2013年02月12日

三連休でした

三連休が終わってしまいました・・・。

夢のひとときが終わって現実世界に引き戻されたときの

空虚感と緊張感を抱きつつ、充実したお休みを振り返っています。

連休初っ端は以前からお誘いを受けていた

合唱団のメンバー宅(お引っ越ししたばかり)を訪問〜家

彼女との2年越しの約束

『なか卯で親子丼買って食べようね』

がやっと実現と相成りました。

130209_1.jpg

何故なか卯・・・えぇ、我々さまぁ〜ずの大竹さん好きなのでね。

そして手土産はもちろん

Meisterbaumのスティックバージョンわーい(嬉しい顔)

130209_2.jpg

リング状のものよりしっとり感UPでこれまた美味でしたハートたち(複数ハート)

で、メルさんとお留守番をしてくれた らす´ へのお土産は

130209_3.jpg

駒込にある「こうさぎ」のもなか。

130209_4.jpg

初めて「あんず餡」をセレクトしてみましたウサギ

らす´ は耳のところからカプリッ。一瞬にしてヘビもなかになっちゃいました・・・

まだまだアクティヴ三連休。

上野の都美で開催されている「エル・グレコ展」を

やっと観てきました。

130209_5.jpg

フェルメールの時とは違って混雑していなかったけれど

わたし的にはフェルメールよりも想い入れのある方。

その昔、1986年にエル・グレコ展が同じく上野で

(そのときは西洋美術館の方でしたが)開催されたとき

わたしは初めて自分でお金を払って

美術展なるものを鑑賞したのでした。

交通費はその3倍ぐらいかかったな・・・

そのときの感動というか衝撃というか

宗教画の持つ独特の圧力と空気は今でも忘れられず

久々に当時の感慨に浸るべく足を運んだエル・グレコ展。

作品数は当時よりも多かったけれど、全体的に

明るいものが多かったような気がします。

(プラド美術館でグレココレクションを観たことのある らす´ も

「敢えてそういう作品群を集めたんでしょ」

との見解でした。)

例えば、「悔悛するマグダラのマリア」は

今回の展示は青い空の広がる

ブダペスト国立西洋美術館蔵のものだったけれど

前に観たのは空がおどろおどろしいほど

厚く暗い雲で覆われていて

マリアの目から本当に涙が零れ落ちそうだと

驚いた記憶があるので、

ウースター美術館蔵のものだったように思います。

(※両方とも図録を持っていないので
とんでもない勘違いの可能性大です)



・・・と、芸術を愉しんだかと思えば

夜は酒びたりどんっ(衝撃)夜

130209_6.jpg

兵庫のお米「夢錦」で醸したにごり酒(発泡!)を

「ちびちび」ではなく「ゴクゴク」やってたわたし。

気づいたらメルさんのサークルで爆睡していて

メルさんがずっと顔をペロペロ舐めてました・・・バッド(下向き矢印)

あぁ、飲み口の良いものは危ないよって

いつも反省するのに、まったくもって

その反省が生きませんダッシュ(走り出すさま)

130209_7.jpg

メルさんも呆れ顔です。

そんなこんなで貴重な三連休が終わってしまいました。

次の連休はGW。

そこにでっかいイベントが入ったため

これから2ヶ月はそちら方面にエネルギーをシフトしますぴかぴか(新しい)







ニックネーム らぼすたっふ at 08:02| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする