2015年05月21日

オランダ(&少々ドイツ)旅記録Vol.1

《2015年5月2日(土)》


去年のGWとは全然違ったテンションで

元気いっぱいのメルさんに「行ってきます」を告げ

軽い足取りで向かった早朝の成田空港。


DSC00967.JPG


よしよし。フランクフルト行きのルフトは定刻通り。

7:30にセキュリティチェックがオープンすると

並んでいた多くの人たちと一緒に手荷物検査&ボディチェック。

免税エリアを覗かずに、すぐに出国審査を経て


DSC00970.JPG


年末にもお世話になったUAラウンジへ。

ここ、とても良かったのに

プライオリティパスとの提携が今月15日で切れてしまい

もう使えなくなってしまうのですもうやだ〜(悲しい顔)

よって


DSC_0548.JPG


こんな朝食をいただくのも今日で最後です。

前回同様ラウンジのはしごをして(理由は後述)

ゲートに向かうと、


DSC00979.JPG


9年ぶりに乗るダッシュ400の姿がありました。

この機種が現役で頑張ってるキャリアって

ルフトぐらいなのではなかろうか?


DSC00983.JPG


なにはともあれ、12時間よろしくお願いしますね。

*****

あっという間にフランクフルト。

乗り継ぎ時間が1時間と少なかったけど


DSC00995.JPG


根性でラウンジに行きましたダッシュ(走り出すさま)


DSC00998.JPG


長〜いソーセージを頬張りながら

早速のメルさんチェックですexclamation×2

シッティングはいつもの「Tokyoペットシッター」大谷さん。


<大谷さんメール(5月2日 夜)>

ご利用有り難うございます。

今回もどうぞ宜しくお願い致します。

18時10分よりシッティングを開始させて頂きました。

メルちゃんは今回も元気にお出迎えをしてくれ、

ケージの扉を開けますと

珍しくピョーンとサークルに飛び出てきました。

そして私がごはんのお皿を手に取りますと、

慌ててケージに戻って行きました。

今回も食いしん坊メルちゃんですね!

【食事】

ペレットは当然ですが完食し、

おやつの明日葉の茎4本とペレット牧草数本も

あっという間に完食です。

オーツヘイはいつもほど食べてくれず

ほとんどが残っていますが、

休憩を挟んで今はいつものスタンディングチモシーです。

にんじんを食べてお腹が満たされてしまったのでしょうか。

オーツヘイをあまり食べないのは珍しいので、

明日以降もしっかり様子を見たいと思います。

お水は底に薄っすら残る程度で、シッティング中も飲んでいます。

【排泄】

小ぶりのうんちがごく僅か混ざっていますが、

茶色くふんわりした良いうんちがほとんどです。

おしっこもしっかり出ています。

それではまた明朝にお伺いさせて頂きます。



150502_nacht_1.jpg


150502_nacht_2.jpg


150502_nacht_3.jpg


150502_nacht_4.jpg


150502_nacht_5.jpg

(大谷さん撮影)


そうなのです。

今回から大谷さんにお願いをひとつ増やしたのでした。

いつもお留守番のときは

おやつは乾燥モノだけなのですが

1月の軽度うっ滞の際に野菜の重要さを知ってから

たとえ数日でも野菜をお休みするのが怖くなってしまったのです。

忙しい大谷さんには甚だ迷惑な話ですが、

毎日夜のみニンジンを切って与えてもらうよう

お願いをしました。

メルさん、今回は(も)絶好調の様子。

・・・と、安心するヒマもなく

時刻は既にアムステルダム便のボーディングタイム。

一度制限エリアの外に出てしまったので

再度セキュリティチェックを受けて

急いでゲートに走ります。

*****

アムス行きの便はアブレストが3-3だったにもかかわらず

殆ど乗る人がおらず、一人一列占有状態でした。


DSC01007.JPG


機内で出されたケーキ。

ルフトってちょっと前までは近距離線は

ドリンクしか出さなくなった(ように記憶している)けれど

スナックが復活してくれて嬉しいですわーい(嬉しい顔)

*****

約1時間でアムステルダムに到着 飛行機

空港から中央駅まで電車で移動です。


DSC01014.JPG


車窓からの街並み。まさに運河の街!


DSC01021.JPG


アムステルダム中央駅。

東京駅のモデルになったと言われていますが・・・似てます?

駅前の、というか、駅上の

ホテル(線路を跨ぐように建っているIBIS AMSTERDAM CENTER)の

チェックインを済ませた我々、アムス市内を自由に往来すべく


DSC01022.JPG


市営交通会社オフィスで48時間チケットを買います。

急いでトラムに乗って向かった先は

今日(土曜)なら22:00までオープンしているという

「アンネフランクハウス」。

しかし。しかししかしふらふら

我々の読みは甘かった。


DSC01031.JPG


着いた時点で3時間待ち。しかも

並んで暫くするとスタッフがやってきて

我々の前の組で列を仕切り、

「今日はここまで。明日また来てください」

と慣れた声と表情でおっしゃるではないかどんっ(衝撃)

きっと毎日こうなんだろうなあ・・・。

というわけで、強制終了をくらった らすズ、


DSC01033.JPG


西教会(アンネフランクハウスの向かいにある)に

ため息まじりの挨拶をし、

目的地を変えてトラム停留所へ。


DSC01034.JPG


運河に囲まれた街。どこを切り取っても画になります。

*****

売春も麻薬も合法なオランダ、

その手の博物館も沢山あります。

売春博物館、マリファナ博物館、エロチック博物館 etc.etc...

そんなチープな(失礼!)博物館のひとつに

入ってみたいと思っていたわたし。

らす´ を連行して、ここに行きました。


DSC01035.JPG


看板見えますか?えーとですね、ここはですね、


DSC01036.JPG


拷問博物館(Torture museum)です。

何故、中世の拷問用具がアムスに展示されているのかは不明です。

並ぶことなく入れたこの拷問博物館、

非常にモヤモヤしていてB級感たっぷりです。

英語やドイツ語の説明書きもしっかりしていて

大変勉強になりましたが

オランダ初上陸の初日に訪れるところじゃないかもしれない・・・。

拷問の世界を出た らすズ、お腹が空いていることに気づきます。

そして二人である決心を。

「今回はベタな旅にしよう!」

ガイドブックに載ってるレストランやカフェなんて

いつもは行かない(高くて行けないという話も...)のですが

今回はガイドブックをフルに活用してやろうじゃないかということに。

記念すべき最初の夕食の場に選ばれたるは


DSC01043.JPG


スパウ広場近くの「Cafe Luxembourg」.

おいしいオランダ料理をいただきます!


DSC01041.JPG


二人ともオランダ料理の定番、

クロケット(コロッケのようなもの)とフリッツ(ポテトフライ)。

初めからもうベタベタ〜たらーっ(汗)


ホテルに戻ってKラウンジの戦利品整理。


DSC01047.JPG


明日と明後日の朝食になります...(やっぱビンボー旅だね顔(え〜ん)








       

ニックネーム らぼすたっふ at 07:21| Comment(6) | らすズの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする