2012年12月31日

今年も来年も表情豊かで



大晦日です。

らす´ が今年の集大成として

121230_9.jpg

白菜とじゃがいものグラタンを作ってくれました。

具にたっぷりとしみ渡った特製ベシャメルソースと

上から全体を包み込むチーズのマリアージュ揺れるハート

最高に美味ですわーい(嬉しい顔)

メルさんにも今年最後のお野菜を差し上げましたよウサギ

メルさんが食べているときの顔って

121210_2.jpg

ほんとうに ほんとうに

121210_1.jpg

おもしろい かわいいです。


来る年もまたたくさんのかわいいお顔を見せてね。

去年は らすズ はこんなことしていて

メルさんに独りぼっちの年越しをさせてしまったけれど

今年は3人一緒の年越しですウサギ

年越しといえば。

今年は らすズ は(チケットメイトを辞めた故)東急ジルベスターコンサを

オーチャードではなく5年ぶりにTV放映で愉しみます。

BBCフィルでは(第2の国歌を外国人に振らせられるか、と)振らせてもらえなかった

藤岡さんの「威風堂々」、果たしてどうなるのでしょうか 目

TV放映は(秒針つきの時計画像が出てくるから)ドキドキ度が増します時計揺れるハート

今年は(特に5月の斜頚罹患時)皆様には本当に

お世話になりました。励みになるお言葉の数々、

心より感謝しております。


121230_8.jpg









ニックネーム らぼすたっふ at 11:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

おもちが届いたよ

実家の両親から

もぢついだーがらおぐっどー (餅ついたから送るね) 」

とTEL携帯電話

今日、雨の中ゆうパックで届きましたプレゼント

121230_1.jpg

メルさん、残念あせあせ(飛び散る汗)

121230_2.jpg

メルさんには庭で採れたという同梱の甘夏をあげようね。

(ん?甘夏って冬のものなのか??)

*****

オーガニックもしくは無農薬モノしか口にしないマイ両親、

毎年自宅で有機玄米からお餅をつくります。

添加物いっぱいの市販のお餅に比べたら

確かに美味しいわーい(嬉しい顔)

歯応えも全然違うことが判ります。

(と言いつつ、ジャンクフードから離れられないわたし・・・)

盆暮れ等のイベントを問わず、

帰省という帰省を殆どしない 親不孝らすズ、

今年もラボから出ない正月です。

それなのにこうして毎年きちんと

自宅で搗いたお餅をお正月前に送ってくれる親には

感謝と申し訳なさでいっぱい。

孫が居ないゆえ、余計に「子どもかわいい」意識が

抜けないのでしょう。

(って、わたしがいつまでもホントに精神的にコドモだからなのでしょうがあせあせ(飛び散る汗)


昨日の晴れ間もどこへやら、今日は雨で寒いですね雨

しかし。

アメニモマケズ。

これから らすズ は人の少なくなってきた

東京をぶーらぶらします足





ニックネーム らぼすたっふ at 13:03| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

Rと再会。アナログってすばらしい。

昨日は予告のとおり朝イチで病院病院へ。

「あー、またノドに出ちゃいましたかー」

とDr.がすぐにトラネキサム酸を出してくれました。

夜までおとなしくメルさんとリビングでまったりウサギ

おかげさまで夜にはノドの腫れがかなり良くなりました。ほっ。

ということで、18:30に

ドイツから一時帰国中のRとの約束のお店

「さんるーむ@池袋パルコ」へ。

ここは有機野菜のサラダバーが人気で

わたしもずっと気になっていたお店。

Rは「豆腐ハンバーグ御膳」を、

わたしは「季節の京都おばんざい御膳」をオーダー。

121229_1.jpg

どれもこれも有機や自然食にこだわりぬいたものばかり。

お吸い物に入っていた里芋団子や、おばんざいのメインである

聖護院蕪蒸しあんかけが本当に美味しかったわーい(嬉しい顔)

サラダバーも「和」に徹していて、おから入りポテトサラダや

蒸しかぼちゃや蒸しニンジン (←メルさんに持って帰りたかった!) など

沢山おかわりしてしまいました。

*****

Rとは27年来のお付き合い。

今も変わらず、ずーっと文通を続けています。

文通 ですよ。文通。

(今の若いコ、解るかな?文をかわすのですよ揺れるハート

未だにPCもケータイも持たない

アナログ100%のRと話していると

なんだかとっても安心するのです。

去年はうさフェス前の10月に会ったので

ほぼ1年ぶり。

この「年1」のアナログ再会が、

わたしの中の「人と人とのお付き合い」の原点を考えさせ、

自分の在り方を客観視させ、

ブレを無くしてくれているように思います。

我々の間に沈黙という言葉はナシ。

気づいたら「お客様、ラストオーダーのお時間ですが・・・」

と恭しい店員さんのお声がダッシュ(走り出すさま)

4時間喋り倒した我々の会話は

政治や教育制度やドイツの若者のスラング等々、

トピックがあっちに飛んだりこっちに戻ったりと

忙しいものでしたが、底流にあったキーは

やはり「アナログ」でしょうか。

そうそう、会話の中で出てきた映画

『バブルへGO』

これね、「あー、あったよね、こんなもの/こんなこと!」

という懐古の念に浸れるだけではなくて

デジタル時代のもたらした功罪を

考えさせてくれるものでもあります。

*****

Rが持ってきてくれた嬉しいお土産。

121229_2.jpg

木製のうさぎコースター (リボンはRがつけてくれた)


121229_3.jpg

早速インテリアにさせてもらいました。

この反対側は・・・

121229_4.jpg

今年のわたしの誕生日に送ってくれたカード

つけてくれたイースターうさぎのオーナメント。

ラボの中がどんどんうさぎ(しかも国際化)していきますわーい(嬉しい顔)

そしてRからのもうひとつのお土産。

121229_5.jpg

Ritterチョコの新作『チョコサイコロ』ぴかぴか(新しい)

去年のうさフェスで配ったRitterチョコシリーズ

わたしは物凄く好きで(日本では種類が少ないのと高いのとで買わない)

ドイツに行くたびに買って来るのですが

今夏は(現地は最高気温17度だったけど)

日本は35度・・・という情報を見て断念したのでした。

R、いつもありがとうよーキスマーク

久々の日本のお正月を満喫してね。

そしてまた来年会いましょうるんるん





ニックネーム らぼすたっふ at 07:32| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

一年間がんばったで賞

昨日は らす´ より一日早く、わたしの仕事納めでした。

帰宅すると、珍しく らす´ が待っており

どういう風の吹き回しか、

わたしにプレゼントプレゼントがあると言うではありませんか 目

まず渡されたのはこの子。

121228_1.jpg

さつまいもマドレーヌとりんごクッキーを

背負った子が振り向くと・・・

121228_2.jpg

葉っぱ耳を持つ可愛いうさちゃんとご対面ーるんるん

普段 らす´ はこういったものを

自分では絶対に買って来ないヒトなので

「ねえ、怒らないから教えてごらん。誰にもらったの?」

等々、わたしの詰問は長らく続いたのですが

「ほんとに自分で選んで買ってきたんだよぅ。信じてよー!」

と身の潔白を訴えながら、まさかまさかの次のプレゼントを

冷蔵庫から出してきた らす´ 。

121228_3.jpg

どうやらケーキのようですなバースデー

この前クリスマス(じゃなかった、自分の誕生日)に

食べたばっかりじゃん!とツッコミ入れつつ開けてみると


121228_4.jpg

きゃぁ顔(メロメロ)

こんな子と出会っちゃったらもう即買いです、わたしでも。

121228_5.jpg

わたしが「ぎゅうひ」のモチモチ感が好きなことを

知悉している らす´ 、さすがは長い付き合いの成せる

ナイスセレクトです。(中身はいちごジャムとチョコソースが活躍するスポンジケーキで美味ハートたち(複数ハート)

むむむ。

どうした、らす´。

何の魂胆があるというのだ?

今年の統計によると、

『妻がガッツリ稼いでくれれば

自分は専業主夫になりたい(専業主夫でもOK)』


とする30代男性の割合が約7割だとか。

なるほど、ウルトラスーパー主夫らす´ 、

可愛いうさぎさんを以って更に主夫業を極めたいということか?

・・・などという半ば本気の疑問を直球でぶつけてみたら

「そうではなくてーHello

今日仕事納めって言ってから、ただそれだけの理由だよ」


とのこと。

・・・なんだか、素直に感激しましたもうやだ〜(悲しい顔)

一年間(精神的に)過酷な状況の中、

仕事を頑張ってきた自分を見てくれてる人が

近くに居たんだな、という思いを新たにしましたよ。

ありがとうありがとうありがとう。

安っぽい陳腐な言葉だけど何回でも積み重ねたい。

*****

ところで。

わたしは心身の疲労が蓄積されてそれが飽和状態になると

いつも扁桃腺が腫れる(コドモかよっ!)のですが

昨日からまた5ヶ月ぶりにその症状が出てきてしまいました。

手持ちのトラネキサム酸があとわずかなので

いつもどおりの処方をしてもらおうと

仕事帰りにかかりつけの内科に行ったところ・・・

「今日は患者さんが多くてもう緊急じゃないと受付できません!」

と受付嬢がパニックダッシュ(走り出すさま)

そこに詰め寄る

「いつになったら診察してくれるの?パンチ

「こっちは3時間も待ってるんだ!爆弾

とイライラが募った人たち。

ひゃあー・・・たらーっ(汗)受付嬢が「大半がノロの方です」

とおっしゃってたので、きっと3時間待ってる人たちも

ひどいことになってるお腹を抱えて大変なのでしょう。

(わたしも4年前の正月にノロにやられたのでその辛さがわかります。)

これじゃあトラネキサム酸どころではないわな。

熱もなければ風邪の諸症状もない。ましてやお腹はいたって元気。

ということで、今朝一番の出直しです郵便局

今日の夜は東京も雪雪になるという予報ですが

今晩はドイツから一時帰国中のRと

楽しく過ごすひとときが待っているのです揺れるハート

扁桃腺の具合が落ち着いて、お喋りに興じることができますように。





ニックネーム らぼすたっふ at 08:29| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

爪きりのお顔

一ヶ月も遡及しますが

前回のメルさんの爪きりの際

メルさんの顔にちょっと余裕の表情を読み取れたので

写真を撮ってみましたカメラ

121205_1.jpg

とACで語ったメルさん。

たしかにあったかそうで、その大きな温もりの中に

完全に身を預けている様子。

以前は怖がって手をサッと引っ込めてしまうこともありましたが

この数ヶ月は(やっと学習したのか?!)

そんなこともなくなり、こちらの緊張度合いも

だいぶ変わってきましたわーい(嬉しい顔)

121205_2.jpg

頑張ったご褒美に、と

サークルへ返す前に一口おやつをここであげるのですが

メルさんはきっとそれを学習したのでしょうな・・・ウサギ





ニックネーム らぼすたっふ at 08:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

ナデナデサインとクリスマス(と誕生日)

たまーに(ほんとにたまーに)

わたしがちょっと早くラボ出勤(帰宅ともいう)できた日には

メルさんのゆうごはんの時間まで30分ぐらい

サークルに出してあげます。

(メルさんの運動時間を少しでも増やすためというよりも

「ごはん!ごはんまだなの?!」の催促の

かじり木ガジガジ音避けという理由の方が大きかったりする(汗))



そしてやっとごはんの時間(平日は19:00)。

サークル内でぴょんぴょんしているメルさんに

「ごはんだよー。ケージへ帰ろう」

と声を掛けると、すぐにケージに戻るとき

ぐずぐずしてなかなかケージに戻らないときがあります。

後者が散見されるようになったのはここ数ヶ月のこと。

「おなかが空いているのにどうして?何が言いたいの?」

最初はメルさんのその行動の意図するところが全くわからず

こちらも手を拱いていました。

が、しかし。

ケージへと促すわたしの手(正確には右の親指)を

しきりに顎で弾くんです、メルさん。

(うーん、動画が無いと伝わりにくいですね・・)

洋服の袖口で遊びたいのかな?とか

気に入らないことがあってホントは手を噛んでしまいたいのか?とか

色々考えたのですが、どう見てもそうではなく

『顎をしゃくりあげてわたしの右の親指をはじく』 のです。

このサインを見破ったのは らす´ でした。


「メルは撫でてもらいたいんだよ!」


そうだったのです。

メルさんの額に手を当てると速攻で目を閉じ

速攻で奥歯をギシギシ。

顔を床に近づけて可能な限り脱力しようとしたのです。


信じられないでしょう?

あの 何をおいても食欲第一 のメルさんが

ごはん前にこんなことをするなんて。

でも、今月だけでも4回ありました。この

『ヒトの指を顎で弾くナデナデ催促』が。

(よくある「鼻でツンツン」というものとちょっと似ているのですが

それに更に力と勢いを加えて指にアタックしてくる感じです。)


メルさんの「ナデナデサイン」。

彼が生み出した独自のシグナルなのか

それともうさぎさん全体に共通するものなのかは

まったくもってわかりませんが、

このサインの授受だけでも

メルさんと大切な会話ができたような気持ちになり

心の底から嬉しくなってしまうのであります。

クリスマスぴかぴか(新しい)クリスマスぴかぴか(新しい)クリスマスぴかぴか(新しい)クリスマスぴかぴか(新しい)クリスマスぴかぴか(新しい)


神様、メルさんと今年も素敵なクリスマスを過ごさせてくれて

どうもありがとう。



YouTubeで紹介されていた

「わたしのうさぎへのプレゼントはずばり

クリスマスツリーです!」
の動画下




オーナメントはニンジンやセロリ、りんごなどだそうです。

ツリーそのものをむしゃむしゃ・・・かわいすぎる。

うさぎさんならではのプレゼントですねプレゼント


(長ーい)追記:

そうだそうだ、らす´ ! お誕生日おめでとうハートたち(複数ハート)


バースデーケーキを食べられずにこの歳まで育った憐れな らす´顔(え〜ん)

やはり今年も・・・

どのお店に掛け合っても

「クリスマスイヴにバースデーケーキはちょっと・・・あせあせ(飛び散る汗)

と断られてしまいました。


なので、せめて好きなお店の好きなケーキを選んでもらおうと

らす´ が以前から気にしていたヴィタメールに。

121223_1.jpg

カットケーキを沢山楽しみたい、ということでこれらをお持ち帰り家

この中からクリスマス限定モノをご紹介わーい(嬉しい顔)

121223_2.jpg

赤いクリスマス(※適当訳)

121223_3.jpg

クリスマスのお父さん(=サンタクロース)(※適当訳)


121223_4.jpg

白い家 (※適当訳)


うーん、どれもこれも本格的で美味しいグッド(上向き矢印)

たまには贅沢ケーキ三昧も良いものですな。

おっとexclamationメルさんにも

121223_5.jpg

とっておきのケーキならぬツリーもどきを用意しましたよウサギ


らす´ への(芸のない)プレゼントの紹介はまた後日・・・ キスマーク

それでは、皆様も温もり溢れる素敵なクリスマスをぴかぴか(新しい)





ニックネーム らぼすたっふ at 14:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月23日

上から目線

クリスマスという

俗世から離れる貴重で大きなイベントの季節に

こんなエントリUPごめんなさい。

ご気分を害されたくない方はこの先はお読みにならぬよう

お願いします。



今更なのですが(本当に今更・・・)

あらためてうさフェスやヘイフェスに係る皆様のブログエントリを

月遅れで拝読しています。

検索HIT先を見れば見るほどに感じたこと。

『セキュリティ意識が低い方が多い!』


皆様、概して顔写真には注意を払われているのですが

意外にも盲点なのが会場で交わされる「名刺」です。

名刺にご自身の本名(その他住所・電話番号・ケータイアドレス等々)

入れている方、多々いらっしゃいますよね?

それは 後で「年賀状出したいから住所教えてー」云々

二度手間を省くための、相手を思いやった手段なのかもしれません。


しかし!


その名刺をそのまま目隠しもモザイク加工もなく

ブログに掲載される方もまた多い、という事実を

今一度ご認識ください。


名刺写真を加工せずに載せる方も、

うっかり、だと思うのです。そう、「うっかり」。

または「画像が小さいから文字は判別できないだろう」

というご判断の下、そうされているのかもしれません。


でも、ブログのデフォルト設定等で

小さい画像でもその画像をクリックすれば

サイズが大きくなるブログもありますし

サイズ拡大を目的としたソフトもあります。


モニタいっぱいに映し出されたあなたの本名や住所が

全世界に発信されているというリスクに

今一度意識を向けてください。


掲載する側にも問題はあります。

けれど、名刺を他者に渡した瞬間から

当該リスクは名刺作成者が負うのです。

極論ですが

「このまま何も加工しないでブログにUPしていいですよ」

という許諾も添えて名刺を渡していることになるのです。


今のデジタル社会はものすごい。

それは皆様既にご承知のこと。

検索ウィンドウにあなたの住所が打ち込まれれば

瞬時にあなたの住むアパートなりマンションなりが

モニタに現れるのです。

あなたの携帯アドレスが、まわりまわって

迷惑メール業者の手に行き着く可能性もあるのです。


「そんなことは百も承知でわたしは自分のプロフィールを

全て名刺に印刷しているのよ」

という方、本当に上から目線の鬱陶しいお節介なエントリで

ごめんなさい。

最近諸々の理由から、人間を性善説ではなく性悪説から

見るようになっているので

余計に猜疑心が強くなっているのかもしれません。

・・・が、今のデジタル時代はこのくらいの意識で臨まないと

空き巣を企む輩に要らぬ判断材料を与えてしまいかねません。

詐欺をはたらく狼藉者においしい情報を流してしまいかねません。

ネットの波に載った瞬間から、日本人だけでなく

世界中の誰もの眼に晒されるのだということを

どうかどうかお忘れなく。


過ぎた老婆心かとも思いますが

何か引っ掛かることがあると看過できない厄介なタチなのです。

聖夜前の愚行、どうぞお赦しを。





ニックネーム らぼすたっふ at 00:30| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

泉を求める鹿のように



タイトル:「リンゴを求めるウサギのように」

・・・

・・・

メンデルスゾーンさま、パロってしまってごめんなさい。

ちょうどバックにかかっていたものですから・・・。


ほんとうは。

詩篇42。

涸れた谷に、鹿が泉を求めるように

 神よ、わたしの魂はあなたを求める

水が無いことがわかっていても

 神よ、わたしの魂はあなたを慕い探すのです


という内容。

救いなど無いと叫んでいながらも

神様どうか・・・と願ってしまう

絶不調のときのわたしが

思い出されます。


わたしはキリスト教信者ではないけれど

精神的渇望みたいなもの、

絶望の次に初めてやってくる希望みたいなものが

わかる気がします。


クリスマスのこの時期、

この曲ヘビロテ率高し。





ニックネーム らぼすたっふ at 08:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

サンタさんラッシュ

なんだなんだ?

サンタさんの来訪が続いていますクリスマス

今日は親友Mちゃんから

121220_M_1.jpg

うさぎづくしのプレゼントプレゼント

Mちゃん、かわいそうに、

ウサギうさぎグッズウサギを見たら らす を思い出す病」

というワクチン開発が成されていない病気に

罹患してしまったんですって顔(チラッ)

ついこの間も

温泉旅行のお土産に

かわいいうさまんじゅうをもらったばかり。

うさぎの習性をまとめた実用的なカレンダもいいけど

わたし的には

121220_M_2.jpg

手足が動くマリオネットうさぎちゃんがツボよGood


早速メルさんにも紹介しましたよー。

121220_M_6.jpg


121220_M_5.jpg


121220_M_7.jpg


121220_M_8.jpg


121220_M_4.jpg

メルさん、遊んでるんだか遊んでもらってるんだか・・・たらーっ(汗)

Mちゃん、いつもセンスのいい贈り物をありがとねわーい(嬉しい顔)

そういえば、Mちゃんと最初に出会ったのも

17年前の今時期だったね。

出会い方は最低最悪だったけど

なんだかんだと一緒に酸いも甘いも噛み分けているうちに

「自分をリアルタイムで知っていてもらいたい存在」

になったね。

やっぱり人生って不思議なものです。

『のび太の太陽王伝説@東映アニメフェア』

にガキンチョたちに混じって並び

それでも席が取れなくて2時間一緒に立ち見してくれた

Mちゃんの母のような眼差しを

わたしは今でも鮮明に憶えているよ。

オープニングでわたしが泣いたとき

「息づかいと鼓動(の音)で、どれだけ感動してるか判ったよぉ」

って言ってくれたMちゃん、

これからもわたしの良き理解者でいてねハートたち(複数ハート)





ニックネーム らぼすたっふ at 23:11| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分の人生に痕跡を残した同僚たち

先週日曜は前々職時代の同僚と久々に会いました。

新幹線を使っての遠距離通勤だった彼女、

去年結婚したため、今では

ウチから電車20分電車とかからないところに住んでます。

わたしのことを当時から慕っていてくれた彼女。

わたしの結婚式(披露宴はしなかったのでほんの30分)のために

お休みの日、新幹線で高輪まで来てくれた彼女。

またこうしてお付き合いができることに感謝です。

*****

そして時を遡ること前々々職時代。

わたしが大学を卒業して右も左もわからない新卒/新任として

赴任した先で組んでいた同僚から


121220_1.jpg

クリスマスプレゼントが届きましたクリスマスプレゼント


彼女とも方針やノリや空気の読み方など

色々なファクタがマッチしていて、

非常に楽しく濃い仕事をさせてもらっていました。

思えば、世間のわからないわたしの暴走を

いつもフォローしてくれていたのは一回り以上年上の

彼女だったのです。

当時の彼女は今のわたしより年下。

でも本当にしっかりしていた。

あらためて頭が下がると同時に、今苦しい状況の中にいる

彼女を支えることこそ今のわたしの役割なのだという

考えを深めた今年でありました。

上のツリーとうさうさちゃんカレンダはそのお礼とのこと。

お礼なんてとんでもない。

当時は勤続年数による強制異動があって

新卒のわたしは他区に行かなくてはならなかったけど

今ではそのシステムが撤廃されたとか。

あのまま彼女と同じところで組み続けていたら

今のわたしは全く違った人生を歩んでいただろうなあと

ほんの一瞬仮定法を使ってしまいます。

(でもそうしたら らす´ とも会えなかったわけで・・・

人生何がトリガーとなるのかわかりませんな)



今回のプレゼントはメルさんの喜ぶものは残念ながらなし顔(イヒヒ)

121220_2.jpg

オーナメントをちょこっとくんくんして

残念そうなお顔で去ってしまいましたー(長音記号1)


今のわたしは極めてビジネスライクに

「仕事キライ。仕事は対価を得るために

自分の時間を切り売りする対象」


と割り切っているけれど、このスタイルも

なかなかどうして、今の自分には合ってるかな。

メルさんとの時間や趣味の時間が「本当の自分の時間」

と区切りをつけ、重きを置けますし。


だけど、今まで関わった大切な(元)同僚たちとは

これからもその出会いに感謝しながら

交流を続けていきたいですわーい(嬉しい顔)





ニックネーム らぼすたっふ at 08:13| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする