2011年09月30日

「ヤセの大食い」アナライズ-その2-

真剣な眼差しで

「ひと〜つ・・・ふた〜つ・・・」

とひたすら単調に数をかぞえ上げるうさ飼いさんが
密かに増加している模様。

その指先には何やら黒い、もしくは茶色い球体。

その球体を射すくめるようにつまみあげるさまは
うさ飼いという共通項を持たない者から見たら
異様な姿でしかない。

絶句である。ホラーである。


というわけで、前回「ヤセの大食い」アナライズ(2011/09/26)への
皆様の反応から学んだワタクシ、
懲りずに続編をお届けいたしまする。


やはりどこかぬけてるワタクシ、
『重量』だけにフォーカスしてしまって
『個数』をまったく無視しておりました。


いくら『個数という側面を離れて重さを!』とはいえど
相関関係を外してしまっては
1個あたりの重さすら算出されません。 アホ〜アホ〜小鳥


そんなこんなで貴重な遅い夏休みをフンに捧げました。



110929_kot_1.jpg



計量対象フンは前回同様 7:00〜翌7:00 までのもの。

水分をしっかり蒸発させるため、対象フンを全て5h放置します。


・・・いざ挑まんexclamation×2フンフンフン


まずはカウントから。


110929_kot_2.jpg


うぉぉー。

451個exclamation


この日のメルさんのウンチはちょい小ぶり。
ゆえに数も通常より少々多いと思われます。


んでもって。


重さはexclamation&question


110929_kot_3.jpg


驚異の 99gどんっ(衝撃)


はい出ましたClap

フン1個あたり約0.22gフン


小ぶりで数が多いだけあって1個あたりの重さが
いつもより軽いような気もしますが
これでも平均値からは乖離してますよね...メルさんよ、ああメルさんよ。

ちなみに「小ぶり」なウンチたる所以は
ここ数日 主食メニューにSuzuっちから頂戴した
木の葉をかなり多く加えている(牧草の量が減る)からだと素人推測。



メルさんのフンウンチフン話は留まるところを知らず---。


1個ずつつまんでいったら、こんなの発見しちゃいましたよがく〜(落胆した顔)


110929_kot_4.jpg


なにこれ ギャートルズの肉?

どう可愛く見積もっても天使の矢がささったハートには見えまい。


チモシーがまんまウンチにぶっ刺さってる図なんて
初めて拝みましたぜ、メルさん。

よく換毛期の「繋がりウンチ」(←換毛の無いメルさんとは無縁)
を拝見することがあるけど、ギャートルズ肉ウンチなんて聞いたことない



これ1個だけだったからまだ過剰な心配はしないけれども
やはりメルさんの


大食い & 早食い

が物的証拠を以って立証されちゃったわけで。


たんまりごはんあげているのだから
ちゃんと咀嚼してよーあせあせ(飛び散る汗)

これじゃホントにギャル曽根ちゃんだよジャイアント白田だよダッシュ(走り出すさま)


自動車だったら燃費超悪いアンチエコカーだよ車(セダン)

っていうか、胃に悪いよ、メルさんたらーっ(汗)

わたしの胃にもね...


ウサギの消化時間は24hだというけれど、ギャル曽根ちゃんを例にとれば
メルさんの場合はもっと短い...よね。


何から何までノーマルウサギ枠を
(良くも悪くも)超越している弊ラボ主任さまなのですウサギ


110929_kot_5.jpg


110929_kot_6.jpg

いやいや、大きな勘違いですわよ。

メルさんの体重1300g

ぜんぜんジャイアントじゃないし。



にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 10:00| Comment(5) | らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

肉球の日。10年目の記念の日。

うさぎにはまったくもって無関係な 29.09. という日。

10年前のこの日、らすズ はその後のラボ設立に続く
下地となるパートナーシップを結びましたハートたち(複数ハート)


110929_hochzeitstag_0-0.jpg


んー
10年前と全然変わらないですのぉ〜(言ってろ)


諸事情ありまして身内は一切呼ばず
友人たちに囲まれての挙式でした。


・・・ので、チャペルでの挙式が終わった後は
すぐにドレスを脱ぎ(もったいねぇ、あぁ、もったいねぇ)
友人主催の食事会へと逆招待を受けましたバースデー


レストランでは軽くコスプレ るんるんららら〜ららら〜ずぃんげんずぃんげんくらいねう゛りんだーす


110929_hochzeitstag_0-1.jpg


んー
いろんな意味で今も全然変わってない(汗)


テーブルの各席にセットされるネームカードを
親友が全て手作りで用意してくれたのでしたぴかぴか(新しい)


110929_hochzeitstag_0-3.jpg


これを出席者全員分つくってくれたんですよぉ。

110929_hochzeitstag_0-2.jpg


今でも弊ラボの玄関に大切に飾ってあります。
(ヘンな表札なんて言わないでっ)


実にアットホームな(他に例を見ない)
挙式&食事会から早10年。


あんなこともこんなことも二人で経験し
乗り越えてきた節目の年。

らす´ はワタクシに一体何を用意してくれているのかしらわーい(嬉しい顔)



10年といえば、もちろん。


もちろんexclamation×2



スイートテンexclamation×2exclamation×2





110929_hochzeitstag_1.jpg

大和芋お好み焼き


さすが
自他ともに認めるウルトラスーパー主夫グッド(上向き矢印)


調味料の在り処すら
まったくわからないワタクシには
ダイヤモンドよりもキラキラ輝かしい贈り物ですぴかぴか(新しい)


メルさんには生野菜を献上ウサギ


110929_hochzeitstag_2.jpg


110929_hochzeitstag_3.jpg


110929_hochzeitstag_4.jpg


110929_hochzeitstag_5.jpg


110929_hochzeitstag_6.jpg


なーんて言ってるかどうかは不明ですが
10年後のラボも3人揃って幸せに包まれていますように。



にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 10:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

アニマルコミュニケーション後のコミュニケーション

AC(アニマルコミュニケーション)エントリのコメントに、
同じコミュニケータさん(LAPISさん)にACを受けた

るすかはんぬさんが、

「うちの子たちとは、AC後に
急激にコミュニケーションが取りやすくなりました。」


とお声をくださいました。

そのコメントを拝読したときは「へー、そうなんだ」と
半ば他人事のような気持ちだったのですが
ここのところそのお言葉を実感することが多くなってきました。


そのうちいくつか具体例を挙げます。


<シーン1>

ケージのお掃除と同じタイミングで
牧草フィーダーにチモシーの補充を行うので
わたしがトイレトイレトイレをケージから取り出すより先に
メルさんがトイレトイレトイレを踏み台にして
チモシーをモリモリ食べることがあります。

(先にトイレを取り出しておけばよいのですが
うっかり忘れることが多いのですあせあせ(飛び散る汗)

以前ならばそんなときは
いくら声を掛けようがなんだろうが
メルさんは食べるのに夢中になっていたのですが、

ここ最近は

「メル、トイレトイレ掃除トイレさせてくれないかな」

と言うと、ピョコンとトイレから降り、
角度を変えてそのままチモシーを食べ続ける、という
ことが多くなりました。



<シーン2>

上に引き続きトイレネタトイレ

トイレ掃除が終わり、さてケージ内にトイレを戻そうとすると
ちょうどメルさん、トイレの位置(ケージ奥の隅)にて
ガッツリチモシーお食事中。

「ま、後で移動すればいいや・・・」

とケージど真ん中にトイレを置きっぱなしにしたわたし、
そのまますっかりトイレのことなど忘れて他作業に夢中。

困ったのはメルさん。

お腹も落ち着き、ちょうど良い頃合いで
尿意を感じたものの

トイレの場所にトイレが無いっあせあせ(飛び散る汗)


以前のメルさんならトイレが無くても
トイレのあるべき位置(ケージ奥の隅)で
おしっこをしてしまっていたのですが・・・

今は違います。

わたしに一瞥を加えると、
ケージど真ん中のトイレにひょいとのっかり
そこで おしっこシャー

動物の本能としては
とても落ち着かないことだと思うのです。

トイレは決まった位置にあって欲しいものだと
思うのです。(反省反省。大いに反省)


それなのに、



掃除後のトイレのセッティングが

なっていませんよ



とでも言いたげな視線にわたしへの窘めを含ませ
トイレでおしっこをしてくれるメルさん。


この行動はAC前には全く見られないことでした。



<シーン3>

メルさんの待ちに待ったごはんタイム。
ペレットやチモシーを用意していると
タイミング悪くスルーできない電話が電話バッド(下向き矢印)

メルさん、すっかりごはんモードになって
ケージ扉に顔をこすりつけた状態で
今か今かとごはんを待ってます。健気に立っちしながら。

「ごめん、メル。すぐに終わるからあと3分だけ待ってて」

ペレット皿を持ったままわたしは受話器を手にして
メルさんに背を向けます。

以前ならばこんなときのメルさんは、もうブレーキが利かず
ケージガジガジの『早く早く』コールが止まらなかったのでした。

しかし今は。

メルさん、わたしの言葉を受けると素直にケージ扉から離れ
ケージ奥にべちゃっと腹ばいになり伸び〜の姿勢に。

電話が終わり、

「メル、ごめんごめん。
期待させといて落としちゃって悪かった!」

と言うと、また先ほどの「ごはん待ち立っち」の姿勢になります。



<シーン4>

平日はわたしよりも らす´ の方が帰宅ラボ出勤が遅いので
らす´ が来るまでのメルさんの様子を晩酌時に報告することがあります。

そんなとき。

メルさんの耳がピンと立って我々の会話を集音しているのです。

一語も聞き逃すことのないように、と注意しているかのように
どんな姿勢のときでも(後ろを向いていても)視線まで
チラチラとこちらに向けます。

尤も、これは以前からあったことで、わたしがACを受けるまで
見落としていただけなのかもしれませんが。



<シーン5>

実はわたし、今月7日頃から
「2年間消失していた苦しい症状のひとつ」が
何故か復活してしまい、24h間断なく体が辛い=精神的にも参る、
という日々が続いていましたいます。

ココロが折れたらもう終わりだ!と
自分にを入れているのですが
いくら笑顔でいても消えてくれない身体症状に屈服しそうになります。

そんなとき、メルさんのサークルにお邪魔し、

「メル、もうこの体から離れたいよぉ・・・」

などと弱気なセリフを吐くと、今までずっとぴょんぴょん自由に
サークル内を跳ね回っていたメルさんが
わたしの膝を鼻でつんつんし、こちらに頭を向けて
おもむろにべちゃっと腹ばいになるのです。

『撫でてみて』

メルさんの眼がそう語りかけている・・ような気がするのです。

「メル、ありがと。撫でさせてね」

しばらくメルさんの温もりと鼓動を掌に感じていると

まだまだ甘いぞ、この症状が自分のノーマルだって
考えればいいじゃん!と前向き思考になっていく
自分を捉えることができます。

「メルのおかげで元気出てきたみたい」

そう言いながらメルさんの顔に自分の頬を近づけると

メルさん、わたしの鼻を一舐めしてまたスッと起き上がり
ぴょんぴょーん、とわたしの周りを走り回ります。



他にも「あれ?なんか今通じ合った?」
と思うことが多くなってきました。

“ACを受けた”という意識が生み出す
プラシーボ効果なのかと思う方もいるかもしれません。

でも、今わたしは現にこうして
科学的には片付けられない現象を経験しています。

とても不思議な感覚。
とても貴重な感覚。

メルさんに近づいたような感覚。
メルさんが近づいてきたような感覚。

そして

一番たいせつな感覚・・・

命を愛おしいと思える感覚。

メルさんが居てくれる限り、わたしは大丈夫。


110916_lieber_mel.jpg

どんなセリフを入れようか...



にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 10:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

「ヤセの大食い」アナライズ

先日(2011年9月11日)のエントリ
「ヤセの大食い」をご覧になった方から

『食欲旺盛なのは良い事ですが、
身にならず、出てしまうのでしょうか…。
メルくんの一日の排泄物を見てみたいような…。』


というお声を頂戴しました。

・・・なるほど。そういえばギャル曽根ちゃんの体のシステムも
そうですよね。(一日のトイレの回数に驚いた)


うさぎさんの フンウンチフン については
個数を以っての体調管理が一般的だけれど

メルさんの フンウンチフン の平均直径は15mm。

単純な個数をカウントしてみても、「一日の排泄量」のイメージは
皆様ご自身の愛兎さんの フンウンチフン を基準にされるので
それぞれバラつきますよね。


ということで、重さを量ってみましたひらめき


朝7:00〜翌朝7:00までのピッタリ24h。

(水分が含まれていると重たくなるので
計量は最新のウンチ排泄後から5h後に行いました)



メルさんの フンウンチフン は・・


85g ぴかぴか(新しい)


でありました。

どれもこれも理想的なまぁるい大きなツヤツヤした フンウンチフン

ケージ下のトレイが開けづらいほどに
こんもり山積みされたその姿は
ワタクシにとっては至宝のダイヤモンドぴかぴか(新しい)


この「85g」という数値は平均よね?それとも平均より少ないかな?


と思って軽〜い気持ちで平均値を調べてみましたとも。


そしたら・・・

そしたら・・・・・・


「うさぎのしっぽ」さんのサイトのQ&Aコーナー

衝撃の回答がっexclamation×2どんっ(衝撃)


「うさぎの排泄する糞の量ですが、

一日あたり5〜18g/kgということのようです」




な〜に〜exclamation&questionexclamation&questionexclamation&question


おかしくないですかおかしくないですか

これっておかしいですよねそうですよね


み、みなさんのところのうさぎさんは
一日に80g超えることなんてないっすか...?

メルさんと暮らしてると平均値というコトバが怖くなるよあせあせ(飛び散る汗)


110915_vielessen.jpg


110915_vielessen2.jpg


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 10:00| Comment(6) | らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

連休の都心南下道中

弊ラボの節約精神に則り、定期圏内(渋谷)から
恵比寿方面へてくてく歩いて「うさぎのしっぽ」さんへ晴れ

途中、フツーにOFFを楽しまれるギョーカイの方々が
カフェのテラスにいらしたり(秋野暢子さんには
知り合いでもないのにキンチョーゆえ
会釈なんてしちゃったりして...アホ丸出し)

新しくお迎えしたペット犬(笑)ちゃんを
行きつけのブティックオーナーのところへ
ご挨拶に連れて行くマダムがいらしたり

ぜんっぜん山手線北半球とは違う南半球

に戸惑いながらも、しっぽさんを出た らすズ、

「せっかくだから広尾方面廻って散歩しよ。
久々に山種美術館覗いてもいいし」

ということになり、更に高級エリアへリボン


というわけで、広尾を闊歩していましたら

PAPAS COMPANY 本社さんがどどーんとありましてね、

独特なフォルムの建物だなーと思っていたらですね、

本社さんのエントランス付近にですね、



これまた どどーんexclamation×2exclamation×2 と







110924_kienapfel_5.jpg


ぴかぴか(新しい)巨大ダビデ像ぴかぴか(新しい) (なんで)


すかさずメルさんの ちんこ祈願 をして(南無南無)


辿り着きましたよ


110924_kienapfel_6.jpg


日本画専門の美術館なので
いつもはあまり縁がないのですが(興味がないともいう)

110924_kienapfel_7.jpg


展示内容が面白そうだったので入ってみることに。


らす´ の好きな 奥村土牛氏(代表作:「鳴門」)の「鯉」や
ワタクシが好きな「翠苔緑芝(すいたいりょくし)」を描かれた
速水御舟氏の作品(「花ノ傍」)もあって
なかなかの見応えグッド(上向き矢印)


マッカーサー元帥の手紙やGHQ検閲印が押された台本など
かなり生々しい展示もあり、歌舞伎や歌舞伎座の歴史に
触れることができました。


ラボに出勤するともう夜夜

またまた一人でお留守番していてくれたメルさん、

サークルに出てくるや否や
こんな行為を見せてくれましたよexclamation

110924_kienapfel_1.jpg



110924_kienapfel_2.jpg



ダビデ像ちんこ祈願のご利益アリかexclamation&question


と思いきや・・・


110924_kienapfel_3.jpg


Suzuっち(Misuzuさん@「かみうさぎ」)からもらった
松ぼっくりに夢中になっているだけでしたどんっ(衝撃)


110924_kienapfel_4.jpg


そうだね、本当に美味しいよね。

毎日少しずつ愉しませてもらってるよわーい(嬉しい顔)


こうしてぴかぴか(新しい)メルさんの目覚めぴかぴか(新しい)

幻に終わりました・・・ウサギたらーっ(汗)



にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 10:45| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

ル○バもダイ○ンもびっくり

メルさんの「掃除機食い動画(千疋屋の桃編)」への
多くの反響をなんとも複雑な思いで受け止めている らすズ ですたらーっ(汗)


この「桃早食い」をも凌ぐ光景が
日夜ラボにて繰り広げられているので
本日はその一コマ、いや、二コマをご紹介。


乾燥ブロッコリと圧ぺん大麦の献上シーンです。









回転ひねりあり、ムーンウォーク後退あり。

再度誓いますが、この速さ、なんの手も加えていませぬ。

ほんっとーに嘘偽りありませんからーダッシュ(走り出すさま)


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 10:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

お水の摂取量と尿やけ部分(経過記録)

ACエントリのコメント欄に9月11日 11:51のタイムスタンプにて
書き込んでくださった プーまま さん。

ご覧になっていますでしょうか?
お返事が大変遅くなってしまい申し訳ありません。

メルさんと同い年・同じ症状(多飲&お尻濡れ&尿やけ)であるという
愛兎プーちゃん、その後も目立った変化はないでしょうか?

プーままさんへのお返事も兼ねて、
これまでのメルさんの推移と経過を記録します。


【お水摂取量】


4月23日---水の摂取量が 2000ml/day になってしまったので通院。
      (腎臓関係異常なし。肝臓に係る血液検査にて異常値が出るも
       原因不明。投薬しても肝臓関係数値は下がらず。
       肝臓についてはDr.の了解も得てここで一区切り。)

5月26日---『多飲対策トライアル』開始。飲み口の小さいボトルに替える。
       しかしこちらの思惑は外れ、すぐに飲みきってボトルを空にしてしまう。

5月28日---『多飲対策トライアル』を更に強固なものに。
       「ノドが渇いているから飲むのではなく、ヒマだから飲んでしまうのでは」
       という素人推測に基づき、摂取制限開始。
       サークルタイムにはボトルを外し、MAX値を 500ml/dayに設定。

6月10日---ボトルは空になる日もあれば水が残されている日もある。
       そこで摂取量のMAX値を 460ml/day に落とす。

8月10日---メルさんの様子、尿の色やウンチの量・形にお水の摂取制限が
       影響していないと判断。更に摂取量のMAX値を 400ml/day に落とす。

9月1日---8月末のAC にて「お水の摂取制限をされていても苦しくない」
      「たとえボトルが空になっていてもそれ以上飲みたいとは思わない」
と、
      メルさんが思っていることが判明。
      そこで更に摂取量のMAX値を 300ml/day に落とす。

現在--- 300ml/day のラインをキープ。ほぼ毎日飲みきっているが
      残されている日もある。





【お尻濡れ&尿やけ】


これは画像の方が判り易いので過去に使った写真も含めて
変遷を追います。


これは3月28日の写真。平均 1000ml/day 摂取し、
腎臓病を疑い始めた頃。
トイレで排尿できていても回数と量が多い為
お尻と内腿が常に濡れてしまっていました。

110328_5.jpg



そして下下6月2日の写真。

110602_aftertrial_3.jpg

お水の摂取制限開始後約1週間。
尻尾&お尻が乾燥フェーズに入ってきました。


そして下下9月13日の写真。


melspopo2.jpg


お水の摂取量をMAX 300ml/day にして約2週間目のもの。

ケージ内での粗相も6月からは落ち着き始め、
8月第1週は集中的にひどかったものの(←原因不明)
その後は粗相が無い日が続き、
9月5日の朝の「ちょびっと一箇所」を最後に全くなくなりました。
(ケージでもサークルでも100%トイレでするようにぴかぴか(新しい)



上の写真に嬉しいハゲがありますね?
ここは一番濡れきって生え際にはカサブタが沢山でき、
ダメダメになった毛があったところです。


そのダメダメ毛が


melspopo3.jpg


これら上
粗相がなくなってから、
カサブタごと自然に抜け落ちてくるようになりました。


そしてそんな「ダメダメ毛」がほぼ抜け落ちた頃、


melspopo4.jpg


こんなステキなお尻に。

ズームアップしてみましょう。

まず左側から。


melspopo5.jpg

尿やけ跡の茶色が残っていますが
完全に乾ききっており、ハゲていた部分にも
真っ白な新しい毛が生えてきていることが判ります。


続いて右側。


melspopo6.jpg


こちらも新毛が再生しています。


melspopo7.jpg



お水の量を減らしたことによって、メルさん自身が
たまに訪れる尿意を意識するようになったのではないでしょうか。

今までは常に

「飲む⇒そのまま透明なおしっことして出す」

を無意識に繰り返していたけれど、
尿が溜まるまで一定の時間がかかるようになったことで

ウサギ あ、おしっこだ!ウサギ

という意識が生まれ、ちゃんとトイレに行くようになったのでは?
とこれまた素人推測を広げています。

おしっこの色もちゃんと濁った(?)黄色になりました。
以前の「水のような透明なおしっこ」は今は全く出ません。


・・・と、このような経過です。

この先どう変わっていくかはわかりませんが、
このままトイレ(尿意意識)の習慣もお水の摂取量も
安定していけばいいな、と思っています。


プーままさんの参考になれば、という思いもあって書きましたが、

個体によってそれぞれ差異は必ずある

ということだけは注意してください。
まずは病院のDr.との相談&共通理解ありき、ですからかわいい


うさぎの医療は曖昧で未確立だ・・・と嘆いていたけれど
さまざまな症例に悩む方々のお声を聴くにつれ、

「うさぎの個体自体に身体的個性(特徴)がありすぎて
統一性を見つけるのが困難」


という側面も、その確立の妨げになっているのでは?
と思うようになりました。

Dr.の専門的知識はもちろん必要不可欠ですが
常に傍に居て身体的個性を捉えられる
我々家族の観察眼もまた、治療のための
重要なファクタなのだと考えるこの頃です。



にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 10:00| Comment(4) | らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

【ニュースより転載】命がけで火事を報せたウサギ


先ほどロイターのニュースを見ていたら

「Hero rabbit saves owners from house fire in Alaska」

という見出しがありました。

お!すごいじゃん!おうちで飼われてるうさぎさん、
やったね。ご活躍だね。快挙だね!

そう思って記事を読み進めていったら・・・

(※注※以下、ロイターサイトより転載)




The rabbit woke up the homeowner early on Tuesday morning
by scratching on her chest, the Ketchikan Fire Department
said in a statement.

The homeowner realized that the house was full of smoke,
woke up her daughter and fled the house.

The fire was brought under control fairly quickly,
with four engines, a ladder truck and 33 firefighters
responding.

Damage to the house from flames, smoke and water was
considered moderate.

While there were no injuries to the mother or daughter,
the rabbit was not so lucky.
The animal succumbed to smoke inhalation
and did not survive, the fire department said.



アラスカ州ケチカン市消防局によると、
火曜の早朝、うさぎが飼い主の胸を引っ掻いて起こしたという。

飼い主は家中が煙に包まれている状況を目の当たりにし、
娘を起こして家から逃げた。

4台の消防車、1台のはしご車、そして33人の消防士の活躍により
かなり早くに鎮火できたおかげで、炎や煙、消火のための水による被害は
軽いもので済んだ。

母親と娘に怪我は無かった一方、うさぎは幸運には見放された。
煙を吸いこんだことが原因で、うさぎは命を落としてしまったのだそうだ。

(訳責:らす)



ああもう・・・やりきれない。

タイトル見て、
「きっと今頃そのうさぎさんは街のヒーローになって
いろんな人たちに囲まれてご褒美攻めにあってるんだね!」
って思ったのに。

娘だけを連れて逃げた母親の気持ちも解る。うん、解るよ。
動転してただろうしね。

それに、文字通り必死で母親の胸を引っ掻いたときには
既に危ない状態になってたかもしれないしね。

でもね・・・なんていうんだろう。
ちょっと「ごんぎつね」読了後のもやもやした
声にならない叫びが心をどよもすのです。


ちょっと前のTVドラマ版「獣医ドリトル」でも
これと同じ話があったよね。

キッチンから出火してるのを見たうさぎさんが
女の子(ひとりで留守番してるうちに眠ってしまった)を
足ダンして起こすの。

番組ではこの現象を

「仲間だと思っている対象に危険を報せる行為だ」

と説明していたけど、そのときはちょっと半信半疑だったわたし。

犬だったらわかる気もするけど、うさぎにこんな感覚や
能力が備わっているのかな?って。

でも今日のニュース読んでよーく解った。

というか、メルさんのACでも「絆」や「仲間」や「信頼」
ってものを既に学ばされていたものね。

その学びが実証された哀しいニュースでした。


虹の橋を渡ったら、沢山の仲間が大拍手で迎えてくれるね、きっと。

名も知らぬアラスカのヒーローさん、あなたに
暫しの黙祷を捧げさせてください。



にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 14:08| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

☆祝☆フロアマット新調報告

わおーるんるん

やっとですよ やっとですよ。

「新調プロジェクト」を宣言してから2ヶ月ですよ。


なんでも一発で早く決めたいワタクシが
生来の性急さを抑えて抑えて
(ウソ。らす´ に抑えられていた)
メルさんのための『一番』を吟味し、ついに
決定しましたよーClap


サンプル請求しすぎてすっかり
アタマがおかしくなってしまった らすズ。


でもね、サークルタイムに張り切って走りこむ
メルさんの姿を見てたら放っておくわけにはいきません。

ちょっとの油断が骨折やソアホックにつながりかねません。


まずはサンプルの中からタイプをセレクト。

そして次にカラーを絞り込む。


で、最終的に1位の栄冠を手にしたのは


『東リ 防滑性シート(ノンスキッドシート)』

でありましたぴかぴか(新しい)

(カラーは明るいココアクリーム調の「NS845」に。)


メルさんが走ってもずるっといかない、
しかし凹凸がさほど激しくもない。

そして、メルさんのサークルタイムのお愉しみである
おやつ(大麦やオーツヘイの細かいもの)の
お掃除も簡単。

(というより、メルさんは掃除するまでもなく
自ら掃除機になって小さいカスまで&最後の一粒まで
丁寧に食べちゃうんですが。)


ということで、届きましたよノンスキッドシートプレゼント


早速サークルエリアの模様替えです。


今回はちょっとだけメルさんの活動エリアを増やそうと


110915_matte_gewechselt_1.jpg

前より1平米広くしてみました。


メルさん、いかが?

110915_matte_gewechselt_2.jpg


んふふ。
見慣れないね。新しいね。

ちょっと怖い?

110915_matte_gewechselt_3.jpg


ウッドステップ持って来るから待っててね。
降りてみてよ。走ってみてよ。


110915_matte_gewechselt_4.jpg


メルさん、新しい足裏の感触を確認するような
行動を見せてます。


110915_matte_gewechselt_5.jpg


まだ何が起きたのか判らないお顔ウサギ


それでもさすがメルさん、適応能力は抜群で
サークル内を一走りすると
納得顔をこちらに向けてきました。


どうでしたか、メルさん?


110915_matte_gewechselt_6.jpg


よかったよかったわーい(嬉しい顔)


そのうちもっと慣れたらべちゃーっとなって
リラックスもできるね・・と思っていたら



110915_matte_gewechselt_7.jpg


既に馴染んでいた...顔(笑)


《私信》
迷いに迷っていた際の進捗報告エントリ(2011/08/18)
ご覧になってご自身(と愛兎さん)の使用感も添えて
具体的なアドバイスを下さったBさん(英語的にはVさんかな?)
その節は本当にご親切にありがとうございました。
Bさんが教えてくださった商品も審議段階で候補に残り続けましたが
結局は上に書いた「麦系おやつや牧草カスが落ちない」というメリットを
捨てきれずにこの商品に決定となりました。(弊ラボ別称「横着ラボ」)
これに懲りず、今後ともご指南・ご助言をよろしくお願いいたします。



【追記】このマットは2011年11月8日時点では使用していません。
(マットが原因と見られるソアホック発症のため)


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 10:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

ハードルごっこ

メルさんのお愉しみのひとつ「夜のサークルタイム」ウサギ


ヒノキステージの上でまったりしたり
おやつを掃除機喰いしたり
らすズ にナデナデされたり。

そんなメルさんが最近ハマっているもの。

『ハードルごっこ』


トイレをハードルに見立てて
ストイックに何往復もするのです。

その姿は、陸上競技選手が黙々とひとりで
雨の中トレーニングを重ねているグランドの
土のにおいを思い起こさせます。
(なにゆえ雨)


その優雅な跳力に魅せられるワタクシハートたち(複数ハート)


カメラを向けるとなかなか披露してくれないのですが
今日はちょこっとショートバージョンを押さえられたので
すかさずUPパソコンといきませう。





ホントはこの10倍ぐらい続くのであります


ひらめきあー、そうか、昔心理学概論で勉強したな。
こういうのってフロイト先生のいうところの「昇華」?
メルさんのリビドーはこういうカタチに現れているのかーひらめき




にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 10:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする