2011年11月08日

メルさん、両足ソアホックに(泣)

良かれと思ってしたことが
却って仇となってしまったバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

後悔してもしきれません。

実は今月初めに、メルさんの両足にソアホック
発見されてしまいました。


2011年9月20日エントリ
誇らしげに紹介した『新調フロアマット』。


メルさんの生活環境を変えた部分は他に無いし
それ以前はソアホック症状は見られなかったので

99%の割合で、原因は
フロアマット変更 にあると思われます。


メルさんの左足のソアホック。

111030_fusssohlen_3.jpg


右足はもっと(外側の)踵側面寄り
患部があり、足裏というより「足裏と足側面の間」ぐらいの
位置にハゲができています。

大きさは両足とも直径5mmほど。
ハゲ具合も同じくらい。
ぐちゅぐちゅにはなっておらず、
毛が申し訳程度に生えているけれど
殆ど抜けている状態。
(そこを周囲の毛がカバーしているような感じなので
角度によっては全く見えません。)


速攻フロアマットを当初のものに入れ替えました。

111030_fusssohlen_4.jpg

やっぱり柔らかふわふわな素材の上がいいのかな



「メルさん、そんなにマットの上ダッシュしてたら滑って
毛が抜けてソアホックになっちゃうよ」



そう思ってフロアマットを新調したのですが、

「防滑性」に重点を置きすぎて、マットの「クッション性」「弾力性」
プライオリティをぐんと下げてしまっていました。

結果、サークルでダッシュするときに反時計回りなメルさんは

右足の外側踵側面近く左足裏にソアホックが。

マット上をダッシュする際(コーナーを回る際)の衝撃を
自分の足だけで吸収してしまった結果だと思われます。


反省反省。大いに反省バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

ここ数日は

メルさんの足裏が血まみれになり
真っ赤に爛れてぐしょぐしょ


夜 悪夢 どんっ(衝撃)ばかり見てしまい、数時間眠っては
汗だくになって飛び起きる夜が続いていますもうやだ〜(悲しい顔)


幸い、メルさんの動きには何らおかしなところはなく
変わらず元気に走り回っていますが、
ちょっとした靴擦れだけでも
ひいひい言ってしまうわたしから見ると
本当に痛々しいです。


「家うさぎの殆どは軽度のソアホックになる」

と書かれた飼育書もありますが、
やっぱり元の足に戻してあげたい。

マットを前のものに戻してから
ちょっとずつ毛が生えてきているようにも思えるので
現状態のままでは病院には行かないことを
ラボのスタッフ会議で決めました。
(ハゲの面積が広くなったりしたら即刻病院行き)


プラスマイナス、いずれにしても目立った変化があったら
また記録していきます。


111030_fusssohlen_5.jpg

どうかどうか、プラス方向だけに進んでいきますように



※「夏休みの宿題を夏休み前に終わらせる」性格は
オトナになってもメルさんに諭されても改善しないようで
この先土日備蓄の予約投稿がちょいと続きます。
当該投稿の画像には「固い新調マット」が写っていますが
旧い写真ですので、どうか混乱なさらぬよう・・・。


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 10:00| Comment(3) | らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする