2011年10月31日

うさぎトラップに引っ掛かった

ワタクシの晩秋〜春先の鉄板インナーは
この10年近くずっと同じショップのもの。

独特のコンセプトが面白い『ライチ』さん。


明らかにティーンをターゲットとしたアイテムは
見てるだけでおなかいっぱいなんだけど
ここの「リブタートル」はどんな年齢層にも大人気。

首まわりと袖まわりのルーズなくしゅくしゅ感、
モコモコ浮いたりせずに体にフィットするデザイン、
着丈の長さ(基本ワタクシはパンツにイン)、
生地感の割に「お!」と思える意外なあったかさ、

どれをとっても多角的にプラスポイントばかりの
このタートルは、もはやワタクシの日替わりユニフォーム。

毎年まったく同じデザインで
毎年まったく違うカラーが並ぶのですが
カラーラインはショップの店員さんでも
毎年入庫間近にならないと判らないという
わくわく感にもお遊び心がチラリハートたち(複数ハート)


毎年この時期に2枚ずつ買って
着倒してボロボロになった子とは旅先でサヨナラHello
というサイクルをずっと続けているワタクシです。

スーツケースも軽くなるぜGood


さてさて、そういうわけで週末
「今年のカラーはどういうものかな〜」と
ショップを覗きに&今年のアイテムを仕入れに
行ってきましたよ。


「今年のカラーはレトロ推しですねー」
『3年前みたいな暖色系のビビッドなものが全然ないんですよぉ』

「じゃあ今日は1枚いただいて、あとはちょっと悩みますね」
『そうしてる間になくなっちゃいますよー(← これはホント)

等々、店員さんとの会話も楽しみながら
とりあえず1枚購入。

で、気持ちよく「目的のお買い物ができたるんるん」と

帰ろうとした そのときexclamation×2どんっ(衝撃)


あぁ・・・

出会っちゃったんです・・・。

ワタクシの視界に飛び込んできちゃったんです・・・。

「これ!これツボすぎですっ!

くださいくださいっ!」


無意識に飛び出るコトバたちよ、
まずは値札を確認してからにしてくれ。


再びのお会計¥

リブタートル3枚分

数字がカード明細に並んでるーーーバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)


おーまいがーっ!パンチ


運命的な出会いを果たしたのはこれ。


111029_geldverwendung_3.jpg


これ、なんでしょうか。



111029_geldverwendung_4.jpg


インド製の大判ストール キターー(長音記号1)


もうね、何もかもがワタクシのハートを
もっていっちゃうわけで。


111029_geldverwendung_5.jpg


インドの職人さんがひとつひとつ
手作りしてくれたんだそーな。


あぅあぅ...

自分のバカバカバカバカ〜〜〜〜〜むかっ(怒り)


メルさんと出会う前はこんな衝動買いなんて
したことなかったのに。

などとメルさんに責任転嫁しながら歩いてたら


111029_geldverwendung_1.jpg


こんなリングと出会っちゃうしバッド(下向き矢印)

よくよく見たら顔怖いよ...


あんなに馬鹿にしてたデコ電なるものも


111029_geldverwendung_2.jpg


自ら進んでこんなことになっちゃってるしバッド(下向き矢印)


もう絶対ショップに行かないっ。
デパートに近寄らないっ。

と誓ってる今 既に
「ライオンズ優勝セールなんてことになったら
あれとあれとあれを...ぐふふ」なんて邪念が支配するワタクシ、
冬のナスなんて期待できないのにこれからどう生きましょう。

ひらめきそうだ、土日バイトしようひらめき

111029_geldverwendung_6.jpg


ほんとに。
もうちょっとマシな広さの家だったら
うさ友さんにメルさん撫でてもらえるのにねえ。



にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 10:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

メルさん眼球異物付着騒動

昨晩、ラボに出勤すると


メルさんの眼が大変なことにexclamation×2どんっ(衝撃)


左眼が一部白濁しています。

よーく見ようと抱き上げてみたら
メルさんのまばたきに連動して白濁位置が移動します。


眼球の中ではなく、眼球表面
白い薄い膜状の物体が
いびつな円形をつくっていました。


111028_auge_1.jpg


なんだなんだ?

目ヤニなのか?

それとも組織の一部なのか?


とにかく・・・
表面に付着していることは
間違いないと判ったので、
自分のコンタクトがずれたときのことを思い出し

メルさんを抱いたまま、その白い物体を狙って
眼球表面をそっと指の腹で撫でてみましたが

この狼藉モノ、上にも下にも全く動かないたらーっ(汗)



やっぱり表面じゃないのか?
眼の中なのか?

明日は朝から病院か?

いや、それとも夜間救急か?

心臓バクバク、腕はブルブル。

抱きかかえられたメルさんもさすがに
異常事態だと察したらしく、いつも以上に協力的。

じっとわたしにつかまったまま眼を開け
顔も体も全く動かさない。


やっぱり表面にくっついているexclamation


メルさんは何も言わないけど、異物感で
不快なのかもしれない。

眼が痛いのかもしれない。


いちかばちか。


スポイトが無かったので
シリンジに純水を入れてみた。


111028_auge_2.jpg


これをメルさんの顔の至近距離に持っていき
ゆっくりひとしずくメルさんの眼めがけて

ぴゅっ注射


何度かまばたきを繰り返した後の
メルさんの眼。


111028_auge_3.jpg


よ、よかった・・・。

時間にして30分ぐらいだったけれど
この1週間よりも長い時間だったような気がするバッド(下向き矢印)


・・・つ、つかれた・・・

一気に脱力です顔(なに〜)



にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 10:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

承認されたいお年頃

今まで何度かご紹介してきましたように
1分1秒を争うウィークデーの朝は
メルさんのサークルタイムはありませんバッド(下向き矢印)

メルさんをお迎えしたときから
このライフサイクルだったので
メルさんも既に了解済みGood
朝はごはんを召し上がった後は
ケージの中で のび〜 ウサギ

セコムセットする前の
『じゃあ行ってくるね。お留守番お願いね。』
の声掛けのときにはもう
眠い(睡眠)眠い(睡眠)  に入っちゃってるときすらあります。


そんなメルさんが、朝バタバタと落ち着かないむかっ(怒り)

らすズ もバタバタしながらメルさんに

「朝はケージの中でしょ。出られないって解ってるでしょ。」

と半ば強めのたたみかけ言葉を投げます。


それでもメルさん、落ち着かない。

111014_behaupten_1.jpg



立っちしたままこちらを凝視したり

ケージの中をうろうろしたり。

暫く放っておいても


111014_behaupten_2.jpg



こちら側にまわって らすズ に視線を投げたまま。


ん?

メルさん、どした?


そういえば、「ケージの外(サークル)に出たい」 サインの

ケージガジガジ が無い。

ただただケージの中で らすズ が自分の視線に気づくのを
ひたすら待っているような感じ。

メルさん、ケージから出たくて落ち着かないんじゃないのかー

・・・とすると・・・ひらめき


「メル、もしかして・・・」

ケージの中のトイレを覗くと、
もわもわと膨張中のウッドリター発見。
明らかに「今出ました」的なおしっこが
ウッドリターと融合している姿を確認。


メルさん、これを教えたかったのねーふらふら


サークルタイムにおしっこをするメルさんの雄姿は
夜 らすズ もかなりの頻度で目にするけれど

ケージ内トイレのおしっこは
殆どが日中の らすズ 留守時 のものなので
滅多にその「嬉しい現場」を
この目で押さえることができません。


メルさん、それを解っていて、

「今日は らす と らす´ が居るときに

ちゃんとケージの中のトイレで

おしっこできたよ。見てた?見てくれてた?」


とアピールしていたのです。


ごめーん、メルさん顔(え〜ん)

現場を見ていなかっただけでなく、
メルさんの主張キャッチが
こんなに遅くなってしまって
ホントにごめんなさい。


この後、電車を2本遅らせて、
その分メルさんを褒めちぎりながら
ナデナデしました。

メルさん、目を細めて嬉しそうわーい(嬉しい顔)

短いナデナデが終わったら
ケージの外へ出たがる素振りも見せず
メルさんの方からうさぽかマットの上に
のび〜っとなりましたウサギ

これがメルさんの「いってらっしゃい」


健気という単語はメルさんのために
あるんじゃなかろうか・・・

ぎゅうぎゅうの山手線の中で目がハートになりつつ
そうマジメに考えてしまうワタクシでありました。


マズローのいうところの
「人間の五段階欲求」に当てはめれば
4番目の「承認欲求」。


5_stufen.jpg



人間だけじゃなくてウサギにも
通用するのではないでしょうか、マズローさん。



にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 10:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

広尾でね、こんな子たちに出会いました

ふふふ(不敵...)

月に一度あるかないかの
「予約投稿じゃないリアルタイム投稿」ですわーい(嬉しい顔)

この前の日曜に、また都心南下して広尾まで出掛けました。

目的はこんなお祭り。

111023_arisugawa_1.jpg

「アンペルマン」「マウス」
グッズを タダで もらえたらいいな〜なんて期待を胸に。

ルフトハンザのブースで子供らに交じって輪投げに興じ
見事アンペルマン反射板キーホルダーをゲットグッド(上向き矢印) うきゃきゃ


会場となった有栖川宮記念公園
(広尾駅からすぐなのだけど住居表示は港区南麻布なのだ ← ちょっとしたトリビア)

はいつもは静か〜なところなのだけどこの日ばかりは
ものすごい熱気と人だかり。

ソーセージの列に2時間もきちんと並ぶ日本人の姿を
異形視するドイツ人のお顔が面白かった顔(イヒヒ)

らすズ はそんな根性も忍耐力も無いんで
ひたすらテントで飲みまくり〜ビール

111023_arisugawa_2.jpg


夕方近くになって何やらものものしい雰囲気に。

SPやら警察やら救急車やらが公園の中と外に大集合。

一体何よ?と思ったら・・・

ドイツの大統領に加え、皇太子殿下もいらっしゃった

そりゃあ黒ずくめの人でいっぱいになるわな...

更に増える人ごみをかきわけて、らすズ は早々と退散。

公園の近くでこんな子たちに会いましたよ。

111023_arisugawa_3.jpg

あったかい木彫りの子たち。


111023_arisugawa_4.jpg


ひとつひとつ手作り。まるで『どうぞのいすウサギ


いや〜、さすが広尾って飲食店だけじゃなくて
いろんなお店がオサレだわーと思っていたら

公園前でこんな看板に遭遇。


111023_arisugawa_5.jpg


あ、あひる・・・。

ペットとして飼える池がフツーに家にあるというのが凄すぎ。

いやいや、そこじゃなくてー
みにくいニンゲンによるアヒルの子が増えませんよう...



にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 12:31| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

あぶぶコレクション

前回に引き続き りんごあぶぶ ネタウサギ

メルさんの至福の表情特集〜Clap

どんな言葉よりも説得力ありますかわいい


111008_abubu_1.jpg



111008_abubu_2.jpg



111008_abubu_3.jpg



111008_abubu_4.jpg



111008_abubu_5.jpg


ラストのなんて目がもうイっちゃってますわ・・・ぴかぴか(新しい)



にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 10:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

りんごあぶぶ汁

初体験のりんごのグレードが高かっただけに
メルさんのハードルがちょい心配だなーと思っていたら


安曇野旅行を堪能中の両親から
「自分で狩ったりんごば送っといたどー」のTEL電話

「買ったじゃなくて 狩った だど!」

なにやら自慢げ。

それもそのはず。
届いたダンボールに詰められていた
独特の赤黒い光を放つ「秋映え」


おいしいことといったらexclamation×2exclamation×2


甘みと酸味がほどよく凝縮されていて
水分にも富み、何よりもシャリシャリとした食感が
もうたまらない止まらない。

柔らかいりんごが苦手なワタクシにとって
理想中の理想です。

メルさん、この前よりもずっとずっと美味しいりんごだよグッド(上向き矢印)


111008_apfel_1.jpg


お。さっそく。


111008_apfel_2.jpg


出しましたね、「あぶぶ汁」わーい(嬉しい顔)

そして

111008_apfel_3.jpg


グリーンだったりイエローだったり
結構アヴァンギャルドなのですね、メルさん。


111008_apfel_4.jpg


お皿もキレイキレイ。

ごちそうさまでしたーぴかぴか(新しい)



にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 10:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

メルニコフ∞ラボは似非ラボです

ブログエントリにて再三再四

『弊ラボでは云々〜』   『我がラボ主任が云々〜』

なんぞとおちゃらけた記述が多い上に、ヘタに

「キッチンシンクの下が

RO逆浸透膜純水濾過装置群 」

とかいう真実を書いたりしているものだから

多忙の合間を縫ってひょいとたまに
ブログを覗きに来てくださる方に

「んんん?ここはほんとのラボなのか?」

という印象&疑念を少なからず与えてしまっていることが判明。

いやいや、ホント、ふざけすぎた設定ですみません。
そして言葉足らずで申し訳ないあせあせ(飛び散る汗)

ラボスタッフと名乗るワタクシも
アナログではラボ勤務などではございません。
(詐称も甚だしい)

大学の専攻は教育心理学、趣味は語学、
持ってる資格の殆どは法律系、という
完全文系人間であります。とほほ・・。


らす´ こそ理数系ですが、100%物理脳です。


生物とか化学には縁遠い我々が
サイバーワールドにて勤務する此処。


声を大にして申しましょう。

メルニコフ∞ラボは

ブログ設定上の架空ラボですexclamationどんっ(衝撃)



妄想世界に存在するこのおふざけラボ、
皆々様のお心をカオスなものにしようとも
主任メルニコフ氏の命により、
今後もこのスタイルを貫いて参る所存でおりますので
どうぞご寛容にお含みおきくださいますよう
よろしくお願いいたします。

そして。
ラボ勤務を本業となさる方、
決しておちょくったり茶化したりしている
わけではございませんので悪しからず...。

寧ろ逆でして、そもそも「メルニコフ」
カナダの偉大なラボに勤務するメルニコフ博士から
いただいたお名前なのです。

とは申しましても、実はこちらの話も架空でして。
(ああ紛らわしいったら)


日本ではWOWOWで放映されていた

『Re:Genesis』 
(邦題:「リ・ジェネシス バイオ犯罪捜査班」)

に らすズ はすっかりハマっておりまして。

特に(SF嫌いなくせに)バイオパニックものが
大好きなワタクシ、毎週北米(ときには世界レベル)で起こる
新種ウィルスによるアウトブレイクや
異常気象がもたらすミクロ世界混乱の解決に
当たる精鋭たちの虜になってしまい(人間模様もまた面白いのです)
シーズン4のラストまで全話コンプリート。

ストーリーの舞台となるバイオテクノロジーラボが
「NorBAC(ノーバック)」

すごいよ。架空の研究機関なのにちゃんとサイトがあるよ。ひょえ〜

そこには個性的すぎるバイオ化学の精鋭集団がいるわけですが、
中でも IQ162 を誇る生化学専門の「ボブ・メルニコフ」さんが
ステキすぎましてハートたち(複数ハート)

(ちなみに役者さんご自身もドラマの中のメルニコフ博士の設定もウクライナ出身)


彼は(ドラマ設定上)アスペルガー症候群なのですが
人一倍他人の気持ちを読み取れる(とワタクシは勝手に思っている)
繊細で優しい、ピュアな天才ぴかぴか(新しい)


うさぎの里親になる決心をしたときには既に

「ボブ・メルニコフ」からお名前を頂戴しようexclamation

とココロに決めておりました。


しかししかし。

「ボブ」だと完全に男の子。

雌雄判別の遅いうさぎのこと、お迎え時期の2ヶ月余では
まだ ♂ か ♀ か判っていないに違いない。

というわけで、イレギュラーもイレギュラー、
苗字を頂戴することに。

略称を「メル」にできるし、それならば
男の子でも女の子でもどっちでもイケるよね。
なーんて実に都合の良い解釈。

(でもロシア語だもの。女の子だったら苗字だって
語尾が「a」になるように変えなくちゃいけないのよね、ほんとは。
だからシャラポワが男の子だったらシャラポフなのよね。
逆にメルニコフが女の子だったら本来はメルニコワにしなきゃいけない。
ま、メルさんがたとえ女の子だったとしても「メルニコフ」のままで
いくつもりではありましたが。← ロシア語に失礼)



・・・と、『ウサギうさぎのメルニコフウサギ』誕生秘話でしたー。

ちなみにWikipediaのドラマ解説ページはこちら下

「リ・ジェネシス(日本語)」

「Re:Genesis(英語)」


パソコンYouTubeよりドラマOPパソコン


4番目(マウスの次あたり)に出てくるのが
ボブ・メルニコフ博士。




そうそう、この精鋭集団を束ねる
デイヴィッド・サンドストロム博士の口癖。


       NorBACメンバー:「ねえ、デイヴィッド。わたしもう3日間寝てないの」
 
       デイヴィッド「死んでからたっぷり寝ろ!」


24時間働けますかー? は日本だけではなかったのですな。

忙しすぎるNorBAC、それでも次々と細菌やウィルスや遺伝子を
解き明かしてゆくあなたたち、今こそ3次元の世界に必要ですぞ。


111021_norbac_mel.gif


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 13:00| Comment(2) | らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

牧草の女神よ、いずこへ

メルさんは好き嫌い言わず
なんでもモリモリ食べる
ラボ経済事情を汲んでくれる
非常に優秀なうさぎさんですウサギ


もちろん牧草(主食チモシー/おやつオーツヘイ)も
毎日もりもり。

それなのに、ああそれなのに。

最近のメルさん、牧草面ではとんとついていませんバッド(下向き矢印)


先月、青いビニールテープ
チモシーの袋から2本(2cmと3cm)出てきたので
販売元にメールをしたら
迅速な対応(代替品送付)をしてくださったのですが


なんとそこから・・・


青いビニールテープどころじゃない
騒動源が発生。


ケージトレイを掃除しようとして
ふと黒い物体に目が留まり、


『なーにこれ、メル。

枯れて固まってたチモシー?』


とうっかりつまみ上げてしまったワタクシ、

その後自分の うっかり具合 を
地の果てまで呪うことになろうとは。


むかっ(怒り)下画像危険アラーム発動むかっ(怒り)
特に北海道ご在住で免疫の無い方々は
警戒なされよ。










111020_achtung_1.jpg



こ、この手で

しっかり つまんで

しっかり 網膜に焼き付けてしまいましたぞ



・・・気を取り直しまして。(いや、まだ取り直せてない)

青いビニール紐も、そして G も

「チモシー袋から出てきた」

というのは割とよく聞く話。


責任の所在は、

チモシー袋から牧草フィーダーに移す際に
チェックをする飼い主にあるのです


と主張するお店もあるとのこと。

確かに一理あるけれど、やはり品質管理や品質チェックは
より細やかにして欲しいと思うのであります。

単価をもうちょっと上げてもいいから
そのへんを徹底してくれると
食の安全という側面で大きな信頼を寄せることが
できるのですが。

物理的に限界があることなのかもしれませんが
できれば・・・
もしもできれば・・・

G との再会は勘弁願いたいバッド(下向き矢印)


111020_achtung_2.jpg


G を視界に捉えたときの
メルさんのリアクションって
一体どんなんだったんだろ・・・



にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 10:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

スポーツの秋だよ(今度はリア話だよ)

今日もメルさんはせっせと
サークルタイムトレーニングウサギ

今年6月に導入したマシン(ウソ。本来の使用方法は【うたた寝】)

「うさぎのうたた寝ハウス」


こういうアイテムを齧るという習性の無い
奇妙なうさぎのメルさんの下、
しっかりその形を保ちながら
メルさんのトレーニング用具となってます。

屋根の上に登るだけじゃなく
今日もメルさんは

110920_warakko_1.jpg


110920_warakko_5.jpg


110920_warakko_3.jpg


出たり入ったり中でモソモソしたりわーい(嬉しい顔)

これは珍しく『買ってアタリハートたち(複数ハート)』でしたねー。



にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 10:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

スポーツの秋だよ

メルさんの日々のトレーニングは
ハードルごっこ だけじゃありません。


朝から夜まで11時間をケージの中で
お留守番して過ごすメルさんにとって
サークルタイムの運動は欠かせないもの。


今日のメルさんのトレーニングメニューは・・・


111001_training_1.jpg



111001_training_2.jpg


おぉ〜そうですか 目

(*注* これは明らかにネタです。失礼失礼〜)


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 10:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする