2015年11月28日

『消滅世界』


はー。

今月は仕事もバイトもフラ語も実によく頑張りました。

そんな自分に今日はご褒美。

千駄ヶ谷にある出版社「河出書房新社」さんの社屋にある

喫茶店で開催された読書会に参加してきました。


151127_2.JPG


「好きな作家は?」と訊かれてわたしが即答するのは

村田沙耶香さんと窪美澄さんの2名なのですが

そのうちのお一方、村田さんの『消滅世界』

の刊行を前に、村田さんご本人を囲んでの読書会が開催されたのです。


151127_3.JPG


もちろん希望者全員が参加できるわけではなく

厳正なる抽選の結果、当選を勝ち得たわけでして。

(今年のわたし、ツイてるなー。)

ツイてる村田さんファン総勢15名が「茶房ふみくら」に

集いました。


151127_4.JPG

上読書会開始前の「茶房ふみくら」)


年齢もさまざま。20代から60代(?)まで幅広く、

さすがは村田さん!という感じ。

お住まいもさまざまで、中には群馬から泊まりがけで

参加された方もいらっしゃいました。

参加するにあたって

「事前にゲラを読んで感想文を提出」という条件があったので

わたしも読了後、すぐに送りました。


151127_1.JPG


上 送られてきたゲラです

以下、当該感想文。


SFのようであって実はすぐそこまで来ている世界(時代)を描くのが

非常に上手い村田さんならではの作品に

また出会えたことに感謝しています。

「正常な人間」と「正しい人間」との大きな差異について

深く考えさせられる作品です。

その昔、大学の発達心理学の講義の中で

「なにをもって正常と定義するか」

という課題が出た際、考えを突き詰めてゆくと

「マイノリティではなくマジョリティに属している状態が正常」

という結論を導いた自分の回答を思い出しました。

胸に突き刺さってくるセリフが沢山ありましたが

「世界で一番恐ろしい発狂は正常」

というくだりに、暫くは鳥肌が収まりませんでした。

人間の進化の過程において、

その時代時代の「正常」(マジョリティ)に適応してきた結果、

「現在」があるのだという認識をあらためて持ちました。

そしてその「現在」は「最新」として留まるものではなく、

ゆえに「正常」は次なる「現在」では

形を変容させてゆくものなのだと考えると

人間の「本能」の中には「正常化」が生まれつき組み込まれているのでは

ないかと思えてくるのです。

「変わらない」のが「本能」のはずなのに

「変わることへの適応能力を埋め込まれている」のが

本物の「本能」だと、

この作品を読めば読むほどに確信してしまうのです。

ひとつだけ読者に残されている救いは、

主人公の父親が家を出た理由が明かされていないことでしょう。

正常になることのできない「正しい人間」だったのか、

「実験都市」プロジェクト黎明期の海外のどこかへ行ったのか

色々と想像してみますが、

主人公の母親と「昔の交尾」をしたという彼は

前者であったような気がしてなりません。

ラストの主人公のおどろおどろしい「実験」は

正常な人間でありながらも

「家族」に囚われ続けた彼女の執念からでしょうか。

恐ろしい場面のはずなのに切なくなりました。




参加者全員の感想文を丹念に読み込んでくださった

村田さんと村田さん担当編集者さん、

そして河出書房新社の編集部かわくら担当F氏に感謝です。

「読書会」というネーミングでしたが

「読了後の意見交換会」といった方が適切かもしれません。

自己紹介の後、非常にフランクに

自分の感想を交えながら作品と村田さんに迫ってゆく

参加者の皆さん(わたしもですが...)から

「村田作品が好きだ!」というエネルギーが

放出されているのを肌で感じ取れ、

本当に有意義な時間を過ごさせていただきました。

撮影と録音が禁止だったので

手帳何ページにも渡るメモを書き込んだのですが

「読書会で出た具体的内容をブログ等に記載するのはNG」

と編集部F氏より釘を刺されてしまったので

残念ながらここではわたしの村田さん熱を披露できません。

ただ、ひとつだけ。

「本能」というテーマにトピックが及んだ際、

オブザーバー役だったF氏がわたしよりも先に

「らす(仮名)さんの感想の中に、これについて

核心に触れたものがありましたよね」


と、わたしの名を出してくれたことが

嬉しかったです。

そのF氏の言葉を受けて、なんとなんと

村田さんご本人が

「そうそう。らす(仮名)さんの感想が・・」

と、わたしの感想文の一文を読み上げてくださったのですexclamation×2

あーーーーもう幸せすぎです。ファン冥利に尽きますハートたち(複数ハート)

色白で控え目でお茶目なところもあって内面の美も伴う村田さん。

吹けば飛んでしまいそうな小さく美しいその姿からは想像できないほど

自分の言葉とゆるぎない信念を持っている素敵な方でした。

夢のようなひとときをありがとうございました。

前作「殺人出産」と併せて、この「消滅世界」

非常におすすめです。ニンゲンの脆さと強さについて、

そしてホンモノのディストピアとユートピアについて、

いやでも考えちゃいますよ。

来月17日刊行とのことです。

*****

151127_7.JPG


ハイブリッドヒーターが適温をつくるラボで

まったりメルさん。

最近は彼なりの頑固な矜持を示す場面が出てきました。

例えば、たまの粗相をしてしまったとき。

わたしが

「メルさん、おもらししちゃったねえ。

今日はパーフェクトじゃなかったねえー。」

などと言うと・・・


151127_5.JPG


トイレにのってしばしフリーズ状態。


151127_6.JPG


そのうちトイレで「じょおぉぉ〜小雨」の気持ちのよい音。

トイレにのってるときの眼は

「見ててね!ちゃんとできるんですからね!」

とでも主張しているかのよう。

メルさん、かわいいところもまだまだ沢山あるけど

着実にオトナになってきているのですね。

*****

今月はほんとに色々頑張りすぎて遊ぶ時間がなかったので

(だって2時間で8000円もらえるグルーインっておいしすぎて

話が回ってきたら絶対断れない!)

今日のご褒美ついでにスマホアプリで遊んでみました。





日曜日はいよいよ第一アドヴェントですね クリスマス

色々な動きがある昨今ですが、

皆穏やかなクリスマスを迎えられますように。








      

ニックネーム らぼすたっふ at 00:09| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

仏検&冬支度&贈り物たち


昨日の日曜日。


151116_1.JPG


青山通りに面したオーバルカフェで

ひとりランチをしていると

曇っていた空がみるみるうちに晴れ上がってきました。

これは何かきっと良いサイン...ぴかぴか(新しい)

お日様という味方を得て挑んだのは


151116_2.JPG


仏検。

フランス語大嫌い、フランス語と相性超悪い、

と嘆いていたわたしがまさかの仏検受験ですよたらーっ(汗)

しかも4級・5級と はしご受験。 (出願時点では4級に自信なかったもので...)


151116_3.JPG


青学なんて11年前の社労士試験以来です。

でも秋の試験というのは初めて。


151116_4.JPG


まさに「キャンパス」って感じ。ドラマに出てきそう。

*****

・・昨日の今日、じゃないですか。

パリでも同日に試験が行われるんだし ※前日に中止が決定したそうです※

試験開始前に黙祷の1分でもあるのかな、と思ったら

そんなの全然なくて、淡々と試験が始まりました。

何がクレームの発端となるかわからないこのご時世、

それが正しいのだろうけど

もうちょっと血の通った空気があってもいいんじゃないの、

なんて思ってしまいました。

こういうところが昭和なんでしょうかね。


とにもかくにも。

まるまる半日を試験に費やしたわたし、おつかれさまー。

合否通知は来月14日発送とのこと。ちょっと楽しみ。

*****

かなり疲れていたのですが、手応えが良かったので

そのテンションのまま、表参道まで歩いて行きました くつ

お目当ては


151116_5.JPG


これこれ!ふー、間に合った!

昨日は しらとあきこさん の個展最終日だったのです。

しらとさんの描くうさぎさんは

まるで生きているかのよう。

かといって写実的に徹しているわけではなく

どこかイラストめいたところもあり、

なんともいえないかわいらしさと温かさ、そして

躍動感が伝わってくるのです。

個展を訪れるのは4年ぶり。(前回は2011年4月

今回は『doux dimanche』という名のギャラリーにて

先日刊行されたポストカード集

原画の子たちを中心にした展示販売。

doux dimanche. ここちよい日曜、とでも訳すのかな。

まさに今日のわたし。


151116_6.JPG


「歩行者はこちら」の矢印に導かれ


151116_7.JPG


ポストカード表紙の子にご挨拶して

ちょっとドキドキしながらドアを開けます。

いつお会いしてもかわいらしい、加齢という単語が

辞書に無い しらとあきこさんが

ふわりふわりとした笑顔で迎えてくださいました。

(うさフェスにも出展されるそうなので

ぜひぜひしらとさんのブースへ!)

ポストカードの原画をこの目で拝めて

眼福この上なし ハートたち(複数ハート)

やっぱり音楽も美術もライヴがいいですねえ。

何か記念に買って帰ろうかと思ったら

商品たちは(原画ももちろん)売り切れふらふら

最終日のこんな遅くに来る方がおかしいですね、ごめんなさいあせあせ(飛び散る汗)

ポストカード集の中で一番好きな「謝月祭」

しばらくじーーーーーっと眺めさせていただいた後、


151116_8.JPG


『人類うさぎ化計画』 にもちゃっかりしっかり

参加してきましたよウサギるんるん

仏検の後の気分に従おうと決めていたしらとさんの個展。

軽い足取りで行くことができて本当に良かったです。

C'était un doux dimanche.Merci!

*****

時を1日遡りまして土曜日。

冬のような寒さに見舞われた弊ラボ地方。

慌ててディンプレックスくん(ハイブリッドヒーター)を出し、

メルさんのケージカバーを薄手の夏用のものから

冬仕様のものに替えました。


151116_9.JPG


151116_10.JPG


メルさん、早くもじわじわあったかなヒーター熱に包まれて

まどろみ中 Zzz...

ここのところ非常に、(というか彼はいつも非常)

体調の良いメルさん。ウンチなんて頬ずりしたくなるほど

色も形も大きさも惚れ惚れするパーフェクトぶり。

そしておもらしもなく、全てトイレでおしっこができる

パーフェクトぶり。

あまりにもどれもこれもがパーフェクトだと逆に心配になり

「メルさん、たまにはちょっと失敗したりしてよ」

なんて勝手な注文をつけているわたしは

どこまで心配性なんでしょかたらーっ(汗)


*****

さらに時を遡ること1日。

金曜日にはこんな訪問者が。


151116_11.JPG


ハッスル黄門様。

ももちゃん家から届いたものは


151116_12.JPG


ムーミン谷のみんな(かわいすぎて箸置きになんてできない!)


151116_13.JPG


リトルミィ・ムーミン・スナフキンの耐熱マグ。

わー、嬉しいなわーい(嬉しい顔) どうもありがとう。


そしてハッスル黄門様の隣県にある実家からは


151116_14.JPG


無農薬野菜とくだものがたくさんexclamation×2

健康オタクなわたしの両親、

添加物や農薬が使われているものは

基本、一切口には入れません。

(娘が袋麺なんぞ食ってると知ったら卒倒するであろう)

お水だって逆浸透膜を使って不純物除去されたものを

常に持ち歩いているくらい。

(娘がコンビニで売ってる炭酸水なんぞ飲んでると知ったら

卒倒するであろう)

そんなところから来る野菜やくだものですから

メルさんには安心安全ウサギ

自家菜園で採れた小松菜さんを

早速メルさんに献上です。





ひとつじゃ足りないよね(汗)

でも、ちょっとずつ楽しみながら・・ね。

ちょっとずつ、といえば

『カマンベールチーズと赤ワインの組み合わせが

認知症予防には最適』


という研究発表があって以来、


151116_15.JPG


白派だったわたしはすっかり赤派です。(単純)

苦手(のはず)だったカマンベールも

なぜだか美味しく食べている自分に今更気づいてみたり。

メルさんの他に次世代のいない弊ラボですから

そのあたりは気を付けていかないとねexclamation

などと理由をつけて毎晩「適量」を超えているのはどこの誰たらーっ(汗)

さて、今週はいよいよボージョレだバー

時期が時期だけに複雑な心境ですが

今ある生に感謝し、生を実感しながら

今年の実りをいただこうと思います。










      
ニックネーム らぼすたっふ at 15:41| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月05日

新宿ランチ&みかんの皮


がじゅ姐がシェンロンでフカヒレを堪能したその数時間前、

わたしはその1フロア上の 『トライベックス』 にて

シュミ友Rとランチを愉しんでおりました わーい(嬉しい顔) 晴れ


151105_1.JPG


晴天の新宿駅が見渡せるサザンタワーより

遠くスカイツリーを眺む。

高島屋と紀伊国屋を擁するタイムズスクエアって

いつ見ても画になるなー。


さて、なんと17年ぶりの訪問となるトライベックス。

厳選された素材が並ぶサラダバーとメイン、デザートの

コーススタイルは今尚 健在でした。

そして「予約しないと入れない」人気度も健在でした。

さすが女性のハートを見事に掴んでますなあ・・。

指定したわけではないのに案内されたテーブルが


151105_2.JPG


窓際の特等席exclamation×2

ドコモタワーが眼前に聳え、

眼下には線路が拝めます。 (鉄っちゃん垂涎の席かも)


151105_3.JPG


大人気のサラダバー。

「パンのヨーグルト和え」なるものが美味しくてハートたち(複数ハート)

ああ、もっとおかわりすればよかったなあ。

(おしゃべりに夢中でそれどころではなかったあせあせ(飛び散る汗)


151105_4.JPG


メインは3種あるうちお魚(真鯛のポワレ)をチョイス。

アンチョビ大活躍のタプナードソースがこれまた合います。


151105_5.JPG


かわいいデザートで〆。

ホテル内レストランらしいサーヴも健在で

コーヒーも絶妙なタイミングで

おかわりを持ってきてくれる。

そんな細やかさがリピーターを離さないんでしょうなあ。

*****

先エントリにて「フランス語にシフトせねば」みたいなこと

書いたわたしですが、結局どっぷりいまだドイツ語の世界に

おります・・(汗)

先日FBにて某CDレーベルが

「トマーナ(聖トーマス教会合唱団)のバッハのカンタータの

CD-BOX発売記念に、懸賞やりますー!」


と、それはそれは魅力的な企画を書き込んだのです。

「あなたにとって一番想い入れのあるカンタータと、

その理由を投稿してください。

抽選で1名に70ユーロ相当のCD-BOXを差し上げます!」


わたし、CDが欲しい云々より先に「好きなカンタータ」に

気持ちが向いてしまって、速攻で書き込みました。

「BWV110が一番好きです!理由はね〜(中略)〜だったからです」

そう投稿できただけで既に満足していました。

だって全世界のバッハファンに自分の想いを(FBを通して)

伝えられたんですから。


その無欲がよかったのでしょうか・・・!!


なんとなんと、なななんとexclamation×2どんっ(衝撃)



151105_9.JPG


『幸運の妖精が らすっちょ様を引き当てました』

との発表があったのですぴかぴか(新しい)

妖精よ、バッハよ、ありがとうありがとう。

そしてまさか海外発送になるとは思っていなかった

CDレーベルさん、ごめんなさいあせあせ(飛び散る汗)

住所をメールすると、すぐに届きましたよ、


151105_6.JPG


ドイツからの書留便がexclamation×2

ドイツ式(?)にばりばりばりっと封筒を思いっきり破くと


151105_7.JPG


うわー、ほんとにカンタータCDがたくさん…ぴかぴか(新しい)

何年もかけて録音したものがやっとこうしてBOXとして

発売されたのです。

しかも、指揮は(今年1月にお辞めになった)ビラーさん。

色々感慨深いものが胸を熱くします。


151105_8.JPG


カンタータ30曲ですよーわーい(嬉しい顔)

存分に愉しませていただきます。

*****

このラッキーをメルさんにも分けて進ぜようと(違)

職場でもらってきたみかん の皮

スペシャルおやつとして献上 ウサギ

みかんのは消化が悪くてうさぎの食物としては適しませんが

皮は栄養満点なんです。ぜひぜひ うさぎさんにあげるべし!

くださった方から「無農薬だよ」と言われましたが

念には念を入れてしっかり洗ってメルさんに。

ほれ〜、いくよ〜、ぽいぽいっ。



(ノイズがひどくてすみませぬ・・)


なんか・・こうして見ると

クマ牧場というよりも猟犬のようですが

メルさん相手のおやつタイムはいつもこんな感じですたらーっ(汗)







       
ニックネーム らぼすたっふ at 11:57| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

ジプシーキングス&ももちゃん家


いやー、先週はイベント盛りだくさんの充実した週でありました。

まずは火曜日。


151101_1.jpg


らす´ が昔から大好きなバンド、


151101_2.jpg


ジプシーキングスのライヴ(@オーチャードホール)に

行ってきました。

わたしはそれまで全く関心が無く、

鬼平のエンディング(「インスピレーション」)を聴かされても

「ふ〜ん」な感じだったのですが

最近、吉瀬美智子さんのUCCのCMのバックに流れている曲が

とてもいいなーと思っていたら、

なんとそれがジプシーキングス。

聞くところによると14年ぶりの来日らしいし

もう来日しないかもしれない(なんたって

初期の頃からのリードボーカルさんがもう相当なご年齢ですから・・)

ってんで、チケ代13000円を前に躊躇する らす´ を

ファンではないわたしの方が積極的に誘う形で

行ってまいりました。


いつもはクラシック(合唱団やオケ)で馴染み深い

オーチャードホール。

客層の違いに驚きつつも笑っちゃったのが


151101_3.jpg


ホワイエのメニュー。


151101_4.jpg


いつもある「ビール」が ないっっっどんっ(衝撃)

見事にボールドフォントの「淡麗」 だけ。

さすが大スポンサー キリン。徹底してますわー。

そしてロビーでは「あなたの好きな曲投票」ってのをやってましてね、

候補に挙げられた5曲の中から好きな曲に投票すると

「淡麗」をもれなくもらえるというおいしい企画。


151101_5.jpg


ロビーが壮観すぎる。


151101_6.jpg


淡麗の山ハートたち(複数ハート)


そして肝心のライヴはというと・・・。


めちゃくちゃよかった ですexclamation×2揺れるハート


60代、70代とおぼしき紳士淑女が

オールスタンディングでノリノリなわけですよ。

ステージ上にはアコギ6人がずらり。こりゃまた圧巻。

6人のうち、初期からのボーカルである

ニコラスさんとトニーノさん以外は代替わりしていて

若手の方々でした。

その若手メンバーのうち、

『Baila Me』 と 『Bem,Bem,Maria』をメインで務めた

ホセさん(ホセくん?)が素晴らしい声質とボリュームと

人並み外れたリズム感と終始絶えないとびきりの笑顔を

お持ちでね・・らす´ とわたし、同時に叫びましたよ。

「彼、すごくいい!」

ロングトーンでもキーが全然下がらずボリュームも変わらない

その声もさることながら、ギターがね、もう人間業じゃないんですよあせあせ(飛び散る汗)


ま、なんだかんだいって、やっぱりニコラスさんが一番貫禄があって

オーディエンスからの悲鳴(!)に近い歓声も凄かったですが。

(あー、アンコール後に最後にアカペラで「A Mi Manera」

途中までニコラスさんが披露してくれたんだけど、

この曲(これぞ上述のUCCのCM曲!)こそ

フルでちゃんと演って欲しかったなあーーー)

今までほんとに1%の興味もなかったジプシーキングスだけど

一夜にして好きになってしまいました。

南仏の太陽を思わせるラテンなあの感じ、

ドイツの宗教曲にはないですもん。(当たり前)

ファンになる大きなきっかけを作ってくれたホセさんに

想いを馳せていたライヴ翌日、

夢みたいなミラクルな出来事が起きまして・・・ハートたち(複数ハート)ぴかぴか(新しい)

あー、フランス語かじっててよかったーぴかぴか(新しい)

ジプシーキングスの皆さんって

歌こそイタリア語&スペイン語ですけど

国籍はフランスなんで、普段の会話はフランス語なんです。

(って、これもライヴ後知った話ですがあせあせ(飛び散る汗)

そうそう、例の人気投票は


151101_7.jpg


こんな結果でした。

鬼平つよいなーあせあせ(飛び散る汗)

らす´ が大好きな池波正太郎、

時代劇嫌いなわたしは敬遠してたけど

ちょっと読んでみようかしら。


*****

そして昨日土曜日は

横浜のがじゅ姐宅から里子に出された

猫のももちゃんに会いに

はるばる高速バスに乗って黄門さまのおくにへ。

ブログを辿れば、前回は2012年11月なのですね。

あれから3年。ニンゲンの妹もできて、大きなおうちに引っ越して、

さて、どのくらいこころも体も大きくなったかな?


151101_8.jpg


うわー!ももちゃん、ひさしぶりかわいい


151101_9.jpg


すごく大きくなっていてもうびっくりですよ。

猫ちゃんってこんなにもでっかくなるもんなんだー。

でもね、最近は「お姉さん」としてとても頑張っていて

家族の愛情を独占できない寂しさも募っていたようで


151101_10.jpg


わたしにベッタリでしたわーい(嬉しい顔)


仕方ないよね、お姉さんの役割ってそういうもんなのよ、ももちゃん。

(あ、昨日集合した4人のうち長子ってわたしだけだ!)

でも甘え上手で空気が読めるももちゃん、

しっかりじっくり妹のお世話(添い寝等々)をしながら

ちゃんとパパママの愛情もたっぷり注いでもらって

すくすくのびのびと育っていました。

里親仲介役の らすズ も安堵の息。ほっ。


*****

151101_11.jpg


目ヤニ換毛もやっと落ち着き、まったり日曜日のメルさん。

わたしはこれから中旬の試験に向けて

それこそフランス語脳に切り替えなきゃいけませんあせあせ(飛び散る汗)

Vouloir, c'est pouvoir exclamation










ニックネーム らぼすたっふ at 10:23| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする