2015年10月27日

うまうま野草&ぉぇぉぇバナナ


大換毛が殆ど無いメルさんでも

この時期、朝晩のブラッシングの際に抜ける毛の量は

さすがに通常よりも多いです。

そしてメルさんの場合、一番厄介なのが


目ヤニ
どんっ(衝撃)あせあせ(飛び散る汗)


目ヤニと申しますか、その実体は

「眼球に張り付いた抜け毛」なのですが。

数年前から出ている症状なので

わたしも手慣れたもので、メルさんの上下のまぶたを

指で何度かまばたき様に動かし、目ヤニを目頭まで移動させて

最後にきゅっと目頭をつまむようにすると

するり〜っと目ヤニが眼球から離れ

90度角度を変え、横にずれて目の外に出てくるのです。

メルさんも慣れたもので、この「目ヤニ除去作業」をしているときは

じーっと協力してくれているのですが

ごくたまに、とても強情な目ヤニがいて

何度「意図的まばたき」をさせても

眼球に張り付いたままのときがあります。

そうするとさすがのメルさんも耐え切れなくなり

嫌がってわたしの手の中から去ってしまいますふらふら

実際、目ヤニがくっついていても

本人(本兎)はあまり不快感を覚えないようで

視界がいくら塞がれてもモリモリ食べぴょんぴょん跳ねておりますが

見ているこちらはどうしても気になってしまうもので・・

結果、メルさんの「忍耐の時間」が長くなってしまう今日この頃。

ここ数日で除去したものたち。


151027_1.JPG


これはでかかったーーー顔(え〜ん)

一晩にしてメルさんが白内障になったかと思いました。


151027_2.JPG


これは厚みがあって、メルさんがコンタクト着けてるようでしたたらーっ(汗)


そして


151027_3.JPG


これがひねくれものでして、

眼球の上をあちらこちらにスルスルと移動してしまい

メルさんの上まぶたをめくりあげて

やっと取れた憎きヤツパンチ

体の毛はさほど抜けないのに

目には毛が溜まるというメルさん的換毛。

またまたニュータイプうさぎの珍しい症例なのかもしれませんが

いずれにせよ早く収まってほしいものです。


※注意※

上記の目ヤニ除去法はメルさん限定のものであって
すべてのうさぎさんに該当するものではありません。
目ヤニが認められたら、まずは獣医師にご相談ください。



*****

そんな「頑張るメルさん」に(偶然の奇跡的な)ご褒美がexclamation×2


うさ友Kさんから、ビワ、タンポポ、葛、あしたばが

これでもかと詰められた

その名も  四葉「野草MIX」 四葉 なるプレゼントが届きました プレゼント


151027_4.JPG


しかもハロウィン仕様ぴかぴか(新しい) すんばらしくお洒落ですハートたち(複数ハート)

かぼちゃの鈴がチリリンと鳴るんです。かわいい!

Kさんはわたしの「根っこ友だち」 でもあるお方。

春にはご自宅のお庭で採れたびわの葉を贈ってくれました。

うさぎさんが大好きな野草がご自宅やご近所に

豊富にある環境、愛兎ちゃんにとっては最高ですね!

(そしてその恩恵に与るメルさんもまた最高ウサギ


151027_5.JPG


野草のにおいを嗅ぎつけたメルさん、

見てて面白いくらい焦りまくりです。(失礼)

わっかりましたよー。今、差し上げますですよー。





メルさん、良かったねぇ!

ちょっとずつ、大切に食べようね!


そうそう、動画ついでに

ここ最近の動画もUP グッド(上向き矢印)

久々にバナナを買ったものでね、

大喜びのメルさんなんです。

そして例によって例の如く

咀嚼と嚥下のスピードが合わず・・

題して『ぉぇぉぇ動画』 。

(あ、これもまたニュータイプうさぎメルさん特有の
通常運転(ではないが)モードなので、
他うさぎさんがこのようなことになったら異常信号モノですどんっ(衝撃)


まずはほんとーーに久々のバナナ。

キッチンでメルさん用に切っていると

「お!これはボクのですな!」

と、サークル内をぐ〜るぐる。

メルさんよ、なぜわかる・・あせあせ(飛び散る汗)






ちなみにこの器は

わたしが18歳当時 上京した折に実家から適当に持ってきたもの。

いやー、ものもちいいなー、わたし。

んでもって翌日は更に豪華バージョンの

贈答用いちじく添え 上司よいつもありがとう・・ 朝の慌ただしさ付き。






この世で一番無意味なコトバ。

メルさんへの

「ゆっくり食べな」 。

*****

最近、弊ラボ近くにわんこの保育園ができたかと思ったら

今月、ペット同居専用マンションがこりゃまた近くにできました。


151027_6.JPG


飼い主不在時もネットワークカメラであーんしん、というもの 犬(笑)

なんだなんだ?このあたり、犬飼いさんがそんなに増えたんだろうか?

うん・・増えましたね。この前は近くの公園で

犬の運動会やってたもんね。

(種目に入る前にわんこと飼い主とでトラックを行進するのです。

その段階で逃げ出すわんこもいれば、飼い主と動きがピッタリな

優等生わんこも・・。)


で、このマンション


151027_7.JPG


やはりペット飼育に特化しているため

相場より諭吉ひとり分ほどお高いのですが

既に問い合わせが殺到しているという・・。

うさぎにはなんだか肩身の狭い街になってきたような

ペット全体にオープンな街になってきたような

複雑な心境であります。


*****

では今日のおまけです。( ← モーニングサテライト風)


151027_8.JPG


なんで郵便局で手紙に直に関係ないものが販売されるんだーっあせあせ(飛び散る汗)

ミッフィートラップめ、このこのこのーーーどんっ(衝撃)

無視しろという方がおかしい 顔(汗)









      

ニックネーム らぼすたっふ at 15:30| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

プレミアムしっぽカード&ドイツ三昧


時系列にブログにイベントを記録できてなくてすみませんあせあせ(飛び散る汗)

遡ること今月初め、ニッショーホールに

『ヒトラー暗殺、13分の誤算』の試写を観に行きました。


151017_1.JPG


タイトルから推察されるように、

ご存じ、『ヒトラー〜最期の12日間〜』を撮った

ヒルシュビーゲル監督の最新作です。

手掛けた監督をクローズアップするためと

内容のヒントを与えるために

配給会社がつけたセンスある邦題に

一瞬「ん?続編?関連のある作品?」と思ってしまったのですが

ヒトラー本人や側近に焦点を当てた「最期の12日間」とは

その内容も描き方もまったく違ったものでした。

昨日封切られたばかりなので細部には触れませんが

史実に基づいた「単独でヒトラー暗殺を図った人物」を軸に

彼と関わりを持った人間たちの人生の変遷を

戦慄の影が色濃くなってゆく時代の移ろいを丁寧に織り込みながら

静かに、しかし強く物語ってくれる映画でした。

オフィシャルサイトにもある

「あの時、目を開けていたのは、僕だけだった」

がすべてを表しています。

ものすごく納得のゆくキャッチコピー。すごい。

「es」(2002年日本公開)を撮ったヒルシュビーゲル監督ならではの

巧みな心理描写に唸り、

尊敬する字幕翻訳者である吉川美奈子さんの訳に

随所で感動を覚えました。

(わたしなら「僕にはいつだって仕事はあるさ」と訳すところを

「職には困らないさ」と訳すそのセンス・・・。

素人とプロの歴然たる差ですね。さすがです。)


******

ドイツとの縁が何故か続く今月。

おとといの木曜には飯田橋の


151017_2.JPG


東京ルーテルセンター教会まで


151017_3.JPG


ドレスデン フィルハーモニック児童合唱団

Philharmonischer Kinderchor Dresden

のコンサートを聴きに行ってきました。

直前までこの合唱団の存在を知らず、

しかもわたしの好きな「少年合唱」ではなく混声だったものですから

かなり迷ったのですが、友人ルーカスからの


「ぼくも今まで知らなかったけど、サイトで試聴してみたら

悪くないじゃない!それに指導者のBergerさんは

児童合唱に対してとても厳しくて熱意のある方として

有名なんだよ。行ってみたら?」


とのメールが後押ししてくれ、

そうよね、まずは自分の耳で聴いてみないとね、と

行ってみることに。

結果。


行って良かったexclamation×2exclamation×2exclamation×2exclamation×2exclamation×2


宗教曲から現代曲、ポッポスまで幅広いレパートリーを

すべて暗譜(日本の曲も!)で披露してくれた彼らのコンサートは

本当に本当に感動でいっぱいのすばらしいものでした。

実力もさることながら、一曲一曲に込められる「気持ち」が

直球で伝わってくるんですよね。

コトバに変換するというワンクッションを排して

温かでピュアでまっすぐな気持ちが

素朴で澄んだ音にのせられて

こころにストレートに届くんです。

この心地良さ。

ほかの生活シーンではきっと味わえない貴重なもの。

生きているってやっぱりいいことじゃないって

自然に思える説得力を持った彼らの素晴らしさを

わたし(と らす´ )は完全になめていました。ごめんなさい


アンコールで歌われた曲

「Der Mond ist aufgegangen」(月は昇りて)

で完全にわたしの涙腺が崩壊。

もともと大好きだった曲ということもあるけれど、

月に帰った子たちの姿が眼裏に浮かび、

あとからあとから涙があふれてきてしまいました。


コンサート後、この合唱団によるこの曲の録音がどうしても欲しくて

(他の合唱団が歌ったCDは山ほどあるのに!)

数種類並べられたCDを売るスタッフさんに

「この曲が入ったCDありますか?」

と収録曲を調べてもらい(ご迷惑おかけしました…)


151017_4.JPG


しっかりゲットハートたち(複数ハート)


ちょっと録音が古かったけれど

(そして指揮者さんが今とは違っていたけれど)

歌声は変わっておらず、只今ヘビロテしております。

まさに月が放つ優しい薄明かりのような曲。

大学時代にわたしが脚本書いて監督もやらせてもらった映画の

エンディングに流した想い出深い曲でもあります。

月並みな言葉ですが、音楽って理屈抜きでいいものですね。


151017_5.JPG


コンサートの後は らす´ と中華食べながら

ハイボールでほろ酔い。

試写のときも、このコンサのときも

メルさんのごはんのために

時間休を取ってくれた らす´ 。どうもありがとう。


*****

さて。

やっと。

エントリタイトルの「プレミアムしっぽカード」のお話ですたらーっ(汗)


いつもイタライやアークトゥルスといった

メルさんの「ご褒美おやつ牧草」でお世話になっている

うさぎのしっぽさんのメンバーズカードを

無料でプレミアムなものにしてくれる!

というお知らせをいただいたので

早速メルさんの画像を送らせていただきました ウサギ

すると・・・


151017_6.JPG


届くの早っ!!!


中を見てみましょうーわーい(嬉しい顔)


151017_7.JPG


わーぴかぴか(新しい)

メルさん、かわいいっ!アイドルみたいっ!(∞親ばか)


151017_8.JPG


右が今までのカード。

後ろ姿のロップちゃん、今までありがとね。

これからはおさいふの中に

いつもメルさんを忍ばせます。うふふのふーかわいいぴかぴか(新しい)


*****

今日のメルさん。


151017_9.JPG


リラックスしていたところを捕獲され、月イチの爪切り。

らす´ が保定して、わたしがパチンパチン。

このスタイルももう5年続いてるんだね。

メルさんには気の毒だけど、家族の幸せな絆を感じられる

大切な儀式(?)のひとつだよ。


151017_10.JPG


メルさん、おつかれさま。また来月ね。











     
ニックネーム らぼすたっふ at 20:58| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

オクトーバーフェストin横浜

今まで何度も「行ってみたいなあ」

と思っていたものの、そのビミョーな遠さが

意欲を阻んでおりました。

が、今年こそexclamation×2

「行ったら、帰りにりりまるコンビに会えるんじゃない?!」

と二度おいしいプランが腰を上げさせ、

お近くに引っ越した がじゅ姐&パパさんを無理矢理誘って

行ってきましたよー


151011_1.JPG




東京横浜ドイツ学園



昔は山王(@東京の大森)にあったのですが

生徒数増加のために横浜に大きな新校舎を建てたのです。


151011_2.JPG


お昼頃に到着したのですが

会場内は既に超満員ダッシュ(走り出すさま)

何しろふだんは学校として使われているのですから

グランドに設営されたテーブル数もそれなりの規模で。

お料理やビールを買う行列は

日比谷や青山公園のOktoberfestと比べたら

全然多くないのですが、とにかく「場所みつけ」が大変であせあせ(飛び散る汗)

今後行かれる方のための参考情報ですが、

ビニールシート持参が賢明でスマートですぞGood


さあさあ、我々4人もそれぞれお好みのスタンドで

食べたいもの飲みたいものを買ってきましたよ。


151011_3.JPG


がじゅ姐とパパさんのヴルスト(ソーセージ)は間違いなしの定番、

そして らす´ がオーストリーのスタンドで買った

シュニッツェルサンドも鉄板メニュー。

問題は手前のグロい料理ですが・・。

北ドイツ料理が大好きなわたしが北独スタンドで買ったもの。

「ラプスカウス」という北ドイツ料理です。

わたしが料理が来るのを待っている間、

バイエルン(南ドイツの州)出身のドイツ人女性が

スタンドのおじさんに

「ラプスカウスって何ですか?」

と初めて目にする(!)そのグロ料理について

興味津々に訊いていらっしゃいました。

北独おじさん、

「コンビーフや玉ねぎやじゃがいもを

ぐちゃぐちゃに煮込んだものだよ。美味いよ!」



・・美味いと思わせるはずがないよたらーっ(汗)・・

この説明に、バイエルンのお嬢さん

「あ、そうですかー。OK あせあせ(飛び散る汗)

と帰っていっちゃいましたダッシュ(走り出すさま)


でもね、ヘリング(ニシン)や赤カブや

ピクルスや目玉焼きも付いてきて

とてもお得で美味しいんですよ( ← 個人差ありかもですが)

ハンブルクなど、北独に行かれる方がいらしたら

どのレストランにも定番メニューとしてあるはずなので

おすすめいたします、Labskaus


テーブルに人数分のスペースが初めは取れなかったので


151011_4.JPG


立ち食いを強いられるパパさん・・ごめんなさいたらーっ(汗)


校舎内では


151011_5.JPG


鉄道模型展示がありました。

ICEが輸出するクルマをたくさんのっけて走ってる新幹線

VW問題で大変なこの時期に

これまたアイロニーなドイツ学園・・侮れません。

保護者の方々の手作りケーキが味わえるカフェなどもあったのですが

とにかく人・人・人、行列に次ぐ行列、で断念。

さっさと切り上げて

次なる目的地に向かいましょう くつ


151011_6.JPG


こんにちは、まるくんexclamation

また来ちゃったよexclamation

りりまるコンビとは先月のシルバーウィークに会ったばかり。

「あれー?またあのおばさん来たよ。

あれあれ?でも今日は見知らぬおじさんもいるぞ」


とか思われたのかなーあせあせ(飛び散る汗)ウサギ

でもね、3年前に保護猫の桃ちゃんを譲り受けに行った時

らす´ はまるくんたちと会ってるんですよ。

懐かしいなあ、あれからちょうど3年かあ。

桃ちゃん、すっかり大きくなってることでしょうね。

(今月末に某県までちょっと遠出して会いに行く予定ですぴかぴか(新しい)


さて、社交的紳士に成長を遂げたまるくんは


151011_8.JPG


らす´ に内緒話をもちかけたりして

旺盛なサービス精神を見せてくれました。


おやつタイムにはシャイなりりちゃんも飛んできて


151011_7.JPG


にわか人気者の らす´。


お土産には、タイムリーなことに前日届いたばかりという

八丈島の初物明日葉四葉


151011_9.JPG


ニンゲン用も!!

こんなに沢山いただいちゃいましたよ。

まるくんが鶴首して待ちわびていた初物明日葉。

おいしくないわけがない!

メルさん、メルさん!

まるくんの明日葉たくさんもらってきたよー。


151011_10.JPG


そりゃもう、ものすごい食べっぷりですよ。

大興奮して茎も葉っぱもいっしょくたにもりもり口の中へ。

咀嚼速度と嚥下速度がかみ合わず

たびたびの「おえっ」を繰り返しながらも

どんどん食べ進めるメルさん。





明日葉汁の飛ばしっぷりも豪快極まりない。

(まるくんたちは決してこんなお下品な食べ方をしないので

「明日葉で汁が出るー?!」とがじゅ姐には驚かれましたけど・・。)


ニンゲン用の明日葉は早速


151011_11.JPG


らす´ が小洒落たスープにしてくれました。

いつもいつもありがとう、がじゅ姐&パパさん&りりまるコンビウサギ


美味しく楽しいOktoberfest(10月のお祭り)でありました ビール














ニックネーム らぼすたっふ at 12:15| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

『頭のいい山下清』



メルさんの名前の由来説明エントリ(2011年10月22日)


でも既に書いておりますが

らすズ がドはまりしたドラマ「Re:Genesis」に出てくる

ボブ・メルニコフ氏への敬愛を込めて

その名を頂戴したわけであります。

先般、このドラマのまとめサイトを発見し

ボブ・メルニコフ氏について

『このボブが最高にいいキャラなのです。

頭のいい山下清みたいな。』(原文まま)


と記載がありまして。


思わず膝を打ちましたexclamation×2


なるほどねー。そうだね、そうだそうだ ひらめき


というか、山下清さん自身が頭いいよねexclamation&question

サヴァン症候群とされているものね。

(中居くんの「ATARU」観てましたかー?)

うーん、膝を打ったものの、

ボブ・メルニコフ氏 → 山下清さん → メルさん と

遷移を重ねてゆくにつれ、

最終的は「いつも食べてる(おにぎり)」の

イメージだけが残る・・みたいなあせあせ(飛び散る汗)

めざせ!

うさぎ界のボブ・メルニコフ、そして

うさぎ界の山下清exclamation×2

...無理かウサギダッシュ(走り出すさま)


どう?メルさん?

ネーミングがプレッシャーになってない?


150926_1.JPG


・・全然 Hello だそうですあせあせ(飛び散る汗)


そうそう、ソアホックの状態も変わらず現状維持って感じです。


150926_2.JPG


良くも悪くもならず。でもマットを変えてから

少しだけ赤みが減ってきたかな?

「うさぎのチカラ」というサプリが大変効果が高いようなので

万が一悪化してきたら

最後の頼みの綱としてお縋りしようと思っております。

が、どうかどうかこのままで。

欲を言わないからこのままでありますように。












ニックネーム らぼすたっふ at 16:23| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

高原の麦ふりかけ&ドイツ統一記念日


今日10月3日はドイツ統一から25周年記念ということで

いつも以上に現地は盛り上がっているようですね。


思い起こせばあの1990年、まさかまさか

ライプツィヒに行くのにビザが要らなくなるなんて

本当に信じられない夢の時代がきた!と興奮したものでした。

ドイツ統一(Deutsche Einheit)とはいっても

正確には

東ドイツが西ドイツに編入されたのであって

「西ドイツ ライプツィヒ市」になったのですが。

(ものすごいおかしな感覚でした・・・)


今の若い世代の方々はこの経緯や背景を知らない人も

多くなってきているのかな?

そういう人たちのために

2分でわかる という動画が

YOUNG GERMANYさん から配信されましたので

紹介させていただきます。 (オフィシャルなので埋め込みます)





旧東独では「ベルリンの壁があった方がよかった」

と、理想と現実のギャップに悩まされた人々も

決して少なくはなかったらしいのですが(そしてそれは今でも

「オスタルギー」という言葉に集約されて

旧東独の心に根を張っている)

わたしの友人たちは異口同音に

「統一されて良かった!もし共産主義のままだったら

世界各国に自由に行けなかったし、なにより

自分のやりたいことや表現したいことを自由にできなかったはずだもの」

と西独編入を喜び、毎年お祝いの場に集っています。

*****

わたしが初めて旧東独を訪れたのは

この「ドイツ統一(=東独の西独編入)」の直後のことでした。

今ではほぼ毎年訪れているLeipzig(ライプツィヒ)。

バッハの聖地、そして聖トーマス教会合唱団の本拠地です。


当時、北回りのフライトなんて

格安航空券を謳うものですら30万円以上の値が付いていたので

わたしなんて手が出せるはずもなく

南回りのマレーシア航空にお世話になりました。

(9月料金で15万円だったかな?)

クアラルンプールからフランクフルトまでのフライトが


なんと 10時間遅れ どんっ(衝撃)あせあせ(飛び散る汗)


これには焦りましたね。

このひとつ前のヨーロッパ旅のときに使った大韓航空も

ソウルで5時間足止めくらったので

まあこんなもんかな、とは思っていたのですが

10時間空港に缶詰とは・・

それよりもexclamation×2がく〜(落胆した顔)

当時のライプツィヒにはホテルらしいホテルもなかったので

文通相手(死語)のところに泊めてもらう予定にしており

ライプツィヒ中央駅まで迎えに来てくれることになっていたので

フライト遅延を知った瞬間

日本円をマレーシアリンギットに替えて

ドイツまで国際電話をかけました。


が。


『只今この電話をつなげません。

旧東ドイツの新しい市外局番と、新しい固定電話番号を

調べてから、かけなおしてください』


このドイツ語アナウンスの繰り返し。

そんなのわかるわけないーーーーっ爆弾

日本のKDD(KDDIの前身で国際電話会社だった)に

問い合わせしようかとも思いましたが、

市外局番までは運よくわかったとしても

個人宅の電話番号なんて(ましてやここ数日で変わったと思われる

この混沌とした中で)KDDでもわからないよね、と

諦めました。

あ、クアラルンプールの空港の案内所にも

一応あたってみましたが

「ドイツが1つになったの?なにそれ?ほんと?」

みたいな返しだったので声もなく引き返してきました・・。

一度中央駅に来てもらって、わたしの姿が見えないことによって

「飛行機遅延」を悟ってもらうしかない。

そう思ったのです。

10時間遅れの飛行機の中は

マレーシアでのバカンス帰りの西ドイツ人ばかり。

もれなくわたしの隣席も3人組の西ドイツ女性で固められていました。

彼女たちにこれまでの事情を話すと

「まあ、東に行くの?」

「ひとりで?」( → 多分わたしは小学生くらいに見えたんだと思う)

「遅れたことをお友達は知らないんでしょう?

悪いけど、多分フランクフルトからの電車も

遅れると思うわよ。フランクフルト空港に着いたら

まず新しい電話番号を探してあげるから、お友達の家に

連絡しなさい。」


等々、我が事のように心配してくれました。

途中、給油のため

サウジアラビアやバーレーンに降りながら

20時間かけてやっとフランクフルトに到着。

(ああ、当時はほんとにヨーロッパは遠かったのです)

彼女たちは空港に着くなり

機内での言葉通り、電話局に問い合わせをしてくれ

わたしの友人宅の電話番号をつきとめてくれ

その場でわたしに電話をかけさせてくれました。

なんかそれだけでものすごく感激してしまったわたしは

友人のママが電話口に出て

『ああ!駅に行ったけどいなかったから戻ってきたの。

飛行機が遅れたのよね?』


と優しく言ってくれたとき、すっと肩の力が抜けて

はらはらと涙が落ちてきたのでした。

機内で一緒になった3人組は

その後わたしを「東行き」の電車のホームまで見送ってくれました。

「いい想い出をつくってね!」

というそのときのお別れの言葉が今でも耳から離れません。

連絡先を訊いておけばよかった・・。

そこから電車で5時間。

やっと着いたライプツィヒ中央駅は

ベニヤ板で覆われ、床材がところどころ抜け落ちている


とんでもなく暗くて汚くて臭い駅 でした・・。



現在の中央駅しか知らない人には

品の無い冗談としか

思ってもらえないに違いありません。

街にはトラバント(東ドイツの国産車。ダンボール車と揶揄されるが

発注から納品まで5年以上かかった)がエンスト起こしながら

それでも悠々と走り回り、30台に1台くらいの割合で

「TOYOTA」の文字を見ると

「す、すげぇー!!西側の人の車だ!」

と道行く人は声をあげていたものでした。

友人宅ではママが興奮して

「近くにスーパーマーケットなるものができたのよ!

プラスチック容器にサラダが入っているのよ!

珍しいから買ってきちゃったわ!」


と、日本でいうところのポテサラのようなものを

自慢げにわたしに見せてくれました。

わかりますよ、うん、わかります。

わたしもね、中学時代に自分の街に

初めてセブンイレブンができたとき

「自分で米を炊いて自分でこしらえるべき」

という概念のあったおにぎりが

商品棚に陳列されてるのを見て

ものすごーくショックを受けましたからねあせあせ(飛び散る汗)


*****

あれから25年。

フライト遅延があっても

ネットですぐに連絡できるでしょう。

ドイツに行くにしても

北回りで13時間もあればすぐに着いちゃうでしょう。

フランクフルトからライプツィヒまで

陸路(電車)で移動しようなんて

もう思わないでしょう。

・・時代は変わりました。

でもあの頃「不便」「無駄」と思っていたものこそ

本当の意味でのこころの豊かさを

内包していたのかもしれません。


*****

話変わりまして。

メルさんの「ご褒美」的位置付けの

「高原の麦〜アークトゥルスの瞬く頃〜」

が、どのお店でも品切れとなってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

うさぎのしっぽさんのサイトで「入荷待ち」となっていたので

秋にまた出るんだろうなーと思っていたら

「来年の6月頃」と言われ、ショックがく〜(落胆した顔)

そうかー、うさ飼い5年以上にしてもうダメダメ飼い主顔(なに〜)

ぬかったぬかった。とんだ勘違い。

というわけで、ほぼふりかけ状態となった カス

与えられては喜んで食べているメルさんです。


151003_1.JPG


いい子すぎるよ、君・・。

ふりかけのカスのそのまたカスまで全てきれいに

食べつくす(舐めつくす)んです。

いい子、というよりももはや不憫に思えるその姿。


151003_2.JPG


はいはいたらーっ(汗)

高原の麦の代わりに、同シリーズのイタライを

沢山買いだめしたからね。来年の夏までは大丈夫だからね。

でもメルさん、これらはあくまでも「ご褒美」ですよ!

ちょっとずつ、ちょーっとずつ楽しむものだから

日々のチモシーをまずはモリモリ食べてよね。

(って、モリモリ食べてますね・・あせあせ(飛び散る汗)

ごめんなさいダッシュ(走り出すさま)





























       
ニックネーム らぼすたっふ at 11:25| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

江戸菜爆食&ビンテージワイン


8月27日エントリに沢山写真を載っけた

smart canvas ムーミン時計 ですが

もうすっかり普段使いとして愛着湧いておりますハートたち(複数ハート)

あんなに沢山のお楽しみモードがあったのに

「14:00〜18:00の間に気まぐれに出現する隠れコマンドがあるかも」

なんて更なるお楽しみも取説に書かれていたので

とてもワクワクしていたのですが

先日ついに現れましたexclamation×2


151001_1.JPG


大好きフィリフヨンカ(とその子どもたち)わーい(嬉しい顔)


この「隠れコマンド」の出現率は

2-3週間に一度くらい?

またまた忘れた頃に


151001_2.JPG


雨の中、傘を差し出すママ出現。

そういえばありましたよね、

ワイルドな生活に

すっかり夢中になっちゃったパパに呆れながらも、

雨が降ってきたら、 「パパ、濡れてないかしら」

ってそわそわして結局傘を持って行っちゃうお話。

そのワンシーンが今、自分の腕で再現されているかと思うだけで

もうほんと幸せ〜揺れるハート


*****

昨日、渋谷駅前の八百屋さん店頭で

「タイムセールだよっexclamation×2

の威勢の良い呼び声に誘われて出会ったのが


151001_5.JPG


これ。お初にお目にかかります「江戸菜」なるもの 四葉


151001_6.JPG


傷みなんてどこにもない新鮮さと

そのネーミングにつられて(そして何より半分になった価格!¥

お買い上げ。

小松菜を親として

品種改良(歯ごたえや大きさや栄養素などがパワーUP)されたものだそう。

アブラナ科なのであまり多く与えてはいけないのですが

暫く青菜を食べていなかったメルさんに早速献上 ウサギ







この食べっぷり・・

期待を裏切らないどころか

小松菜からパワーアップした江戸菜の如く

ますます爆食に拍車のかかるメルさんでございますあせあせ(飛び散る汗)

しかし「江戸菜」と聞いて「変奏曲」のエドナン

真っ先に想起してしまったわたしは

やっぱりやおい世代なんだなあー

(わからない若いひとごめんなさい。コミケ会場が晴海だった頃のおはなし)


*****

期待を裏切らない、といえば

結婚14周年の話題を某所で出したら

まったく期待していなかった予想外の贈り物をいただきましたプレゼント


151001_3.JPG


ルイ・ジャドのメルキュレ。しかも紅白。

しかもしかも。


151001_4.JPG


らすズ の結婚年(2001年)の赤ぴかぴか(新しい)

白は知り合ってもいなかった2000年モノだね


ビンテージもビンテージ。

もったいぶってないでまさに今飲むべき年数ですなハートたち(複数ハート)









       
ニックネーム らぼすたっふ at 13:33| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする