2012年06月30日

通院記録(2012/06/30)

前回の通院(2012/06/09)から3週間。


メルさんが斜頚に係る薬(Ez駆虫剤と抗生物質)及び

肝臓の薬(グルタチオン)をやめて2週間たった今日、

後者(肝臓(GPT値))の方にドキドキしながらの受診です。

「ここしばらくお医者さんはなかったな〜」

と安堵していたメルさんをキャリーにひょいと入れて(ごめん...)

いざ出発。

・・・の前に、今日は血液検査もあり診察が長引くはずなので


120630_0.jpg

時期的にも心配なダニ対策。 アースレッドよ頼む!



120630_1.jpg
駅のホーム。ちょろっと覗く「はみ毛」が
どよよ〜んとしたメルさんの気持ちを物語っていますバッド(下向き矢印)


<診察内容&処置>


(1) 体重測定 右 1460gメルさん、あなたってほんと食べても太らない体質だね・・・

(2) ダニ検査 右 見事にいなくなっていた。念には念を入れて
あともう1回自宅で薬(レボリューション)を7月21日に塗布。

(3) 首の傾き 右まだ傾いている。前回よりは少し良くなった感じ。しかし真っ直ぐには戻っていない。

 ※このまま固定かもしれない。なので保険加入は諦める方向。

(4) 血液検査 右一番心配だったGPT値が上がってしまっていた。
5月の斜頚発症時と同じ300台。


120630_4.jpg
(クリックで拡大)

*****

(4)の「GPT(=ALT)」対策について主治医とじっくり相談。

今までの経緯から確実に解っているのは

『グルタチオンを服用すると値が下がる』こと。

しかし、解っていないのは

『GPT値と斜頚発症との関連性の有無』

『基準値が 14~80 である GPT値が 200台に下がったから
といってどうなるのか?

(基準値に比べたら服薬して多少下がったといえども
はるかに高い値である)』


ということ。

主治医曰く

「他の肝機能数値(ALPGOT(=AST)アンモニアビリルビン)が

まったく異常ではない為、こちらから積極的に投薬治療を勧められません。

【グルタチオンの継続投薬】 か

【肝機能が弱まったときに必要なビタミンや
アミノ酸を日頃のごはん(緑黄色野菜や果物)で補いながら経過観察】


のいずれかを

保護者さまに選択いただく範囲内です」


とのこと。

「ビリルビンの値が異常を示したり、GPTがもっと高い値(例えば1000)

になったりすれば、速攻治療にとりかからないとダメなんですけど。

それに、そもそもこの子の場合は

最初からGPTが高かった(最初の血液検査(2010/12/18)結果参照)ので

余計に判断がつきかねます」


と主治医も首を傾げる。


いつもはこういう情報を素早く整理して結果を出す らす´ も

さすがに「困ったね」のセリフ。

ここでわたしの意見(下記)を少し話させていただいた。


メルさんは今現在、少しの首の傾きを残しているのみで

食欲・排泄・運動能力・平衡感覚・精神安定すべて

問題ない。薬を飲ませるのは簡単だけれど、このまま「基準値」だけを

見据えていけば、GPTの値を下げることに縛られていくように思う。

だとすると、メルさんは一生グルタチオンを飲み続けなくてはならない。

副作用の心配はないとはいえども、「投薬」であることには変わりなく、

今の健康なメルさんにとってそれが本当に必要な処置かどうかが

判らない。肝臓が「ものいわぬ沈黙の臓器」であることは解っているが、

以前エコーで肝臓を視ていただいたときも臓器には問題がなかった。

自分の意見をまとめると、できれば投薬のない方向でいきたい



すると主治医は「わかりました」と受け入れてくれ、

「でもこれから先、しっかりモニターはしていかなくてはなりません。

何ヶ月に一度かは、GPT以外の肝機能数値が正常であるかも確認するために

血液検査をしていきましょう。ただ、次回だけはまだ気になるので

そんなに間を空けずに1ヵ月後にお願いします」


と言ってくれた。

*****

1ヵ月後、GPT値が今日よりも上がっていたら

さすがのわたしもグルタチオン投薬再開を考えるかもしれない。

でも、できればメルさんが大好きな「野菜や果物」

でビタミンやアミノ酸を摂り(肝機能を強くし)

自然な形で育てていきたい。



この選択を後悔することになるかもしれない。

でも、2年前の唾液過多症状(結局原因不明)

のときがそうだったように、

今回の斜頚症状とGPTとの関連性が不透明であると

ドクター自身がおっしゃるということは、

やはりメルさんのGPT基準値が先天的に高いものなのかもしれない。

臓器に異常が見られない限り、そしてメルさんの健康状態が

安定している限り、なるべく「薬」は抑えたい。


その分、ビタミン(小松菜等の葉もの)や

アミノ酸(バナナやいちごやキウイ)といった

楽しみを与えながら、メルさんの充実した生を

日々輝かせていきたい。

親のエゴかもしれないけれど。


※次回診察(血液検査)は7月28日。


¥ お会計 ¥

120630_3.jpg

保険にはもう入れないから、
メルさん医療費を毎月支出分野の固定費として
設けることに。





ニックネーム らぼすたっふ at 15:10| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

ミニキャロット収穫祭

先般(2012年6月15日エントリ)順調な途中経過を

報告しました ミニキャロット四葉


120628_1.jpg

こーんなにたわわに育ち

ついに「メルさんが頬張る日」を迎えましたるんるん


収穫しているとメルさんの鼻がスペックMAXになり

キッチンで洗っている間もずっとそわそわしっぱなしウサギ


120628_2.jpg


さーて、どんな立派なミニキャロットちゃんが現れるかなー。


120628_1-2.jpg

たわわなのは葉っぱだけだったというオチ。

いやいや、うさぎさんには 葉っぱこそ重要exclamation

メルさんの食いっぷりは写真よりも動画の方が

面白い より伝わりやすいということで、

またまたYou Tube のお助けを借ります。




や、やっぱり葉っぱからでございましょ。

葉っぱ良ければすべて良しGood


初めての自家栽培(といえる立派なものではないが...)成功に気を良くした らす´

早速第二弾のミニキャロットの植え付けを始めましたよ。

メルさん、乞うご期待ぴかぴか(新しい)





ニックネーム らぼすたっふ at 08:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

ウィッグ食い

先日(2012年6月25日エントリ)の『とうもろこし キターッ』 に予想外の反響があせあせ(飛び散る汗)


『メルさん、金髪(銀髪)の

ウィッグ 食べてるみたい・・・』



・・・と衝撃のコメントどんっ(衝撃)


し、しっつれいなっexclamation×2

あんなに美味しそうに食べてるじゃない、とうもろこしのヒゲウサギ

もう一度見てみてよぉーパンチ

・・・そう思ってもう一度見てみた。





・・・



・・・



・・・


め、メルさん・・・


確かに反論の余地なしむかっ(怒り)

この動画見た誰もが ウィッグ食い と思ってのけぞるか笑うかの

どちらかでしょう。

狙ったわけじゃなかったんだけどなあ・・・バッド(下向き矢印)

メルさん、ごめんね。というより、世の中のうさ飼いさん、

衝撃映像を晒してごめんなさい。

そして更にこんな加工して遊んでしまってごめんね、メルさん。


120627_1.gif





ニックネーム らぼすたっふ at 09:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

さくらんぼだよほ〜い

メルさんの大好物のひとつ、さくらんぼ。

でも出回り始めた佐藤錦とか ¥ラボ的に高くて ¥手を拱いていたところ

思いがけず職場のBOSSからBINGOでいただきものをしてしまいましたわーい(嬉しい顔)

(アメリカンチェリーで妥協しなくてよかった・・・いや、メルさんこれも大好きだけどさ)


メルさん、メルさん。

良かったね。今年も味わえますですよハートたち(複数ハート)


メルさんの大口と早食いは、種のある果物には危険すぎどんっ(衝撃)

なので種を取るばかりでなく、かわゆい実を無残にもちぎっているので

見てくれ最悪(さくらんぼごめん)な感じですバッド(下向き矢印)




『高いんだから大事に食べてね〜』なんて、誰に言っとんじゃコラ!


恒例の「お皿までキレイに。まるでそこに何もなかったかのように」

のメルさんポリシーが貫かれた今年のさくらんぼご賞味でありましたかわいい


しっかし、まるくんが「1個食べちゃうかな?」みたいな世界なのに
メルさん・・・6個は食べてるね・・・ヤセの大食い健在なり。






ニックネーム らぼすたっふ at 11:52| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

とうもろこし キターッ

去年メルさんが初体験(2011年7月5日エントリ)した とうもろこし 四葉

(初体験といっても身の部分じゃなくて皮とヒゲですけどね・・・)


今年も実家から届きましたープレゼント

120625_1.jpg
採れたて超特急便のとうもろこし


とうもろこしは「採ったらすぐ茹でる」がキホン。


120625_2.jpg

ゆでたのが好きならす´

120625_3.jpg

焼きとうもろこし大好きなワタクシ

あとは粒をほぐしてお弁当用に小分けして速攻冷凍。

作業終了Good


おっと、忘れちゃいけない。


120625_4.jpg
これ大事大事。一番大事。

とうもろこしのヒゲは

有害なカビが生えやすくうさぎさんには危険

なのですが、店頭売りのものでなく

収穫日や産地が明確に判っている今回のものは

新鮮さが保証されているので、メルさんに献上しますかわいい

(飼い主さんの皆様、そのへんのご判断はご自身でお願いしまーす ← 責任転嫁あせあせ(飛び散る汗)


去年のエントリでは写真での紹介だったので

今年は動画にしてみましたカチンコ




音が立たないものだけに、動画も地味〜な感じですけど
全部食べきりましたよ、メルさんウサギ

去年よりも甘く、一段と美味しい上物でありました。

実家の両親よ、今それどころではないのに

ありがとうありがとう。





ニックネーム らぼすたっふ at 08:09| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

メル曽根動画 そして 柴又物語

帰宅途中の らす´ からmail to

「はっぱがすこぶるいいカンジの大根みっけたグッド(上向き矢印)

どこのうさ飼いさん宅でも同じかと拝察しますが

大根やニンジンは「四葉葉っぱ四葉」で選びますよねわーい(嬉しい顔)

さっそくメルさんに献上ぴかぴか(新しい)

はい、いつも期待を裏切らないメル曽根ぶりですかわいい


(斜頚後遺症のひとつ「左目の目頭に出現する白目」率も以前より減りました)


最近メルさんの食事は生のお野菜比率がめっぽう高いなあたらーっ(汗)

・・・と思っていたら、

「野菜を食べた分、チモシーも!」

と思うのか(ホントか?!)、野菜を多く摂った日は

チモシーのがっつき具合もハンパではないですウサギ





(ペレットについてはもはやここに書くまでもなく・・・
ああ、メルさんの食欲はどこまでも)

*****

そうそう、「うさぎのしっぽ 柴又店」がOPENしたのですってねるんるん

なんとなく直線距離的には近そうなイメージなものの、

結局弊ラボからは恵比寿(渋谷)の方が一番近いのですがあせあせ(飛び散る汗)


でも、他店にはない「アーティストさんたちのSHOPブース」が

あるというのは魅力ですよね。

みなぼ〜さんやGONちゃんが出店した暁には

鼻息荒くお祝いにかけつけますですよダッシュ(走り出すさま)


そう、この 柴又、まだ行ったことがないのです。

でも以前から らす´ は興味津々なトコロ。

寅さんファン? いえいえHello

我々、日本人らしくもなく、フーテンシリーズは観たことありません。

では何故柴又に行ってみたいと思っているのか?

それは・・・

日本一有名な サグ があるからexclamation×2


リケジョじゃないワタクシには らす´ の説明がなければ

まったくわからない世界でしたが、この サグ なるもの、

下り坂から上り坂に変わる凹部 のことで

渋滞を引き起こす(ちょっと社会学・心理学要素が入った)

原因になるものなんです。

ずっと下り坂を運転してきたドライバーは

そこから上り坂になることに気づかない。

よってスピードは減速。

すると後続車も必然的にブレーキを踏み、減速。

次の後続車もまた ∞ ・・・ということになり

結果、大きな渋滞になるのだそうです。

計画交通分野でのオーソリティ、岩崎征人教授は

以前渋滞に関するバラエティー番組で

「サグ」「柴又」「商店街」をひたすら連呼していました。


ここで面白いのは、この 「サグ」 を利用した 「集客」

上記原理により、無意識のうちにスピードが落ちる

右 そこに(無意識に)人が集まる

右 お店が繁昌する

ということになるのだそうです。

(サグでの減速は車だけでなく人も同じです。)


うさぎのしっぽさんが柴又のどこにOPENしたのか

詳細はわかりませんが、もしもこの「サグ」だったら

それだけで売上が伸びるベースはOKGoodだそうですよん。


*****

前エントリにぐだぐだ書いたカラダのことについて

メッセージありがとうございます。

うんうん、群発頭痛のラドクリフくんも

自殺考えながらも乗り越えて、また考えて乗り越えて

頑張ってますもんね。

目ン玉えぐりとられるようなあの群発頭痛も

相当ひどいと思います。わたしはまた種類が違うけれど。

数年前、ずっとキラキラ輝いていた某女子アナさんが

痛みに耐えかねて、いとおしい赤ちゃんを残してまで

逝ってしまった原因の「線維筋痛症」もまた

想像を超える辛いものだと思います。

ガラスの破片が全身の血管を絶えず巡っているようだ、と

以前聞いたことがあります。

神様はどうしてこんな試練を

ヒトを選び、症状を選んで

わざわざ与えるんでしょうね。


時折やるせなくなりますが

それでも、「そのとき」が来るまでは

生きていかねばならないのです。

「そのとき」の定義?

わたしの中では「寿命」じゃなくて、

「ほんとにもう限界だ。頑張ったけど限界だ」のとき。

神様が選んでいるのはきっと「頑張れるヒト」なんだろうなあ。

そう思いながら今は頑張るより他にありません。


頑張ってるから先代ハムスタもぐたんとも会えたし

それがメルさんにつながったし

メルさんのおかげで全然縁のなかった人たちとの

邂逅がありました。

痛みや絶望も与えてくれる神様は、「出会い」という

かけがえのないものも同時に与えてくれるのですから

わたしはまだ粘れる。頑張れる。

だから柴又にもいつか・・・行かなきゃexclamation

サグ と しっぽ。これ柴又のキーワード。




ニックネーム らぼすたっふ at 11:12| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

平穏な、静かな幸せの実感

もーーーほんとにねどんっ(衝撃)

今週の雨 お空 台風には参りました、さすがに。


どんな強力な薬も15分ともたない。

アタマが何分割にもされて、局所局所が

マンモグラフィの圧力をずっとかけられているような

そんな地獄を生きていたワタクシでありました。

でもでも「止まない雨はない」。

仕事中も寝てる間もずっとずっとそう言い聞かせながら

前向き・上向きに頑張ってきましたですよー。

自分、偉いClap

やっと晴れお空曇りが機嫌を取り戻した今日は

お休みとあれど、どこに行くでもなく

久々に文字通りの一家水いらず。(雨いらず?)

いつも見られないメルさんの貴重な昼間の姿を

らす´ と観察しては小声でこそこそ。

「あー、足伸ばしたよ、かわいいっ」

『今寝言いった!』

「夢みてるんだね」

『昼間はいつもこんなに熟睡してるのかねー』

120623_1.jpg

ほんと、うさぎさんは夜行性なんですね(今更・・)



夕方になると目が爛々としてくるメルさん夜

最近お野菜がめちゃくちゃ安いので

連日贅沢させちゃってますが(ま、バナナ薬がぱたっとなくなったし)

どんなに大量の野菜を食べても

お腹はまったく壊さないメルさんだけに

今日もニンジンとピーマンの饗宴です。


120623_2.jpg


休憩の き の字もなく、大口で食べ進めるメルさん、


120623_3.jpg

最初はかわゆいグリーンリップでも


120623_4.jpg

だんだんと


120623_5.jpg

これまた文字通りの ニンジン&ピーマン色に


120623_6.jpg

染まっていきます。


120623_7.jpg


120623_8.jpg


メルさんの寝姿や、こうした爆食姿を

らす´ と愛でられる幸せの重みは

メルさんの斜頚発症前と比べると

以前にも増してずっしりと感じるようになりました。


なーんにも起こらず

どこにも出掛けず

特別なサプライズもない

そんな幸せな時間が

とてもいとおしい土曜日なのでした。


120623_9.jpg


120623_10.jpg


こういうことを実感できるのも

メルさんの存在あってこそです。

わたしたちが守っているようで

実はメルさんがわたしたちを守ってくれていると

気づくのも、ひとつの大きな幸せです。





ニックネーム らぼすたっふ at 17:30| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

梅雨寒の下を

どんな傘の差し方をしても体が濡れてしまう

いやーな雨小雨

でもせっかくの週末だもの、先週の宣言のとおり

西洋美術館に行ってみようexclamation

またまた2週連続の上野詣で。

120617_1.jpg

来ましたよー、ぴかぴか(新しい)ベルリン国立美術館展ぴかぴか(新しい)

フェルメールの「真珠の首飾りの少女」はさすが。うっとり。

あの光ってどうやって描くんだろう。

でもわたしが一番気に入ったのは

『天使』というタイトルの素描画。

お顔が精悍で下半身のポーズがちょっと仏教的(金剛力士的)で

それでも全体的には「天使」で、なんとなーく

メルさんに通ずるものがあったのです。


しかーし作家が

「ピエトロ・ディ・クリストフォロ・ヴァンヌッチ の 工房


・・・。

誰が描いたかすら判らないのねあせあせ(飛び散る汗)

ということで、当然絵葉書があるはずもなく・・しょぼーん。

らす´ も、すごく気に入った

カラッチの「城塞と橋の見えるローマの風景」

の絵葉書がなくて二人でしょぼーん。

限定販売のアンペルマングッズもこれといったものがなく

ちょっとショップは盛り上がりに欠けておりましたバッド(下向き矢印)

*****

お昼は国立科学博物館のレストラン「ムーセイオン」。

小奇麗でメニューが面白くて回転も良いここは

らすズ のお気に入り。

しかもここって実は精養軒が運営しているにもかかわらず

お値段が本家の約半額¥

味は本家と全く同じなのにどうしてだろー・・ありがたやありがたや


ワタクシは「巣ごもりパスタ」を注文。

120617_7.jpg
パスタを「巣」に見立てているのですね
(これで500円ですぞ)

らす´ は「いにしえのハヤシライス」 を堪能。

ハヤシライスといえば精養軒の一番のウリです。

本当においしいのです。(ハヤシライスは650円。本家だったら2倍超えですよ・・)

*****

そして恒例の上野動物園へ。

雨だから誰もいないだろうと思ったら、

これが結構いるいる。

雨の方が活き活きとする動物たちを狙った人たちが

いるいるexclamation×2

穴場の雨の動物園。

色々まわったけれど

一番楽しそうだったのはこのお方、


120617_4.jpg
至近距離。かわいいー。


彼の本拠地(厩舎)はバクやラマと同じところなのですが

昼間の間は「子ども動物園」でひとりの時間を満喫しているのです。

120617_3.jpg


120617_2.jpg

お水大好き、雨大好き雨な彼、いい表情していました。


でも、

120617_5.jpg


120617_6.jpg


雨が面白くない方々もいましたけどねあせあせ(飛び散る汗)

*****

ラボに帰ってきたら、メルさんがこれまた輪をかけてかわいいのぴかぴか(新しい) (結局それかい)


旅行を楽しんだ後に

「あー、結局ウチが一番だわ」

と認識するのと同様、

いろんな動物たちを愛でた後に

「あー、結局メルさんが一番かわいいわ」

と認識を新たにする 親バカらすズ。


120614_15.jpg

メルさんの「はみしっぽ」に萌えまくりの夜は

120617_8.jpg
スミノフの炭酸割りで更に美味しい気分にハートたち(複数ハート)

雨のおでかけもたまにはいいものですねわーい(嬉しい顔)





ニックネーム らぼすたっふ at 13:04| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

投薬終了日

5月12日から続いた投薬。

肝臓薬・Ez駆虫剤・抗生剤ともに本日を以って終了です。

さぁ、メルさん、最後のお薬ですよ。

120616_1.jpg

薬の苦味(特にフェンベンダゾールの苦味はひどいらしい)

は、バナナの甘みに隠され、メルさんにとってこの「バナナ薬」は

ストレスフリーな妙策でありましたわーい(嬉しい顔)


投薬一段落の記念に動画に収めましたが・・・

わたしがいつもメルさんに声を掛けている

「おえっ!ってならないでね」

の、まさにその おえっ! が出てしまったので

わたしがボリューミィで素っ頓狂な雄叫びを上げています(汗)



バナナを大きく切っても細かく切っても

メルさんの早食いには敵わず、

ほぼ毎回こういうえづきシーンが発生します・・・

ので、普段はバナナはあげません。

ということで、お薬とともにバナナともお別れですよ、メルさん顔(ペロッ)





ニックネーム らぼすたっふ at 10:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

キャロット&キャロット

ふふ...(のっけから不敵)

経過報告がない イコール ダメにしたんだろ顔(イヒヒ)

と思っていたそこのあなたexclamation×2 (どなた)

らす´ の愛のチカラにより、その後も順調に育ってますのハートたち(複数ハート)

(そーです、らす´ が神になりました)

なんの話をしてるのかさっぱり・・・なあなたexclamation×2exclamation×2(だから・・・)

思い出してごーらんー

真冬にコートを着て東京スター銀行まで行ってもらってきた

四葉ミニキャロット栽培セット四葉ぴかぴか(新しい)


今やあの頃のベビーな面影はなく

太く逞しく育っていますよグッド(上向き矢印)

120615_1.jpg
ご、後光がっぴかぴか(新しい)


ラボと名乗りながらもラボ初の自家栽培四葉

メルさんがミニキャロットを頬張る日が来るといいなかわいい


そう、キャロットネタがもうひとつ。

去年も活躍してくれた「クールピローキャロット」

今年は去年よりやや時期を遅くしてご登場。

120615_2.jpg

朝はキンキンコチコチの中身のペットボトルが

夜にはすっかり溶けています。(それでもまだ冷えてるけど)

また今年もメルさんの夏のお供として活躍してくれたまえわーい(嬉しい顔)


そしてもひとつご報告(というか記録)。

斜頚による「アタマ持ち上げ気持ち悪症状」が

抜けたメルさん、お水を「サイフォンドリンカー」から

またウォーターボトルに戻した話を書いたばかりなのですが

「またお水を大量に飲むようになってしまったんですよー」

と主治医に相談しましたら、

「もしかしたら暇にまかせてボトルで遊んでしまっているのかも」

という可能性の指摘がありまして。


120615_3.jpg
箱にしまわれたサイフォンドリンカー、再び現役としてご登場


わたしとしては、この上写真のように

たまにメルさんの手が入っちゃって不衛生だし

たまにメルさんがずずず...と鼻で押して

レイアウト変えちゃうので(重たい陶器なのにたらーっ(汗)

ひっくり返してメルさんの体を直撃したら危険だし

できればボトルの方がいいなーと思っていたのですが・・・

なんとexclamation×2


サイフォンドリンカーに戻したら


メルさんの飲水量がほぼ半分に減った
exclamation×2


のですぴかぴか(新しい)


朝も夜も「飲み干され」ていることはなくなり、

必ずお水が残されていますGood

やはり「遊びでボトルのボールを舌でぐりぐりしていた」

のでしょうか。ちょっとこのまま様子を見て、この状態が続くようなら

ウォーターボトルさんの方に引退を迫らねばなりません。

いやー、ここまで考えもしなかったです、1年前の

「おしっこプール」

に頭を抱えていたときは。

これも斜頚を発症したから発見できたこと。

やはり全ては必然。起こり得る全ての事象は必要。

なのかもしれません。





ニックネーム らぼすたっふ at 21:12| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする