2012年05月15日

神さまに挑む

皆様。ここに細かに書ききれないほどの皆様。

まとめてのお礼で失礼極まりないですが

本当に本当に応援ありがとうございます。


メルさんが今まで他の子の何倍も食欲旺盛で

大食いで早食いだっただけに、今とのギャップが辛いです。

ビニールのガサガサ音に敏感に反応していた子が

今は何もリアクションなく、視線定まらず寝そべっている姿を

もう見たくない、なんて目を逸らしたくなるヘタレなわたしです。



あればあるだけゴクゴク飲み干していたお水も

殆ど飲まなくなりました。1日10cc程度。

なので率先して食べるお野菜での水分補給です。



以前原因不明の唾液騒動のときにわたしが意外にも

結構楽観的でいられたのは、メルさんがしっかりモリモリ食べて

立派なウンチも沢山して俊敏に運動していたから。

そのことが今になって判りました。

逆に、今は落ち込みを止められないほどに

メルさんが「食べない・飲まない・ウンチ少ない・動かない」

のだとあらためて思ってしまった・・・

どうにもいけないネガティヴスパイラルです。



『眼「振」』はほぼ治まったように見えますが、

「振」の代わりに「固定」されてしまっているかのように

見受けられます。

(イメージ図)

120515_1.jpg


顔も左に傾いたまま。体も左によろけるまま。


それでも。

おしっこのときはわざわざ起きてよろけながらトイレまで行き

段差を昇ってしっかりトイレでしてくれるメルさん。

1年前は全くできなかったのに今は完璧になった

「トイレでおしっこ」に対する彼のプライドなのでしょうか。


困ったのは盲腸糞をまったく食べなくなったことです。

バランスを崩す体勢を嫌うゆえの学習の結果だと思われます。


今より眼振がひどかった土曜日の夜は、

ぐるぐるめまいがしながらも全部食糞をしていました。


でも昨日の朝からは食糞を全くしなくなり、

10房前後 プラすのこの上や下のトレイに落ちています。

したてのほやほや盲腸糞を口元に持っていっても

頑として食べようとしないので

今朝は盲腸糞をかきあつめて

お皿でエン麦とまぜまぜして

スプーンで口元に持っていきました。

1房分ほど騙されて食べてくれましたが、

動物の学習能力にはこの方法は

一度しか効かないかもしれません。



メルさん、ペレットとお野菜を食べるとき以外はずっと寝そべったままです。


120515_2.jpg


でも。

今朝の出勤時にも不思議な行動をしました。

「いってくるね」と声を掛けるとムクッと起き上がり、一番遠い

フィーダーのところまで行き、かなり無理な姿勢で頭を上げ、

フィーダーにある一番刈りチャームチモシーを1本食べたのです。

自分の周りのマットに置いてある上質な2番刈りや

イタリアンライグラスなどを通り越して、

フィーダーでオブジェ化していたチャームの固いチモシーを。


メルさんは知っているのです。

わたしが一番喜ぶことを。


「チャームの固いチモシーを食べたときのポリポリ音」

を聞かせてくれたとき、オーバーアクションで喜ぶ

わたしの姿を、メルさんは学んでいたのです。


もう、涙が溢れて止まりません。と同時に、

昨日、なべちゃんが2信目のフォームメールで確信を持って書いてくれた

『出勤するときにメルさんが起き上がったのは、

きっと、「ここまで回復したよ!!」って伝えたかったんですよ。』

という言葉が過りました。

回復したかどうか・・・は正直わかりませんが、少なくとも

「ボクを放って仕事にでかけるなんて!」

という怒りではなく、彼なりの精一杯の

「いってらっしゃい。一人で大丈夫だから。」

というメッセージなのだと思います。


わたしはアニマルコミュニケーションの力は

塵ほども持っていないけれど、

心配をかけまいとするメルさんの気持ちを

しっかり受け止めた瞬間でした。


これほどに、我々の心情を汲み、苦しみに耐えるメルさん。

何も悪いことしてないのに、病気になってしまったメルさん。

理不尽。ただただその一言です。


でも、(わたしは無宗教だけれど)以前、

それこそ始終続くめまいや耐え難い頭痛により

最悪のことまで覚悟したわたしに

友達が言った言葉

「神様は、乗り越えられない試練はお与えにならない」

「物事には、いいことでも悪いことでも、理由が必ずある」

これらに縋っています。

乗り越えられるメルさんだからこそ、こういう病気になった。

メルさんがこの試練を乗り越えたら絶対に幸せなことばかりが待っている。

神様に試されているメルさんとわたし。

地球上の生命体としては甘受しないといけないことなのかもしれません。







ニックネーム らぼすたっふ at 10:45| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする