2013年05月09日

トルコ&スコットランド旅記録Vol.1

わたしの地味〜な趣味のひとつ「航空料金検索」。

昔こそ「格安航空券」なるものが流行ったけれど

今は直接航空会社のサイトで購入するのが

一番確実で一番安いとされています。

時代も変わったなあ・・・。

この航空料金、毎日変わるどころか

時間帯によってもころころ変わります。

コンピューターが残席に応じて自動的に計算してくれるからだそう。

ああ、本当に時代も変わったなあ・・。


で。

1月末、とんでもないことが起こりました。

「半分南周りのくせして(←ひどい言い方。失敬!)高いよなあ」

と思っていたトルコ航空が、ある日、前日の半額料金になっていたのです!

目を疑いましたよ、本当に。

だって。

ゴールデンウィークの料金が10万円切っているのですから。

(しかもイスタンブール⇔欧州の2フライト付き)

「こりゃ絶対システムの不具合だ!」

そう思った我々、勢いで購入ボタンをぽちっとな。

その料金表示は3日間続き、その後また

元のお値段(20万円近く)に戻りました・・。

うーむ。やはりシステムおかしかったんだ、きっと。


ということで、突然行くことになった目的地は

スコットランドはエディンバラ。

ここには らす´ が橋梁設計を目指すキッカケとなった

世界最大最古しかも現役の鉄橋「フォース橋」があるのです。

らす´ からはこの10年間何度も何度も

「エディンバラ行こうよー」と言われていたのだけど

『合唱ないところ縁なし』がセオリーのわたくし、

完全無視っておりました。

(そうそう、上記の検索にしても、最初は目的地を

ドイツのLeipzigにしていて、

「そういえばトルコ航空って今シーズンから

エディンバラも週3便飛ばすようになったんだっけ」

と思い出した次第。)



スコットランドといえば「キャンディキャンディ」しか

思い浮かばないワタクシ、

(アードレー家の祖先はスコットランドからの移民だったのです)

もうひとつ大事なことを思い出して膝を打ちました!

スコッチっていうくらいなんだから、ウィスキーの本場だよねexclamation×2ぴかぴか(新しい)

かくして橋好きな らす´ と 酒好きなワタクシとの

イスタンブールで道草食い〜のスコットランド珍道中が始まったわけです。


<2013年5月3日>


DSCN9102.jpg

まさか今の人生で縁があるとは到底想定していなかったトルコ航空。

これからイスタンブールまで12時間お世話になります。


トルコ航空には日本人CAさんが一人もいません。

そんなことは別にどうでもいいのですが

離陸後暫くして早速面白い(?)ことがありました。

今時珍しく全員に食事メニューが配られるトルコ航空。

これが仇となったのでした。

何故かその日の復路(←我々にとって)便のメニューが配られ

載っていたメインの選択肢は「サーモン or チキン」。

なので乗客のほぼ100%を占める日本人たちは

CAさんの言葉には耳を貸さず皆口を揃えて「サーモン」。

(だってねぇ・・・鳥インフル騒ぎの真っ只中なわけですから・・たらーっ(汗)

でも。

CAさんが必死にひとりひとりに訊いてまわっていたセリフはこうでした。

「チキン or トーフ?」

え?トーフ?豆腐?豆腐がメイン?

そんなことはないよねぇ、メニューにもないしねぇ、と

らす´ も漏れなく「サーモンぷりーず」とCAさんに笑顔で答えます。

CAさん、ここでキレた。ついにキレてしまったどんっ(衝撃)

なんと足ダンされました。(ほんとに)

「どうしてみんなサーモンサーモンって言うの!」

そりゃそうだよね、トルコ人CAさんには日本語メニューが読めないもんね。

足ダンにビビった らす´ 、「と、とーふ」と一言。

出てきたトレイを見たら厚揚げがでーんと鎮座してました。

DSCN9113.jpg


さすがイスラムの国。

チキンか厚揚げがメインだったらノープロブレム。


トルコ航空の魅力的な点ひとつめ。

最新機のB777-300ERには

(どのクラスでも)無料Wifiが飛んでいること。

わたし、「そんなサービスってビジネスクラスだけだろ」

と勝手に勘違いしておりまして、全員無料と知ったのは

ランディング態勢に入る直前。

なので日本時間の23:40頃に急いでつないでみました。


20130503-174017.jpg


感動の瞬間です。

空の上からWifi。

ああ、時代も変わったな・・・。


なんて感慨に耽るヒマもなく、メルさんチェック!


<大谷さんメール>(日本時間5/3夜)


ご利用有難うございます。

本日のシッティングのご報告をさせて頂きます。

前回のシッティングから

まだ日が経っていないこともあってか、

メルちゃんは動きに緊張は見られず

伸び伸びとサークルタイムを楽しんでくれております。

ペレットはいつも通りあっという間に完食し、

おやつのヘルシーバナナ1枚と

イタリアンライグラスを勢い良く食べておりました。

イタリアンライグラスかほぼ食べ終わると

一度ケージに戻り、コロンコロンうんちをしながら

チモシーを食べ、その後またサークルに出て来て

イタリアンライグラスの細かい部分も

掃除機のようにきれいに完食いたしました。

その後またケージに戻り、スタンディングスタイルで

チモシーを食べております。

ご心配なさっておりましたヨガマットのお噛りですが、

おやつを食べている最中と食べ終わった後に

3回噛りましたので、その都度「イケナイ!」と

叱って止めさせました。

歯を立てただけで噛り取ってはおりません。

朝のチモシーは茎の硬い部分が

少量フィーダーに残っておりましたが、よく食べております。

お水は飲み干しており、シッティング中も何度も飲んでおります。

排泄は、おしっこうんちどちらもしっかり出ております。

うんちは主にケージ右側でしており、

おしっこはほとんどトイレで出来ておりますが、

フィーダーの下あたりでも数回分した形跡がございました。

チモシーをたらふく食べたメルちゃんは、

サークルの端で腹ばいになってリラックスした様子です。

撫でてあげますと嫌がらずにお耳をぺたんと背に着けておりました。

換毛期のようですので、ブラッシングが必要の場合は仰ってください。

それでは明日もどうぞ宜しくお願い致します。


2013-05-03 19.06.jpg
(大谷さん撮影)


そ、掃除機・・。

静まり返った機内に我々のかみ殺した笑いが響いたのでした。

でも、その失笑にひけをとらないこの機内の色を見よ。

DSCN9118.jpg

ファッションホテルチックなうふふな機内。

これ、トルコ航空の魅力的ポイントふたつめ。

朝早かったので寝ようとしたら

なななんと映画のラインナップが物凄い。

(日本語対応のものだけでも)優に30本は超えている。
 
日系キャリア以外にこんな凄いサービス見たことないよ!

そういうわけで眠い目をこすりながら映画を堪能しているうちに

12時間経過してしまったのでありました。

(一番良かったのは「Ruby Sparks」という2012年のアメリカ映画。

ラブコメなんだけど、人間関係における根本的なことを考えさせられちゃった。)



DSCN9107.jpg

出演者がビミョーに違っているのもトルコ航空的魅力ね。


お!

そうこうしている間にイスタンブールの街並みが眼下に拡がってきました!


DSCN9128.jpg

もうすぐ着陸〜飛行機

DSCN9129.jpg


(つづく)

















ニックネーム らぼすたっふ at 21:11| らすズの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする