2012年11月05日

ゲンキの源

先週のこと。

痛勤電車の中で読む本がなくなったので

いつもの地元の図書館に行こうとしたら

よりによって休館日どんっ(衝撃)

ロト6はかすりもしないのになんでこういうときに

確率の低いケースで当たってしまうのー爆弾

ということで、勤務先近くに新しくできた図書館に

初めて行ってみました くつ

「利用登録したいんですけど」

とカウンターで申し込んだら

「じゃ、これが利用カードですから」

と提示されたのがこれ。

121026_1.jpg
かわいすぎるじゃんかよ


「あのー。これってコドモ用とかじゃないですよね?」

とか思わず訊いてしまいました。

だって。

ラボのある区の図書館カードはこれだもの。

121026_2.jpg
もうひとひねりくらい・・・クマに対抗してウサギにするとかさ
(ってか、クマって耳折れていたっけ?)


クマっ子の図書館は新しいだけあって本も書架も

新品ずらり。閲覧席も広くて清潔。

次から地元の(って、こっちも5年前にできたばっかなんだけど)

図書館に行くのはやめて、クマっ子区の方にしよGood

*****

ここしばらくは旅の計画もなく、贔屓の合唱団来日予定もなく

なんだかぽやや〜んとしつつ、ただ仕事に終われて

年末に向かって流されてゆく無気力な自分を感じていた

わたしでしたが、活を入れられるニュースが mail toexclamation


友達(たち)が、音楽エージェントも手掛ける

出版社を設立したのです。(扱うのは主に楽譜)

すごい。これはすごい。

何がって・・・彼らはまだ大学生なのに。

自分たちの生活基盤(つまりは先立つモノ)をしっかりさせないと

好きなことを思いっきりできないし、とのご高説。

はぁ・・・。

わたしが大学生のときは奨学金とバイトとで

生活費をなんとかやりくりしていたけれど

学生なんだから親の庇護の下にある(そしてそれが当然)

という意識はかなりありました。

国も違えば環境も違うけれど

未だにイッキ飲みして命を落とす学生がいる

この国の甘えの構造って

NOといえない日本につながっているんじゃないかしら。

(かくいう自分もそのベースの残骸だったりする)

*****

ちょっと無気力モードが軌道修正されてきました。

わたしは起業した彼らのようには大きく羽ばたけないけれど

いつもきちんと(小さくても)目標を持って、

毎日を充実させて生きていこう、

そうあらためて思えたのでした。

そのためには元気になるためのエナジーチャージが必要。

もちろんそれはプライスレス揺れるハート

わたしのゲンキの源。

121026_3.jpg



121026_4.jpg



121026_5.jpg

いつもいつも見守り支えていてくれてありがとう、メルさん。





ニックネーム らぼすたっふ at 08:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする