2015年02月05日

petitうっ滞ふたたび

去る2月1日(日)18:00頃。

17:55まで「なにか食べるものくださいください!」

おねだりしまくっていたメルさんの動きがおかしくなりました。

サークル内で眼がトロンとして鼻が動かなくなったので

「あれ?こんな時間に眠たくなったの?」

と最初は睡魔を疑いましたが

伸びをして足を投げ出す右1分と経たないうちに四足立ち

右おさまりが悪そうに団子になろうとする右また腹這いになり足を投げ出す

右すぐに立ち上がる

の繰り返しを見てすぐに


1月20日のうっ滞のぶり返しだ

と判りました。


あれから毎日ブラッシングを丹念にしているのになぜ??

とも思ったけれど、目の前にいるメルさんの症状が

紛れもなく うっ滞 なのだから仕方ない。

試しに(いつもなら夕ごはんをあげる時間帯なので)

大好きなペレットやおやつの乾燥りんごを

顔の前に置いても、ぷいと横を向いてしまうメルさん。

いつでも食欲旺盛な彼がこんな状態なのは

明らかにおかしいよね、と思っていたら

サークルからケージにとととっと戻り、

わざわざトイレではない方へ向かって行き

そこでおしっこ。

メルさんの「体調おかしいよ」サイン発令です。

困った。

困ったけれど、なんとかしなくては。

1月20日に動物病院でいただいた薬2種(プリンペラン&ペリアクチン)

を飲ませて30分後。

生ニンジンの載った皿を顔の前に持っていくと

むさぼるように食べ始めました。

いい感じ!と思ってさきほどのペレット皿を持っていくと・・・

またまた顔をそむけて「要りません」。

30分後。

乾燥りんごと乾燥パパイヤとえん麦をむしゃむしゃ。

お!それじゃあペレットは?と思い、再び

先ほどのペレット皿を持っていくと

またまたまたまた顔をそむけて「要りません」。

更に1時間後。

ペレットを自分から食べ始めたと思ったら

「フィーダーにチモシーがありません!」

と空っぽのフィーダーをガチャガチャさせて猛抗議。

あなた、ついさっきまで何も食べたくないって言ってたじゃない・・と

ツッコミ入れつつも嬉し涙とともにチモシーを補充すると

たちまち爆食モードに。

薬が効いたのか、うっ滞サイクルがそもそもそうだったのかは

不明です。(1月20日は病院到着直後に待合室で回復した実績があるので

余計に判断が難しいです。)

そのときチモシーを食べながら出したウンチが

コールタールそっくりで

1cm×4cmほどの大きさ。

解してみると毛の塊でした。

やっぱりこれが詰まっていたんだな、痛かっただろうな、と

思いながらも、わたしの「なぜ?」は消えません。

*****

一昔前までは「毛球症」とも呼ばれていた「うっ滞」ですが

今は「毛球症」は旧称、そして誤った認識とされています。

以前は大量に毛を飲み込むことによって毛の塊が胃の中に出来、

その結果、胃腸の働きが低下するのだとされていました。

しかし現在では因果関係が逆という認識がメジャーとなり、

何らかの原因により 胃腸の働きが低下した結果、

普通は体外に健康なウンチとなって排出される毛が

胃の中で水分を失い、塊を形成して球状(毛球)になり、

カチコチになって最悪摘出手術・・・。

というのが現在のうさぎ医療での「うっ滞」の定義です。

ここで解明されていない疑問。

「何らかの原因」って?!

「ストレス」と置換してもまだ釈然としません。

要はよく判っていないのです、今も尚。

しかし換毛期の体力消耗具合や

毛繕いをしてもしても抜け続ける現象は

まさにうさぎさん本人にとって過剰な「ストレス」と言えましょう。

某説によると、エンセファリトゾーンがうっ滞に密接に関与していて

エンセの薬を飲ませた途端に重度のうっ滞が治ったという

実例も挙げられていました。

また、別な某説によると

「ヒマにまかせてお水を沢山飲んでいる子は

ブラッシングを全然しなくとも、うっ滞にならない」


という『水分摂取因果説』に重きが置かれていました。

後者にちょっとドキッ。

メルさんには多飲多尿で非常に困った(尿やけがはんぱではなかった)

過去(2011年前半)があるのです。

獣医師と相談してお水の摂取量を制限してから

徐々にそれがなくなってきて今日に落ち着いているのですが

まさか・・・。それが裏目に出てしまっていたのでは。

そういえば先週はメルさんらしからぬ「お水大量残し」

が目立った珍しい週でした。

ここからは勝手な仮説ですが

水分をいつもよりも摂らないことにより

普段なら問題なく排出されていた毛が

うまくウンチにならずに固まってしまった
のではないでしょうか。

そういえば、年末の旅行があるから(シッターさんに生野菜まで

与えていただくのは申し訳ないから)という理由で

11月後半からはずっと生野菜や果物を絶っていたことを

思い出しました。(そんな大事なことを「思い出す」なんて

なんて飼い主失格な話なのでしょうか。)

生野菜が無い分、お水を飲んでくれるだろうという思い込みは

エゴ丸出しな勝手な期待だったのかもしれません。

*****

まだ真偽のほどは判らないし、その関連性すら

模索状態なのだけど、思い当たることがあれば

まずはやってみる。

「うさぎのハート」さん
サイトに載っていた

『うっ滞の原因となる閉塞物は、まるでパンの生地みたいに固く、

脱水された状態になっています。

その閉塞物に水分を加えることによって、

柔らかくし流れやすくしてあげるのが、

予防であり、治療でもあります。

水分の多い食べ物とは、「野菜」です。

現在、乾燥した牧草やペレットのみでの飼育が

主流となっていますが、近年野菜の大切さが見直されてきています。』


(以上『』内青字箇所は「うさぎのハート」さんサイトより抜粋転載(転載許可いただいています)

に則って、と言いますか、メルさんの本来の食事に戻して、

暫くは毎日少量の生ニンジンをあげてみることにしました。

量は以前(てんこもり状態)の5分の1くらい。


150205_1.JPG


150205_2.JPG


ちょっとずつ「野菜の水分」を与えることで

メルさんの状態がどうなるか、言葉は悪いけれど

実験してみようと思います。

もちろんウンチの状態を良く観察しながら。


150205_3.JPG


メルさん、前とは比較にならないケチケチ度合に愕然としてます


150205_4.JPG


沢山あげてしまうと、それはそれでガスだのカルシウムだの

糖分だのと色々弊害が出てきてしまうからね。

そしてこれは「実験」なので、エラーが出たら

また試行錯誤していくからね。

・・・ほんとはエラーなんてうさぎ飼育において

出しちゃいけないのですが

あれこれ色々試してみないことには

医学も未確立だし個体差がありすぎるうさぎとしては

やっていけないのですよ…。

今のところメルさんは元気いっぱい&健康なウンチ量産ですが

1週間〜10日間でうっ滞を繰り返してしまった場合

大元の原因(それこそ「毛球」)が胃にまだ留まったまま
、という

某説も拝見したので、再度同症状が出た際は

病院でレントゲンを撮ってもらおうと思っています。

*****

最後に、当件に関して国内外問わず色々なサイトやブログを

巡ったため、提唱内容の出典が判らなくなってしまい

「某説」と一括りにした上に無断でエントリ記載してしまったことを

深くお詫び申し上げます。









        

ニックネーム らぼすたっふ at 17:14| Comment(7) | らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする