2015年04月27日

根っこ友だち


わたしが昨年末、抜髄した歯の根管が再感染して

思いっきり凹み、思いっきりの奮発をして

自費診療に踏み切ったことを

皆様は覚えておいででしょうか。

あれから4ヶ月。

自費診療だけあって何もかにもが究められている

最先端の技術を集結させた治療のおかげで

ついに最終段階、クラウンの型取りまで

漕ぎつけましたexclamation×2

思わぬ出費である自費診療のおかげで

ケチケチ道を更に邁進しているわたしは

クラウンは保険適用(ホワイトだと自費、銀色だと保険内)

にしたので、これからは清水の舞台から

飛び降りることはなさそうです。ほっ。

この根管治療において

想定外のことがひとつだけありました。

それは

わたしといっしょに清水の舞台から飛び降りた人がいた

ということどんっ(衝撃)あせあせ(飛び散る汗)

Kさんから最初のコンタクトをいただいたのは先月のこと。

「もしよろしかったら、らすさんの通われている

根管治療歯科を教えていただけませんか?

らすさんと同じ症状があるのです」


根管の再感染の苦しみはよーく解っていますから

すぐにKさんに自分の治療過程も含めてお教えしましたよ。

で、たまたま「根管治療」で検索したらこのブログが

引っ掛かったんだなーって思っていたら

なんとKさんから

「メルさんブログをずっと楽しんでいました」

との予想外のお言葉。

そう、Kさんはうさ飼いさんだったのです ウサギ

しかもKさんにはとても信頼のおける

腕の良いホームドクターがいらして、そのドクターに

根管を診てもらおうかどうか迷っていたところに

わたしの

「根管治療は絶対専門医へ!」

の叫び。(2014年12月4日エントリ

そこで気持ちの振り子が自費診療の確実性に振れたということでした。

わたし自身の結果がまだ出ていないというのに

こんなに力んで紹介しちゃってよいものか、という

躊躇が無かったと言ったら嘘になりますが

治療途中にあっても「この先生はホンモノだ!」という

確信のもと、Kさんに自信を持ってお薦めして良かったです。

Kさんも順調に治療ステップを経て

感染源がすっかり除去されたとのこと。

根管治療のことをわたしがここでボヤかなかったら

知り合うことがなかっただろうこの縁に

不思議なものを感じています。

Kさんの愛兎 うーたん。ちゃん。


150427_5.JPG

(先月送っていただいた写真)


この4月で4歳になったミックスちゃんです。

メルさんの1年後輩ですねー。カラーが珍しくてかわいいわーい(嬉しい顔)


そのKさん、先ごろ沖縄へ行かれ

 「らすさんには色々お世話になったので・・・」 

ご丁寧にお土産を贈ってくださいました プレゼント



150427_13.JPG


パッションフルーツドリンクと

パッションフルーツジャムのセット、

そして沖縄限定黒みつミルキーに

これまた貴重なご当地琉球紅茶。

しーかーもー。

添付されていたお手紙には

Kさんの麗しきお写真(お宝につき秘蔵)

うーたん。ちゃんのお写真ハートたち(複数ハート)

150427_14.JPG

最初の画像とはアングルが違うせいか

なんだかちょっとメルさん寄りに感じられます。(親近感増幅っ)

そうそう、Kさんはメルさんにも

びわ葉を贈ってくださいました!

(何度変換しても「びわ歯」になるのは何故なの)

なんとお庭にびわの木があるそうで(すごい!)

新鮮な採りたてのものがメルさんのお口に ウサギ




(恒例の一気喰いが怖いので強制撤去&ハーフタイム入りですあせあせ(飛び散る汗)


ダメダメになった根管がもたらしてくれた思わぬ繋がりぴかぴか(新しい)

いやー、人生どんな縁があるかほんとわかりませんね。

Kさん、ありがとうございます。

これからもお互い根管情報交換していきましょう。

*****

メルさんは


150427_4.JPG


お尻部分だけだったプライムラインが背中全体にまで広がり

ちょっと恐ろしいくらいの絶好調っぷりです。


150427_1.JPG


らす´ は最近メルさんに遊んでもらってばかり。


150427_2.JPG


5歳の誕生日を来月に控え、顔つきがシャープになってきました。


150427_3.JPG


しかし無防備にべちゃっとなる姿はやはり天使...かわいい

*****

突然ですが、今クールのドラマは何を観ていますか?

アルジャーノンも沢尻ちゃんもなかなかに面白いけれど

わたしのイチオシ「Dr.倫太郎」。

ストーリーはどうでもよくて(よくないっ!)

倫太郎の犬「弥助」目当てに観ております犬(笑)

だってね、この子、

わたしの勤務先の隣にある動物タレント事務所の

一番人気くんなんですものーハートたち(複数ハート)

殆ど毎朝、お散歩する弥助くん(本名「サンディくん」)と

会うのですが、大きさもオーラもそりゃ物凄いったらあせあせ(飛び散る汗)

オールド・イングリッシュ・シープドッグという

とても珍しい犬種のモフモフなサンディくん、

たまにロケからご帰社のところに遭遇するのですが

まるでスター並みの扱いでございます。(っていうかスターですよね)

毎朝会うのに「写真撮らせてください」と言えないわたし。

今日こそは!と思うのに、今日も挑めず。

だってオフのタレントさんにそんなことしたら失礼...ですよねぇ。

堺雅人さんを生で見るよりもずっとずっと

胸の高鳴りを覚えるサンディくん、もとい、弥助くん。

いつか・・・いつかそのモフモフを一瞬触らせてもらうぞ!


150427_16.JPG

(事務所入り口のポスターより。

あら、アルジャーノンもここの事務所のタレントさんだったのねexclamation&question











     

ニックネーム らぼすたっふ at 08:57| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

メルさんファンクラブ& ma chambre


はなこさん(@「うさかいドイツ日記」)が

愛兎 海くんのファンクラブ掲示板を作って遊んでいたので

早速まねっこしてみましたわーい(嬉しい顔)

2週間限定のメルファンクラブBBS

BBSって響きがめちゃくちゃ懐かしい...。

90年代のシスアドの試験に出てきたような。

2週間で消えちゃうので記念にキャプってみました下


150423_11.jpg


否定する隙もないくらいです、はいあせあせ(飛び散る汗)

「国体クラス」、そうそれそれ。納得の表現。

その証拠動画といっても良いものが

ちょうど昨日撮れました。

毎年この季節に上司からいただくクレソン。

この苦さと えぐ味がたまらないようです。





一気に食べきった後、わたしの背後に廻ってきて
わたしの尻を鼻でつんつん ウサギ

悦楽のアドレナリンが放出されまくりますが

ここで自制心を働かせないといけません。

愛を以って厳しく。はい、もうお野菜おしまいでございます。

ちなみにニンゲンたちの分は


150423_6.JPG


らす´ 特製坦々麺の具材として

たけのこと協演していただきました。


*****

今月からちょこちょこと始めているフランス語の

勉強が楽しくてたまりませんハートたち(複数ハート)

勉強、とはいっても朝の超満員電車内では

本も開けない混雑度なので、実質

帰りの山手線20分間だけのおべんきょですが。

フラ語の響きの可愛さに悶絶しまくりの毎日です黒ハート

今までゴツゴツとしたドイツ語だけしか知らなかったので

妖精語のようなフラ語はほんとに魅惑的な響き。

たとえば、

ドイツ語で「少し」は「ein bisschen」(あいん びすひぇん)。

これがフラ語になると「un peu」(あん ぷ)ですよ。


かわいい あん ぷ かわいい


妖精語なことこの上なしぴかぴか(新しい)

ドイツ語の信号機「Ampel」(あんぺる)に至っては

フラ語ではなんと「feu」(ふ)。

カナ1文字!! かわいすぎるでしょーー!!

響きだけじゃなくて、深いんです、いろいろ。

唸ったのが、

「あなたのお仕事はなんですか?」

これがフラ語になると

「Qu'est-ce que vous faites dans la vie?」

(けすくう゛ふぇっとぅ だんらう゛ぃ?)

直訳すると

「あなたは人生において何をしていますか?」

…す、すごい。

職業を訊くフレーズじゃないみたい。

こういう哲学ちっくなところもまた魅力。

なーんて、語学でも食べ物でも男でも(?)

なんでも齧り始めが一番おいしいと言いますからね顔(ペロッ)

今が一番楽しいときなのでしょう。

それにフラ語は日々接するドイツ語と違って

どんどこ追求していかないので

多分来年運良くフランス旅行ができたら

その場で使っておしまい、さよなら、となりそう。

(20年前とまったく同じ状況...)

ならばせめて学習した証を残そうではないか!と

秋に仏検を受けることにしました。

(狙うは一番下の5級ですが...)

そうなってくると

語彙もさることながら、文法もちゃんと身につけておかないと

太刀打ちできません。

単純未来と半過去と条件法と接続法の動詞活用(人称変化)が

いつもごっちゃになってしまうので


150423_9.JPG


こういう活用表を作りました。

実家時代や一人暮らし時代は

部屋中の壁や天井、お風呂にまで

このような紙をペタペタ貼りつけていたのですが

さすがに今はそこまでできず(弊ラボ超狭いのだ)

この活用表は別称「わたしの部屋」に貼付されました。

ma chambre. わたしの部屋。イコール トイレトイレどんっ(衝撃)

狭いラボの狭いトイレで

統一性の無さ世界一の空間が

あやしい空気を生んでいます。


150423_10.JPG


同僚のパリ土産とか


150423_8.JPG


ヘルシンキから連れてきたムーミンとか

クレー展で仕入れた子たちとか


150423_7.JPG


エストニアのビール缶とか(中身を空けてから11年。健在!)

速水御舟さんのうさぎとか

あれこれぎゅうぎゅう詰めになっていて

とても落ち着いて用を足せる場所じゃありませんたらーっ(汗)


ま、来客が居ないからこそできることなんですけどねダッシュ(走り出すさま)

ああ哀しきビール缶向こうのトイレットペーパーよ…ふらふら








       
ニックネーム らぼすたっふ at 14:24| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

昭和ノスタルジー&豆苗収穫の儀





山手線が大変なことになる前日、

予てから楽しみにしていた

シュミ友Kさんとのおデートのため

いそいそと新宿に出かけてまいりました。

Kさんと前回会ったのは2012年11月。

(Kさんと話してて「前回って2013年だよね?」「え?でも計算すると

その間に起きてることとの時系列がおかしくなる...」

「えーっ?!いつだったっけ?」と

あやふやな記憶から抜け出せなかった我々を

救ってくれたのが2012年11月12日のエントリ

ブログってこういうときに便利ですね 汗)

ランチ会場は住友三角ビルの最上階。

泣く子もビビる(?)ぴかぴか(新しい) 52階 ぴかぴか(新しい)ですよー。

1974年に建てられた高層ビルの先駆者的存在の三角ビル。

どのフロアも天井が低すぎて、そして随所に

懐かしフォントを見つけてしまって、昭和を感じました。

さて。最上階のレストラン。


140411_1.JPG


夜はお高めだけどランチはお得だと定評のある

スパッカ ナポリ」。初めてお邪魔いたします。

採光もたっぷり、テーブルも広く

もちろん眺望も申し分なく

素敵なレストランですわーい(嬉しい顔) (なんか最近高層イタリアン率高いな...)


140411_2.JPG


前菜。プロシュットが苦手なわたしにはこのハムは嬉しい〜ハートたち(複数ハート)


140411_3.JPG


パスタランチとピッツァランチを二人でシェア。

ほうれん草とリコッタチーズがたっぷり載った

ブラッチョ ディ フェッロと

豚のマスタード風味フィジッリ。

どちらも(ちょっと塩分多いけど本場チックで)美味であります。


140411_4.JPG


デザートもおいしくいただきました。


140411_5.JPG


へへん。都庁と肩を並べてる優越感錯覚も堪能できちゃうぞ。

(Kさんへ。あの「点字もどきアート」は

防災無線用巨大パラボラアンテナだそうです。)


140411_6.JPG


副都心はもちろんのこと、その先々まで見下ろせます。

ニンゲンってどうして高いところが好きなんだろう?

上から下を見ることで、普段の逆シチュエーションを

一時的にでも体験すると

精神的満足が得られるんでしょうなぁ。(庶民の邪推)

2年半ぶりのKさんとの再会は

そりゃあもう濃い(濃すぎ!)ものでした。

事実は小説より奇なりとはよく言ったもので

わたしの人生もかなりのジェットコースターですが

わたしのがよみうりランドのバンデットなら

Kさんのそれはアブダビのフェラーリワールドにある

フォーミュラロッソに値するでしょう。

話を聴いててあまりの展開に整理が追い付かず

「ちょ、ちょっと待って!」と制した人は

今まで他にいませんでしたよ。びっくり。

でも、生きる勇気というか活力のお裾分けをしてもらえたし

わたしの体調最悪な時期(2007-2009)を

リアルタイムで支えてくれていた友人のひとりなので

わたしが今どのように客観的に「在る」のかが

Kさんを通じて認識できるのです。

とても貴重な存在です。Kさん、ありがとう。また会おうね。

*****

Kさんとバイバイした後は

地元ブクロに戻り、らす´ と夜のおデート夜黒ハートぴかぴか(新しい)

なーんて言ってもブクロは新宿とは違いますから

イケてるロケーションなんてありません。

三角ビルの昭和な感覚を深めるべく、

今日は自分的「昭和の日」ってことで。


140411_7.JPG


思いっきり昭和な居酒屋に連れてきてもらいましたグッド(上向き矢印)

西武の向かいにある「鳥定」

土曜だからリーマンで混んでるなんてまずないだろ、と

高を括って19:00に到着したときには

既にまさかの満席どんっ(衝撃)

しかもみんなちょっと影ありワケありなお顔。

「青い山脈」 「函館の女」 「若者たち」等々

昭和な音楽がガンガン流れるその中で

逢引(古っ!)に浸る中年カップルの

画になることといったら...!(興奮中)

そんなコアなオトナの居酒屋で


140411_10.JPG


トリスハイボールを飲み(薄いのがこれまた昭和な...)


140411_11.JPG


焼鳥に舌鼓を打ち(キホンわたしはつくねしか食べられませんたらーっ(汗)


140411_12.JPG


チーズ揚げだのトマトベーコン串だのうずら串だの


140411_13.JPG


オススメ変わり種のムール貝と大根の煮付けだの


たらふくいただきました。


140411_8.JPG


ちょっとメニューを見遣ると


140411_9.JPG


穏やかでない想像をかきたてられるものもあり

うーん、さすが昭和代表。

お味も雰囲気もごちそうさまでした!

「若い力」とか聴いてたら自然に口ずさんでしまって

カラオケ行きたくなっちゃったよー。


*****

3月8日の「モヤさま」(埼玉県草加市の回)にて

ノーリアクション軍団のカメアシ土方くんが

ベジタサイズ教室で披露していた

お題「豆苗」を見た らすズ、

「おお!そうだった!豆苗は再生するんだった!」

と二度おいしい野菜だということを思い出し

早速買ってきて再生促進運動をしておりました。

晴れての収穫日。

まずはメルさんにハサミを入れてもらいませう。





しゅしゅしゅしゅしゅ、瞬殺....








     
     
ニックネーム らぼすたっふ at 12:17| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

Frohe Ostern!

Frohe Ostern! (イースターおめでとう!)

150403_1.JPG


職場近くの満開の桜も復活祭を祝ってます

(これは2日に撮った写真です。

金曜の嵐で殆ど葉桜になっちゃいましたたらーっ(汗)


イースターに合わせて、うさぎ界も賑々しいわーい(嬉しい顔)


150403_0.JPG


友人Rからはこんなおもしろお茶目うさハガキが届き、

ドイツのはなこさん(@「うさかいドイツ日記」)からは


150403_5.JPG


こんなにステキなうさぎジャケのチョコが・・・あせあせ(飛び散る汗)


うん、ステキっていう単語の幅は広いよね。


150403_13.JPG


赤ずきんに化けたオオカミにしか見えないんですけど・・ふらふら

なんでなんでなんでなんだ、ドイツ。

どうしてこんな美的センスなんだドイツ。

今更・・な話ですが。

あとね、イースターのオーナメントも添えられていましたよハートたち(複数ハート)


150403_6.JPG


ふふ、木の温もりが感じられるね


150403_7.JPG


残念ながら食べ物じゃないんだなあ。お友達だよ。


150403_8.JPG


だから、食べ物じゃないってどんっ(衝撃)


メルさんには

「何もない代わりに10個のキスを」だって、はなこさんから。


150403_10.JPG


150403_11.JPG


ほんとにね、欲という欲が

全部食欲に集約してしまったメルさんなのですダッシュ(走り出すさま)



150403_9.JPG


オーナメントくんにはお守りになってもらいましょ。

和洋折衷、多神教。なんでもありな弊ラボです。


それでは最後に、去年フランクフルトで出会った

忘れられないイースターバニーさんのお写真を

ご好評にお応えして再度アップいたします。


reise_gw14kaninchen.jpg


ああ、ドイツ人ってドイツ人って...













ニックネーム らぼすたっふ at 08:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

レモンジーナとプライムライン


150401_5.JPG


モデルポーズメルさん、男前っ揺れるハート


いよいよ新年度ですねー桜

わたしは毎年この時期が大好きですわーい(嬉しい顔)

電車に乗り慣れない若者たちのせいで

頻繁に緊急停止や遅延があってイラつくことも多かれど

その若者たちが発するエネルギーが街中に満ち溢れていて

しかもそれがギトギトしたものではなく

とてもクリーンでクリアな稀少価値を纏っているので

都心の空気清浄の役割を果たしてくれている感じがするのです。

「木綿のハンカチーフ」じゃないけれど

都会の色に徐々に染まってゆく君たち、

今日この日この瞬間の想いを

1000分の1のカケラになっても

人生の晩節までどうか忘れないで。

*****

そう、その「都心の空気」。

4月になるのにどうしてこんなに花粉が舞ってるんだーどんっ(衝撃)もうやだ〜(悲しい顔)

レッドブル・ジャパンが開発に成功した

この奇跡の点眼薬 が欲しいぞ、ほんとに。

なんたって一滴で花粉を成層圏まで飛ばしてくれるんだからexclamation×2わーい(嬉しい顔)

ハックションジュルジュルカユカユ…のわたしに比べ

メルさんは絶好調ウサギ

1月のうっ滞通院以来、毎日2回(食前)に

ブラッシングをしています。

メルさん、ブラッシングの間は

ものすごーくおとなしくしているのですかわいい

だって、それを終えないとごはんが出てきませんからね顔(ペロッ)

そういうところは学習能力の高いメルさんであります。


150401_2.JPG


どんなに頑張ってブラッシングしても

MAXでこのくらいの量になりました。


150401_3.JPG


健康の証、プライムラインも復活してきましたよーハートたち(複数ハート)


150401_4.JPG


長〜いオーツヘイも指揮者がタクトを振るが如く

リズミカルにもりもり。

*****

GONちゃん(@「兎魂」)の真似をして

わたしも早速昨日新発売の「レモンジーナ」を買ってみました。


150401_1.JPG


オランジーナが日本でも買えるようになった時

諸手を挙げて喜んだわたしですが

この「レモンジーナ」もなかなか。

ほのかなビター感と酸味が良いですねえ。

「レモンジーナ」、名前に無理があるよなって思っていたら

やはり日本限定商品だそうな。

ファンタでもなんでも、ヨーロッパだと

オレンジテイストしかないのに

日本はフレーバー展開が早くてデカいですね。

グレープジーナとかピーチジーナとか

出てくるのも時間の問題のような。








       
ニックネーム らぼすたっふ at 12:03| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする