2011年09月02日

AC(アニマルコミュニケーション)Vol.7

今日のエントリは
しめっぽさ&真面目モードから一転して
アホアホ星人のワタクシらしく、ファイナルは
おちゃらけたく存じまする〜顔(イヒヒ)

だってだって

メルさんの達観した好々爺然としたコトバ、
ツボったのに記録しておかなきゃ勿体無いもの。


えぇえぇ、感涙にむせびながらも
十分笑わせてもらいましたよ、メルさん。

(おかげで顔もココロも忙しかったよ)


※注意(言い訳ともいう)
当エントリはACやLAPISさんを茶化したりバカにしたりすることを趣旨とするものではありません。
前エントリ(Vol.6)には盛り込めなかった「泣きながらも笑っちゃったところ」を
メルさんへの愛情敬意を土台に綴らせてもらうものです。
日々、メルさんと密に接しているわたしだからこその特権(「あー、メルさんらしいな、ホントに!わたしのツボ知ってるからそんな口調なんでしょう?
これは記録しなくちゃね」という気持ちからのもの)であることをご理解ください。



それでは・・・ランキング(なんの?)発表といきましょかー(長音記号2)


<第3位>

ウサギ 『ボクはそんなつもりがないのですが、
どうやらそのようですね。
(水をたくさん飲むウサギのようですね)』


えー、これを今度から使わせてもらいますぞグッド(上向き矢印)

「わたしはそんなつもりがないのですが、
どうやらそのようですね。
(酒をたくさん飲むニンゲンのようですね)ビール



<第2位>

ウサギ 『ハハハッ。(笑)らす は心配性なんですよ。とても。』


・・・顔(チラッ)

ハハハッ って...顔(チラッ)

80年代のアイドルか、おぬしはっ!


ぴかぴか(新しい)<第1位>ぴかぴか(新しい)

ウサギ 『(主に)自然の音を聞きます。
風や雨の音、虫の声、大地の響きなどをね…。

なかなか楽しいものですよ。


ま、参りました〜〜〜ダッシュ(走り出すさま)

どこのおじーちゃんだよこれ。

風流たっぷりすぎでしょこれ。

縁側で語られてる孫の気分ですよ・・・メルさん。

これぞメルさん!な ひとことで賞exclamation



コホン。

えー、長らくお付き合いいただきましたACシリーズも
これで終わりです。

本来ならば一番初めに述べるべきでしたが、
このたびメルさんとのACにおいて全神経を集中させ
多大な労力をお使いになられたLAPISさんには
適切な感謝の言葉すら見つかりません。

本当に、なんとお礼申し上げたらよいのか・・・
言葉が使える身でありながら、自身の感情を
上手く伝えられないもどかしさでいっぱいです。

もしかしたらまたメルさんとの話の仲介役として
縋ってしまうときがあるかもしれません。

その際はどうぞよろしくお願いいたします。

セッションの最後に
メルさんの言葉が出てくるまで(メルさんの考えがまとまるまで)
根気強く待ってくださったことに代表される
LAPISさんのご姿勢自体にも
学ぶべきところが多々ありました。

メルさんを通して出会えたこのご縁に感謝申し上げます。

ではまたいつの日か、ご縁のあるその日まで
どうかどうかお元気で、他の方々と動物たちとの
橋渡しに励まれますよう。


※本日からまたコメント欄クローズとなってしまいますので、
ACのentries(Vol.1〜Vol.7) に係るコメントは
昨日のエントリのコメント欄にお願いします。お手数掛けてすみません。


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 10:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする