2012年12月12日

美術館はしご



先週土曜は らす´ と六本木で遊びまくってました。(と書くとかっこえぇー)

まずは早めのランチ。

121208_13.jpg

2年ぶりのニルヴァーナニューヨーク。(at Tokyo Midtown)

ここは夜は敷居が高すぎてとても入れないけれど

お昼は良心的なブッフェオンリーなのです。

かといって接客にもお料理のクオリティにも

手を抜くことがないから

似非ハイソな気分になれる貴重なお店顔(イヒヒ)


121208_14.jpg
盛り方の汚さはご愛嬌...

カレー5種、サイドディッシュ多々(数え切れない)、ナンにサラダ・・・

わたしにしては珍しく、腹よりも目が食べたくて

何度もお代わりしてしまいました。

黒ニンニクのなんちゃら(料理名失念) が初体験で美味しかったなぁ。

(こ、これが後日の胃の機能停止の原因だったか...?!)


121208_15.jpg

デザートも凝っていて

春菊のフィナンシェとかパンプキンシューとか

ロングスイートポテトチップとか

チャイのプリンとか・・・もう嬉しすぎる顔(メロメロ)

ぽんぽんのお腹を引きずって次に向かったのは新美。

今月終了してしまう「リヒテンシュタイン展」

を観るためです。


121208_1.jpg


「優れた美術品収集こそが一族の栄誉」という家訓により

500年に渡って公爵家が集めた秘宝が来日しています。

リヒテンシュタインはわたしが16歳のとき

初めてヨーロッパをさすらい歩いた際

スイスからオーストリーに入る前に

1泊した想い出の国。

5フラン払ってわざわざパスポートに入国スタンプを押印してもらった記憶も・・・

もちろん公爵家コレクションが公開されている

Kunstmuseum(美術館)にも足を運びました。

リヒテンシュタインのルーベンス、とか聞くだけで

あぁ懐かしい!とあの頃を回想。

わたしも相当なおばさんになったもんです。


で。

・・・とにかくヒトが多すぎダッシュ(走り出すさま)

この様子だと最終週はとんでもないことになってるのではあるまいか。

ルーベンスの前にはやはり人垣ができていました。

クララ・セレーナちゃんの愛らしいことといったらもう・・・ハートたち(複数ハート)

とかなんとか言ってる割には、

わたしはグイド・レーニの「マグダラのマリア」が

一番気に入ってしまいましたわーい(嬉しい顔)

純粋すぎるでっかい瞳が(わたしの中の勝手な概念と)一致しない

違和感が不気味で面白くて...。

しかしあの人酔いは(いつもながら)どうにかならんものかなぁ。

あれでも入場制限するほどじゃなかったということなんだもんなぁ。

その人酔いを醒ますために

お隣のミッドタウンにまた戻って

サントリー美術館にも行ってきました。

日本画のイメージが強いサントリーですが

今の展示は 「フィンランド・デザイン展」 。

121208_2.jpg

これが・・・

・・・

ほんっとに良かったexclamation×2

三次元モノにはあまり惹かれないわたしなのだけど

食い入るように一点一点に見とれてしまいました。

インスタレーションは撮影OKだったので

(スマホカメラだけど)沢山いただきましたよーカメラ

121208_3.jpg

4階から3階に降りる階段の踊り場に行くと

突如現れる 「きわみの光」 。

なんとも幻想的です。

そして

121208_5.jpg

「トナカイの集会」。

まさに北欧!って感じでかわいい揺れるハート

121208_4.jpg

タイトルが付いていない鳥さんたち。

鳥の名前だけでも知りたくて

学芸員さんのところに訊きに行ったら

「手前のストライプの鳥が想像上の鳥で

『ヒスカリーナ』 。

奥の鳥が鴨をモチーフにした 『グラスエイダー』です」

とのことでした。

(あ、グラスエイダーはイッタラで購入できるんですね。とても買えないけどあせあせ(飛び散る汗)


121208_6.jpg

ふくろうたちも愛嬌があります。

121208_7.jpg

出口近くで見送ってくれた赤と緑の鳥たち。


121208_12.jpg


クリスマスにぴったりな演出です。

他にもジャポニズムを窺わせる「竹」とか

「睡蓮」とか「盆栽」なんて作品もあり

本当に素敵な空間でした。

ガラスって冷たいようで実はあったかいんですねぴかぴか(新しい)

(と、らす´ に言ったら

「わかってないなあ。これは北欧デザインだからあったかいの。

江戸切子なんかは薄くて冷たくて鋭いでしょ」

と諭されてしまったー(長音記号1)


ミッドタウンはさすがイルミネーションがきれい下

121208_8.jpg

写真には撮れなかったけど、エミレーツ航空主催の

スターライトガーデンも一見の価値あり。

ツリーは奇を衒ったものではなくて

121208_9.jpg

オーソドックスなものでしたが大きくて品がありましたクリスマス

丸一日お留守番を頑張ったメルさんは

121208_10.jpg

翌日の日曜、いつもより長くサークルに出て

まったり過ごしましたウサギ

メルさん、いつもありがとねかわいい





ニックネーム らぼすたっふ at 08:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする