2013年07月26日

ドイツ&フィンランド旅記録 Vol.5

ビール飲んで眠りこけていたら

1時間40分があっという間に過ぎ、

既に眼下にはヘルシンキの街並みが広がっていました。

うとうとしている間にスムーズな着陸飛行機

スーツケースを奪うように受け取り、

発車しようとしていた空港バスにギリギリで乗り込み

ヘルシンキ中央駅まで30分 バス

DSCN0091.jpg

中央駅到着です。

DSCN0093.jpg

駅の目の前にそびえ立つのが我々の今回のホテル。

チェックインを済ませたその足で

ダダダーッとホテルの外へ。


(学校から帰ったカツオがランドセル置いて

バット持ってすぐに家から出ていく様子を思い浮かべてくださるとありがたい。)



何故かって?

今はもう20:20。

お目当てのお店はオーダーストップが20:30.

ここからお店まで早くて15分。

らす´ に地図を見せると一瞬で暗記し

(彼は地図や路線図を見ると瞬時に

目的地までの最短ルートを割り出し、記憶貯蔵庫にデータ化するという

驚異的能力の持ち主なのだ)

走れ走れーダッシュ(走り出すさま)

公園を突っ切り、徐々に人の声が少なくなる路地へとまっしぐら。

…つ、着いた…。

しかし時刻は20:40.

店員さんに「もうclosedです」と悲しい顔をされてしまいましたふらふら

店内は日本人でいっぱい。100%日本人。

そう、ここは


DSCN0099.jpg

かもめ食堂なのでした。

ルフトハンザの遅延さえなければ…とも思いましたが

あれだけ満席だったらきっとクローズも早かったに違いない、と

自分たちに言い聞かせ、気持ちをスイッチング。

DSCN0097.jpg

公園のかもめが「残念だったね」と声をかけてくれます。

かもめ食堂で夕食をとる予定だった我々、行く先を突如失い

とりあえずは賑わいの様相を呈する Kamppi(カンピ)に

向かいます。

DSCN0107.jpg

21:26(右上の時計)でこの明るさですよ!


しかーし、ここで盛り上がっている人たちは

もう夕食を済ませた「ナイトのお楽しみ」の方々。

お店のメニューにもお酒しかありません。

どこを彷徨うも、ビアホールやバーだらけ。

営業しているレストランといえば

タイ料理、トルコ料理、ベトナム料理...

どれもわたしの苦手な香辛料・香草のきついお国ばかりです。

(というか、初日ぐらい北欧系を食べたいよ!)

結局Kamppiから中央駅まで歩いて戻り

ホテル併設のブラッセリー

「LE HAVRE(ル アーヴル)」に決めました。

お値段も市内のレストランと変わらず良心的。

(というか、フィンランドの物価自体が高いので

良心的とかそういうレベルじゃないんだけれども...たらーっ(汗)

フィンランド初日のお祝いに、今日は奮発しよう!ということで

DSCN0111.jpg

前菜にザリガニのカクテルをオーダー。

うぅ、またしてもフィンランド語(or フランス語)のメニューが読めないあせあせ(飛び散る汗)

限られた小さな知識の中から勘でオーダーを続け、

らす´ は

DSCN0114.jpg

アスパラのリングイネを、

わたしは

DSCN0115.jpg

ローストポーク煮込みを チョイス。

両方とも当たりexclamationでラッキー。

知った顔してかっこつけてワインもグラスで持ってきてもらい

しめてトータル1万円。

北欧ってこんなもんよね…。

そんなこんなで部屋に入ったのが23:30.

DSCN0117.jpg

エレベータから部屋まで歩いていると

スネ夫うさぎ(?)に遭遇。何のキャラクター?

このホテルはいわゆる「高級クラス」に分類され

格調高く、清潔で美しいホテルです。

DSCN0118.jpg


DSCN0119.jpg

まるで宮殿のよう。

(ここもオンラインで「返金不可・事前払い」を選んだので

信じられない安さ(一人一泊朝食付き¥6000円位)となりました顔(イヒヒ)


ドイツでたんまり仕入れておいた部屋用ビールを

呷りながら眠りにつく らすズ 。

明日も晴れますように晴れぴかぴか(新しい)

*****
<2013年7月13日(土)>

朝からめちゃくちゃいい天気晴れ

そして…朝から 暑いexclamation (蒸し暑さはないけど...)

ドイツで買ったあの厚手上着は早々にスーツケースの奥へと

追いやられましたとさダッシュ(走り出すさま)


朝食後にレセプションに立ち寄り、

「明日の便のオンラインチェックインをしたいのですが

プリントアウトまでしたいので、レセプションにあるPCを

ちょっと貸していただけませんか?」


と申し出ると、予想外にも

『2Fにビジネスルームがありますので、

只今その部屋のキーをお渡しします』


と笑顔のおねえさんわーい(嬉しい顔)

さすが市内屈指の高級ホテル。すげぇ〜。

ってことで、

DSCN0126.jpg

ビジネスルームのキーをいただき、

DSCN0123.jpg

明日の成田便のオンラインチェックインをして

DSCN0121.jpg

搭乗券をプリントアウトfax to

街へ出る前にロビーでメルさんチェックウサギ

(部屋はWifi有料だけどロビーは無料なのであーる)

《7月13日(土)朝》

おはようございます。

今朝のシッティングのご報告をさせて頂きます。

フィーダーの中のチモシー、お水、

どちらも空っぽになっており、変わらず食欲は旺盛です。

ペレットを完食しました後、オーツヘイとチモシーを

交互にたくさん食べております。

先ほど食べるのを中断して、サークルとケージの継ぎ目をチェックしたり、

2本足で立ってサークルの外を眺めたりしておりました。

うんちは今朝も大きいものが出ておりますが、

少し小振りのものも混ざっております。

うんちの状態は今晩と明朝も注意してチェックさせて頂きます。

今朝から新しいチモシーの袋です。

補充はめいっぱい詰めておきます。

それではまた夜にお伺いさせて頂きます。


(大谷さんメールより)

2013-07-13-am1.jpg
(大谷さん撮影)


さ、サークルとケージの継ぎ目チェック…。

大谷さんのセンス溢れる文章と、眼裏に映るメルさんの様子に

思わず吹き出す我々です。

今日も元気いっぱいで良かった良かったわーい(嬉しい顔)


さてexclamation

いよいよヘルシンキの街へと繰り出します。

DSCN0130.jpg

(らす´ はこういうの上をすぐ頭に入れてしまうのです。

「地図の読めない女」代表のわたしとしては

彼はアナログiPadのような存在揺れるハート


















ニックネーム らぼすたっふ at 07:54| らすズの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする