2015年05月26日

オランダ(&少々ドイツ)旅記録Vol.6



《2015年5月5日(火)つづき》

ミュンヘン空港に到着してみると

ドイツはF市在住の友人Aちゃんが

昨日LINEで情報をくれたとおり

DB(どいちぇばーん=ドイツ鉄道)がスト真っ最中でしたバッド(下向き矢印)

ついこの前もストしたばっかなのに。

ルフトもストが多いし、ほんと多いなこの国は。

(いや、日本が異常なだけなのかも。)

空港から市内中央駅までの路線は本来ならば

S8線とS1線の2本があるのだけど

今日はS1が完全にストップ。

S8も間引き運行。

フライトが30分遅れ、おまけに電車の頻度がこれでは


当然友達との待ち合わせ時間に間に合いませんどんっ(衝撃)exclamation×2


ここミュンヘンには らすズ が懇意にしているルーカスの

が住んでいるので、「せっかくだからお昼だけでも一緒しよ!」

ということになったのです。

FBのMessengerで「DBのストが心配だよ」とは話していたけど

フライト遅延のことまで書く時間がなかったたらーっ(汗)

待ち合わせ時刻から30分経過して

ようやく中央駅に着いた らすズ、

予約しておいたホテル目指して一目散ダッシュ(走り出すさま)


『ホテルのロビーで待っててね』


そう約束しておいたので

椅子に座ってスマホいじって待っててくれるだろうと思いながら

2Fのレセプションに行こうとすると、

階段の壁に寄りかかって虚空を見つめる妙齢の女性がひとり。

従業員がこんなところで休憩中か?!

と一瞬過った疑念はすぐに消え

彼女こそルーカス妹だと確信。(顔がそっくりなんだもん)

ほぼ同じタイミングで名前を呼び合い、ハグ。

「なんでここで待ってたの?」

というわたしの愚問は

ロビーのないレセプションが解明してくれました。

でもね、このホテル、こういう無駄(?)を省いた代わりに

造りや設備がとても良いのです。

いわゆる長期滞在型のアパートタイプで

自炊生活もできちゃう。

トルコ人のオーナーもとても親切(めちゃくちゃ親日家)で

おまけに相場からかけ離れた安さ。

立地は駅の真ん前。文句ナシです。

まだチェックインタイム前だったので

荷物だけ預けて、予約してあるレストランへ3人で向かいます。

地下鉄で駅2つ。

DBが運行するS線のダイヤが乱れまくりなので

地下鉄はぎゅうぎゅうむかっ(怒り)

予約時刻からほぼ45分遅れて


DSC01653.JPG


『Zum Spoeckmeier』
に到着。

事前にルーカス妹が遅刻をお店に連絡してくれていたようで

到着するなり店員さんに

「遅れるとのご連絡ありがとうございました」

と言われました。(性格もそっくりだこのきょうだい)

はぁ、やっと落ち着けますー(長音記号1)

この季節にヨーロッパに来た理由のひとつ

それは期間限定の白アスパラぴかぴか(新しい)

6月中旬には食べられなくなっちゃいますからね、

これもまたキューケンホフと同じく

2ヶ月間の稀少価値。

わたしは迷わず

DSC01658.JPG


白アスパラ。(これで2500円くらい。

高いけど白アスパラには金に糸目をつけないのだ!)

自分はお高い白アスパラを堪能するのに

らす´ とルーカス妹には

「ここを選んだ理由はね、ほら、

昼の日替わり定食が手頃な値段で提供されてるでしょう?

いいよね、ここ!」


と10ユーロもしない日替わり定食を薦める意地悪なわたし顔(汗)


DSC01669.JPG


かくして二人は


DSC01657.JPG


「本日の定食(ほうれんそうのパイ包み)」をオーダー。


DSC01663.JPG


ルーカス妹はこの後大学で授業があるので

大好きなビールを泣く泣く諦め(ドイツは16歳からビール解禁)

シュペーツィ(ファンタオレンジのコーラ割り)で乾杯 ビール

バイエルン料理を愉しんだ後は

彼女のタイムリミットまでしばし街を散策。

今日もお天気に恵まれ、太陽が近い近い暑い暑いあせあせ(飛び散る汗)


DSC01674.JPG


新市庁舎。仕掛け時計が

毎正時に楽しい音楽と人形たちの踊りを魅せてくれます。


DSC01678.JPG


旧市庁舎の一角にあるおもちゃ博物館。


ミュンヘンで一番大きな市場「Viktualien Markt」を覗くと


DSC01682.JPG


白アスパラ(Spargel(しゅぱーげる))


DSC01689.JPG


白アスパラ(Spargel(しゅぱーげる))


どこを見ても白アスパラでいっぱい。

これを茹でてその場で食べさせるスタンドが無いのはなんでだろ?

禁止する法律でもあるのかなー?

レストランではあんなに高いのに

市場ではその10分の1以下の値段で売ってますよ・・・


DSC01701.JPG


「この市場はお花屋さんも沢山あるのよ!」

とルーカス妹。

うん、そうだね。きれいだね。・・なーんて言ってみたものの・・

オランダから移動してきた我々の基準がおかしなことになっているたらーっ(汗)

市場をひとまわりすると

哀しい哉、いよいよタイムリミットですもうやだ〜(悲しい顔)

今日がわたしの誕生日だとルーカスから聞いたのでしょう、

大切に持っていたプレゼントを渡してくれました。(涙)

短い時間だったけど楽しかったよ、また会おうね!

地下鉄入り口で彼女を見送り、我々は再び散策に戻ります。

いつもドイツで靴を買う らす´ 、

お気に入りの靴屋さんをグーグルのストビューで

予習してきたようで、迷わず辿り着き入店。

「ライプツィヒのRoland(店名)よりずっと広い〜!わーい(嬉しい顔)

そうです、当たり前です。ここは大都市なのですよ。

ケチケチらす´ がなんと靴を2足も買いました。

いいな、わたしはオトナの女性用の靴は大きくてダメなんだよ・・。

(どうして34とか35の靴って子ども靴しかないんでしょうか、Rolandさん。)

靴を両手に抱えた らす´ 、

それを恨めしく見ながらタラタラ歩くわたし、

もう暑くてかなわんっあせあせ(飛び散る汗)


ついこの前までミュンヘンに住んでいた友人Rオススメの

カフェ「Vee's cafe」 で一休みすることに。


「ドイツって基本アイスコーヒーなんてないから

ジュースとか頼んじゃうかもー」

と話してた我々、メニューを見て狂喜乱舞ぴかぴか(新しい)

アイス(冷)メニューがとてもとても充実しているではないですか!


DSC_0606.JPG


アイスラテとアイスカプチーノで汗を鎮め、

おまけにラスベリーチーズケーキも補給。

(フィークがぶっささって出てくるスタイルって

まさにドイツのカフェって感じ)


DSC01724.JPG

お会計をするワタクシ...(旅の友PUMAは男児用)


カウンターだけだけど、とても寛げるカフェで

地元の老若男女がふらりと立ち寄り

店員さんや顔なじみの客と一言二言会話して

「じゃあまたね」と出ていく、そんな素敵なところでした。

コーヒー豆の量り売りもしているので

そのためだけに来店する人も多く、

ゆえにアイスラテとアイスカプチーノは絶品でありましたわーい(嬉しい顔)

こんな穴場を教えてくれてありがとう、R Good

カフェで英気を養った後は

Rに教えてもらった楽譜屋さん(地下に合唱譜が沢山あるのです)を漁り

地下鉄で中央駅まで戻りホテルへ。


DSC01745.JPG


チェックインしてみてびっくり 目exclamation×2


DSC01727.JPG


うわー!ほんとに広い!


DSC01737.JPG


鍋、食器、洗剤、スポンジ、水切りカゴからまな板まで

全部揃ってる...!(スポンジ使い回しはさすがにどうよ...)

さすが異色ホテル。(昨日も違う意味で異色だったけど)


DSC01738.JPG


コーヒーマシンまであるよー。感激。

なんて驚いてる場合じゃない。

早速メルさんチェックだexclamation (Wi-Fiも凄く安定Good


<大谷さんメール (5月5日 夜)>

20時45分よりシッティングを開始させて頂きました。

お時間が遅くなり、申し訳ございません。

メルちゃんは、「ごはんごはん!」と大歓迎をしてくれました。

もうすっかりごはんの人という認識なのでしょうね。

たまーにサークルに寄り添いまったりしていますが、

それ以外はずっと忙しそうにモグモグしています。

【食事】

ペレットは完食で、チモシーもしっかりと食べています。

おやつは高原の麦と明日葉の茎にいたしました。

うんちの状態がとても良くなりましたので、

にんじんは通常の量を与えました。

一日開いたからか

一段と嬉しそうに食べているように見えました。

朝に用意したお水は飲み干しています。

【排泄】

黒っぽいうんちもほとんど見当たらず、

サイズアップしたふんわりうんちがたくさん出ていました。

楕円形の、メルちゃんご自慢の大きなうんちも出ています。

うんちの状態が回復して、ホッとしました!

それでは、また明日の朝にお伺いさせて頂きます。



150505_nacht_1.jpg


150505_nacht_2.jpg


150505_nacht_3.jpg


150505_nacht_4.jpg

(大谷さん撮影)


おー!メルさん良かったねexclamation×2

ニンジンさぞかし美味しかったことでしょうるんるん


ほっとした らすズ、お気に入りのスーパー

「EDEKA」へ出掛けるためトラムに乗ります。

ドイツのスーパーの中ではここ「EDEKA」が一番好き。

何故か相性が良いのですよね。

ちなみにこのEDEKA、昨年クリスマス時期に

日本でもニュースでたびたび取り上げられていたのです。

この話題で 下



EDEKAで明日の朝食を仕入れ、家族から頼まれていたチョコを買い

ホテルに戻って

「夕食どうする?」・・・?

うーん、ここまでベタで来たんだから

最後も思いっきりベタで!

という結論に達し、

バイエルン料理のお店「Rechthalerhof」へGO!

店員のおにーちゃんが

ハイジに出てくるペーターみたいな衣装でご挨拶。半ズボンだよ


DSC01763.JPG


「Stammtisch」(常連席(一見さんお断り席))なんて初めて見たよ 目

はい、ベタ中のベタでございますあせあせ(飛び散る汗)


DSC01759.JPG


旅に出る前、R に教えてもらった

「Ayinger」という(ファンが多いらしい)ビールに

ここで初めてありつけました。

うーん、実に飲みやすい。苦味がないのにコクがある。

「小さいの頼んだのに

大きいの持ってこられちゃったんですけど」


とドイツでもクレーマーなわたし。(恥)

「あれ、聞き逃しちゃったかなあせあせ(飛び散る汗) 大丈夫、お会計の時に引いておくんで」

と謝らないドイツ人代表のペーター(仮名)。

わたしのメインディッシュは


DSC01768.JPG


南でしか食べられないクネーデル(芋の肉団子的な...)と

Schweinebraten.(焼き豚のブラウンソース煮込み)


DSC01769.JPG


らす´ は「バイエルン風シュニッツェル」。

どこがバイエルン風だったのかは定かではないのですが

衣にマスタードが練り込まれていてとても美味でしたexclamation

そして・・・

会計時にしっかりディスカウントしてくれていたにもかかわらず

ビール(大)を飲み干すという・・・(恥)

ごめんなさいペーター(仮名)。わたしが謝るわ。

だって美味しかったんだもの、Ayingerが!

日本では数年前に輸入ストップしちゃって

今ではドイツに来ないと飲めないんだそうな。

レストランを出ると外はなんと嵐 がく〜(落胆した顔)

カミナリ鳴ってます大雨降ってます雷

明日の天気はどうなることやら・・・









     

ニックネーム らぼすたっふ at 07:46| Comment(0) | らすズの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする