2013年01月30日

通院&東ベルリン

まずは1月28日(月)のメルさんの通院結果病院を。

残業が入ってしまったわたしは

らす´ に「全て任せたあせあせ(飛び散る汗)メールを送り、

診察途中のお部屋にこっそり遅刻していったのでした。

らす´ が既にメルさんの絶好調ぶりと

たまに両目に出る目ヤニのことを話してくれていたようで

わたしが入室したタイミングで

Dr.(=vet.)がメルさんの目にライトを当てました。

「うーん、なんともなさそうですねぇ。

鼻涙管もおかしくないようです。

多分、毛が目に入っちゃうんでしょうね」


とのこと。

ほっ。良かった。

メルさんの眼球に貼り付いた目ヤニを取るのが得意なわたし、
(って、自慢できることでもすることでもないのですが)

取った目ヤニはいつも細い糸くずのように見えていたので

Dr.のお言葉に「やっぱりな」と思いながらも

「顔洗いがヘタなのかな。それとも目の周りの毛が

抜けやすいのかな」


と、新たなメルさん独自の特徴を無意識に探っていました。

本当にニュータイプなヘンなうさぎさんです。

で、肝心の血液検査。

130130_0.jpg
(クリックで拡大)


GPT(ALT)値の欄に真っ先に目が行きます。

どきどきどき・・目

285exclamation×2

やったexclamation×2

前回と殆ど変わっていませんexclamation

ご覧のとおり、基準値からは大きく離れているけれど

ウサギメルさん基準ウサギ」として今までの数値を捉える限りでは

突出して高い値ではありません。

Dr.は

「やっぱりGPTが高いですねー」

と、そこはお医者さんらしく浮かない顔をしていたけれど、

わたしはもう嬉しくて嬉しくてグッド(上向き矢印)

Dr.が続けて

「でも、ASTやALP(←肝臓に関係する3つの酵素のうちの他2つ)

基準値ですからね。まあ、このままモニタリングをしていきましょう」


とお言葉をくださいました。

(今までにも何度か書きましたが、この3つのうち2つ以上の値がNGだと
肝臓に対する積極的検査や治療が必要となってくるそうです。)



メルさん、今のまま、どうか今のままで

ずっとこの先も続いていきますように。

そうそう、メルさんってば

ちゃんと診察が終わったことが判るんですよ。

らす´ の話によれば

診察前はキャリーの中で神妙にし続け

おやつをあげても食べようともしなかったのだそうです。

それが・・・

血液検査を終えて戻ってきたら

すっかり瞳の輝きも取り戻し

おやつに食らいついたりキャリーの外に出ようとしたり。

言葉や雰囲気って伝わるんだなあとしみじみ。


130130_1.jpg



130130_2.jpg


会計待ちのメルさん。明日葉の茎を頬張ります


¥お会計記録¥

130130_6.jpg



あ、忘れちゃいけない。

メルさんの体重ふらふら

なんと 1580gどんっ(衝撃)


初の1500超えですたらーっ(汗)

メルさん、今までカロリー無視の食生活だったけど

食欲を満足させながら体重を増やさないメニューを

考えていこうねー。


*****
話は飛んで。

先週末のこと。

「宅配買取は無理」と返品されてきた

20年も前のプラダバッグを

「捨てるには惜しい」と近所の質屋に持っていったら

ちょうど2人で映画を観られるお金になったので

迷うことなく『東ベルリンから来た女(原題「Barbara」)』

観に行きました。(@渋谷Bunkamura)

130130_3.jpg


壁崩壊前の1980年の東ドイツを舞台にした映画なのですが

まずは美術さん、よくここまで集めたなあと感心しきりの

東独時代の食品や乗り物や調度品の数々を見るにつけ

昨年訪れたドイツ最大の「DDR(東独)博物館」

脳裏を過るのでした。(そうか、こういう映画製作の際の貸し出しという役割
もあるのかな)



ストーリーはもうここに書くまでもなく容易に推測できるもの。

ということは、当時こういう現象が現地で

(日常的ではないにせよ)往々にして見られ

史実にもなっているということ。

ラストはさすがに想像がつかなかったけれど

ほっとするような落胆したような、非常に複雑な気持ちでした。


史実、と上述しましたが、こういう

「東独⇒西独への逃亡」系の話に接するたびに

否応なしに思い出してしまうことがあります。


あれは1988年、壁崩壊の1年前のこと。

東独から歴史と実力を兼ね備えた由緒正しい少年合唱団が来日しました。

その団員3名が日本公演中、東京のホテルを抜け出し

西独(大使館)に亡命したのでした。

(わたしは翌日の新聞記事で知りました。)

わずか17-18歳にして永遠に家族と会えない覚悟を決めた少年たち。

「あと1年待てば」。

それは1年後のドイツの状況など知り得ない当時、

誰にも言えない、誰にも想像できない言葉でした。


政治と芸術は対極にあるように思えて

実は互いに翻弄したり翻弄されたりという関係性を持ち

密接に結びついたものなのだな、と

当時のわたしは恐れおののいたものでした。


同じ東独において、その合唱団に比肩するところが

わたしが今も愛してやまない

Leipzig(らいぷつぃひ)のThomanerchor(とまーなこーあ)なのですが

そのThomanerchorはその亡命事件の3年前、

1985年に来日していました。

壁崩壊直後の混乱期にわたしがドイツに行ったとき、

1985年に日本ツアーに参加していた団員くんのお家に

泊めてもらったのですが

とにかく何にでもカルチャーショックを受けた記憶があります。

日本でおやつにもらったというキャンディーの包み紙や

コンビニのビニール袋が

「こんないい材質のものはこちらには無いから」と

きれいに保管されていること。

水洗トイレの流し方がわからなかったこと。
(DDR博物館にも陳列されていたけれど
天井からチェーンで吊るされているレバーを
思いっきり引くトイレ)


ファミコンなんてどの一般家庭にも無く

夕食後は皆でボードゲームに興じたこと。

バブルに躍る日本に1ヶ月ぶりに帰ってきたとき、

物質的豊かさと精神的豊かさについて

深く深〜く考えさせられた自分でした。



こういう映画が作られたり

博物館が残っていたり

歴史の負の部分についての真実を記したモニュメントが

街のあちこちにあったりするドイツという国が

わたしは好きです。

(旅行者目線だからそう思えるだけかもしれませんが。)


歴史の教科書についても、ドイツは

隣国(フランスやポーランド)と共同製作しているのですよ。

それに比べて・・・。

と後を続けるとエンドレスになりそうなので

これにて長文エントリ終了ー。

お口直しに。

130130_4.jpg

らす´ オススメの朝摘み野菜料理食べ放題の「春秋」のランチ

新しいお皿が来るたびに載ってるものが違うのでついつい食べ過ぎた・・・。









ニックネーム らぼすたっふ at 12:30| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

忙中閑なし

あれやこれやと忙しいのと

金欠のためにバイトを増やしたのと

冬の寒さが原因なのか持病の頭痛がMAXでひどいのと・・・

今まで何年も現れていなかった症状が

またもや息を吹き返してしまい

負のスパイラルに陥っていました(います)。

でも、人間って強いですね。

「一度経験して乗り越えたことなんだから、

今回もきっとなんとかやり過ごせる」

って余裕がほんの少しだけ焦燥感の中に認められる自分を

心底偉いなあと思うと同時に、

自分の魂がこの厄介な容れ物(=体)に

入っていることに感謝するのです。

(まあ、時にはもうどうしようもなくて

他の人の容れ物と入れ替わりたいと思うこともあるのですが。)


そのように振幅激しくブレるわたしを

ごくごく自然にノーマルに引き戻してくれるのが


130126_1.jpg

やはりメルさん。

最近は大根葉(上質でないけれど)が

頻繁に手に入るので、ちょっとずつ(←メルさん尺度で)

差し上げています四葉

130126_2.jpg

今日はニンジンもサービス。

メルさん、いつも自然体の大切さを教えてくれてありがとう。

曇りのない瞳で沢山の元気を送ってくれてありがとう。


そうそう、「送ってくれて」といえば。

ドイツに戻ったR(年末に会った)から

今日、手紙が届いていましたハートたち(複数ハート)

Rからもらう手紙の楽しみを倍増させているのが「切手」。

日本でも色々な記念切手が出ていますが

ドイツの切手は概して「かわいい」のです。

今回ミュンヒェンから手紙に同行してきたのは

130126_3.jpg

「fuer uns Kinder」(わたしたちこどものために)

というテーマのうさぎ付き切手。

いつも切手を吟味してくれてありがとう、R.

さて。

メルさんは明後日の月曜、通院です。

病気ではありませんHello

「GPT値をモニタリングしながら(積極的投薬や検査をせずに)

見守っていきましょう」


前回Dr.に言われたので、

忠実にちょうど半年後に予約を入れました病院

GPT値が急激に上昇していなければ

基準値を大幅に上回っていたとしても

それはメルさんの体の個性として

(メルさんの食欲や体重や排泄等に全く異常が見られない限り)

モニタリングを続けていく予定です。

どうか血液検査結果が前回と変わっていませんように。









ニックネーム らぼすたっふ at 23:09| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

シロツメクサの・・・

すずっち菜園からのプレゼントは

メルさんが食べても食べてもなかなか減らない

宝の山グッド(上向き矢印)

今日はシロツメクサを献上しましょう。

 「シロツメクサだよ〜」

という言葉に反応するひと約2名。

メルさんはダッシュでこちらに駆け寄ってきますウサギ

そして らす´ はラスカルの歌をうたいます。


130109_3.jpg


130109_4.jpg


※なぜラスカルなのか判らないお若い方はスルーであせあせ(飛び散る汗)


(JASRACにお金払えばここに歌詞を掲載できるけどそこまで余裕がありません¥









ニックネーム らぼすたっふ at 09:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月16日

換毛ニモマケズ

安牧草ニモマケズ

狭隘ケージニモ一人ノ孤独ニモマケヌ

丈夫ナカラダヲモチ・・・




メルさん、せっせとすずっち菜園の栗の葉食べてます四葉







ニックネーム らぼすたっふ at 08:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

大換毛ふたたび

昨年めでたく(?)換毛デビューをして

一人前のうさぎになったメルさんですが

今期の換毛将軍到来に

いささか苦戦しているようですたらーっ(汗)


下(ウンチ写真出てくるよアラート爆弾下




130109_1.jpg

この3日間、こういう3連単、じゃなかった、3連ウンが

必ず出ています。

でもね、やはりニュータイプウサギなのかなんなのか

他所様のうさぎさんと違って

「トイレで粘ってう〜んexclamationフン

っていうのが無いのですよ。

チモシーぼりぼり食べながら

3連ウンがスル〜ッポト〜ッって出てくるんですウサギ

やはりメルさんの黄門サマはデカい説は有力なのか・・・ダッシュ(走り出すさま)


だけどひとしきりチモシー食べたあとは


130109_2.jpg

やっぱり人並みに換毛で体力消耗するらしく

こんな姿に。

よく食べよく出しよいカラダウサギ





ニックネーム らぼすたっふ at 09:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

アクセス解析

先般の「エビチリ新年会」の際

「え〜っexclamation&question らすっちょ、アクセス解析見てないのーexclamation&question

という話になりまして。

ブログのデフォルト設定に依存することなのでしょうが

わたしが使わせていただいている

このペット専用ブログ「アセラ」さんは

「アクセス解析」ページに自ら行かないと

数値や検索ワードを見られません。

(よって、アクセス元やアクセス数値に全く関心の無いわたしは

今まで見たことがありませんでしたあせあせ(飛び散る汗) ←というか、横着すぎますね

皆の話を聞いていると、ブログエントリをUPする際には

必ずアクセス数値が出てくる仕様のところもあるようで

「そっか、じゃあ自分のところも見てみるべー」

と、本日初めて「アクセス解析」ページなるところを

訪問してみました。

・・・

・・・・・

笑ったどんっ(衝撃)

「検索ワード」のツボにハマってしまいました。

だって。

だって・・・!







某日の検索ワード欄:


「人間の本質的な脆弱性」


「あぶぶ」



シュールすぎてハートが痙攣していますー(長音記号1)


たまにはアクセス解析覗いてみるのも面白いものですね。

(え?そーいう目的ではない?)



130102_20.jpg




・・・

「陰部 濡れ」で辿り着いた方、まったくのジャンル違いでごめんなさい。







ニックネーム らぼすたっふ at 08:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

一体化

121230_3.jpg

新しい


121230_4.jpg

生命体みたいですよ


121230_5.jpg

ひつじさん大好きなメルさん





ニックネーム らぼすたっふ at 10:00| らす´(研究員Y) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

エビチリ大会第7弾〜新春の陣〜

前回、夏の盛りに開催された「エビチリ大会第6弾」

今回は今にも雪が降ってきそうな凍った空気の中、

またまた新宿シズラーにて行われました。

出席者は6名。わたしの隣から左回り
(GONちゃん・がじゅ姐・がじゅ姐パパさん・こうちゃん・すずっち・らす)



外気は凍ってもエビチリトークは熱いどんっ(衝撃)

しかも今回は新年に際し気を引き締める意味も兼ねて

シビアな直球ホンネトークを更に掘り下げた

深く濃い 6時間


(前回より時間が短いのは、お正月ウィークによる混雑を背景にした時間制限(といえるのか?)があったため。)


諸々のエントリにて皆様既にご存じなアナログ人間のわたし。

話が進むにつれ、同じ空間で相手の顔を見て直接話すことの

大切さをあらためて再認識しました。

また、自分の気持ちを素直に相手に伝えることが

実は自分自身に対して誠意を以って接していることの

表れである、ということも学びました。

パラドックス的ですが、

「虚飾や矜持を排除した他者との関わり」の場こそが

「自身と向き合い自分を成長させる」大切な場であると

(今更ながら)悟ったのでした。

そして、こういう付き合いのできる仲間が居ることに

心から感謝し、手を合わせるのでしたハートたち(複数ハート)


だって、ウサギの話なんて

全体の10分の1もなかったのではないかしらん?

ウサギというキーで繋がって、ここまでオープンに

お互いを傷つけるかもしれない覚悟を乗り越えながら

話のできる関係って、そうそう築けないと思うのです。

そういう意味でも、メルさんに感謝ですわーい(嬉しい顔)

エビチリ大会から帰ると・・・

130105_1.jpg

牧草やら乾燥葉やらを山のように持ち帰ったわたしの姿に

メルさん、目が点です 目


130105_2.jpg

メルさん用にもらったもの(写りきらないあせあせ(飛び散る汗)

他の子が食べない牧草や、お馴染みすずっち菜園で

採って(&干して)くれた野草がいっぱいです。


そしてニンゲンには

130105_3.jpg

旅のお土産やうさぎステーショナリーやお手製パンやお菓子や・・・

嬉しすぎです。まるでお年玉をもらったみたい。


メルさん、早速催促ですウサギ

130105_4.jpg

はいはい。何から差し上げましょうかねー。

野草だけでも凄い数の種類をもらったんですよ、メルさん。


130105_5.jpg

初体験の栗。爆食。


130105_6.jpg

シロツメクサ。ラーメン食い。瞬殺。


130105_7.jpg

タンポポ。きれいな緑色がみるみるお口の中へ。


メルさん、良かったねえ。

チモシーも複数もらったし、野草もまだまだ沢山あるし、

本当に恵まれているよるんるん


さて、ニンゲンたちは。

130105_9.jpg

こうちゃんのパンに合いそう、と

らす´ が大根の洋風ソテーを作ってくれました。

美味し 美味し揺れるハート

何も無駄にはしたくないエコなこうちゃん、

メルさんにも大根葉を新鮮な状態で持ってきてくれました。

130105_8.jpg

こちらも一瞬でなくなりましたよーウサギ

そうそう、上の写真にあるピンクの小さな箱、

気になりますでしょ?

130105_10.jpg

これもこうちゃんのお菓子バースデー

毎度毎度のプロ級なお味に感動です。

(これが目的じゃないけど)またエビチリ大会やりましょう。

上述のように、貴重な自己成長の場なので、ねかわいい

<おまけ>

前エントリにちょいと誤解があったようなので。

130105_11.jpg

これがMちゃんからもらったアイスヴァイン。

「アイスバイン」は「Eisbein」と書き、

こちらが豚肉の煮込み料理(伝統的ドイツ料理)です。

コトバって難しい〜ダッシュ(走り出すさま)








ニックネーム らぼすたっふ at 23:47| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

新春ガレット探訪〜mit Mちゃん〜

仕事始めの らす´ を見送ってから

まだまだお休み続行中のわたしは

親友Mちゃんと会うべく新宿はタカシマヤへ。

新年早々「久々に会おうよー」という話になり

わたしのガレット探訪に付き合ってもらう形で

お店はタイムズスクエア13Fの「ブレッツカフェ」

お正月ウィークなのでランチメニューはなかったけど

その分アラカルトで色々なものをあれこれチョイス。

(お正月だもん、このぐらいの贅沢はいいよね)


まずは乾杯のシードルるんるん

シードルだけでも種類が沢山ありすぎて

メニューとにらめっこでした 目

わたしが悩みに悩んで選んだのは

130104_3.jpg

セエディック (ブリュット 5.5%)

これがすごーーーーく美味しかったexclamation×2

ヨーロッパの田舎の酒蔵から出てきたような

深みと素朴さを漂わせるなんともいえないお味ぴかぴか(新しい)

そしてメインのガレットは(これまた種類がありすぎ!)

130104_4.jpg

アーティチョークのガレットって初めて食べました。

(というか、初めてメニューで見ました。)

生地がちょっと堅いかな?と思ったけど

タマゴを崩すと丁度良い具合にGood

塩分も適度に効いていて非常に満足しましたわーい(嬉しい顔)

Mちゃんと延々4時間喋り倒し・・・

おフランスなお店を出た後は場所を変えて

130104_4-2.jpg

一気に昭和な喫茶カウンタへ喫茶店

伊勢丹会館にこんなとこがあるなんて今まで知りませんでした。

ここでも2時間喋って喋って・・・

喋り足りないけれどタイムアップどんっ(衝撃)

またの再会を約束してバイバーイHello

Mちゃん、ほんとに楽しいひとときをありがとね。

長く濃い付き合いだけあって、もうわたしが

何を言わんとしてるのか、あなたには

判ってしまうのねあせあせ(飛び散る汗)

お土産のアイスヴァインもありがとう黒ハート

*****

さて。

我々ばかり毎日楽しい思いをしてばかりで

メルさんには何もなし?

いやいや

そんなことはありませんよ。

メルさんへのお年玉は

130104_1.jpg

でっかい段ボールタワー


中身は

130104_2.jpg

チャームさんのチモシー(500g小分けチャック袋)が

20袋exclamation×2


いつもはチャームさんの「チモシー段ボール詰め5kg(1677円)」

を買っている(←自分でビニール袋に小分けするのが面倒だけど格安なので)のですが

今回はチャック袋の小分け袋が

「数量限定福袋」扱いで出ていたのですぴかぴか(新しい)

お値段なんと103円/500gexclamation×2

 
モニタ前で らす´ と興奮し、思わず「20」と入力ダッシュ(走り出すさま)

メルさん、これで暫くチモシーに困らないねウサギ

ちなみにチャームさんからのお年賀は入浴剤でした。

冬でもシャワーのみのカラスの行水のらすズ、

たまにはお風呂にゆっくり浸かってみようかないい気分(温泉)



130104_5.jpg

ディンプレックスの前でぬくぬくのメルさん@休日の昼間モード







ニックネーム らぼすたっふ at 22:14| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

らすズの初体験とメルさんの初体験

正月2日。快晴晴れ 予想最高気温13度。

勢いで行ってしまいました。

130102_1.jpg

皇居一般参賀ぴかぴか(新しい)


地上へ昇ると・・・覚悟はしていたものの、人、人、人。

行列に並んでゆっくり進んでいくと

130102_2.jpg

凛々しい皇宮警察騎馬隊の方とお馬さん。

記念撮影用にここにずっと居てくれるそうで(お疲れ様です)

みーんな写真撮ってましたカメラ

途中で日の丸の旗をもらってまたまた進むと

130102_3.jpg

手荷物検査。

NGなモノ(食べ物・飲み物)はここで預けなくてはいけません。

チェックが済んでまた進んでいくと

130102_4.jpg

今度はボディチェック。

空港と同じように上から下まで触られたら

上着のポケットの中もチェックされます 目

進めど進めど、目的地は遠く・・・

130102_5.jpg

人・人・人 (観光バスでいらっしゃる方々も大勢)

そしてやっと

130102_6.jpg

二重橋を渡れました。

ここを渡るともう「お出まし」の長和殿まですぐです。

らすズ は第2回(11:00)ギリギリに長和殿前に着きました。

が・・・

「天皇陛下、ばんざーい!」

の声や日の丸の波は耳や眼に入ってくるけれど

殆ど最後列だったため、皇族方は全く見えずたらーっ(汗)

ここまで来たら(もう二度と経験しないのだから)

ちゃんとお姿を拝見していこう!と決心し、

第3回(11:50)のお出ましを長和殿ベランダ近くで待ちました。

(近くといってもなんとか視界にベランダが入る・・・程度ですが。)

*****
11:40に「お出まし予告」のアナウンスが流れ、

こーんなに人が居るのに空気が張り詰め

静寂がその場を包みます。

そしていよいよ・・・

130102_7.jpg

美智子様の慈愛溢れる笑顔に

じわじわと感動が広がりますハートたち(複数ハート)

時間にしてわずか5分ほどでしたが

貴重な体験をさせていただきました。

昔、友人が皇族おっかけをしていて

本籍地も皇居にしていたけれど

(そこまでの心境はさすがに解らないけどあせあせ(飛び散る汗)

ハマったらとことんハマる世界なんだろうなーと

皇族方のオーラを受けてしみじみ思っちゃいました。

*****
リニューアルしたパレスホテルで棒になった足を休めたら

らすズ はブクロに戻り、いざ初売りへexclamation (というか、元日に既に下見した)


下見の際、ゲンテンが全品20%引きだったので

財布とバッグを買おう!と勇んで行ったら

元日のみ で 撃沈・・・ゲンテンショックむかっ(怒り)

それでも昨年末から目をつけていた

デ・プレやトゥモローランドのパンツを

4割引でゲットできて大満足わーい(嬉しい顔)

(しかし試着待ちの整理券をもらうのも大変・・・ここだけは不景気知らずで感覚麻痺する)

らす´ も昨年末から狙っていたニット(ラスイチだった〜あせあせ(飛び散る汗)

をゲットできて満足満足わーい(嬉しい顔)

ポール・スミスはやっぱりセールやってない孤高のブランドでありましたバッド(下向き矢印)

*****
ラボに戻ると今日もお留守番を

きちんとできたメルさんがお出迎え。

ご褒美に、先日実家から送ってきた甘夏を差し上げました。

130102_16.jpg


130102_17.jpg


130102_18.jpg

そ、そですか・・・

メルさん、甘夏は初体験でしたが

身の部分を残して、皮だけ爆食でしたウサギ

う〜ん、メルさんの味覚ってほんとわからない顔(チラッ)

三が日の3日目はメルさんとまったり過ごしましょうかね?

(と言いつつ昨日気になった服に会いに行ってしまうかも。

去年の断捨離の意味なーしダッシュ(走り出すさま)







ニックネーム らぼすたっふ at 09:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする