2013年08月09日

スンガる

昨日は がじゅ姐(@「まる君との生活」) とのおデートでした。

酷暑ということで、場所はめいっぱい奮発して


ロシアexclamation×2


…にはさすがに行けないので

新宿は西口にあるロシア料理「スンガリー」でランチ。

130808_1.jpg

ボルシチが本格的でうまうまですハートたち(複数ハート)

加えて、自家製ライ麦パンが美味しすぎて感動しました。

このパンだけ買いに来たいくらいぴかぴか(新しい)

130808_2.jpg

ゴルブッツィ(ロールキャベツのトマトソース煮込み)もボリューミィハートたち(複数ハート)

130808_3.jpg

〆にはロシアンティー。

ベリーやバラやルバーブのジャムがついてきます。

味もさることながら、食器がツボすぎて

持ち帰りたい衝動に…(あぶないあぶない)

わたしの顔を見たがじゅ姐、開口一番

「元気そう〜!わーい(嬉しい顔)

そう?確かにそうかもたらーっ(汗)

だって前回は点滴直後に(医師から「安静にしてなさい」と

指示されたにもかかわらず)気力だけで渋谷まで

這って行った時だったからねあせあせ(飛び散る汗)

そんなわけで、我々のトークは飛ばす飛ばす。

夕方から別件の所用があるタイムリミット付きのわたしは

3時間という限られた時間の中で

「あれもこれも・・・えーと、そうだ、あれも話さなきゃあせあせ(飛び散る汗)

と課題をクリアしていくかのように次々と早口で喋り倒し

(きっとがじゅ姐も同じ心境だったはず)

相当に充実した濃い時間を送ったのでした。

メルさんへもニンゲンたちへもお土産を沢山もらい

ほくほく顔でラボに帰ったわたしは

またもや時間に追い立てられるように

メルさんに(早い)夕ごはんを差し上げ

次の準備をバタバタとし、すぐにまた新宿へとんぼ返り電車ダッシュ(走り出すさま)

そこから中央線に乗り換えて

(途中、緊急地震速報が鳴って電車が止まり、車内軽くパニック)

荻窪駅で らす´ と合流した後、一路目的地の杉並公会堂へ。

昼のお楽しみがロシアなら

夜のお楽しみはドイツ。

130808_4.jpg

13年ぶりに来日した「テルツ少年合唱団」のコンサートるんるん

テルツのライヴは2009年にロンドンのバービカンで

トマーナとジョイントのマタイを聴いて以来。

相変わらずなパワフルさと明るさと

独特の揺らぎのあるフレージングに

圧倒されつつも、元気の源を直にいただきましたわーい(嬉しい顔)

特に彼らのシューベルトは彼らの特性を活かしていて

(選曲も上手いのだろうけど)圧巻でした。

バッハのモテットも・・・いつも聴いているThomanerchorとは

全く違った色彩を出す響きを作っていて新鮮でありました。


130808_6.jpg

終演後、ホール前にチビちゃんたちが出てきてくれましたよ。

(同行の長年の友人Sっち曰く

「きっと(疲れてちょっと休みたい)テノールやバスのおにーちゃんたちの指令で

『お前らファンサービス行ってこい』って言われたんだよ」


なるほどなるほど。

この冷静な分析力を誇るSっちのダンナ氏とロビーで合流した我々、

その後餃子の王将でまじめな合唱団談義・・・

のはずもなく、4人の即席暑気払い夜

気づいたら23:30あせあせ(飛び散る汗)

明日4人とも仕事だよねexclamation&question

ってことで、後ろ髪引かれる思いで急いでお互いの家路に就きました。

*****
この日のためにスカートを新調するほどの気合いを入れてくれた

がじゅ姐、 (あ、わたしもおろしたてマリメッコワンピで行ったけどねあせあせ(飛び散る汗)

おいすぃ〜ロシア料理を堪能させてくれたスンガリー、

ドイツにはない湿気むんむんの猛暑の中 来日してくれたテルツ、

らすズ のくだらない話に深夜までつきあってくれたSっち夫妻、

本当に本当にどうもありがとう。

素敵な夏休みの一日を過ごせましたわーい(嬉しい顔)











ニックネーム らぼすたっふ at 08:05| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする