.JPG


Sっちお手製のカブのスープもいただきながら

4人でサンドイッチ片手にゲームゲームゲーム!!


170109_17.JPG


らすズ がドイツで仕入れてきた「コードネーム」からスタートし


170109_23.JPG


170109_24.JPG


うさぎがコマのモチーフになっているゲームも2種類堪能。


170109_21.JPG


果汁たっぷりのマシュマロや


170109_22.JPG


これまた らすズ がドイツで仕入れてきたプラリネをつまみつつ

休憩なくゲームに没頭し、気づくと昼を過ぎて夕方を過ぎて夜夜

ふーあせあせ(飛び散る汗) さすがに前頭葉が疲れ果てました顔(え〜ん)


疲れたけど実に面白く遊びに興じた充実時間でありました。

いつも付き合ってくれて(&会場提供してくれて)ありがとう。


・・こんな感じで

楽しいイベントは心ゆくまで愉しんで、

でも現実問題からは逃げないで、というスタンスで臨む

一年になりそうです。


皆様も毎日毎日を、たとえ穏やかでないときがあっても

自分と向き合いながら、

後悔のない選択を重ねて

人生を織っていってください。









      
ニックネーム らぼすたっふ at 13:29| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする