2012年11月28日

ひつじさんがきた

バッド(下向き矢印) 断捨離を するたび部屋が 狭くなる バッド(下向き矢印)

マーフィの法則そのまんまな弊ラボですどんっ(衝撃)

不可解だ・・・ふらふら

断捨離活動は今尚続いていますが、押入れの奥から

その存在すら忘れていた子が出てきました。

121125_2.jpg

『肩まで温かいひつじ型まくら』


5年前、体調不良が冷え性から来るものだと思い

ありとあらゆる「冷え対策グッズ」を買い込んだのでした。

結局この枕は「肩は寒くならない」けど

頭部が高すぎて不快感が募り、NGとして

押入れで眠っていてもらったのでした。

捨てる前にメルさんの反応をみようと思い

サークルの中にお邪魔させてみましたら

121125_3.jpg

メルさん、その肌触りと真ん中の窪みがお気に召した模様。

121125_4.jpg

やった!

遊んで遊んで〜ー(長音記号2)

メルさんの遊び相手なんて、ひつじさんもきっと

本望でしょう。(ほんとか?!)

*****
先週末の「うさフェス」、皆さん楽しまれたようですねわーい(嬉しい顔)

わたしは参加しませんでしたが

皆さんのレポのおかげでその熱気と興奮を味わうことができますグッド(上向き矢印)

不参加のわたしだったのに・・・

なのに・・・

121125_1.jpg

ぱんくんママのこうちゃんからプレゼントプレゼントが!

この他にもラスクやメルさん用乾燥ニンジンなど

またしても沢山いただいちゃいました。

いつもありがとう〜かわいい

想い出とエネルギーになり、実体は消えてなくなるもの

今のラボにとっては大歓迎ですわん揺れるハート





ニックネーム らぼすたっふ at 08:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

かいらくえん

誰ですか、 快楽園 なんて考えたヒトはっ!(え、わたしだけ?)



121123_1.jpg

ハッスルな常陸の国まで行ってきました連休初日紅葉


121123_2.jpg

冬の寒さプラス雨天のせいか、人もまばらの偕楽園

でもさすが紅葉狩りの人気スポット

121123_3.jpg

紅葉がとても綺麗ですぴかぴか(新しい)

・・・と、秋を愛でに来たわけではなくて

メインの目的は

10月16日にがじゅ姐の元からマイソウルメイトの

ところに正式譲渡となった

猫(足)ネコ猫(足)ももちゃんに会うことexclamation×2


お部屋にお邪魔すると・・・

121123_4.jpg

いたーっグッド(上向き矢印)

ももちゃん、久しぶり!

(このキャットテントに入ってぐるぐる回転するのが好きなんだそう・・・)

121123_5.jpg

電子ピアノの椅子の上も好きみたいです


121123_6.jpg

そうよー。

横浜にあなたをお迎えに行ったのよー。

121123_7.jpg

どこまでもマイペースなももちゃんです

ところで。

先住猫のチコリーくんはどこ?

とお思いでしょう。

ももちゃんと違ってめちゃくちゃ人見知りな

チコリーくん、らすズ の匂いを感じ取った瞬間に

自分の安全基地(クローゼットの最上段の奥)に

逃げ込んでしまいましたバッド(下向き矢印)

ももちゃんは一瞬姿を隠しただけで

ものの1分と経たないうちに出てきてくれ

その後3時間も一緒に遊んでくれましたかわいい

チコリーくんの人見知りは らす´ に匹敵するほど。

ももちゃんが何度も

「おにいちゃ〜ん。

こっちに来ると楽しいわよ〜」


と呼びに行ってくれるのですが

微動だにせず、音ひとつ立てずバッド(下向き矢印)

そんなわけで、チコリーくんのお顔は拝めずに

暗闇で光る眼だけ拝見してきました。

(ま、チコリーくんは外で宅配便のおにーさんの声が

しただけで避難しちゃうそうですから・・・無理もないですね)

その分、誰に似たんだか

ももちゃんがほんとに社交的で協調性があって

甘え上手で・・・(まるでワタクシみたい。ほほほわーい(嬉しい顔)

121123_8.jpg

らす´ の膝(足の間)が気に入ってしまって

121123_9.jpg

離れようとしません顔(メロメロ)


121123_10.jpg

らす´ とこんなにも遊んでくれて

121123_11.jpg

ももちゃん、ありがとうよー。

こうしてずっと膝にのってると

121123_12.jpg

ゴロゴロ・・・が止まりません。

(わたし、初めてネコの「ゴロゴロ」を聞きました!)

どこまでも積極性と好奇心が迸るももちゃん

121123_13.jpg

わたしの膝にも遊びに来てくれましたハートたち(複数ハート)

その運動量はハンパなく、

121123_14.jpg

何度もおやつやごはんを食べに

ケージに戻っていましたよ。

(お腹が空いても我々が居るために

降りてこられないチコリーくんに、と

クローゼットの奥に置いてあげた彼の分まで

奪ってきちゃったももちゃん・・・

兄妹関係図がこの一瞬で見てとれたような気があせあせ(飛び散る汗)


さんざん らすズ に愛嬌を振りまいて

その魅力ワールドに引き込んだももちゃんでしたが

121123_15.jpg

最終的にはこちらに落ち着きました。

里親(=飼い主)はふたりをしっかり躾けていて

そのやり方もメリハリがきいていて

うさ飼いとしても勉強になるところがありましたよウサギ

ちなみに普段のふたりは

一緒に毛づくろいするほど

距離が近づいたようです。

(でも力加減がなかなかわからず、

途中からネコパンチ合戦になっちゃうことも

多いようですが・・・ま、時間の問題ですかね。)

そうそう、動画も1つだけありますので

動くももちゃんをご堪能ください。

写真に輪をかけてかわいいですよ黒ハート



順応力に長けていてすくすくと成長している

ももちゃんを見ることができて

本当に安心しました。

里親くん、そしてチコリーくん、

これからもちょっとやんちゃな末妹のことを

よろしく頼みますぞ!


*****
話題は急に変わりますー(長音記号1)

前エントリの「断捨離」続きなのですが

「捨てちゃおうかな。でも好きな人には垂涎のモノ?」

というミュージカルパンフがあるのです。

elisabeth1.jpg

1996年夏にアン・デア・ウィーン劇場で観た

「エリザベート」。

ミュージカル嫌いのわたしでしたが

ステイ先の子のお付き合いで

仕方なく(高飛車発言失礼!)行ったのでした。

劇場の入り口まで送ってくれたパパさんが

ご丁寧にも買ってくれたパンフです。

多分100シリング(≒1000円)は下らないかと。

elisabeth2.jpg

中身はこんな感じ。

あちらの国らしくなくフルカラーです。

これを貰ってくれるというミュージカル好きなうさ飼いさん、

ヤフオクで小遣いの足しにしたいといううさ飼いさん、

ハプスブルク時代の歴史が好きなうさ飼いさん・・・

どなたか引き取ってくれませんか?

メール便でよろしければ送料不要です。

フォームメールからご連絡下さった方

先着1名さまに差し上げますので

どうかお声掛けをexclamation






ニックネーム らぼすたっふ at 08:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

断捨離

突然思い立って(というか、何かに取り憑かれたかのように)

断捨離を始めました。

服やバッグは宅配買取業者に送り付け

ガチャポンやゲーセンや

マックのキャンペーンで集めたグッズにお別れを告げ

そして・・・

今まで幾多もの引越しに付いてきてくれた

121118_1.jpg

カセットテープも500本処分。

こんなラック、もう欲しいと思ってもどこにも売ってないよね。

よくぞ自分ここまで決意した。

30年分のいろんな音が詰まってるけど

どうしても手元に置いておきたいものは

CD-Rにしたし(でもこっちの方が早くダメになるんだそう)

稀少価値が見込まれるものは

わたしよりもずっと大事に扱ってくれるだろう

シュミ友たち宛にお届けプレゼント

同じく30年近くとっておいた

写真や手紙もぜーんぶ処分どんっ(衝撃)

東ドイツの切手やユーゴスラビアの切手が貼られているものも

処分処分どんっ(衝撃)

写真は、先輩方から代々引き継がれてきた60年代のものだけは

とりあえずは手元に残しましたが・・・。


そして出た頃には賛美の声を漏らしたにもかかわらず

今となっては面積ばかりとりやがって・・・と疎まれる

VHSテープ群も100本以上全て処分どんっ(衝撃)

121118_2.jpg

この両者の共通項を見破ったあなたはわたしの理解者です

こちらも残しておきたいものはDVD-Rに落としましたが

果たして見るのかどうかももはや疑問。

続いて、フロッピーの山も全部崩して処分。

ほんの一昔前まではデータの外部保存媒体って

フロッピーかMOしかなかったんですよねぇ…。

いやはや、技術の日進月歩ぶりは凄いですな。

それから…数十万円分の薬の山も

ケースごとゴミ袋へ。

自分に合う薬探しに疲れはてたあの頃の溜息も

一緒にゴミ袋へ…。

一番辛かった時期を一緒に過ごしてくれた

先代ハムスタもぐたんの遺品(ケージやキャリー等々)も

SNSで希望者を募り、無償提供。

いかにも性急なわたしらしく

トピックに書き込んだその日に梱包と発送終了。

もぐたん、あなたが2年4ヶ月大事に使ってくれたものを

必要としてくれるハムちゃんたちがいたの。

あなたの想い出をなかなか捨てられなかったけど

今必要としてくれる子たちが有意義に使ってくれたほうが

きっとあなたも嬉しいよね。

そう思って想い出はココロの中にぎゅーっとしまったよ。

体から脱出したいと思い続けていた日々を支えてくれて

本当にありがとうね、もぐたん。


ふぅ・・・。

あとはLPとCDとコンサプログラム群なんだよな・・・。

こちらはまだ決心がつかないー(長音記号1)

121119_1.jpg

精選に精選を重ねて残った100枚余。

だけど全然聴いてないのが事実・・・高音質も

わたしのものぐさ度には敵わないわたらーっ(汗)

121119_3.jpg

「ソビエト直輸入」。

ディスクユニオンあたりでは高値がつくかな?

121119_2.jpg

これもある意味レアもの。

万博会場じゃないと買えなかったものねー。。

うーん、悩む悩む。

いやいや、断捨離は悩んだらそこで終わりですよねパンチ


そしてそして「ウサギうさぎっ!ウサギ」と

衝動買いしてしまったものの、自分が使うよりも

もっと似合うヒトがいるんじゃないの?

と思われたグッズは、失礼ながら

脳裏を過ったお顔に、事前連絡なく

これまた突然送りつけておりますダッシュ(走り出すさま)


(ブツが届いた方、ゴミにしていただいてもオークションに出していただいても

全く問題ありませんのでたらーっ(汗)


・・・と、ここまで書いて

ほんと身辺整理以外の何物でもないなあと

自分でも不思議なのですが

自分にとって本当に必要なモノを見極められる

良い機会だと思えてきます。

師走の大掃除はキライ(というかやらない)わたしですが

断捨離はココロの大掃除にもなりますね。

121118_3.jpg

深いですねー。

メルさんは無欲自然体で生きているものね。

121118_4.jpg

そ、そうでしたねあせあせ(飛び散る汗)





ニックネーム らぼすたっふ at 08:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

メルさんの足裏自慢&いいふうふの日

一時期はメルさんの両足を悩ませたソアホック

すっかり姿を消しました。

(原因は『走るときに滑るのを防ごう』と導入したマットでした)


「その後、足の裏はだいじょぶかな?」

「赤くなってないかな?」


そんな らすズ の会話をたまに耳にするメルさん、

それに答えるようにさりげな〜く

こんなポーズをしてみせてくれます。

121112_2.jpg

ちょっと、いや、かなり不自然・・・


121112_3.jpg

ここぞとばかりに足裏チェック 目

赤くハゲていた部分もすっかり消失していて安心ですわーい(嬉しい顔)

良かれと思って変えた環境が、別視点からは

愛兎の健康を害するということを身を以って知ったのでした。

*****
閑話休題。

ウルトラスーパー主夫の らす´ の料理センスには

いつもながら脱帽させられます。

ポナペティのような非日常空間から

現実世界に引き戻されたワタクシですが

らす´ の金銭感覚とお料理の着想のおかげで

庶民(の底辺)らしくお食事を楽しんでおります。

最近は平日でも定時にあがることができるようになった らす´

ますます腕をふるう機会が増えていますグッド(上向き矢印)

今日の献立は

121112_1.jpg

ジンジャーシチューうどんぴかぴか(新しい)

ネーミングを聞いたときには

がく〜(落胆した顔) がく〜(落胆した顔) がく〜(落胆した顔) なワタクシでしたが

これが実に美味しいグッド(上向き矢印)

栄養満点、愛情たっぷり、なのに

一人当たり100円もかかってないのです¥

レシピは丸秘だそうですが(っていうか、わたしに教えられても右から左〜)

本当にワタクシ、良いお嫁さんをもらったものですハートたち(複数ハート)

よくもまあ11年も毎日毎日お弁当作ってくれてるよ・・・と

毎日撮り続けている写真をあらためて見返しつつ今日も感謝感謝。

新たにミシンも買った らす´ 、お裁縫もイケます揺れるハート





ニックネーム らぼすたっふ at 19:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

みかんの皮ポイポイ

こたつはないけどみかんは美味し。

実家から送られてきたみかんをパクパク食べてたら

(って、どんだけフルーツ送ってくるんだウチの親)

メルさんの熱〜い視線を感じましてあせあせ(飛び散る汗)

栄養たっぷりという「皮」を差し上げましたウサギ

動画の中でワタクシ、必死に弁明しておりますたらーっ(汗)

GONちゃんに「クマ牧場」とか言われちゃったしたらーっ(汗)

先日のポナペティの会でもさんざん汗かいて説明したのですが

そこにあるもの見えるものぜーんぶ一気に口に入れちゃうのが

メルさんなんですよ・・・やはり前世はハムスタもぐたんか?




ハンターは健在也。



ニックネーム らぼすたっふ at 08:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

新世界

あ、ドボルザークだなひらめき

と思ったそこのあなたexclamation

のんのん〜Hello

あれは『新世界より』ですからっ目

じゃあ何?と問われれば。

りんごの品種なんだそうです。

「うさぎに食わせろや〜。うまいうまいって言うべ〜」

と実家から2個送られてきたのがこの新世界

りんごがあまり得意ではないわたしが毎回毎回

「えーっと・・・う、うさぎが美味しそうに食べてたあせあせ(飛び散る汗)

とか言うからターゲットがメルさんになったんでしょうか。

ま、なんでも「うまいうまい」って食べてくれる人の方が

贈り甲斐がありますもんね。

そんなこんなでいつものあぶぶ動画です。



やっぱり・・・

メルさんの「うまいうまい」は見る人を幸せにします。

(ときにハラハラも)


あ、それと話はまったく関係ないのですが

本日同じくお届けものがありまして。



121109_1.jpg

・・・誰宛?

メルさんのうさパシーメイトさんなんでしょか(謎)

モモ猫(笑) とも読めなくもないけど・・・

【追記】

うわ!びっくり。
このエントリUPと同時に
kikiさんからメッセージ着弾。
こ、この予言だったのかー?!






ニックネーム らぼすたっふ at 11:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月16日

『動物はすべてを知っている』

図書館で

「読んで読んで」とわたしを手招きする本に出会いました。


121116_1.jpg


J.アレン・ブーン著 『動物はすべてを知っている』 (ソフトバンク文庫)


著者の実体験が綴られたエッセイなのですが

この方の思考基盤と行動力・忍耐力が凄い。

人間と動物との間にヒエラルキーを認めているキリスト教視点からは

乖離したモノの見方から、(いい意味で)我流のACを試み、

まっさらな気持ちで「想念」を動物に送ることにより、

異種間コミュニケーションを可能にしてしまった凄いお方。

ときにユーモラスに、ときに感動的に

人間と動物をまったくの同等な立場で捉え

「いのちの表現者」という素敵な表現を用いながら

人間と動物との関わり合いが語られているのですが

あまりにもこころに大きく残りすぎてこころから溢れ出てしまいそうなので

ブログマナーとしては褒められた行為ではありませんが

二つだけ引用紹介してしまいます。


すべての生き物と仲よくやっていく気なら、

わたしもまた純真無垢なこころで、

純粋な動機によって生きなければならない


(本書P.122より引用)




すべての生き物は外観にかかわりなく

「善」を秘めていて、敬意、共感、やさしさ、

そして愛をこめた応対によって

それを表現したがっている


(本書P.147より引用)



動物とこころ通わせるには

序列を取り払うことが大前提。

人間が高等動物であるなんて一体誰が決めたのだ。

そう考えないとこの方のようには動物と付き合えません。

わたしは、というと

その理屈は解るものの、やはり傍に居るメルさんを

物質的に保護しているのだ、我々の庇護下に置いているのだ、

という上から目線の角度を変えることは正直難しいですし

ヘビを見ればぎゃあと逃げるし

ハエと対等な立場でお友達になろうとは思いません。


でも。

こころの中の窮屈さや屈辱感を慮ることなく

狭いケージに何時間も閉じ込めておき

やっと出られたと思ったら

あれこれ舐めまわされるように凝視され

毛並がどうの、色艶がどうの、顔立ちがどうの・・・と

指摘されて順番をつけられるラビットショーは

フェスの1年目に初めて見て、

良い気持ちはしませんでした。

この本を読むと、良い気持ちがしないどころか

ショー自体がちゃんちゃらおかしくなってきます。

価値観の違いはもちろんあるでしょうし

ショーに出られて嬉しい子も中にはいるかもしれませんので

敢えて否定はしませんが、

内面の声を聴ける人もひとりぐらい審査員に入れてもいいんじゃないか、と

思います。人間のミスコンだって中身がどのくらいピカピカかを測るでしょう?

もしくは、入賞した子たちに逆に「良い人間」を選ばせるような

コーナーがあってもいいかもしれません。

うさぎたちに「そんなことしても何の意味もない」とか

嘆息されちゃうかもしれませんが、

それで溜飲の下がる子もいるかもしれませんから。


こころ躍るイベントの前にテンション下げるようなことを書いてすみません。





ニックネーム らぼすたっふ at 14:55| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

偽でもなんでもメルさんと一緒にほっこり

「小春日和」の「小春」というのは陰暦10月のこと。

だからたま〜に秋生まれの「小春ちゃん」と遭遇することがある。

そして陰暦10月1日は今年の11月14日に当たるそうです。(毎年変動)

つまり、この季節になってやっと「小春日和」という言葉が

使えるわけです晴れ

冬に向かって風が日々冷たくなってゆく中、

春のようにポカポカな日があると

お得なほっこり気分になりますねかわいい

さて、この「小春日和」

ご存じ英語では「インディアンサマー」

今まで特段その由来など考えずに「インディアンサマー」

を使ってきましたが、先日 ドイツ人

「それは偏見(差別)が入っている言葉だから注意ね」

と忠告されましたバッド(下向き矢印)


なんでも、こういうことらしいです。

ヨーロッパからの移民がアメリカ大陸に移り住んだ時代、

ネイティヴアメリカンは嘘つきだという偏見から、

「Indian」という言葉は「偽の/嘘の」という意味を

持つようになった。

よって、夏でもないのに夏のような気候を

「Indian Summer」(嘘の夏)と呼ぶようになった。



うーん、なるほど。

わたしは「インディアン ウソツカナイ」しか

知らなかったんで、自分の無知ぶりを省みつつ

「じゃあ小春日和はなんて言えば?」

という当然の疑問に突き当たるのでした。


(無難な)答えは

晴れ mild late-autumn days 晴れ

なるほど。そのまんまですね。勉強になりました。

*****
・・・と、前置きが長くなりました。

秋の夜長と申しますが、メルさんと昼間は離れている身としては

秋の昼長 であるのも事実ふらふら

そんなワタクシのメルさん恋しい病に効くのが


121023_1.jpg

うさ友 GONちゃんがくれたメルさんクリソツボールペン
(オーストリーのSちゃんがくれたうさスノウドームはペーパーウェイトとして活躍中)

GONちゃんにもらってから1年は経つけれど

毎日ワタクシの手から離れることはありません。

PCもいじるけど同じくらいの時間、ボールペンも使います。

ほぼ2ヶ月ごとの儀式が今日もやってきました。

121023_2.jpg
メルさん解体っどんっ(衝撃)


インクがなくなってしまったので


121023_3.jpg

新しい芯と取り替えますわーい(嬉しい顔)


121023_4.jpg

これでまたいっしょいっしょ。メルさんといっしょわーい(嬉しい顔)

121023_5.jpg

昼間のあいだはこうして偽のメルさんに癒されて


121023_6.jpg

夜にはホンモノのメルさんに癒されるワタクシです。


もちろん、ホンモノのメルさんの方が可愛いですが

一緒に過ごす時間は(そして密着度も)

ボールペンの偽メルさんの方が遙かに長いので

もはやこのボールペンは、メルさんの分身のような

一つのいのちが宿る必携アイテムとなっています。

「偽」だって、こうしてほっこりあったかぴかぴか(新しい)

Indian Summer も、こうして

心身をほっこりさせてくれるという貴重な日を表すのだから

強ちマイナスイメージだけではないような気がします。


寧ろ・・・

「小春日和」を

Altweibersommer (ババァの夏)


っていうドイツ語の方が女性蔑視入ってるんじゃ・・・たらーっ(汗)

(Altweiber〜(ババアの〜)=信用できない、くだらない、の意)

*****
というわけで、日本語が一番きれいで品があるね!

と無理矢理〆て、偽メルさんをお供に仕事にかかりますダッシュ(走り出すさま)





ニックネーム らぼすたっふ at 14:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月12日

にわかグルメ

先週末はメルさんに謝罪しつつ

バタバタと忙しく外に出ておりました。

土曜は らす´ と 代々木で所用を済ませたついでに

定評のあるイタリアン 「&Jeu(アンジュー)」でお食事。

121112_1.jpg

魚介ジェノバリゾットが美味でございました。
(が、しーちゃんの作るイタリアンの方が上だな、とあらためて思った次第)


そして昨日の日曜は、11年来の友人Kさんと渋谷でおデート。

ついこの間会ったばっか?と思ったらなんと8ヶ月ぶり。

ああ、ホント光陰矢の如し。

でもねでもね。

Kさんとは4年前までずっとメル友で、

その遠距離ぶりに絶対会うことのできない人だと思っていたのです。

しかしKさんがまさかの東京上陸&定住となり

デジタルから一気にアナログのお付き合いになったという

珍しい経緯のつながり。

しかも今年、Kさんは都内のお引越しにより

更にワタクシと物理的にお近づきに。

『この人とはこの人生では会うことができないだろうなあ』

と思っていても、いつなんどき人(と人)はどうなるかわかりませんよ、

ということを学んだのでした。

寛容なKさんをワタクシのガレット探訪に巻き込み

「ティ・ロランド」でランチ。


ガレットとクレープがセットになっていて

自分でチョイスできるから楽しみも倍。


121112_2.jpg

わたしは特製ソーセージ・シードル煮込みオニオン・
じゃがいもグラタン・グリエールチーズのガレットをいただきました

生地に練りこまれた(サンドされた?)グリエールチーズが

そば粉に合っててこれまた美味し。

やっぱガレット好きだなあーハートたち(複数ハート)


121112_3.jpg

クレープは王道のお砂糖とレモンのものをチョイス

デザートは別腹、というだけあってサイズがハンパなくでかい。


ランチ・・・といいつつティータイムに入ってもお喋りが続く続く。

8ヶ月分のあれこれを一気に吐き出してすっきり。

Kさん、ありがとう。

また会って沢山人生の深みについて掘り下げましょう。

*****

とまあ、なんだかこの頃グルメづいているのですが

これからは通常のビンボー&節約モードに戻らねばっあせあせ(飛び散る汗)

メルさんに「らすズばっかり〜」って叱られちゃいますダッシュ(走り出すさま)

121112_4.jpg

はいはい。ポナペティのときにがじゅ姐からもらった

明日葉の茎と乾燥ニンジンを差し上げますわよーかわいい 





ニックネーム らぼすたっふ at 12:45| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

それぞれの使い方

寒くなってきたので
「うさぎのごろりんマット」を出しました。


121109_3.jpg

メルさんなりのこだわりがあるようです。






ニックネーム らぼすたっふ at 08:00| らす´(研究員Y) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする