2013年07月31日

ドイツ&フィンランド旅記録 Vol.10

機内で嬉しい再会がありました下


DSCN0437.jpg

この子、ピングーの親戚か?

*****

<2013年7月15日(月)>


飛行機は定刻に成田に到着飛行機

ビジネスクラスの客が降りている間、

早速機内でメルさんチェックですウサギ

《7月15日(月)朝》

おはようございます。

今朝のシッティングのご報告をさせて頂きます。

今朝もメルちゃんは食欲旺盛で、

ペレットのお皿を置き終わる前に顔を突っ込み、

大急ぎで食べ始めておりました。

食後にオーツヘイを食べるとケージに戻り、

今はトイレの上に立ち

真上からフィーダーのチモシーを攻めております。

お水はシッティング中に何度も飲んでおります。

昨晩のフィーダーのチモシーは空っぽになっており、

よく食べてくれておりますが、やはりうんちは昨晩より小さめです。

量はたくさん出ております。

○○様ご夫妻がお戻りになりいつもの生活に戻ったら、

メルちゃんも安心して、うんちの大きさも戻ってくれることでしょう。

今回もメルちゃんはお留守番を頑張ってくれ、

元気にお出迎えが出来そうです。

今回もお世話をお任せいただき有難うございました。

またのご利用を心よりお待ちしております。


(大谷さんメールより)

2013-07-15-am1.jpg
(大谷さん撮影)


うぅ...もうやだ〜(悲しい顔)

読みながら感極まってしまったよ。

メルさん、本当に頑張ったね。

毎回安心させてくれたね。

そして大谷さんもどうもありがとう。

詳細な報告を読むのが何よりの楽しみでした。


*****
スーツケースを引きずりながら

やっとのことでラボ帰着家

メルさんと感動の再会ですウサギ

(またしてもメルさん、

「え?なんなの?二人揃って大声出しちゃって

もしかして病院なの?」


というような表情を呈して2-3歩後退りしちゃいましたがあせあせ(飛び散る汗)

とにかく元気いっぱい、食欲いっぱい、うんちいっぱい(大きかったですよ!)

めでたしめでたし!です。


[料金]

シッティング料 1,500円×10回=15,000円
出張費      500円×10回= 5,000円
消費税              1000円
交通費      100円×10回= 1000円
-------------------------------------
合計 22,000円




*****
<こぼれ話>

市内中心部のスーパーではどこでも売り切れだった

ムーミンはみがき。

DSCN0233.jpg

どこもこんな状態。

(黒いモジャモジャのスティンキーしか残っていない)

我々も、最初はどこ行ってもアウトだったので

諦めかけていました。


が!


アラビアファクトリー近くの

ショッピングモール内スーパーには

DSCN0445.jpg

こーんなにexclamation×2

ちょっと郊外かもしれませんが、ここは

フィンランドの2大スーパー

K-SUPERMARKET と S-MARKET の両方を擁する

夢のようなところで、穴場ですグッド(上向き矢印)

DSCN0246.jpg

その名も ar@bia.

*****
<こぼれ話その2>

離陸の際、

『人はボーディングコンプリートしましたが荷物が詰め込み終わってません』

と20分機内で待たされたことは既に書きました。

その時「こりゃかなり手荒に扱われるねぇー」

とひとごとのように笑っていた らすズ でしたが

まさか自分がその被害者に選ばれる(?)なんてどんっ(衝撃)

帰宅してスーツケースを開けたら

フレームのゆがみがひどく、

二度と閉まらない体になっていました…バッド(下向き矢印)

フィンエアの場合、こういう荷物のクレームは

本国の本社に直接送らねばならず、

不慣れな英語での交渉を重ねた結果

やっと

DSCN8145.jpg

破損証明書をもらえました。

DSCN8144.jpg

幸いにも、免責の無い携行品保険付帯のカードで

フィンエアのチケットを買っていたので

新しいスーツケースを買えるだけの保険金がもらえる見込みです。

(このトラブルが旅先でのことだったら…と思うとぞっとします。)

*****
今回もだらだらと思いつくままに綴った記録を

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

ドイツに飛ぶ目的でたまたまフィンエアを使っただけでしたが

予想外にもフィンランドが気に入ってしまい

(同時期のコペンにも行ったことがあるのですが

ずっとずっとヘルシンキの方が(個人的に)良かったです)

また次回を…などと目論んだりしています。

今回は博物館や美術館は徹底して入りませんでしたから

この国を再訪する機会に恵まれるよう祈りながら

ここで旅記を終えます。

DSCN0377.jpg

物価バカ高いけど とてもとても素敵なところでした。

ありがとうヘルシンキ。















ニックネーム らぼすたっふ at 07:39| Comment(2) | らすズの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする